人気DJ、VERBAL 死の淵から生還して学んだこと(NIKKEI STYLE)

Pocket

Sponsered Link


ライブに出演するVERBALさん(2016年5月22日、三重県桑名市のナガシマスパーランドで)

 EXILEのMAKIDAIさんらと函館から札幌に自動車で移動していた人気ミュージシャン、VERBAL(バーバル)さん(42)が2016年末、交通事故に遭い、瀕死(ひんし)の重症を負った。まだリハビリを続けているというVERBALさんが、当時の状況を振り返るとともに、人生観の変化や芸能活動に与えた影響などについて詳細を語った。

「死にかけた事故からなんとか生還でき、人生第2のチャンスをもらった」
「夢を大きく持ち、日本のエンターテインメントを世界に発信していきたい」

 事故を前向きに受け止め、さらに大きく飛躍するための転機としたいという意欲を明らかにした。音楽活動やビジネスなどの近況も含めて、VERBALさんの独占インタビューを紹介する。
◇  ◇  ◇
 16年12月24日未明。猛吹雪のなかを1台のワゴン車が札幌に向けて走っていた。24~25日に札幌ドームで開催する予定の「三代目J Soul Brothers」のライブ公演にクリエーティブユニット「PKCZ(R)」として出演するためだった。同乗者はVERBALさんやMAKIDAIさんら7人。コンビニの駐車場から国道に出た瞬間、大型トラックと衝突したという。7人全員が重軽傷を負い、病院に搬送された。

■移動中にトラックが直撃、肋骨8本骨折で意識不明のまま病院へ


まだリハビリ中というVERBALさん。ここ数カ月でやっとジムに行けるようになった

――どんな状況だったのですか。

「悪天候で飛行機が飛ばなかったので陸路で行く方が確実だと判断して、新幹線で函館まで行き、そこから自動車に乗り換えて札幌に向かっている途中でした。コンビニで買い物をしてワゴンに乗り込み、国道に出たところで大きな衝撃を受け、窓ガラスが割れてこちらに向かって飛んできたことまでは覚えています。あとは記憶がないんです。すごい吹雪だったので視界が悪かったし、路面が凍ってアイスバーンになっていたようです」

――ケガはどの程度だったんですか。

「ちょうど僕が座っている辺り、ワゴン車の後部右側に大型トラックが突っ込んできたんです。直撃でした。僕は右側の肩から背中にかけて肋骨が8本折れて、肩を脱臼し、内臓が破裂していた。気を失ったまま病院に運ばれたようです。意識が戻ったのは肩の脱臼を治すために強く引っ張られたとき。あまりにもすごい激痛で思わず目が覚めました。他のメンバーは事故の瞬間が怖くて頭から離れないようですが、僕は記憶がないので、逆にトラウマにならなくてよかったかなと思っています」

――リハビリの経過は順調ですか。

「ここ数カ月でやっとジムに行けるようになりました。でもまだリハビリは続けています。『4月まで安静にしてください』と医師から言われて、病室でじっとしているのが耐えられず、『とにかく早く退院させてください。どうやったら2月初めには退院できますか』と医師にお願いしていたくらい。もともと走ることが好きなので動けないのは自分にとってはすごく苦痛でした。だから入院しているときから徐々に仕事を始めていた。なにかしていた方が回復も早いようです」

■周囲の人に「愛」を感じた、むちゃな目標を掲げて走りたい


事故を経てクリエーターとしての心境にも変化があったという

――大ケガをして何か感じたこと、得たことはありますか。

「改めて痛感したのは、自分は周りの人たちに支えられているんだなということ。予定していたライブも全部キャンセル。すごいコストとリスクだと思います。ケガをした僕たちのために色々な面でカバーしてくれた。たまたま母も他界したタイミングだったので、周囲の人に支えられながら精神的にもなんとか乗り越えることができました。皆さんの愛を感じます。そういうこともあったので、なるべく早く退院して仕事がしたかった。みんなのために突っ走っていかないといけないと考えています」

――クリエーターとしての心境に変化はありましたか。

「30歳代になって色々なビジネスを始めて、器用貧乏になっているなとは感じていました。以前から自分の作るコンテンツがなんだか面白くない。『AだからBでしょう』みたいに頭のなかの理論だけで考えていたんです。『もう40歳代だし』なんて悟っている自分もいた。だから今回の事故が良い意味で転機になるかもしれません。『海外の大型フェスティバルのメインを飾るようなビッグアーティストを目指そう』とか、無知だった若いころのようにもう1度、むちゃな目標を立てて突っ走ってみたいと考えるようになりました」

■予定調和だったと反省、頭のなかの理屈よりも感覚が大切

――歌詞の作り方や内容も変わりましたか。

「変わってきていますね。m‐floのメンバーの☆Takuや元メンバーのLISAから『VERBALの歌詞は予定調和でつまらない。ファンがそう言ってたよ』なんて言われて、『いやいや、そう思っているの、ファンじゃなくてキミたちの方でしょ』って言い返したけど、たしかにそうだったなと自分でも思いますね。昔の歌詞を読み返すと、日本語の文法がおかしいし、意味不明な部分もある。でも、それが面白くて良かったんです。当たり前のやり方をするよりも、『格好いいから』と感覚だけでやった方が受け手にもエキサイティングで刺激も大きい。だから歌詞の書き方を見直そうとしています」

――どんなときに歌詞を作るんですか。

「いまはスタジオで曲を聴き、その場で書いてしまうというやり方が多いですね。昔は辞書のように歌詞をたくさん書きためたファイルがあって、そこからピックアップしながら行間を埋めていく感じで仕上げていました。いまは曲を聴きながら思い付いた歌詞をすぐに書く。早いときはレコーディングが2時間で終わってしまうこともある。でも、それが良いときもあれば、良くないときもあります。だから、そういう書き方と、書いたものをためておくやり方のコンビネーションでやっていこうとしています」

■ファレル、カニエ、アリアナ……、話が合うのは多趣味で脱線する人


米人気歌手、ファレル・ウィリアムスさん(右)とロサンゼルスのスタジオで(2017年3月)

――1日をどんなサイクルで過ごしていますか。

「結構、早起きで朝6時半とか、7時には目が覚めますね。メールをチェックしたり、スカイプとかLINE(ライン)でその日に送るものを準備したりして時間を過ごし、朝10時には出社しています。そして会社でミーティングしたり、レコーディングをするときは昼ぐらいから始めたり。それで夜の7時とか8時から会食が入る。クリエーター同士とか、スポンサーの方とか。会議室で話すのもなんだねということを食事しながら話します。外国からお客さんが来たときは接待もしますよ。楽しくて、朝になってしまうこともあります」

――どんな人と話が盛り上がりますか。

「基本的に多趣味な人とは話が合いますね。話が脱線しまくる人。海外だとファレル・ウィリアムスさん(米音楽プロデューサー・歌手)とかがそう。村上隆さんの展覧会がどうだったとか、アートの話が大好き。以前、米国に会いに行ったらたまたま米人気歌手のアリアナ・グランデさんと一緒にレコーディングしているときで、ファンの人が書いたイラストを見ながらアリアナが『私、いつもこんな出っ歯みたいに描かれるのよ。ひどくない?』ってつぶやいたら、ファレルが『これはすごいアートだ。分からないの? 絶対にグッズにすべきだよ』なんて熱弁し始めて、『嫌よ。こんなのアートじゃないわ』『やらないんなら俺が作るよ』みたいな話でどんどん盛り上がってしまった」

■「柳井正社長に会いたい」、カニエ・ウェストを渋谷のユニクロに案内


米人気歌手、カニエ・ウェストさん(中)と妻、YOONさん(右)と(2017年6月、東京・渋谷で)

――カリスマラッパーでグラミー賞を20回以上受賞しているカニエ・ウェストさんとも親友ですよね。

「彼も『脱線マスター』です。何の連絡もなく、突然、東京に遊びに来たりする。先月も来ましたが、6月に来たときには『俺、世界のブランドになりたい』って突然、言い出して、『日本ではやっぱりユニクロでしょう。社長の柳井正さんに今日会えないかな』なんて真面目な顔で言う。『それは無理でしょう』と諭したら、『じゃあ、お店に行こうよ』というから、渋谷の道玄坂のユニクロまで連れて行きました。すぐにファンの人だかりができてすごい騒ぎになってしまった」

――最近、凝っていることは何ですか。

「カーデザインです。アルファロメオとか、フェラーリとか、マセラティとか。ランボルギーニ・カウンタックのデザインや色合いがすごいとか。特に古い自動車のデザインに興味がありますね。たとえば、1930年代にすごいぶっ飛んだデザインの自動車を作っていたり。いまでも十分に未来的なデザインなのですごいと思います。まだ、はまり始めたばかりですが、嫁のYOON(グラフィックデザイナー)とそんな話をしながら結構、盛り上がっています」

VERBAL(バーバル) 音楽プロデューサー、DJ、ラッパー。1975年東京生まれ。東京・世田谷のセント・メリーズ・インターナショナル・スクールを経て、米ボストン・カレッジ卒(経済学・哲学専攻)。米証券会社スミス・バーニーなどに勤めた後、1998年に音楽グループ「m‐flo」でミュージシャンとしてデビュー。「come again」など多くの楽曲をヒットさせる。2014年にEXILEのリーダー、HIROさんの呼びかけでMAKIDAIさんらとクリエーティブユニット「PKCZ(R)」を結成。

Sponsered Link



👦名無しさん
m-floはLisaがいた頃がめちゃめちゃカッコよかった。
👦名無しさん
事故の事は知ってたけど、そんな酷い状態だったとは知らなかった。
👦名無しさん
m-floは本当に良く聴いたなあ〜、「アストロマンティック」とか、あの頃はすごいカッコ良かった!
最近は正直ピンとこないなと思ってたけど、この前向きな発言を見たら、期待してしまう
頑張って下され☆
👦名無しさん
ってかさー、簡単な事故状況聞くだけでも、EXILE側の運転手が悪いと思うのですが、トラックが突っ込んできたような書き方は、トラックがかわいそう。
ケガはたいへんだったろうし、この人には責任ないけど、コンビニの駐車場から確認不十分で飛び出したのはEXILE側の運転手。
書き方に気を付けてほしい。
👦名無しさん
comeagainは、自分には衝撃的だった。なんてオシャレな曲なんだと思った
👦名無しさん
エグザイルのようなつまらないアーティストと組んでは本来の良さが消えてしまう。往年のスタイルに戻すべきだ。
👦名無しさん
多才なアーティストだよね。
AI、加藤ミリヤとコラボしたフリースタイルが個人的には大好き。
しかしながら、何故にEXILEと組んだのか…
👦名無しさん
昔の路線に戻るべきだよ。エグザイルなんぞと絡み出してから急激にださくなったもんな。そろそろ本人も自覚したかな?リサが抜けて新ヴォーカルはクリスタル・ケイってラジオで聞いたときは鳥肌もんだったけど今は別の鳥肌がたつわ。
👦強い戦闘力が…ザーボンか
肋骨8本、肩脱臼、内臓破裂
生還
不死身やね
良かったな
👦匿名
11月から3月までの間に北海道でライブをするなら、前々日に北海道入りするくらいじゃないとダメな気がする。
北海道の雪を甘くみちゃダメ。
やる側も、観る側も。
👦雨降小御神
相手のトラックの方が悪いみたいな事故の書き方に激しく違和感。
👦名無しさん
トラックに突っ込まれたのではなく、雪道走行を甘くみたワゴン車側の過失事故でしょう。
重症を負われて気の毒ではあるが、美談にするにはトラックの運転手側に失礼。
トラック側にしたら、発進してきたワゴン車を見た時点で死をイメージしただろうし、恐ろしかったと思う。
復活は喜ばしい事だか、突っ込まれたとの表現ではなく、ワゴン車が進まなくてぶつかったと言ってほしいね。
👦名無しさん
初期m-floの時が大好きだった。
元に戻れるなら元に戻ってほしいなぁ。
👦名無しさん
だから~よく確認もせず道路に出たワゴン車の方に非があるあるのに、トラックが悪いみたいな書き方。
👦名無しさん
comeagainは今聞いても新しい。
👦マンホール竹田
lovesの曲たくさん出してた頃までは名曲が多かった。
それ以降は変な路線に行ってしまい、全然ダメ。
昔のようにもどれ
👦よろこび
リハビリを続けているとはいえ、復帰出来るまでになって本当に良かった。
EXILE系や他の仕事もいいけど、やはりまたm-floを本格的に始動して欲しいな。
👦名無しさん
マキダイよりはるかに重傷じゃない。
復帰待ってます。
👦
あのグループと一緒にいるとダメな人に見えます。
目を覚ましてください!
👦名無しさん
この事故のことは知っていたけれど…。
VERBALが乗っていたことは知らなくて、驚いています。
私にはこちらの方が大事です。
助かって下さってよかった。
無理をされずに、がんばってください。
👦名無しさん
トラックが突っ込んできた、ではなくてトラックの走行をちゃんと確認しないで国道に入ってしまってトラックの進路を妨害してしまった、ではなかったですか?
一言トラックの運転手さんに悪いことをしたくらいかけば印象もよいのに。
生還して学んだことは、冬の雪道を走るときはドライバー任せにせず同乗者も周囲に注意すること、です。
👦名無しさん
当時、明らかに報道規制ひいて事故の状況隠してましたよね、こんなに酷い事故とは知らなかったわ
👦名無しさん
トラックが飛び込んできたって・・・
トラックの目の前に飛び込んだんだよ・・・
被害者みたいなこと言ってるけど、ちょっとどうなの?って思う。
でもm-floは好きだったし復活されて良かったです。
👦skyteam
もう42才か。時の流れが早く感じる。頑張れ。
👦名無しさん
m-floも復活して欲しい。
👦物申します
m-floめっちゃ好きでした。
ここ見たら同じような方が多くてうれしい。
最近あんまり活動内容知らなかったけど、またコラボしたりリサと組んだりしていい音楽を届けてもらいたいです。
👦名無しさん
吹雪の北海道の夜の移動は、リスクが高すぎる。万が一の事を考えると、「冬の北海道には行かない」位のリスク管理を事務所がしないとダメだと思う。。何かあったら、結局損をするのは事務所だしね。。
👦yy
事故のニュースを見た時、とてもショックでした。無事に回復されて本当によかったです。
個人的にはまたLISAと一緒に何か出して欲しいです。TRIPOTBABYを初めて聴いた時の感動をもう一度味わいたいです。
👦名無しさん
VERBALさん、そこまで酷いケガを負ってたんですか!?
ニュースの重傷って表現は一括に聞いてても実感がわかない事が多いですが、実際のケガがこんなにも大きな範囲とは知りませんでした。
無事に回復して何よりです。
リハビリが今も続いてるとの事ですが、後遺症とも闘う事もあると思います。
しっかり治療して多方面での活躍を応援してます!
👦名無しさん
beensolong
comeagain
あの頃が懐かしい
👦名無しさん
これってトラックが直撃って、はみ出してたんじゃないの?
👦名無しさん
改め、北海道の冬道を函館から札幌まで車で移動は地元の私でも避けます。かつ、飛行機も飛ばない悪天候。考えられません。
👦名無しさん
20歳の僕にとってもm-floもVERBALさんも特別な存在です。
また音楽シーンに戻ってきてくれることを期待しています。
👦名無しさん
これが世に言う偏向報道 これしか読まない人はトラック側の過失のように受け止めてしまう しかし実際は全然違っている
トラックは普通に一般道を直進していたもちろん優先はトラック側である
そこに側道でもないただのコンビニの入り口からいきなりワゴン車が出てきた 本文にも記載している通り吹雪で道路も凍った状態でだ
誰がどう見ても注意確認義務はワゴン車側にある
いつからこの国は優先車がコンビニの入り口から出てくる車を急ブレーキをかけてまで止まって待たなければならなくなったのか
事故直後から奴らの被害者面には憤慨していたが このタイミングでのさらなる被害者面には呆れてしまう
👦名無しさん
トラックが突っ込んできたのではなく、ワゴン車が安全確認しないで飛び出したのが原因な。
👦名無しさん
VERBAL、TAKU、LISAの3人のライブがまた見たい!!!切に願います!
👦原点
騒音もエグザイルもいらない。
👦名前はまだない
そこまでとは知らなかった
幅広く活動してるのはすごいと思います
応援してます
👦名無しさん
さらっと書いてるけどあの事故って死亡事故レベルの案件だったのね。
せいぜい骨折程度かと思ってたら重体レベルじゃん。そういうことは報道してくれないのね。それとも知らんかっただけか?
👦名無しさん
とりあえず皆生きてて本当に運がよかったし、
良かったとファンやスタッフは安堵してる。
普通が一番の幸せなんだと思う今日この頃。
音楽を通して、感動をもう一度!応援してます。
👦名無しさん
重症とは知ってたけど瀕死だったとは知らなかった。
m-floの曲は今でも大好きで聴いてます。
夏が来ると毎年流しちゃいます。
まだTVで歌声を聴きたいです。
👦名無しさん
MAKIDAIがテレビに復帰したのを見て、勝手に全員が復帰したと思ってしまった。
音楽の世界に戻ってこられて本当に良かった。
👦名無しさん
これ、トラックじゃなくてワゴン車側の
過失じゃなかった?
運が悪けりゃワゴン車側全員死亡の過失。
👦名無しさん
初めての時、うまくなりたくてスゴくなりたくてチャレンジして興奮して、それを経てある程度以上になった時、練習や生活のルーチンワークは安定してシステマチックになって感情の起伏に左右されなくなり効率化を図る。その繰り返しの間にとんでもなく落ち込む時がある。そんな時が一番自分が何を今したいのか見えてくる、なんもかんも嫌になって今までやってた事無意味じゃないけど邪魔くさくなって、そん時に無意味で無価値で非合理的で無駄金無駄時間使いできっと周りが「で、何したいわけ?」みたいな事言われそうな、でもすごいそれを考えた時ワクワクする自分だけの感情。落ち込んだ時ほどこういう事に身をゆだねられる時がある。人生変えちゃうほどの事ってどん底からしか見えないのかも。うまくいってるときってうまくいってる方が正解でそれをやるべき当たり前になっちゃう。バーバルは事故によってそんな世界が見えたんだろーかな。シチュウニカツアリ
👦名無しさん
当時相手のトラックの方が被害者だと記事で見たんですが、これを読むとVERBALさん達が被害者みたいな書き方ですね。
👦名無しさん
ラッパーのverbalが好きだったけど
だんだんデザイナー寄りになってきてちょっと遠くの人に感じてました。
このインタビュー見てやっぱり応援したいかなぁ。
EXILEは聴こうと思わんけど。
👦恐怖の密室サッカー好き
日本のメジャーアーティストではじめてEDMとしてのリリースしたのはm-floの「Squareone」じゃないかなー。LDHに所属しててもm-floのリリースありますよね?
あとPKCZはDJDARUMAの方がヨーロッパでは有名だけどね。
👦名無しさん
綺麗な鼻
👦名無しさん
LISAがいた頃の、EXPOEXPOというアルバムが大好きで、毎日通勤の車の中で聴いた思い出があります。
声も素敵で、今聴いてもおしゃれな曲ばかり。懐かしいなぁ。
ソロになられてからは、あまり聴いてないですが、これからも活躍期待してます。
👦名無しさん
m-floかっこよくて大好きでした。これからもまたかっこいい音楽たくさん届けて欲しい。

 
[PR]

【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す