船越英一郎、離婚調停中の心境語る「悪くても感謝」(オリコン)

Sponsered Link
Pocket

俳優の船越英一郎(57)が24日、都内で行われたテレビ東京ドラマ特別企画『テミスの剣』(27日放送 後9:00)の制作発表会見に出席。妻・松居一代(60)と離婚調停中の船越は、記者から「自分の信念は?」と作風になぞらえた質問を受けると「悪いこと起きても全部感謝しよう」とほほ笑みながら話していた。

「世の中にはいろんなことが起きます。すてきなこともあれば、とんでもない悪いこともある。自分が想像しないような事態が起きます」。そう切り出した船越は「悪いことが起きても全部感謝しようと。いろんなことが起きて、それを乗り越えると、その前よりすてきな自分がいて、強くなる自分がいる。悪いこと起きても全部感謝しよう。ひどいことを言われても、言った人に感謝しよう。悪くても感謝という言葉を隣に携えている」と語った。

去り際には、報道陣から直撃を受け「『乗り越える』という言葉は騒動について?」との問いには「悪くても感謝。それに尽きます」と一言。「今回の騒動は乗り越えられそう?」との声には「…そうですね」と多くを語らず、体調を心配する声には「大丈夫です」と笑みを浮かべて返答した。

船越は、ブログや動画などで自身の不倫疑惑などについて暴露を続ける松居に対し、名誉毀損や業務妨害などを理由に、法的措置の準備に入っている。船越が所属するホリプロは「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損(きそん)および業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えいたします」とコメントしている。

会見にはそのほか、上川隆也、伊東四朗、原作者の中山七里氏が出席。同ドラマは、中山氏の同名小説(文春文庫)を映像化。上川は、20数年にわたって事件の真相を追う刑事役。船越は東京地方検察庁の検事を演じる。

主演を務める上川は「台本を手にした時は楽しく読ませていただいたけど、演じるとなったら一気に重く、責任感も伴ってのしかかってきた」と回顧。劇中では、さまざまな伏線が張り巡らされており、登壇者たちはネタバレを気にして戦々恐々の様子。上川も「薄氷を踏むような気持ちです」と恐る恐る語りながら撮影時を振り返っていた。

船越も「一言をいうと全部がネタバレになってしまう。すごい気を使って話さなければならない。それでも聞きますか!?」と明るく振る舞い、笑いを誘う一幕も。検事役を通じて「僕のセリフで『力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力だ』という言葉がある。まさに法というのは、置き換えれば権力とイコールになる。それが正義を貫いて、我欲を捨てて自分を律しながら生きていくのが難しいことなのか、大変なことなのか(痛感した)」と話していた。

