才能、学歴、人生の希望なし。モード界の頂点に挑んだ僕が一番弱い人に伝えたいこと(BuzzFeed Japan)

Sponsered Link
Pocket


キャンバスにむかって作品を描くbaanai

「もっと才能があってもっと順調な人生だったら、僕は今の僕に出会えなかったかもしれない。だから、すべての挫折や苦労があってよかったと思うんだ」

才能、学歴、受賞歴、一切なし。人生の希望も失い自殺を考えた男が、自分の作品を世界的巨匠・川久保玲に送る。その2日後、彼のもとに川久保本人から連絡が来たとしたらーー。

こんな話、あなたは信じられるだろうか?

【BuzzFeed Japan / Rumi Yamazaki】

モード界の頂点に君臨するコム・デ・ギャルソン、グローバルなアート活動「Artist Network Program」を根幹とするライフスタイルブランドRVCAなどに作品を提供する日本人ペインター、baanai(バーナイ)。

世界の第一線の現場に作品を送り続けながらもこれまでメディアに一切登場してこなかったbaanaiが、BuzzFeedに語る。

大人たちに否定されてきた10代


Beach House Kugenumaにて

生まれ育ったのは日本のサーフィン発祥の町、鵠沼。小さい頃から絵を描くことが好きだった。小学生のある日、baanaiは「サーフィンしながら絵を描いてハワイで暮らしたい」と、自分の夢を大人たちに語った。

「そんな夢みたいなこと言ってちゃダメ」

大人たちの言葉の重みが、頭を強打する。とっさに、その場で自分の夢に蓋をした。中学時代は、夢を追うことなくサーフィンをしながら過ごした。

高校で進路を考えたとき、ふたたび絵に挑戦しようと決めた。美大受験のために通う近所のアトリエは、高校の美術の先生からの推薦状があれば入学金が免除になる。しかし美術の成績は低く「あなたが絵で生きていけるとは思えない」と否定された。必死にお願いして、推薦状だけはもらってきた。

「デッサン最下位」の称号

やっとの思いで通い始めたアトリエでも、才能の芽は出ない。

「卒業するまで最下位。厳密には下から二番目だけど、最下位の子は漫画家を目指してて、デッサンがいつも漫画っぽい。それを講師に注意されても直さない。真剣にデッサンをやっていた僕は、実質的に最下位だったよ」

美大受験は、もちろん失敗した。絵をやめたbaanaiは高卒のまま進学もせず、就職もしなかった。お金が欲しいときだけ少しバイトをして、あとはサーフィンばかりしながら毎日ぶらぶらする。そんな生活が何年か続いた。

ものづくりは好きだったが、ほとんど売れなかった。

ある日、実家に突きつけられた「破産」


破産当時を語るbaanai

2014年春、実家が破産したーー。

両親が信頼していた人の裏切りが原因だ。

baanai自身はすでに独立していたが「それまで僕は適当にやってて、恥ずかしいけどお金の管理なんて何もやってなかった。お金に困るという発想もなかった」と当時のショックを振り返る。

それだけではない。破産の少し前、彼は幼馴染を亡くしていた。最後の会話は意地の張り合い。そのことをひどく後悔し、落ち込んだ。仕事もうまくいかなかった…。

そんなときに飛び込んできた破産の知らせ。たたみかけるような不幸を前に、彼はどんな未来も想像できないほど精神的に追い込まれていった。

死ぬしかないかな。

「手元にあったのは、3ヶ月分の生活費だけ。これが尽きたら死ぬしかないのかなと思ってた」

死ぬ前に何をしようか考えた。そのとき頭に浮かんできたこと…それは、かつて何度も諦めたはずの「絵を描くこと」だった。

「本当に生きていけないと思ったとき、どうせ死ぬなら命懸けで、世界で一番すごい人に絵で挑戦してみたいと思ったんだ」

なぜ、コム・デ・ギャルソンに挑戦したのか?

「10数年前、初めて連れていってもらったコム・デ・ギャルソン青山店で衝撃を受けたんだ。こんなにかっこいい場所があるのかって。

それから以前読んだインタビュー記事に出ている川久保玲さんの写真の、どんなウソやフェイクも通じないような真剣な眼差しが忘れられなかった。

だから、世界で一番すごい人に挑戦しようと思ったとき、パッと浮かんだのが川久保玲さんだった。

ただ、最初は正直ちょっと怖かった」

揺らぐ心のまま、インターネットでコム・デ・ギャルソンの記事を1つだけ開く。その瞬間、はっとした。コム・デ・ギャルソンの意味が『少年のように』だと書かれていたのだ。まるで自分のことを見透かされている気がした。

「あ、ここしかない。僕はこの人から逃げちゃいけないんだ」

そこから3ヶ月間、彼は外部への連絡を一切やめ、家にこもって絵を描き続けた。

「学歴、経歴、受賞歴、一切ありません。作品だけで判断してください」


コム・デ・ギャルソンに送った作品がつまったポートフォリオ

自信なんてなかった。失敗を裏づける過去しか思い当たらない。上手く描けず、苦しくてトイレの床に頭を打ちつける日もあった。当時のbaanaiを知る人は「才能を伸ばすのではなく、ない才能を芽生えさせるやり方だった」と語る。

とにかく描き続けた。

「上手いのか下手なのかは全くわからない。でも、作品集としてまとまったファイルを見たとき、なにかすごいものができたかもしれないと思った。これを見た人は、きっと何かを感じてくれるかもしれない、と」

作品の送り方を調べると「ポートフォリオ(作品集)に、学歴や受賞歴などわかりやすいプロフィールを添える」とある。だが、アピールできることは何一つない。

「学歴、経歴、受賞歴、一切ありません。作品だけで判断してください」と手紙を添えた。

相手が受け取ったことがわかるよう、配達証明郵便で送ることにした。もちろん、届いたところで川久保玲が見る保証もない。

そして、郵送の2日後――。

川久保玲その人から連絡がきた。配達証明が届くよりも前のことだった。

「作品だけで勝負する」今でも変わらない姿勢


作品にむかうbaanai

baanaiの作品は2015年春から2016年冬までの間にコム・デ・ギャルソンで三回採用され、華やかなアーティスト活動を送っているように見える。しかし。

「一回目で仲良くなったから何度も一緒に仕事できるんじゃないかってよく勘違いされるんだけど、そんなことなくて。二回目も三回目も自分が勝手に描いて送ってるだけ。先方から仕事を頼まれているわけじゃない」

一見遠回りにも見えるアプローチだが、baanai本人にとっては大切なことだという。

「あのときの気持ちを忘れないために毎回チャレンジしてるんだ」

作品だけで勝負する背景には、自己アピールが苦手な性格も


作品にむかうbaanai

ある日、自分でハンドペインティングしたTシャツを職場に飾っていると、Tシャツを譲ってほしいと言われた。しかし、うまく値段をつけられず物々交換にした。別の日には、実績に見合わないほど無名である理由を人から訊かれたが、うまく答えられない。

そんなとき「自分をアピールするのが苦手なのかもしれないね。もしよかったら、一緒に活動して君の名前をもっと出していこうよ」と声をかけてくれたのが、世界的な「Artist Network Program」を持つサーフカルチャーの気鋭ブランドRVCAだったという。

サーフィンと絵。子どものころ自分で閉じた夢の蓋は、いま、少しずつ開きはじめている。

本気でやるのって怖いし難しい。でも、かっこいい


作品にむかうbaanai

「才能もセンスも学歴もない僕にとっては、本気でやることが大事だった。『これがだめでも他でなんとかやれる』と保険をかけてる時点で本気じゃないというか。

本気出すのって、怖いし難しい。でも、本気でやるってかっこいいじゃん。へんにかっこつけるほうがかっこ悪い」

保険をかけずに失敗することへの恐れはないのか。

「ほかの仕事をしながらやる方法も否定はしないよ。それでも、好きなことだったら本気でやってみる価値はあると思う。僕は底辺にいたから、仕方なく命をかけてやるしかないところまで追い込まれたけど…。

