本能寺の変、明智光秀「動機」めぐり議論白熱 新史料発見で専門家(産経新聞)

Sponsered Link
Pocket

 天下統一目前の織田信長を殺害し、激動の渦中にいた武将、明智光秀が室町幕府の再興を図っていたことを示す新史料が発見された。調査に当たる三重大の藤田達生(たつお)教授(日本史学)は「素直に読めば、光秀が自ら天下人になろうとした単独謀反説は成立しない」と解説するが、室町幕府再興の事前計画説には専門家からは疑問の声も上がっている。

 光秀の書状「土橋重治(しげはる)宛光秀書状」が書かれたのは天正10(1582)年6月12日。淀城(京都市伏見区)周辺にいた光秀が、反信長派の雑賀(さいか)衆リーダー・土橋重治から受け取った密書への返信と推察される。藤田教授らが今年5月から調査し、花押や筆跡が一致したため光秀の書状と判断した。

 室町幕府最後(第15代)の将軍の座を追われた足利義昭は当時、鞆(とも)(広島県福山市)にいた。書状は味方の情勢などを伝えた後、「詳細は上意(義昭)からご命じになられるとのことです。(私からは)申し上げられません」と結ばれている。

 藤田教授は「分をわきまえた光秀らしさがにじみでている」と書状の印象を述べ、「(信長に追放された)天正元(1573)年をもって室町幕府滅亡とされるが、書状は幕府の権威が健在だった事実を突きつけている」とも話す。

 大阪城天守閣の北川央(ひろし)館長も「戦国時代に入ると、足利将軍が京都を追われることはよくあった。本能寺の変まで、義昭、信長の2つの公儀が併存していたのは確かだ」と同意する。

 これに対し、天理大の天野忠幸准教授(戦国時代史)は、「義昭は信長に追われ、毛利氏に庇護(ひご)されていたが、反信長派大名などに幕府再興を働きかけていた。光秀は義昭に仕えた時期もあり、義昭を戴(いただ)く政権をつくることに最後の希望をかけたのだろう。ただ、義昭が変の黒幕だったとまでは言えないのではないか」と疑問を投げかける。

 また本能寺の変に関する著書がある歴史学者、藤本正行氏も「義昭が光秀と連絡を取るために重治を使う必要があったことを示す書状でしかなく、光秀の孤立無援を印象づけている。『義昭黒幕説』など成り立たない」と否定する。

 背景をめぐり諸説ある本能寺の変。高知大の津野倫明教授(日本中世史)は「光秀が義昭や西国の大名と連携していたかどうかは魅力的な視点で、原本の発見により議論が白熱するのではないか」と期待をかけた。