Sponsered Link



👦名無しさん
松居さんから逃げ出すのもムリがないと思った。
一緒にいたら病んでしまう。
👦名無しさん
SNSテロをやる松居は尋常ではない・・・妻として母としてふさわしくない・・・船越さん頑張ってください、応援しています・・・
👦まるまるまる
船越さんをドラまで見られるのは久々。楽しみにしてます。
👦名無しさん
夫婦の離婚話は、それぞれ言い分があるんだと思うけどね…
松居は、異常だと思います…
👦名無しさん
船越さんって心の優しい人だなぁ〜。何に対しても感謝ってあんな状況からは言えないのに、すごい良い人です。
それに比べてと言うのも何ですが、松居一代は心の寂しいひとですね。
👦名無しさん
船越さん、これから良いことがたくさんあると思います。
👦人生は冒険
やっぱり、今回の船越さん見て思った「沈黙は金、雄弁は銀」
👦名無しさん
船越さんー
一つ乗り越えた感じですね。
ごごナマでも笑顔で切り替してましたし、いい事です。頑張って下さい!
👦名無しさん
頑張ってるのは船越さんだけじゃないね
事務所のスタッフも疲労困憊してるだろ。
👦名無しさん
船越さんが本当の被害者です。今の状況では仕事に専念出来ないでしょ!はやく乗り越えて、役者の船越さんが見たいです。応援してますよ
👦名無しさん
相手の挑発に乗ると泥仕合になるから、こういうコメントがベストだと思う。大人だし賢い。
裁判できっちり白黒つければ良いと思います。
👦名無しさん
船越のほうが、ずいぶんと大人な対応。松井のやり方は酷すぎる
👦名無しさん
よそのお宅ながら、船越さんに同情します。
財産があって一括で車を買って、不自由無い生活が出来ても、心に貧困があったら生活は破綻する良い例ですね。
👦名無しさん
相手の奇行が過ぎるとかえって冷静になることあるよね
👦名無しさん
松居さんも散々やることはやりつくしたでしょう。
悪くても感謝の言葉が船越さんらしいなあ。
あとは円満に別れられると良いですね。
👦名無しさん
彼と同世代ですが、この年齢になると大抵の人は、
「悪くても、感謝」って気持ちになれるものです。
ただ、もちろんそうじゃない人もいます。
そういう人は孤独で寂しい人です。
彼は、そうじゃない。
安心しました。
👦名無しさん
いつも大人の対応ですね。
👦名無しさん
マスメディアによる誤報や名誉棄損もしかりだが、個人によるSNSでの発信についても、影響力に合わせた賠償額設定を、もっと現実の損害に合わせた方がいい。
家庭内の悪口を、大きな声で言った方がメリットがあるなんて、いけない。
👦名無しさん
亡きお父さんが結婚を大反対してたがお父さんの言うこと聞いていればよかったね!
👦名無しさん
報道陣が不倫があったのかどうかには全く触れないのは、松居さんが奥さんだったらそんな気持ちになっても仕方がないだろうという同情があるからだろうか。
👦名無しさん
松井の誤算だったのは
「夫婦間の所有物の窃盗」は
日本の刑法上罪にはならないが
「住居への不法侵入」は
家族でも罪になること
(判例も確立している)
この一件で船越は圧倒的に優位に立った
NHKも昼番組で船越を外していないのは
船越勝利がはっきりしたからかも
👦名無しさん
船越さんの発する言葉一つ一つに重みがあり、強さと優しさを感じます。幸せになれるよう応援しています。
👦蒼と黒の男やろ
船越さんの逃げたくなる気持ちよく分かります
👦名無しさん
船越ももちろん非がないとは思わないけど、松居のあの動画とか見ると彼女自身にとてつもなく深い闇を感じたので、
離婚やむ無しだな
亡きお父様はそれを瞬時に見抜いて最後まで結婚に反対されていたのですね
それを当時聞けなかった、見抜けなかったのは船越英一郎自身なのでその意味では自己責任
全てが法律的に終了してら、あとは平穏が戻れば良いですね・・
👦名無しさん
大人の対応ですね。応援してます。
痩せて、しぶくていい感じになった。
👦名無しさん
お父様が逝去するまで反対していた事は、この様になると思っていたのでしょう。
普通は逝去する間際は認めるのですが、最後まで反対していたのは、それなりの理由があったのでしょう。
👦名無しさん
夫婦間の事は当事者にしかわからない事も多々あると思う。突飛敵な行動を感情に任せて取った妻、応戦せずに沈黙を貫いた夫、どちらが悪いとかはわからないですが、船越さんの考え方は人として
素晴らしく思います。
👦名無しさん
船越さん大丈夫かなぁ
早く解決してほしいです。
👦名無しさん
ピタッと話題が途絶えたね。今までの騒ぎはなんだったんだ。
👦名無しさん
育ちの良い船越さんは自分の人生に裁判は
想定しなかっただろう。お父様が応援してますよ。
人間生きていれば感謝は年々大切になります。
ひどいことを言われても言った人に感謝ですか。
だが、その辺を戸籍上妻は船越さんに何を
しようが反撃してこないと読み違え騒動を起こした。
まさか世論が船越さんエールになるとは思わず。
示談はしないでください。なぜなら、
簡単に人を傷つける人間を増やさない為にも。
👦名無しさん
初めの内は真相をとっとと取材せずに面白おかしく怪奇動画を流していたワイドショーが
ホリプロが動いて以降はピタッと静まり返ったので、一代のことはすっかり忘れていた
👦名無しさん
無事に離婚できると良いですね(^^;
👦名無しさん
最中ならストレスもかかるけど、乗り切れば単なる過去。でも、よく乗り切れたなぁと感心します。船越さんのストレス耐性は凄いです。逆に化けの皮剥がれた女王の暴走は見ていられなかったw
👦名無しさん
あの松居の記者に囲まれながら裁判所に向かって笑顔で歩いていく姿には戦慄した
それをトップで取り扱うワイドショーもどうかしてるわ
👦名無しさん
例え、もし船越さんが不倫をしていたとしても
やっぱり悪いことがあったときに笑顔で返せる人、船越さんが言うように感謝しますと言える人の方が素晴らしいと思う。
