安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ(THE PAGE)

Pocket

 歌手・安室奈美恵の新曲『Hope』が、フジテレビ系アニメ番組「ワンピース」の主題歌に起用されることが発表された。

 同曲は、同アニメのために制作期間約半年間をかけて書き下ろされた曲で、仲間同士の“絆”が未来への答えを導く“希望”となることを歌っているという。

 最近は、日本を代表する演歌歌手の一人である氷川きよしが同局系人気アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌『限界突破×サバイバー』を歌うなど、大物アーティストがアニメの主題歌を担当するケースが増えている。

古くはジュリー、「ゴダイゴ」も

 大物アーティストによるアニメソングの歌唱といえば、古くは沢田研二が人気絶頂だった1978年に公開されたアニメ映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のエンディングテーマ『ヤマトより愛をこめて』を歌い、1989年には人気バンド「ゴダイゴ」がアニメ映画「銀河鉄道999 The Galaxy Express 999」の主題歌(※映画と同タイトル)を手掛けたことで知られている。

 とはいえ、こうした一部の映画などの“タイアップ”を除いて、大物アーティストがテレビアニメの主題歌を担当することはマレだった。

 レコード会社のベテランスタッフはこう語る。

「昔は、流行歌やポップスなどと比べると、アニソンの社会的地位は低かった。近年では大人が楽しめるアニメ作品も増えて、民放キー局でも大人向けのアニメが子供の視聴しない深夜に放送されたりしていますが、昭和の時代はテレビ局の編成上でもアニメ番組が放送される時間帯は平日の夕方や午後7時台だったり、日曜日の朝だったり、明らかに子供向けに特化されていました。こうした背景もあり、アニメの主題歌に関しても、売り出し中の若手アーティストだったり、バンドだったりにとっての“登竜門”的な立ち位置でした」

アニソンの社会的地位が向上 ミリオンヒット曲も

 実際、後に人気歌手となる故やしきたかじんさんはブレーク前の1981年に公開されたアニメ映画「機動戦士ガンダム」の劇場3部作の第1作の主題歌『砂の十字架』を歌唱してヒットを飛ばしたが、ジャケットに自身の写真が使われなかったなどの問題もあったとはいえ、同作について“人生最大の汚点”と語っていた。

 だが、時代が経つとともにアニソンおよびアニソン歌手の社会的地位も向上。

 00年代に入ると、倉木麻衣の3rdシングル『Secret of my heart』が同局系アニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマソングにも起用されてミリオンヒットを記録するなど、大物アーティストとアニメのコラボも目立つようになっていく。

「日本のアニメが国内の大人たちはもちろん、海外でも高く評価されていることを受けての現象だと思います。かつては大物アーティストといえば人気ドラマとのコラボが定番でしたが、ドラマの視聴率が苦戦する中、ドラマよりもコアなファンを持ち、世界にも通用するアニメの方がアーティストサイドにとってもプラスの面が大きいですしね。ファン層を拡大するというメリットもあると思います」(同レコード会社のスタッフ)

アニソンを愛する大物アーティストたち

 今後、大物アーティストとアニメのコラボはますます増えていきそうだが、アニメ誌の編集者はこう語る。

 「昨今では歌手を目指したキッカケがアニソンという人も増えていますし、昔に比べて今のトップアーティストの中には自身も幼少期にアニソンに慣れ親しんだ人も多く、アニメを愛していたり、アニソンを“下”にみる感覚がないのもプラスに働いているのではないでしょうか」

 実際、熱烈な「機動戦士ガンダム」シリーズのファンであるGacktが、テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」をリメイクした劇場版のテーマソングを担当したことは広く知られている。

「最近でいえば、『ドラゴンボール超』の主題歌を歌っている氷川さんは、幼い頃から『ドラゴンボール』の大ファンで、『CHA-LA HEAD-CHA-LA』をよく口ずさんでいたそうですし、自身が『ドラゴンボール』の主題歌を歌えることを喜び、誇りに感じている。そうした作品に対する敬意を持っている大物アーティストが主題歌を歌うことで、双方にとってプラスになる面も出てくると思います」(同アニメ誌編集者)

 今後も大物アーティストと人気アニメとのコラボが話題を集めそうだ。

(文・平田昇二)

Sponsered Link



👦ドラマニ
大物アーティストが歌うと、作品と何も関係のない歌をむりやり主題歌にする感じになるので、あまり好きじゃない。
👦名無しさん
ドラマの主題歌がさっぱり売れなくなって、アニメに頼らないといけない状況
👦名無しさん
being系なんかはずっとアニメタイアップしてたよ。
一般的にアーティストと呼ばれる人がアニメのタイアップすんのは90年代くらいから多くて最近はむしろ落ち着いてるくらいだと思う。
ドラゴンボールだってZARD、DEEN、フィールド・オブ・ビューなどミリオンアーティストが歌ってたし。
最近急に進出してきた分野じゃないと思う。
👦名無しさん
90年代から普通に有名アーティストが歌ってたけどね。
特にジャンプ系マンガのアニメ。
スラムダンクとかるろうに剣心とかはアニソン要素全く無かったけど。
👦名無しさん
逆に最近は少なくないか?
昔の方が多かった気がする
今はアニメの声優さんが自ら
歌っているのが多い気がするけど
👦名無しさん
例えばガンダムやドラゴンボールみたいに曲の中にアニメのタイトルが入ってたりキャラや技の名前が入ってたりまさにそのアニメのために作られたザ.アニメ主題歌みたいな曲はもう作れないのかな‥
👦名無しさん
アニメと全くマッチしない歌を唄っても無意味。昔のアニメは歌もマッチしていた。この主題歌とアニメ全然繋がりもなんもないじゃん?て曲が多すぎる。歌詞に主人公とか、必殺技とかを入れろとか言わないが、せめて繋がりのある歌詞にしてくれ。あと、最近のタレントによる吹き替えも萎える。一番酷かったのはミニオン。内容も吹き替えも最低レベル。家族が全員見終わったら後、不快感しか残らなかった。
👦猫飼いたい
アニメ好きだし歌もあれこれ聴くけれど
いいアニメにはいい曲がついてくるものだよ
結局、好みの問題だけれどエーベックスの所属の歌手の歌はほとんど聴かない
👦名無しさん
音楽に金落とす層を捕まえる為。昔は好きなアーティストのcd普通に買ってた時代があった。最近音楽に月万単位で使う奴なんてそうそういないからね。。結局オタクのコレクター性に頼るしかない。。時代の流れだ。アイドル、アニメ乱発の流れはまさにコレ。
👦彼女はポーランドから来た留学生
これはもうビジネス色の覇気かもしれんね。
👦名無しさん
コナンは倉木麻衣とかB’zが昔から結構な数を歌ってるし(主題歌のサイクルが早いのもあるけど)、90年代はジャニーズもよくアニソンを歌ってた。勇気100%とか。広瀬香美もCCさくらのEDを歌ってたりする。
つまり有名歌手がアニソンを歌うのは別に最近始まった話じゃない。
👦名無しさん
別に今頃増えてきたわけじゃないけど、アニソンの社会的地位が上がったのとドラマとかのタイアップじゃやっていけないと思ったからでしょ。
アニメの世界観をブチ壊しにするようなタイアップなら願い下げだわ。
👦(・ε・)
フジテレビの
アニメ主題歌は本当にひどい
スポンサー会社のゴリ押しばかり
アニメのこと
何一つ考えていない。
👦未来は明るい、と思っていた
アニソンのオープニング/エンディングはその世界観に合ったものが必要で、誰が歌うかは問題では無い。
如何に有名な歌手でも、世界観にマッチしないのであればファンは評価しない。
ガンダムSEEDDestinyでCHEMISTRYが主題歌を歌ったが、世界観ガン無視で腹立ったのを思いだした。
👦名無しさん
たかじんは黒歴史扱いしてたかもしれんけど、他にも昔から、キャッツ・アイやGetWildとかあるじゃん!