Sponsered Link



👦名無しさん
歴史上の不明なことを議論してるとき、「辻褄が合わない」とか「考えにくい」とかで支持されない説があるけど、昔も今も、筋道が合うように物事が起こってる訳じゃないし、偉い人が清廉潔白とは限らないからね。
事実は案外、単純なもの(現代では考えにくい)だったりするかもね。
だからこそ想像する分、楽しいのかも知れないけど。
👦名無しさん
織田信長が本能寺の変で倒れずに、天下統一を果たせたら、日本は鎖国に依る欧米に対しての遅れを取らずにすんだかどうか、思わず想像したくなる。その代わり、260余年の天下泰平の平和な世の中が来ずに、海外との戦争に間違いなく巻き込まれていたのかもしれないと思う。
👦sav
10代将軍足利義稙(義材)以降、足利将軍が京都にいなかった事例はいくらでもあるんだよね
山口とか朽木(滋賀北部)とかで力をためて京都復帰を果たした例もある
足利義昭が鞆から戻ろうとしてても不思議じゃない
👦名無しさん
この時、光秀は一人でも多く味方が欲しかったでしょう。なんでもござれであちこちに餌をばらまいて味方にしようとしたとも考えられる。
手紙に書いてあることが全て事実とは限らない。
👦名無しさん
本能寺の変は事前に水面下で準備を進めた形跡はなく、やはり畿内が手薄となった千載一遇のチャンスに乗じた光秀が大バクチに出たんだろうと思う。
ただいずれにしても光秀自身に天下人になるほどの野心はなく、元々の考えか後付けかは別として、やはり足利幕府再興を目指していたと思うな。
いや、まぁそう思いたいかな。
👦名無しさん
これだから歴史は面白い。
新資料が発掘されるととてもワクワクしますね。
もともと足利義昭黒幕説というのはありましたが、光秀が最終的にどこを落としどころにしようとしていたのかという裏付けはなかったと思いますので、本当に面白い。
ただ、6月12日という日付では、最初からそのつもりだったのか、事に及んでから落としどころをそこに求めたのかはわかりませんね。
天野准教授、藤本氏の考えが納得できます。
本能寺の変以前の手紙などが発見されればまた面白くなりますね。
👦ツジセイゴウ
大河ドラマも少しずつ変わってきて、光秀極悪人説から最近は名君説・気の毒説が多いようだ。
ただ、確実に言えることが一つ。信長はみじんも疑っておらず信頼しきっていたということ。でなければあんなにあっさりやられるはずはない。
下剋上が激しくどこに間者がいるかわからない世の中であれだけの事を成し遂げるには、家臣も含め相当少人数で謀議する必要があったはず。
やはり単独・衝動説でしょう。だから三日天下で終わった。
👦ピース
光秀は、相当数の書状を送っている。
反織田信長派である土橋重治を味方につけるための調略として、足利義昭の名を使ったのでは?
秀吉も、本能寺で信長の首が出ていないことを利用して、『信長さまは生きている』という書状を出している
光秀の本能寺の変は、『土岐一族の復興』ということも言われている
史実は勝者が作る物、歌舞伎が往々にして創作していることもある
どう信じるかは昨今では、真が偽で、偽が真であることがあるので面白い
石川五右衛門の南禅寺三門での『絶景かな!』は、歌舞伎の創作と言うことを近年は皆が周知の事
👦名無しさん
義昭が黒幕なら
毛利が知らないとは
思えないよね。
後付けの手紙だと思うね。
👦(゚Д゚)…
西国の大名と連携していたとするなら、秀吉が戻るのを止めるはずじゃないの?
室町幕府の再興という錦の御旗を掲げる為だっただけに思える
多くの大名も室町幕府の再興なんて考えてなかったと思うわ
👦AmyLee
光秀が信長に折檻されて事に及んだという動機を未だに信じている方がいるのなら、それは秀吉に騙されている。
光秀は信長から信頼されている優秀な武将であり、フロイスも良くも悪くも才ある武将と書いている。
本能寺の変も他の武将へ相当な根回しがなければ一族郎党が決起するわけない。
👦名無しさん
光秀が事前に義昭と通じ、室町幕府再興を目的に本能寺の変を起こした…とすると、義昭を奉じていた毛利が謀議を知らない筈はなく、何故秀吉の和議に応じて、しかも本能寺の事実を知ってからなお秀吉を追撃しなかったのか?大きな疑問点が残る。小早川隆景や安国寺恵瓊は光秀の室町幕府再興構想(謀反計画)を知りながら、それでも謀反人光秀より、秀吉の方が器が上だと判断したのだろうか?…様々な解釈が出来るから歴史は面白いですね。
👦名無しさん