松居さんのようなやり方をしたのでは自分の気持ちはすっきりするかもしれないが誰も味方がいなくなる。
今回の船越さんの発言で人としてどっちが格上かはっきりしました。
船越さんこれからも頑張ってください。
👦名無しさん
今や松居氏の動画やブログなど全く興味がない。船越さんの活躍を期待する。あの奥さんでは船越さんに同情する人が多いのは当たり前。
👦maturibar
仁科さんの事件の際のタイトルは、仁科さんが恐喝していると誤解を招きかねないタイトルでしたが、船越さんの場合も、まるで「誰か」が「悪くても」と、誤解を招きかねない表現。これらのタイトルは誰が作成しているのですか? 筆者に日本語力がない、ということもありますが、悪意を感じます。
👦名無しさん
かえって船越さんに同情が集まってしまい逆効果になっちゃいましたね。
👦名無しさん
松井には申し訳ないが船越さんが逃げ出すのも無理はない。
不倫の真偽は分からないけど、不倫していたとしても松井があれじゃ仕方ないよ。
👦名無しさん
夫婦とか恋人同士の関係ってどっちもどっちって感じではあるけど、こちらのご夫婦に関しては、船越さんに同情票が集まっているイメージがあります。不倫をするのはもちろんいけないコトですが、松居さんが船越さんに逃げ場を与えていれば、ここまで泥沼にならずに済んだのではないでしょうか。人間関係は難しい、特に男女関係は難しいってつくづく思います。船越さんが一刻も早く楽になれたらイイですね。
👦名無しさん
大人の対応ですね。
幾ら身内でも、しかも妻と言えど、限度を越えた誹謗中傷は普通ならキレてもおかしくない。
このコメント出される裏では相当な我慢もあったんだと思うだけに、今の時代、すぐにキレたり逆ギレしたり見境無くした行動や言動する人が多い中、見習うべき姿勢でしょうね。
👦名無しさん
言いたい事や腹の立つ事もたくさんあるでしょう。
でも、あえて語らず穏やかに微笑む船越さんは素敵です。
👦kumakichichi
船越さん頑張って。
この期に及んで、感謝、と言えるあなたはすごい。でも、もっとも効果的な厄払いなのかも。感謝されたら、松居さんは何も返せないから。
👦名無しさん
離婚てきたらもっと良いことあるはずです!
👦名無しさん
本心じゃないわな
👦名無しさん
船越さんの話題性で視聴率稼ぎそう
👦苺を喰ったにゃんですのよ♪♪(ФωФ)
難しいことはどうでも宜しい。単純に過ぎ去った後は、あかるい未来が来る!それのみ信じて前進あるのみよ。望んだ戦いでなくても、戦わなければならないときもある。やるなら、やらねば!
👦名無しさん
今回の発言を聞き、改めて、船越さんは優しく温厚で素晴らしい人だなと感じた。松居一代には勿体ない人にもかかわらず大切に出来なかった結果だし、息子さんとの縁が強くて、そこだけで繋がっていた夫婦だったのかな…。松居一代は自分の思い通りにならなければ、今までの事全てを叩き壊すような人、時々いますよね…。
👦名無しさん
相手を落とさないどころか持ち上げる。
上手い。
この上手さを松居一代さんも持って欲しかったような、、、。
逆にこの人は味方を減らしてしまったと思う。
👦名無しさん
彼女の性格がわかっていたら結婚はしなかったはず。でも、父親と
して夫として幸福になれるとおもったのではないか?俳優で彼の
なくなった父親船越英二さんには、分かっていたのだろう。
優しすぎる英一郎さんには、荷が重すぎていくだろうと。
ビジネスとして成功している彼女は、相談したくても相談相手が
いなかったのではないか?
そして、どんどん追い詰められて、いろんな話が彼女に入り、
やむを得ない手段がこうなった。
人から見たらひどい可哀想な人。彼女はそうは思っていない。
2人にとって良い形でおさまってほしい。
👦名無しさん
火曜サスペンスを復活して欲しい。ついでに船越さんは片平なぎささんに乗り換えて欲しい。
👦不惑の四十男
誰かさんと違って、船越さんは大人ですね(^o^)
早く別れられることを祈っております(^O^)
👦名無しさん
この人、10年後どうなってるかなぁ?
今となってはとんだ疫病神に憑りつかれてたね、、、。
👦謝罪と賠償
ちょっと痩せた?
👦名無しさん
川島なお美の話が出た時を思い起こすと怖い。死人に対して、ご遺族に対してそこまで自分本意に考えられるのはスゴいし怖い。
親でも引く。
👦名無しさん
まあ確かにそうかも
👦西京漬
最近、奥さん静かだな!貝になった?と思いきや、離婚調停中だったのか。凄かった、松居劇場!冷や汗の夏だった。
👦ichi***
松井さんがあれだけ不倫を大騒ぎしていても、ここまでずっとだんまりだった船越さんだから、ここでお互いに刺激するような事を言ったら大変な事になることも考えられる。
『悪くても感謝』は、いい言葉のチョイスだと思います。
👦名無しさん
松居一代、逮捕、万歳!
👦名無しさん
家庭内には色々とあるのが普通でしょう、違うのは俳優や女優など知名人にはマスコミがゴシップとして書く事でしょう。視聴者も喜んでそれをネタにして色々と書くのですから。収入も多いから色々と書かれても有名税のひとつですか。

 
<PR>
【U-NEXT】日本最大級のビデオオンデマンド

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!

スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!

電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで

今すぐ「観て」「聴いて」「読めて」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!

今なら31日間無料トライアル実施中! ⇒ 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す