倖田來未も10年くらい前、ギルガメッシュのEDやってたし、BUCK-TICKも深夜枠で覚えてる範囲で2作はやってるし、別に最近増加してるわけじゃない。
なんかこの記事失礼だわ。
👦KNT
昔SMAPもアニメ主題歌歌ってたよ。
姫ちゃんのリボンと赤ずきんチャチャ
知らない人多いのかな?
ワンピースの矢口真里のグループの歌
あれは、最悪だった。
ヘキサゴンのメンバーのやつ
👦名無しさん
シティーハンターとか大物アーティスト揃いだったと思う。
B’zの曲聴くと、イントロでコナンの語りを思い出せるくらい、合ってないのかもしれないけど、一部になってる気もする。
一応、謎解き、とか、ミステリアス、とか考えて作られてるんだけど…
👦名無しさん
昔は?、アニメに沿った歌詞を水木一郎さん、堀江美都子さん、ささきいさおさん等が歌うのが当たり前だった。
だけど、海のトリトンはかぐや姫がバッグを務め、すどうりかが歌っていた。
当時は何とも思わなかったけど、アーティストとのコラボは昔からあったという事実。
👦マット君顔面変化球
アニメといってもドラゴンボールやワンピースは大ごけする可能性が限りなくゼロなので、大コケして打ち切りになる可能性すらある現在のドラマの主題歌やるより全然良い。子供のファン層も取り込めるし。安室ちゃんの件に関してはアニメどうこうの問題では無い。
むしろアニメだけで考えれば深夜アニメの数が多いから比率で考えれば無名のほうが多い。
比較している時代もちぐはぐだし、一部を切り取ってそれっぽく書いた記事。
👦名無しさん
3月のライオンのオープニングとエンディングの
バンプの曲は最近のアニメの曲にしては世界観が
はまっていていいと思っている、
どっちもこのために作った曲だと自分は思っている。
👦名無しさん
なんや、これ(´・ω・`)
アニソン歌ってきた、堀江さんや水木さん、ささきさんに大杉さん、前川さんをディスってるのか(#゜Д゜)
👦名無しさん
確かにアニソンの地位が上がったのは感じるが
タイアップ曲は昔から多かったと思うぞ
あと全体的に曲が売れないんだろう
👦joe
少なくともジャンプアニメは昔から大物アーティストが歌っていた記憶があるが・・。
シティーハンターや北斗の拳とか・・。
👦名無しさん
大物?の起用は、最近になって増えたと思わないし、
安室奈美恵も、以前にもワンピースの主題歌を歌ってますけど。
最近でもなく、記事にある00年代からでもなく、
80年代後半や90年代から普通にありました。
スラムダンクやるろ剣もメジャーな人が主題歌歌っていたし。
シティーハンターでは小比類巻かほる、TMNetwork、鈴木聖美。
タッチの劇場版ではアルフィーも歌ってたし。
鋼もポルノグラフィティやラルクとか。
記事中にコナンの倉木麻衣を取り上げてますけど、
それよりも前、90年代のうちにZARDやB’zも歌ってます。
ほかにもいろいろ。
記事を書いた人は自分の感覚だけで書いてしまって下調べが足りていないというか、
不勉強な気がします。
👦名無しさん
昔は兎も角、最近は歌番組がほとんど無くなって、露出が減ったのが大きいのでは。
制作費を抑えたい制作サイドと、タイアップで取り上げてもらって、露出度を上げたい芸能事務所の思惑が一致したんでしょうね。
👦名無しさん
特にそんなことを意識はしていないけど、モノクロ版のおそ松くんでも主題歌を藤田まことさんが歌っていたし、谷啓さんもグズラの主題歌を歌っていたし、特撮だったら春日八郎さんも新隠密剣士を歌っていたから、今更騒ぐことでも無いと思うけど。
👦Triela
大黒摩季×スラムダンク、WANDS×スラムダンク、ジュディマリ×るろ剣など90年代のジャンプ系アニメがすごい思い出に残ってる。