失敗するかも…って想像したら怖いけど、そこまで強い思いで何かをする経験って楽しいと思う。バイトでも、始めたころって仕事できないのに楽しいでしょ。新しい事にチャレンジしてる自分っていいな、みたいな。

人生は夢だと思ってる。夢だとしたらさ、怖いけど、どうせなら自分が見たいと思うものを見たくない?」

いま希望を失っている人に伝えたいこと


baanaiの小さなキャンバス作品

「いま自殺を考えている人や、夢や希望を持てず苦しんでいる人が、自分のこんな話でかすかにでも希望や勇気を感じてくれたらうれしい。

僕は決して特別な人間じゃない。僕にできたから誰でもできるよ、って一番弱い人に響いてほしい。僕すごい弱いから。

基本的に、僕は人より自信がないんだ。自信を持つために絵をやり始めたけど、今だって自信があるわけじゃない。だから365日、一日も休まず絵を描き続けてる。厳密にいうと2015年に高熱で2日ほど描けない日があったけど、昨年と今年は守れてるよ。いいとか悪いとかじゃなくて、自分がやったことっていうのは事実だから」

Sponsered Link



👦通りすがり
もし彼が自殺をしていたら、もし彼が送ったものが見てもらえなかったら、まったく違う運命だったと思う。自分にアートはわかりませんが一生懸命な事に感銘を受けました。
👦板門店
すごいなぁ
夢は捨ててはいけないんだね
👦名無しさん
やっぱり運ってあると思う。その瞬間がなかったらその人の未来はないってくらいのすごい運に左右された一瞬が。
👦名無しさん
難しい事はよくわからんけど、一歩踏み出すって大事なんだと思えました。
👦pppp
確かに一生懸命やってる時のほうが楽しい。仕事も新人で覚えるのに必死で、ちょっとづつ出来る事も増えてってぐらいが一番楽しい。長年同じ事やってるとその楽しかった時期を忘れてしまうんだよね。
👦名無しさん
人は誰しも一つは自信を持てるものがある。
それを認めてくれる人もまた、必ず一人はいる。
それが親だと良いのにね。
👦名無しさん
運もあったと思う。けど、挑戦する力もあったと思う。
👦名無しさん
才能ないって書いてあるけど努力する才能はあったんだと思うよ。
小説でも絵でも、書こう書こうとして全然書けずに終わる人がいくらでもいる。
あとは「運も実力のうち」ってことだと思う。
👦名無しさん
映画化されそう
どっかの受賞歴たくさんの五輪ロゴパクリおじさんとは正反対ですね。ずっと絵が描きたかったんだね。それほどまでしてやりたいことがあるのが羨ましい
👦名無しさん
彼の作品じゃないかもしれないけど、ギャルソンから届く季節毎のDMは、商品の写真や説明など一切無く、アートやグラフィックデザイン、字間や行間が狭い力強い日本語を並べ、冊子の綴じ方も特殊。川久保玲さん自身が好きなんでしょうね、こういうのが。
👦名無しさん
昔の偉人、いや今だって死んでから認めて貰えるものがある位、努力や才能、作品だけの評価はとても難しいでしょう。叶う叶わないのレベルじゃ無く、没頭出来る事が本当の幸せなんだろう。
それじゃ夢が無いからだれも頑張れないのかな。伝えても自分の様になれる枠は決まってる。応援したい気持ちは分かるけど、その辺の責任を真面目に考えたら
なかなか発言出来ないよな。
👦名無しさん
生きることともう一つだけの何かを諦めなければ、人生は何とかなるのかもしれない。
もちろんこの人のようにも中々いかないだろうし、そのもう一つを見つける事も難しいのだけど。
👦S.O.rei
美大とかはどうしてもデッサン重視になる。
美的センスに点数をつけるのは難しいからね。
デッサンという正確に手を動かす行為はアートではないが、
それができないと始まらないことのほうが多いのも事実。
👦おれだよ
芸術の良し悪しは、時代や運などタイミングもある。単純にうまいだけならたくさんのあるし、障害者の方の作品で芸術性が高いものもあるし。何か伝わるものがあったんだろうな。
👦名無しさん
ほとんどチームは、いつか負けると清宮選手は、言っていた。。
👦名無しさん
感性なんて人それぞれなのに、学校や教師が作品を評価するのはおかしい。
子供達は評価なんて気にせず、自由にのびのびと作品を作っていってほしい。
👦★★★
今後どうなるか分からんけどね。
👦名無しさん
彼は自分の夢の為に頑張ったのではなく、彼が自分自身と向き合ってきた結果が、レイカワクボに評価された。
👦名無しさん
いいとか悪いとかじゃない、自分がやったこと
とても心に響きました
👦saitasaita
怖い挑戦の仕方だね。後ろ楯も無く、方法論も無く、よく送ったね。捨て身の勢いだけじゃ、太刀打ち出来なかった人もいるのにね。保険と、自分への多少の誤魔化しがなかったら、挑戦できないよ。根性は何処から湧いてくるのかな?
👦名無しさん
アートは全て感性。自分自身。でもグネグネした絵が凄いのかは私には分からない。
👦えーと、、
カッコいい!子供が運動神経が全くなく、それでも頑張り続ける我が子をみて、いつも感動する!夢がもてる記事です!
👦名無しさん
デッサン下手なのとモードのデザインにはあんまり関係ないってことね。
👦名無しさん
継続は力なり
👦名無しさん
川久保玲って、画家というよりデザイナーでしょ?
絵を描くのが夢だったわりに、いきなり
商業美術に走ったんだな。
👦hungrybird
いい時代だよね。20数年前よりも開けた今の時代なら、出来ること沢山あると思うよ
👦名無しさん
本当の本気は、仕事でも音楽でも絵でもスポーツでも文章でも、必ず誰かの心に届くものだよね。全員がわからなくても。彼はたまたま運が良かったのもあるけれど、一線を越える人ってのはぜっっったいに他人よりも努力してる。自分もだけど、凡人には中々どう努力すれば良いのかってわからないけど。
👦名無しさん
世間の言う才能の定義がどうも曖昧で限定的
才能=天才的能力と思い込んでる人が多い気がする
天才って100年1000年明確に超えた人が居ないつまりその間生まれて死んだ
人たちの数で決まる事でしょ
極論、学校で一番を天才だとしたらその人を今後超える人は世界中に
いくらでも翌日にでも出てきちゃうわけで
学校で上位なんて勉強を継続さえすれば到達できる話
一般世間で評価される才能って結局の所自主的か否かは問わず継続
年数だって事に気づいてない人多いよね
10年続ければ物になるという一般論て
才能の本質だと思うよ
惰性で続けて10年経つ人も居るけどそこが天性的な格差で
意欲的に継続する能力って嫌々だと
続かないからそこには天性的な物が必要だと思う
イチローがまさにそういう意味で天才
👦名無しさん
実績がないから、無理だって言われたから、で諦めなかったら夢は叶うんだなあ。
👦名無しさん
元挫折組である程度成功した人が、俺が出来たから貴方も出来るというのは好きじゃない。そんなの人それぞれだから
👦名無しさん
かっこいい。
👦ヤフコメ住人1号
掛け値なしですごいと思った
👦早乙女27
唯一無二本人の努力もそうですが、川久保怜さんも凄い。
無名の人の絵をちゃんと評価出来るセンスに脱帽
👦名無しさん
自閉っぽいところで人生苦しんで、
自閉っぽい作風に救われたんだね。
ものごとには両面がある。
弱点だけの特性なんてないのかも。
👦名無しさん
こうやって埋もれている人が多い
ブランド創始者の二世(子供)とかじゃないとコネ無きゃ採用無かったりする世界だし
👦名無しさん
何か忘れていた物を、思い出させてくれる記事。
👦名無しさん
実母にダメな子と言われながら育ちました。主人からモラハラを受けながら生活しています(機嫌がよければ褒めまくってくれます)私が生きてく上での支えは3歳の娘と5歳の愛犬。愛犬と娘を残して死ねない。生きるしかない。離婚しても実家には帰れない(実母と不仲)義実家は汚くて臭いし義両親はデリカシーがなさすぎて無理。逃げ場がない。苦しい。どこに助けを求めればいいのか分からない。ただ、愛犬と娘の前では笑っていたい。
👦ドシダさん
こういう話すきです。
👦名無しさん
たぶん、ものすごく魂がこもっていたんでしょうね。魂のないものは人を惹きつけられませんから。
👦名無しさん
〝自分〟の人生してますね。敷かれたレール上ではなく、自分で敷く道行くレール上の先にしか出てこない風景は特別な物を生み出す様々な刺激となって解き放たれる事を格好いいと思う。人生してますね
👦名無しさん
結局は成功したから言えることかな
👦名無しさん
こんな奇跡のような話の裏で
実際絶望して自殺していくやつはたくさんいる
上手く行かないのが人生。それを自覚しつつ楽しみながら生きれればいいな
👦名無しさん
諦めずに前に進んだから良い結果が出たのかな。すごい。
👦名無しさん
ありがとう。
なんか雑念や雑事に追われて忘れそうなことを思い出した。
正直で素敵な人だな。
👦mikisakura
ご自分の弱さを言えるところと、好きなことに邁進している所がいいなぁと思います
👦名無しさん
作品は嫌いじゃない。
でも、この人はたまたま上手くいった。諦めることができず自殺までいった人もいる。他人の人生に夢をみてはいけない。
👦ぴよぴよ
これは好き嫌いがハッキリする作品だな。俺は蓮コラみたいで苦手。
いかにも頑固でコミュニケーションがダメな人の作品って感じもする。
でもそのトンがった部分を丸くしちゃうと、作品の魅力もなくなるんだろうな。
👦名無しさん
「相手が受け取ったことがわかるよう、配達証明郵便で送ることにした。」この発想を持っていたことが他の応募者と差別化を図れた最初の要因だと、ど素人の私は思いました。
👦名無しさん
確かに最後の写真の作品群から才能は感じられないな。運と行動力に助けられた稀な例。
👦名無しさん
何かをやれば何かが必ず変わる
👦名無しさん
運って、自分で掴むものだとよくわかった。
👦名無しさん
芸術家はどれだけそれらしい雰囲気のこと言えるかだから、正直者は芸術家になれない。
芸術は嘘の塊。
👦ショウアズナブル
もともと金持ちはいいね、ブラブラ、アルバイト生活で生活費三ヶ月分あったってw
苦労してない人が羨ましいw
👦サラダホープ
途中から涙出てきた
👦あかさ
家がお金持ってたからこその人生だと思った。
本当に貧乏な家で育つとこんな呑気な学生時代過ごせないし。才能もお金あってこそ開花すんじゃない。
👦柴犬小鉄
コムデギャルソンは生地など素材は良いけど、デザインはあまりの二流ブランド。ギャルソンの提灯記事ですね。
👦名無しさん
好きなことに一生懸命な子供って本当にすごいんだよな。
そんなんじゃ生きていけないじゃなくてそれで生きていける道を探してやるのが大人の仕事なのかもな。
👦名無しさん
人生は、運と努力と才能。
👦rio
追い詰められた時、死と隣り合わせになった時、その人の芸術性が初めて目覚める。芸術は狂気だから、裕福や豊かさからは生まれない。

 
[PR]

【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す