黒幕かどうかは判定出来なくても、義輝、義昭を一時的でも担いでたわけだから、京の都の治安が回復したら自分が政権を打ち立てるのではなく足利氏に返すつもりがあったとは十分考えられるし、義昭も期待してたはず…で秀吉の大返しね(笑)
👦名無しさん
信長亡き後の求心力を得るには、幕府の名前を使うのが、一番手っ取り早い訳で。
あくまでも方便だったんじゃないかな?
👦本末転倒
兼見卿記の天正10年分だけが別本として存在してるのもっと怪しすぎる
本能寺の変後に光秀へ2回勅使として接触してる兼見の行動と考え併せ
てもなにかありそう
👦名無しさん
そもそも論として、光秀と土橋氏の手紙のやり取りがあるのは分かっていたので内容的には今回は新発見ではない。
手紙の内容だが、偽書の類とみることもできる。山崎の合戦前に秀吉は機内の武将に信長は生きているとの手紙を送っているので、味方に引き込むための方便として偽書は使われている。
また、室町幕府再興説は義昭を庇護していた毛利氏が本能寺の変を知らないのは変だし、元同僚の細川氏に同内容の手紙を送っていないのも納得できない。事前準備をしていれば賛同者はもっと多かったと思うので、突発的な謀反の可能性が高いと考える。
👦天秤座のシュウ
光秀謀反の理由は色々と言われますが私は単純に「天下取りへの野望に目覚めた」説を推したい。足利幕府再興を謳ってたのなら細川親子の態度が不可解。
状況を見て賢い光秀は「あれ?今裏切ったら天下取れるやん!」って思ってしまったのではないのだろいか?
👦名無しさん
決行前に露見する訳にいかなかったから、事後大慌てで多方面にそれらしい別々の誘い文句で泣き落としをかけて、おかげで全て嘘っぽく見えてしまって、結局動機が解明されることはなさそう。
👦何代目!?
もしこの説が正しかったとしたら、秀吉の中国大返しが説明つかなくならないかな。
義昭を庇護していた毛利が秀吉を釘付けしていれば、山崎の戦いも相手が秀吉以外になっていたかもしれないし、少なくとも数日は遅らせられた。義昭を将軍として復活させたいなら少しでも秀吉を足止めさせるべきだったはず。
👦タイガー安藤ドラゴン(当面は避韓主義で)
「サルより私の方が信長様を愛している」→BL説
「信長様をお救いたす」→センゴク説
「家康殿を云々」→陰謀説
そして「足利幕府再建すっぞ」の結構保守的だった説か。しかし、だったら、何故に細川は味方せんかったのかね?
👦名無しさん
本能寺の変から山崎の戦いにかけては関ヶ原の戦いと同等の天下分け目の戦いだったと思う
歴史好きの一人としては真相が知りたい事件の一つ
👦名無しさん
義昭が毛利の所にいたなら、秀吉が大返しができた理由も納得できる。
つまり、事前に秀吉が知っていた。毛利から聞かされていたかも。
なぜ毛利からか・・・というと
戦況が不利になった毛利が秀吉の兵を引かせるためにリークしたかもしれない。
個人的には、信長が光秀を使って家康を討とうと準備していたところに、光秀が無防備な信長を目に、義昭のこともあり、信長を討ったのではないかと思うが。
光秀にとっては、生涯あるかないかのチャンスだったわけだし。
👦名無しさん
真の黒幕は誰か、光秀のみぞ知る。
ミステリーである方が面白い
👦名無しさん
光秀は覚悟の上で信長を討ったはずだがその根底にあった光秀にとっての大義は何だったのだろう。
光秀も偶然に信長が護衛を少ない状態で本能寺に滞在していた、偶然に自軍を率いていたから信長を討っておこうなんて、行き当たりばったりで起こしたと思えない。討たねばならない大義を抱え虎視眈々と機会を窺っていなければ出来ない事だと思う。
本能寺の変までに信長が行った事と天下取った後に戦の無い太平の世が絶対に来ると光秀以外の秀吉も家康も信じていたのだろうか?
口にはしない共通認識として信長が天下人になっても戦乱の世は無くならないし、信長自ら戦を起こしたがる要素を感じ取っていたのか。
天下人にさせてはいけない危機感を持っていたのだろうか。
光秀自身は出自や血筋を考えて天下人にふさわしいと思っていなかったとして、変の後は足利義昭を奉じることが筋が通っていると考えたとしても不思議ではない。
👦名無しさん
長宗我部家を助ける為
って説が有力って最近言ってなかったっけ?
いろいろな説を考えられて面白い
👦名無しさん
仮に本当の事が書いてあるとしても足利義昭黒幕説の根拠にはならないと思う。
本能寺の変の首謀者が誰か、という点に関しては中立的資料だろう。
👦名無しさん
どうしても黒幕が必要なんだね。
光秀単独で信長を倒す可能性だって考えなくちゃ。
本能寺の変の詳細は今以て謎だが、だからと言って自分の考えと合わないことは「支持しない」ではなく、いろいろな可能性の幅は持っておいたほうがいいと思う。
👦名無しさん
主君を討った明智光秀が、大義名分として足利義昭を担ごうとして後付けで、足利義昭に計らず、このように書いただけだろう?
明智光秀からすれば味方を募っていた時期でもあり、自分が有利になるためなら何でも利用しようとしていたことだろう。
それにもし、この書状に書いていることを足利義昭が計画していたんなら、毛利が知らないはずがないし、そうなれば秀吉の中国大返しができるわけがない。
そのあたりから考えれば、この書状で義昭黒幕説の立証はできないと思うけど?
👦名無しさん
そもそも武田信玄に上洛を促したのは義昭だし。
光秀に触手を伸ばしていたとしても不思議ではない。
光秀は謀反の大義名分としては申し分ない。
👦名無しさん
義昭と光秀が通じていたなら秀吉と毛利の和睦は説明つかないよね
義昭が光秀の謀反予想を毛利に流さないわけないんだから・・・
和睦したフリをしてでも秀吉軍を追いかけていたら光秀軍との挟撃でイチコロなんだから
👦名無しさん
日本史最大の謎ともいえる本能寺の変が今回の資料発見により、さらに真相解明につながることを希望します。この資料だけでは黒幕が義昭であったとは断定しにくいが、それ以外の理由であるとも断定できないから。しかし貴重な発見です!
👦名無しさん
まあ光秀の動機は色々考えられてるよね。幕府将軍由来のものから朝廷天皇由来のものまで。いずれかの権威あるところから命令か何かされて、実行したのでは?って。
光秀が権威をありがたがるタイプだったり、天皇を敬うタイプだったりしたらあり得なくはない。
でもそんな人物が信長の下でやっていけたのかとか、じゃあなんで信長の下に着いたのかとかはあるけど。
👦名無しさん
今回見つかったのはあくまで「原本」で、書状の内容自体はよく知られていた。この書状はこれまでも偽文書とされていたわけではなく、本能寺の変についての研究ではこの内容を吟味した上で、足利義昭の信長謀殺への関与は否定的にみられている。原本発見で義昭黒幕説が有力になるわけではない。
👦Minion
歴史はそのときの為政者の都合のいい事実のみが記録されているのは周知の事実。またそれに伴いいろいろな見方があるのも事実。
唯一いえることは、
歴史とは真実の探求であるがゆえ、本人のみぞ知る事実こそが真実でありそれは永遠に語られることは無く、歴史とはとどのつまり現代のロマンである。
👦名無しさん
歴史はその時々の権力者に書き換えられるから今自分達が常識と受け止めている事も本当は全然違う事も有るだろう。今回又一つパズルの一片が見つかって少しでも真実に近づく事を願います。
👦ネットにも良識を
他家向けにはね。
理由は一つと限らないし、本音は不明。
あまり断定はしない方がいい
👦名無しさん
天正10年6月12日と言えば、翌13日はあの「山崎の合戦」で秀吉が近間まで来ているとの情報を伝えられていた光秀さんは手紙作成時にはあまり精神的な余裕は無かったでしょうね??
👦名無しさん
明智光秀って、抜け目のない人だから、
色々な勢力に、自分が味方であることを印象づけるために、
こういう手紙を書いていた可能性も考えられるよね
実際の黒幕は徳川とか豊臣とかかもしれないけど、
こういう人たちは光秀よりもっと抜け目ないから、
関連資料(証拠)を、
いっさい残さないように焼却するだろうし
👦名無しさん
義昭黒幕は分かるけど
毛利と光秀が連携しなかった?できなかったのは意味不明
👦名無しさん
光秀は信長に忠を尽くしていたけど冷遇され個人的な動機で本能寺に至ったと思ってたけど、こうなると光秀の忠は実は足利家に注がれてて信長のことはただ邪魔でしかなく、いくら冷遇されようが(うつけめ、今に見ていろ。お前を排して天下を足利様にお返しする)な気持ちでいっぱいだったのかも。
あの有名な「敵は本能寺にあり」も「(足利様の)敵は本能寺にあり」なのかもしれない。
とすると光秀の誤算は秀吉の大返しが早すぎたことなのか。
なんにせよ議論が活発になりそうですね。

 
[PR]

☆【Hulu】人気映画やドラマ40,000本が見放題♪

国内外ドラマや映画が、PC・TV・スマホなどでいつでもどこでも視聴可能です!

▶会員登録をしたら今すぐ視聴可能!まずは2週間無料お試し。

トライアル中の2週間は、すべての作品を無料でお楽しみいただけます♪

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中!

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す