高橋一生 『ベストジーニスト2018』に普段見せないカジュアルスタイル私服で登場 

Pocket


 
 俳優の高橋一生が15日、都内で行われた最もジーンズが似合う著名人に贈られる第35回『ベストジーニスト2018』協議会選出部門を受賞し、表彰式に参加した。「自分が10代の頃から耳にし、目にしていたベストジーニスト賞をいただけたことがうれしく思っています。自分にとってジーンズは肌の一部、生活の一部。こういった賞はとても光栄です。これからもジーンズを愛し続けたい」と喜んだ。

 メガネにデニムジャケットに黒のワークパンツ、ブーツとゆるいカジュアルスタイルで登場した高橋は「きょうはこの後現場なので、『普段の格好で来ていただきたい』とのことで、コレ全部普段(着)です。このまま僕、スタジオ行きます。デニムのジャケットを着ることは多いですね。レイヤードできるので」と私服コーディネートであることを紹介。一般選出部門を受賞したHey! Say! JUMPの中島裕翔は「“普段”が超かっこいい」と尊敬の眼差しを向けた。

 質疑応答では、私服スタイルのこだわりを聞かれると「『普段の服でくればいい』という言葉を鵜呑みにしてきたので」と、どこか照れくさそうな高橋は「(受賞は)周りの人には言ってないです。ちょっと黙っていようかな? 言われるのがうれしいから」と撮影現場では内緒にしておくことを明かしていた。

 このほか表彰式には、一般選出部門で殿堂入りを果たした菜々緒のほか中島、協議会選出部門を受賞した高橋、荻野目洋子、長谷川潤、デザイナーの有働幸司(Amazon Fashion Week TOKYO)、一般新人部門の小沢華花、キッズ部門受賞者らが登壇した。総投票数は歴代最多となる22万6192票だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA