人気の車中泊旅…快適に過ごすコツ教えます(ヨミウリオンライン)読売新聞

Sponsered Link
Pocket

 自家用車などで寝泊りする「車中泊」の旅を楽しむ人が増えている。宿の予約に左右されず気軽に旅ができることに加え、快適な睡眠を得られるグッズが増えたことや、車中泊専用のRVパークと呼ばれる施設が増えてきたことが背景にある。全国を車中泊で旅したフリーライターの浅井佑一さんに解説してもらう。

◆ミニバンも居住性向上


キャンピングカーの推定総保有台数(日本RV協会作成)

 車中泊といえば思いつくのはキャンピングカー。ベッドがあったり、炊事設備が設けられたりするなど、車中泊を想定して改造されているものです。1000万円以上するものもありますが、最も売れている価格帯は500万円台。簡単な改造にとどめた軽自動車ベースのものであれば100万円台で購入できるようになりました。販売業者などでつくる日本RV協会(東京)によると、国内での推定保有台数は2005年の約5万台から16年は約10万400台と10年間で2倍以上も増えています。

 1週間を超えるような長期間の旅なら装備の整ったキャンピングカーがおすすめですが、数泊程度の旅ならば特別な改造が施されていないミニバンでも快適に過ごせます。実際、全国を旅していると、キャンピングカーだけでなくミニバン、セダン、軽自動車で車中泊する人を多く見かけました。


フリード+の車内(ホンダ提供)

 自動車メーカーも車中泊仕様をうたった車を発売しています。16年9月に販売が開始されたホンダ・フリード+(プラス)です。フリードは通常のミニバンより一回り小さい車体でエンジンの排気量は1.5リットル。フリードプラスは後部座席のシートを倒すとフルフラットスペースを作ることができ、セミダブルサイズのマットレスも敷けるようになりました。車内の床から天井までの高さも通常のフリードより14.5センチ高くなり「居住性」も向上。フルフラットの下のスペースに荷物をまとめて収納できるようになり、荷物に囲まれて寝るようなこともなく快適に過ごせます。ホンダ広報部によるとフリードプラスは当初月間販売台数を1750台と見込んでいましたが、実際には約2200台と予想を上回っているということです。

◆車中泊の魅力

 車中泊がなぜ支持されるようになったのでしょうか? 理由の一つとして考えられるのは、「行く場所が限定されない」ということです。ホテルや旅館など、宿が決まっている旅だと天候が悪くてもキャンセル料金が発生するので、出かけざるをえませんが、車中泊なら天候の良い別の場所を目指せばいいだけ。宿泊先に縛られない旅ができます。

 もう一つ考えられる理由が、「週末を目いっぱい遊ぶことができること」ということです。金曜日の夕方、仕事が終わったら車で出かけ、目的地に近いところまで行き、車中泊のできる場所を探して仮眠することができます。この場合、交通量の少ない夜に移動するので渋滞に巻き込まれることもなく、目的地では午前中から遊ぶことができます。土曜日も一日たっぷり遊び、さらに日曜日もすぐには帰宅せずに車中泊。仮眠の後の月曜日の早朝に家に帰ることで、帰りの渋滞に巻き込まれることもありません。

 これまでは週末は1泊2日が当たり前でしたが、車中泊を使えば3泊4日も楽しめます。土曜日だけは宿に泊まるという使い方もできます。浮かせた宿泊料で食事を豪華にしたり、遊びを充実させたりする人もいます。車中泊を取り入れることで、これまでとは違った自由度の高い旅を実現することができます。

 ちょっと肉体的にはハードに感じるかもしれませんが、最近では車中での寝心地を良くしてくれるグッズが充実しており、睡眠をしっかりとれるので、イメージするよりも疲れは残らないと思います。

◆快適に過ごすコツ


マルチシェードを装着した車内の様子(アイズ提供)

 車中泊を快適に過ごすポイントは二つです。一つ目は寝るために平らな場所を作ることです。ミニバンでは、シートの背もたれを倒して平らに近づけることができますが、シートは座るための機能がメインなので、どうしても凹凸があります。実際に寝てみると分かりますが、少しの凹凸でもけっこう気になります。これを解消するため、隙間にタオルを入れたり、クッションを入れたりしても完全に平らにすることはできません。

 そこでちょっと奮発して車内用のベッドマットを手に入れてみてはいかがでしょうか。エアー式のマットで、ある程度の厚みのあるものがおすすめです。収納がコンパクトにできることも選ぶ基準になります。

 ポイントの二つ目は、外からの視線を遮ることです。高速道路のサービスエリアなどで仮眠していると、車内を覗(のぞ)き込む人がいたりして、視線が気になります。これを遮ることができれば、車内がプライベート空間に様変わりします。窓にバスタオルなどを挟んで視線を遮っている人を見かけますが、窓をすべて覆うことはできません。自動車用品店で売っているカーテンでも良いのですが、窓の間に隙間ができるので、テープを貼るなどの工夫が必要です。

 窓を遮るためには、車中泊専用グッズ「マルチシェード」がおすすめです。窓を採寸して300車種以上に対応しているので、サイズがぴったりのものが見つかると思います。視線を遮るとともに、断熱性も高いので夏は直射日光を遮断でき、車内の温度上昇を抑えることができます。

 夏の暑さ対策で言うと、エンジンを切った車内では小型バッテリーを使って、消費電力の少ないDC型扇風機で涼む方法をおすすめします。車内を風が通り抜けるように、車の縦方向に向かってセットするのがポイントです。それと、自由に好きな場所に行けるのが車中泊の醍醐味(だいごみ)ですから、夏は高原などの涼しい場所へいくことをおすすめします。

◆RVパークが普及


RVパーク

 車中泊ではこれまで、主に道の駅が利用されてきました。国土交通省によると、道の駅は現在、1117か所あります。しかし、道の駅はあくまでも休憩施設なので、車中泊も仮眠という捉え方となり、車中泊を禁止している道の駅もあります。車外で調理したり、発電機を使ったり、持ち込んだゴミを捨てたりすることを禁止するなど、各駅それぞれのルールがあります。

 オートキャンプ場以外の公園やショッピングセンターの駐車場、路上などで車中泊をしてはいけません。道の駅と同様にエンジンによる騒音、ゴミの問題などを引き起こすだけでなく、車中泊をしている人にとっても防犯上の問題があります。

 そこで日本RV協会では、2012年より有料施設「RVパーク」を整備し始めました。ここでは電源が使え、24時間使えるトイレがあり、旅行中に出たゴミを捨てることができます。料金も1泊2000円程度で現在全国に98か所(9月15日現在)があり、道の駅に併設されることも多くなりました。今年7月にオープンした「RVパーク道の駅こすげ」(山梨県小菅村)も道の駅内にあり、1週間程度の滞在も可能です。1泊1台2500円。隣接して温泉施設がありますし、フォレストアドベンチャーというアウトドアパークもあるので、家族連れで一日楽しめます。

◆車中泊の旅でセカンドライフを楽しむ

 日本RV協会が発行するキャンピングカー白書2016によると、キャンピングカーを使って将来やってみたいことは?という質問に対して「日本全国をゆっくりと一周したい」という回答が8割を超えました。

 白書によるとキャンピングカーのユーザーは「60歳代」が中心、さらに旅の同行者を調査したところ「夫婦2人」という回答が6割を超えています。

 これらのことから、定年退職した夫婦のセカンドライフとしてキャンピングカーで日本一周の旅をイメージしているということが想像できます。

 というわけで、定年間近の人も、そうでない人も、その第一歩として車中泊を始めてみませんか。キャンピングカーをおすすめしますが、まずは今乗っているクルマで車中泊デビューはいかがでしょうか!

フリーライター 浅井佑一

Sponsered Link



名無しさん
災害時に役立つかなぁと思い何となく読みました。エアーマットは、コンパクトになるし
一つ持っててもいいな。
記事と主旨が違いますが。
nemui
冬の諏訪でやった事がある(やらざるを得なくなった)。寒くて寝れなかった
名無しさん
車中泊じゃないけどよくキャンプはする。
理由はやっぱりお金を安く済ませたい。
あとは不自由を楽しみたいって理由。
名無しさん
私は女性ですが、車中泊好きです。
なんかワクワクするというか、秘密基地みたいな感じ・・昔と違って今は、道の駅に温泉があったり、地元のおいしい料理も堪能出来るし、結構快適に過ごせます。
なんせ、好きな時に移動出来て、好きな時に寝る(^^)最高です。
ただ、マナーの悪い人がいるせいで、車中泊禁止の所が増えているのも事実なので、最低限のマナーは守ってもらいたいですね・・
名無しさん
ペットがいるし、貧乏旅行へすぐにでれるので
ハイエースの後ろベットにできる、普段使いできる車にしました。
思い立ったらすぐでかけれるし
しんどい時はスマホから宿泊先も見つけられるし、臨機応変にしています。
普段は大きいものや自転車積めるので
夜遅い子供の送迎を自転車ごとpickupできるし
燃費以外はいいかな。
冬はカイロお腹、腰に貼って寒さ対策できるけど今年みたいな真夏の車内泊だけはホテルかなースマホがあれば車内余暇は万全
一人暮らししたてみたいな部屋になるから即席居酒屋を寝る前に。
ちょっとの不自由を楽しんでます
子供もあと何年つきあってくれるかな、、、
名無しさん
私はホテルや旅館の部屋や食事やお風呂を楽しみたいタイプなので、車中での寝泊まりには向いていないです。
ただいつもチェックインに間に合わせた行動になって渋滞で少しイラついたり、予定の立ち寄りが出来なかったり、そういうのは多少ありますね。
それだとしても「旅行=ホテル、旅館に泊まる」それでこそ満足!って思っちゃうな~
楽しみ方は人それぞれ!
名無しさん
車中泊は好きなんだが、今乗っている車はシートを倒してフラットなスペースを作るのが大変・・
ハイエースが欲しいなー(笑)
名無しさん
車中泊ってワクワクしますよね。
何回かやりましたが、土日は基本仕事で平日休みなので結局ビジネスホテルにしてしまいます。
やっぱり疲れが取れないので…思わぬ事故にも繋がりかねない。私は寂れたパーキングエリアで車中泊します。サービスエリアは施設が充実していますが、利用者も多くうるさい。パーキングエリアはトイレと自販機はあるので意外と好き。
名無しさん
休みの日のスキー場のペット可の宿が予約困難なためキャンピングカーを買いました。確かにここに書いてある通り夜の移動なので仕事後に出発して車中泊して次の日の朝から目的地で遊べるってのが何より効率が良い。何年も乗って分かったのが冷蔵庫と暖房があれば後はなんとかなります^^
レンジ、テレビ、トイレ付きのキャンピングカーなんて必要無いです。笑
テレビなど見ずに少し不自由を楽しみながらグダグダ話をする感じに退屈を楽しんでます。笑
名無しさん
本当に記事の通りで、慣れてしまえば問題有りません。夏期シーズンの蚊 冬シーズンの結露など、やってみないとわからない事も多々ありますけど、それも、楽しみの一つかなぁ。時間に縛らないのは最高ですよね。
名無しさん
本当に記事の通りで、慣れてしまえば問題有りません。夏期シーズンの蚊 冬シーズンの結露など、やってみないとわからない事も多々ありますけど、それも、楽しみの一つかなぁ。時間に縛らないのは最高ですよね。
名無しさん
なるほど、エアーマットは有効だね。
少しでも凹凸があると寝心地が途端に悪くなるもんね。
名無しさん
土地勘ないとスタンドの位置わからなくなって山中で路頭に迷いかねないからその辺注意してな
名無しさん
貧乏旅行が目的で車中泊する人は金のかかるRVパークは利用しないと思う。
名無しさん
軽トラかバンを改造する。車中泊に必要なインバーターで電源を確保して米を炊く、平らな床は寝袋と枕で寝床確保。家財道具はその面積に合わせた大きさがいい。新車のキャンピングカーよりはコスパに優れる。
あひる番長
キャンピングカーは使ったこと無いけど車中泊はきつい。
あくまでも緊急用かな。
パンダ
ホテルや旅館に泊まる方がいいな。
名無しさん
渋滞避けて空いてる時間に移動して仮眠したり、思い立った時に出かけるには車中箔はとても便利です、当然空室あればホテルも利用しますね。
ライオン
車中泊!
聞いてまず思い出すのが『ウルサイ』です。
最近は道の駅やコンビニ駐車場など停めるスペースがあるから停めやすいけど後から来てデカイ声で喋ったりディーゼルエンジン車でエンジン音もウルサイ。
朝起きるとゴミを置いたまま出発!
タダのスペースほどマナー悪いです。
快適に過ごすには(寝る)耳栓とアイマスクを使うと疲れも取れて熟睡できます。
名無しさん
フルバケで寝れたら神
名無しさん
空冷、水冷それぞれのワーゲンキャンパーで、全国を旅し、もう飽きて車中泊は卒業したけど、車中泊のマストアイテムは、換気のための網戸と寝床をフラットにするコンパネ。エアマットなんてとても寝れたもんじゃない。この記事書いたヤツは、ろくに車中泊はしていないのが良くわかる笑
まさにフェイクニュース。
ティム。
道の駅などで車中泊します。
マット(広げると空気が入るタイプ)をか買ってからはかなり快適。
また、エンジンかけっぱなしとかで寝られる方にがいるのですが
それは止めて欲しいと思ってます。
気になってこっちが寝れません
名無しさん
老後の楽しみ
名無しさん
キャンプ場以外では職質の対象ですよ。寝てなんか居られません。
名無しさん
キャンピングカーはともかく、車中泊ははた迷惑ですね。
名無しさん
嫁が嫌がるから車中泊出来ない。
子供達は嫌がらないのだが。
好き嫌いが分かれますね。
名無しさん
最近は宿が高くなったし、予約が一杯で確保できなかったりするからなぁ
元運ちゃん
快適な過ごし方も大事だと思いますが、先ずはマナーだと思います。ほんと酷い人達が結構居ます!
名無しさん
女性だけの車中泊はお勧めできませんね。カーテンすればわからないと思いがちだけど、話し声は筒抜けなので危ないな~って思ってます。
名無しさん
この仕様は贅沢過ぎる。
15年ほど前、東京で仕事をしてた時は一年間、普通車中泊まりでした。
手作りのフットサマット、型どりした段ボールのシェード。
寝袋と夏布団で冬季も越しました。
慣れてくると寝床の異形状に身体が合ってくる。
この経験を経ながら今は雨水を飲料しても何の病気もしない身体が出来つつあります。
サバイバー婆アーァ、ならぬサバイバ爺がもうすぐ完成しますww。
名無しさん
キャンピングカー代を考えればホテルに何泊出来る事か?
でも私はキャンピングカーを選びました。
時間に縛られず自由に旅が出来るのが魅力です。
人それぞれ何に価値をおくかですね。
名無しさん
夏は暑いし冬寒いのでエンジン掛けっぱなしで一晩過ごすからガソリン代に快適性を加味すれば安宿に泊まったほうがいい。
名無しさん
RVパークなんか作るよりも、基本タダにしてもらいたい。そのぶん道の駅で買い物とかするのだから。2000円って夫婦2食ぶんだよ。行政は水を差すようなことはやめてほしい。
名無しさん
簡単に500万って言うけど夫婦で一泊25000円としてプラスにしようと思うと何泊せな元取れへんよ。カネだけの問題ではないよ。
名無しさん
定年超えて、日本全国車中泊に付き合ってくれる嫁さんなんて、数えるほどしかいないでしょ。
ただでさえうっとおしい旦那と、狭い空間で24時間一緒なんてあり得ない。
誰からアンケート取ったの?クルマ好きな親父の妄想だけ集めたんでしょ?
名無しさん
ホテルに泊まったほうかマシ
名無しさん
バブルでみんな金持ってるのと違うのかね?車中なんかで寝てたら危険だよ、襲われたらどうするの?
名無しさん
車中泊は良いとは思うのですが
行楽シーズンに
道の駅の駐車場でテーブルやイスを設置して
食事とかする人達も要るので場所はきちんとわきまえて欲しいですね
名無しさん
楽しそうだけど、私は布団じゃないとなかなか寝れない…
韓国は敵国
道の駅も大型トラックが入ってきてアイドリングされたら眠れない
saやpaはもう無理
韓国は敵国
道の駅も大型トラックが入ってきてアイドリングされたら眠れない
saやpaはもう無理
ac
キャンピングカーほしいな。
でも高くて買えないな。
車中泊、便利でいいんだけど、夜はどうしても犯罪が怖くて熟睡できない。
名無しさん
24時間温泉を目指してドライブする事はある!
車中泊って暇を持て余しそう!!
名無しさん
風呂はどうすんだよ
名無しさん
RVパークええやんって思ったけど高いな。
ケチって車中泊の意味がない。
名無しさん
フィットは後部座席を倒せばほぼフラットになる。
170cmくらいまでなら寝られる。
名無しさん
お金と時間にゆとりのある人は良いかも。
基本、レンタルで十分っす。
Googlerrrrr
ペットがいるのでミニバンで即席車中泊やるけどコンビニPでの長時間駐車は迷惑。
道の駅をよく利用する。勿論アイドリングストップでね。
これからの時期は快適!
名無しさん
慣れると普通にシートで寝るのも心地よい!
仮眠もよい!災害時のエコノミー症候群も聞くが慣れなのかも!

 
[PR]

【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す