「無痛分べん」から「性感染症」まで扱う異色の「コウノドリ」作者が30代後半で漫画家を志した理由とは?(産経新聞)

Pocket

Sponsered Link

 医者が主人公の漫画やドラマは数あれど、産科をテーマにした作品は珍しい。そんな中、産科医療の“現場”を描いた漫画「コウノドリ」の単行本が、累計発行部数400万部超のヒットを記録している。作者の鈴ノ木(すずのき)ユウさん(44)は、もともとミュージシャン。漫画家を本格的に志したのは30代後半という異色の経歴を持つ。鈴ノ木さんに、漫画家を目指したきっかけや、産科がテーマの漫画を描こうと思った理由などを聞いた。

■ドラマも人気 10月から続編スタート

 「コウノドリ」の主人公は、男性産科医でピアニストの鴻鳥(こうのとり)サクラ。出産を控えた女性やその家族、そして懸命に生きようとする子供たちの姿を丁寧に描いた作品だ。過酷な勤務環境のなか、サクラをはじめとした医師や助産師らが患者を助けようと奮闘する姿が胸を打つ。

 連載は2013年、週刊漫画誌「モーニング」でスタート。15年に綾野剛主演のドラマ版がTBS系で放送され、今年10月13日からは続編が始まる。

 テーマは「自然出産と帝王切開」「立ち会い出産」「無痛分べん」といった一般的なテーマから、「切迫流産」「子宮外妊娠」「無脳症」などといった事例まで幅広い。「人工中絶」「性感染症」などの話題も扱う。

「出産の話はデリケートです。漫画では、不幸にも子供を亡くした女性も描かないといけない。10人が10人とも納得する話は描けませんが、なるべく人を傷つけずに、出産のことを身近に感じてもらえるような漫画を描くことを心がけています」

■妻と息子にもらった「第2の人生」

 鈴ノ木さんが本格的に漫画家を志したのは、一般的にはかなり遅めといえる30代後半だったという。友人に漫画家がいてそのアシスタントを務めたり、30代前半のころには漫画の賞を取ったこともあった。ただ、音楽活動を重視し、漫画家になるつもりはなかった。

「とはいえ、ラーメン店や牛丼店でアルバイトを掛け持ちしていました。実質的には無職でしたね」

 当時を苦笑いで振り返る。

 そんなとき、妻の怒りと、長男のある一言が、鈴ノ木さんの人生の転機になったという。

「妻が仕事に行くときに、僕は『いってらっしゃい』と言って、ベッドの上でギターを弾いてたんですよ。で、妻が帰ってきたときも僕が同じ格好でギターを弾いていたら、『なめんなよ!』とブチ切れられまして…(笑)」

 当時保育園に通っていた長男のある行動も背中を押した。

「お父さん、お仕事なに?」

 尋ねられて鈴ノ木さんが「アルバイトだよ」と答えると、忘れないためにか長男は「バイト、バイト、バイト!」と大声で連呼した。

「何となく切なくなった」鈴ノ木さんが講談社の「モーニング」編集部に漫画原稿を持ち込んだことから、「漫画家人生」は本格始動した。

「僕は妻と息子から『第2の人生』をもらったんじゃないかと思っています」

■男性にもおすすめ

 その後、13年に「コウノドリ」で本格デビューすることになるが、なぜ、産科をテーマに選んだのか。

「きっかけは、妻から『産婦人科の話を描いたらどう?』と言われたことですね。僕は父親なのに出産のことを何も知らなかった。長男の出産に立ち会っていましたが、あのときはただ震えているだけでした。編集からは『漫画にするのは難しいのでは』といわれましたが、僕はぜひこのテーマで描きたかったんです」

 産科という「人の生き死に」を描く作品なので、親交のある産科医の監修を受けている。病院への取材も欠かさない。「現場の雰囲気や匂いを体に入れ、原稿に向かっています」という。

 アイデア出しについては「本当に大変。だいたい描いてしまった感がある」と苦笑するが、「毎回『こんなことがあるんだ!』という驚きと、新鮮さを持って描けている」と語る。

 この作品を読むと、NICU(新生児集中治療室)とGCU(新生児回復期治療室)の違いや重要性など、出産と〝その後〟に関わる情報が自然と読者の頭に入ってくる。

 出産。夫婦の努力や葛藤、それを助ける医者や助産師の奮闘。私たちは、知っているようで知らないことが多い。女性にも、男性にもお薦めしたい漫画だ。(文化部 本間英士)

●鈴ノ木ユウ(すずのき・ゆう) 山梨県甲府市出身。東海大学芸術学部卒。1980年、友人に借りた漫画「キン肉マン第3巻」がきっかけで漫画に没頭。大学卒業後は、ロックミュージシャンを目指す。2006年、友人の漫画家宅を訪ねた際、突然漫画を描くことを思い立ち、07年「東京フォークマン/都会の月」が第52回ちばてつや賞準入選。10年「えびチャーハン」が第57回ちばてつや賞入選。13年「コウノドリ」連載開始。

Sponsered Link



👦名無しさん
作者の方綾野剛に似てる!
👦名無しさん
作者さんがサクラ先生そのものみたい。
綾野剛さんとも似てる。
👦名無しさん
医学部の学生も産婦人科実習の際に読んでいると聞きます。出産という人生の一大イベントをリアルに丁寧に描写されていると思います。ドラマの続編も人気になりそうですね。
👦名無しさん
前回のドラマ見てました!
ストーリーもキャストも好きです。
産後だったし子供が生後10日で緊急搬送され、NICUに入ったのでそのような場面を見ると思い出されて胸が少しだけ苦しくなります。
生きようとする赤ちゃんと生かそうとする医療スタッフの姿に心を打たれます。
👦名無しさん
漫画も最新刊まで揃えていつも読んでいます。
ドラマも見ましたし、これから始まる続編もとても楽しみにしています。
自分も出産を経験したけれど、知らないことがいっぱいあったし、すごく勉強になるとともに、本当に男性が描いているの?と思うくらい、妊婦に寄り添っていて、すごく良く出来た繊細な漫画だと思います。
出産前に夫にゴリ押して読んでもらってから、夫もすっかりファンになったようです。
👦檸檬
このドラマ、何故かリアルタイムで見ていなくて、この間再放送を見ました。
新シリーズ、楽しみにしています。
👦名無しさん
原作者と主演の綾野剛さんがきちんとコミニュケーションが取れていて他のキャストやスタッフと共に、一緒に素晴らしい作品を作ろうと言う姿勢が見えた前作は見事にヒットしましたね。
今回の続編は更に期待と注目が集まると思いますがチームコウノドリならば安心してもいいのかなと期待ばかり膨らみます。
コウノドリ2期楽しみです!
👦名無しさん
漫画家は自分の描く人物に似てたりするけど、この人もまさしくサクラ先生にそっくり…
綾野剛さんも、作者も参考にして役作りしたのかなぁ。
笑った顔も綾野剛さんに似ている(笑)
全巻揃えてます。
ずっと続いて欲しい漫画です。
主人公達にも、これから幸せなエピソードがあるといいな。
👦アリスローズ
ぱっと見、綾野剛かと思った
👦名無しさん
漫画もモーニングで連載当初から読んでます。ドラマも見てましたが、綾野剛と星野源は最初逆でも良いと思ってましたがね…ブレイクしちゃいましたね、しのりん先生の方が。漫画とドラマ、違和感のない稀有な作品でこれからも楽しみです。
👦名無しさん
前回放送時は妊娠中で、何となく怖くて観られませんでした。
産後まとめて観て号泣でした。
私自身体外受精、子宮外妊娠を経験していて、妊娠出産は全てが奇跡なんだと思います。
男女問わず沢山の方が観るべきだと感じました。
今回も期待しています。
👦_
綾野剛かと思ったら違った
👦usag
漫画の主人公に、なんとなく似てますね・・・
👦whatahell
一瞬綾野剛のインタビューかと思った!
私も『コウノドリ』持ってます。奥さんも安心してることでしょう。
👦名無しさん
前回ドラマが始まった頃、私も出産した頃でした。ドラマの中で、口唇口蓋裂を扱った話しがありましたが、私の子も生まれたら軽度の口蓋裂が見つかりました。うちの子は生まれてからわかったので、産院で手術はできず、違う病院で手術しましたが、コウノドリ先生みたいな先生は現実にはいないんだなぁと実感しました。
👦ご飯だよ
内助の功、いいね♪
👦名無しさん
奥様、まさにアゲマンですね。
👦腰痛婆
作者の音楽の中で、「青春リアル」が好きだ。
👦名無しさん
女性の性感染症は産婦人科で診るのに
男性のそれは泌尿器科で診るのはナンデダロウ・・・?

 
[PR]

【niconico】コメントで動画はもっと楽しくなる!日本最大級の動画サービス【ニコニコ動画】

アニメ・ゲーム実況・スポーツ・将棋・ボカロ・踊ってみた歌ってみたなど、様々な動画・生放送を配信。

お馴染みの流れるコメントが視聴者同士の程良い一体感を生む、他には無い視聴体験!

niconicoをより快適に見る方法

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す