もうちょっと後だとポルノグラフィティ×ハガレンだな。
👦名無しさん
そのアニメの世界観に合ってる歌なら良いとは思うけど⋯でもやっぱりアニソン歌手が歌ってくれるほうが気分は盛り上がるかなぁ。
個人的にはカッコイイ歌もカワイイ歌も抜群に上手い、奥井雅美さんとか好きです(*^^*)
👦名無しさん
歌が売れないからアニメオタクから搾り取りたいんでしょうね
👦名無しさん
別に今に始まったことじゃないだろ
三波春夫がルパン音頭うたったり
細川たかしがおそ松くん歌ったり
小林幸子がポケモン歌ったり
北島三郎がおじゃる丸歌ったりしてるし
ただしそれらはちゃんとアニメを意識した曲だけどな
👦名無しさん
後を絶たないと言うのならわかるが、増加してるかは正直よくわからない
ドラゴンボールや、ワンピース、コナンなどは知名度的に幅広い層に行き渡ってるわけだし、大物アーティストが歌うことに驚きはないと思う。
ガンダムにしても、OOなんかは、UVERworldやL’Arc-en-Cielが担当してたんだし、知名度や、規模の大きなアニメは昔からそれなりに大物アーティストを使ってきた気がするから増加ではなく、後を絶たないの方が正しい気がする
👦名無しさん
昔からアニメファンやってるけど、ちゃんと調べてない記事って不愉快。
👦名無しさん
るろうに剣心の曲みたいに世界観に全然あってない曲を使うのはやめてほしい。
当時、すごい違和感だった。
好きなアニメで世界観に曲があってないのは非常に嫌です。
昔から色々な大物アーティストがアニソン歌ってます。別に増えてないと思う。
👦名無しさん
GACKTの綴りが昔のものだよ…というツッコミはさておき、実はGACKTに限れば『後天的ガノタ』なのが面白い
映画三部作を見る機会があったのだが、よくわからなかったそうでTV版を最初から見直したそうな。そうしたら『ジオンが好きじゃない人とは友達になれない』とすっかり仕上がってた。
👦名無しさん
自分が歌手だったら、絶対歌いたいけどなー。
北島さぶちゃんとかも、忍たま乱太郎の歌とか、歌ってたよね。
👦名無しさん
安室奈美恵って全盛期の頃ポケモン劇場版第2作ルギア爆誕の主題歌を歌ったことあるよね
👦名無しさん
なんか、この記事、ずれてないか?
アニメの主題歌をその時の旬のバンドやら歌手やらが歌うのは最近になって始まった訳じゃないじゃないか。
👦名無しさん
杏里がデビュー曲でキャッツアイの主題歌って聞かされた時に嫌すぎて激怒したってインタビューで言ってたね。
あの頃はアニソン歌手は格下のイメージがあったんでしょうね。
その後何年も経つと、考え方が変わって感謝してるとも言っていた。
一時期、アニメの内容に全く関係の無いアニソンばかりだった時期があったように記憶している。それは残念だった。
自分が子供の頃は主題歌挿入歌、それぞれが絵と音楽と歌詞とリンクしてて世界観が統一されていてそこが好きだったから。最近の事情は知らない。
👦名無しさん
アニヲタとか言いつつ利用する…
アニソン好きと言いつつ声優が歌う曲は除外…
なんだかなぁ…
👦名無しさん
そもそもだけど、アニメの方が実写よりも格下って思っている人いない?だから、アニメなのにこのキャスト、とか歌手、とか。でも、映画の興行収入はアニメばかりだし、世界で戦うにもアニメは強い。しっかりと今後もアニメを文化として盛り上げて行くべきだと思う。
👦名無しさん
子供の頃、夕方毎日アニメをやっていた。
アニソンはプロ中のプロの歌だった。
ヤマトもキャンディキャンディもそう。
それでも一番うまいと思うのは魔女っ子メグ、キューティーハニーの方。
自分の中で、あの方の歌を超える人はいないなぁ。
👦名無しさん
なにいってんだかいまさら
TMネットワーク~ガンダム、Bz~コナン、西条秀樹~ちびまる子、渡辺美里~ドラえもん、ドリカム~ワンピース、ALFEE~ヤマト、999
みんな大物じゃん
👦名無しさん
ついさっきマクロスの飯島真理さんがステージで歌っているのを見たけど、ググっとくるもんがあった。
なつかしい人も主題歌に採用してもらいたい。
👦abcdeklow
私はアニソンと言う位置付けがどうも嫌いです。
アニソンが嫌いなのではなく、アニソンと言う位置付けが嫌いです。
正直、アニメで使われたかどうかの違いであって、曲のジャンルと言う物ではないにも関わらず、何故かジャンル扱いされていると言う位置付けが嫌いです。
その為に、アニソンだから聴く聴かないと言う謎の判断基準が生まれてしまい、アニソン以外は陽の目を浴びない状態に現在の音楽業界はなっています。
そんなの人の好みだからいいと言う人もいるでしょう。確かにそれはごもっともなんですが、私はアニソンだから◯◯と言う基準は本当に残念でなりません。
裏を返せば、その曲がアニソンじゃなかったら評価されないのかと言う事にもなります。
本当にそんな基準で良いのだろうか…私には解りません。
👦名無しさん
シティーハンターの曲はTMNETWORKの曲ってイメージが強いけど、どれも世界観がアニメと合っていて良かった気がする。
GetWildのイントロが流れ始めて、ああエンディングだと思い始めたら、自然とエンディングの映像に入ってくのなんか今でもゾクゾクするわ。
👦名無しさん
元々が創作的ファンタジー系なアーティストじゃないのにアニメの歌歌っても印象に残らない。
というか記憶に残らないかな。
安室奈美恵が歌ってもそれはアニソンにはならないと思う。
そのアニメを意識した歌詞であったりきょくちょうでないと見ていても歌の所飛ばすし。
正直、シラケるので止めてほしいのが本音かな。
👦名無しさん
この記事を書いた人はアニメを蔑んでいるのでしょうか。
又、何を基準にアーチストの優劣を考えているのでしょうか。
昭和のアニメがテレビマンガだった頃からおさらいして見ましょう。
とんでもない大御所の先生方が主題歌を歌っておられます。
作詞では鉄腕アトムを谷川俊太郎氏が手掛けておられます。
作曲ではルパン三世のテーマを大野雄二氏が担当され、ジャズのスタンダードにもなっております。
安室奈美恵さんを小者とは思いませんが、一度「ギャートルズ」を見てかまやつひろし氏の「やつらの足音のバラード」を聞いて下さい。
70年代前半の作品です。
👦JU5TIC3
増えている?どこが。
一周まわって戻っただけ。
👦名無しさん
10数年前のゴールデンの時間にアニメやってた頃は、歌番組に出るようなアニメ系じゃない人気歌手が主題歌歌ってるものなんてたくさんあったと思うけど
ワンピースとかも昔からちょこちょこその時の流行りの歌手がタイアップしたりしてるし
放送時間の枠で判断してるだけじゃないかなあ
👦名無しさん
増えてるのかな。昔だって大物歌手が歌うことがよくあったけどなぁ。ライターが知らんだけじゃないの?

 
[PR]

【niconico】コメントで動画はもっと楽しくなる!日本最大級の動画サービス【ニコニコ動画】

アニメ・ゲーム実況・スポーツ・将棋・ボカロ・踊ってみた歌ってみたなど、様々な動画・生放送を配信。

お馴染みの流れるコメントが視聴者同士の程良い一体感を生む、他には無い視聴体験!

niconicoをより快適に見る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA