不妊治療を経て産まない決断をした吉田潮さんに聞く「産まないことは“逃げ”ですか?」(週刊女性PRIME)

Sponsered Link
Pocket

「産まないことは“逃げ”ですか?」と聞かれたら、あなたはなんて答えますか?

 女性に生まれてきたなら一度は考える「自分と出産」の問題。だけど、産む、産まない、産めない、その選択は人ぞれぞれであり、そこに正解はない。今、コラムニストの吉田潮さんの体験談である「妊活」から「産まない」を選択をした、一冊の本が多くの女性の注目を浴びている。吉田さんが考える、産まない選択、そして、これでよかったと思う人生とはーー。

私は子どもが苦手です

 周囲に子どもがいない家系に育ったこともあり、子どもと、どう接していいのかわからないのです。若いころは必死に「子ども好きアピール」をするという滑稽な自分もいましたが、徒労に終わりました。子どもから好かれたためしがまず、ない。

 ところが、34歳のとき、うっかり「子どもが欲しい病」にかかってしまい、39歳で不妊治療に挑戦しました。「遅いわ!」とツッコまれそうですが、不妊治療に挑む余裕ができた時すでにおすし、いや、遅しだったのです。

 そんな顛末を45歳になった今、1冊にまとめることができました。タイトルは、同じく子どもをもたない友達の言葉から生み出されたもの。子どもを産んだ人が産んでいない人に「それは仕事に逃げているだけだよ!」と言ったエピソードが発端です。

 え……、産まないことは逃げですか……? いったい私たちは何から逃げているように見えるのか、どこへ逃げていると思われているのか。女は子どもを産まなくちゃいけないのか、子どもを産まないと、何か特別な理由が必要になるのか。

 「こういうテーマで書くことになったよ」と話したら、実にたくさんの友人知人恩人が意見や体験談を寄せてくれました。「女は産んで当たり前」という目に見えない呪縛に、モヤモヤした思いを抱えている人が多いのだと実感しました。

モヤモヤの正体は「世間が主語」

 生き方は人それぞれのはずなのに、「産む・産まない」の話になると、なぜか主語が世間や親、あるいは国家へと飛躍します。

 「周りが産んでいるから」

 「親に孫の顔を見せてあげたいから」

 「少子化を止めるためにも産むべきだ」

と。すごいなぁ。人のために、親のために、お国のために生きているのか……。すみません、そこまで考えられないです、私は。

 ひとつ心配なことがあります。自分以外の誰かが主語になってしまうと、必ず「人のせい」にしたり、選択や決断に後悔したりしませんか?

 産むも、産まないも、自分が主語であればいいし、自分で決めたことならば突き進むしかないわけです。転職も結婚も離婚も妊娠も出産も、主語が他人に乗っ取られないよう、なりすまされないよう、ということを書いたつもりです。

 今回は、「産む・産まない・産めない」「不妊治療」「家族との距離感」「不干渉の母」「別居婚」など、いろいろなキーワードがあります。共感というよりは、「改めて自分と向き合う」効能があるといいなぁと思っています。

 というのも、私は「子どもを産まない人生を選んだ人の代弁者」ではありません。あくまで読んでくれた人が主語で、「あ、そうか、私の人生の主語は私だ」ということに気づいてもらえれば本望です。

孫なんかいらない・面倒くさい

 いまだにテレビドラマでは「孫の顔を見せてあげたい」というシーンが出てきます。世間の親たちはそんなに孫を欲しがっているものなのか。私の母に、孫が欲しいか、羨ましいと思うことがあるか聞いてみたところ、いい感じで突き抜けた答えが返ってきました。

「ちっとも思わない。孫がいたことがないからわからない」

 親の主語は親である、という当たり前すぎることを、子である私も忘れていました。孫の顔を見せることが親孝行だと思ったら大間違いでした。

 働く娘に代わって、孫の世話を押し付けられて、せっかく手に入れた老後の自由な時間を奪われるのは、マジ勘弁。そんな母の思いがひしひしと伝わってきます。すべての女性が子どもや孫を欲しいと思っているわけではないんですよね。

 私自身も、本当に心の底から子どもが欲しかったわけではありませんでした。むしろ「本当は欲しくなかったことに気がついた」クチです。

 親には親の人生、私には私の人生がある。そこを改めて噛みしめています。

産まない人も産めない人も

 不妊治療を経て、私は産めなかったわけですが、今は「産まない人生を選んだ」と言うようにしています。

 もしかしたら、「きみは鳥なの? 獣なの?」と問われるコウモリのように思われるかもしれません。鳥たちには「翼があるから鳥だよ」と言い、獣たちには「毛が生えてるから獣だよ」と答えたコウモリは、鳥たちにも獣たちにも嫌われて、ハブにされ、その結果、夜だけ飛び回るようになったっつう。

 でも、産まない人と産めない人が喧嘩してもしょうがないし、もっと言えば、産んだ人とも、なんら闘う必要もないです。みんな同じ女なんだよね。だから今、問われたら「生き物でーす。みんな同じでしょ?」と答える所存です。

 産んだ、産まない、産めないには人それぞれの理由や背景があります。

 でも、女であることはみな一緒。いや、男も含めて、全員人間であることは一緒ですよね。誰かに自分の価値観を押し付けることなく、そして、自分の価値観を否定することなく、人にも自分にも嘘をつかずに生きていけたらいいなぁと思っています。

吉田潮(よしだ・うしお)◎コラムニスト 1972年生まれ、千葉県船橋市出身。法政大学法学部政治学科卒業後、編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療、健康、下ネタ、テレビ、社会全般など幅広く執筆。テレビ『新・フジテレビ批判』、『みんなのニュース』(ともにフジテレビ)のコメンテーターも務める。また、雑誌や新聞など連載を担当し、著書に『幸せな離婚』(生活文化出版)、『TV大人の視聴』(講談社)ほか多数。新刊『産まないことは「逃げ」ですか?』に登場する姉は、イラストレーターの地獄カレー。公式サイト『吉田潮.com』http://yoshida-ushio.com/

文/吉田潮(コラムニスト)

Sponsered Link



👦名無しさん
みんなそれぞれ事情があって、
人知れず抱えて生きている。
それでいいと思う。
👦名無しさん
半端な気持ちで産んで虐待やら育児放棄するんなら最初から産まない方がいい
👦御意見番
生殖医療が充実してきてお金持ちも増えてるからファッションみたいに妊活妊活ってマスコミは煽る
本当は子供なんて欲しくないのに無理してる人も中にはいるような気がするんです
いい人を演じなきゃいけない、普通の人を演じなきゃいけない
そんなの疲れるだけですよ
世の中欲しい物を何もかも手に入れることは不可能なんだから、子供だけが特別じゃないです
妻が、嫁が、演じなくてもいい、本音で生きていける世の中になればいいなと思います
👦名無しさん
産まないことを逃げと感じているかどうか、本人が一番分かってるんじゃないですか?逃げだと思うならそうだろうし、関心がないのならそれでいい。逃げとかどうとか外向けに説明しないといけない状況がツライですね。
👦名無しさん
1人目を出産するまで、子供はまだかまだかと言われた。1人目を授かり、産んだ後は2人目はまだかまだかと言われた。2人目を治療してようやく授かり、産んだ後は、三人産んで一人前と言われた。命に対する考え方が、おかしい人が多いと思った。
👦名無しさん
いろんな考え方、生き方があっていい。でも、いちいち自分のポジションを声高に主張するのもなんか違和感がある。独身者、既婚で子ナシ、シングルマザー、子どもがいてもひとりっ子…いろんな立場でみんないろいろ言われてる。
👦名無しさん
タイミングでしょう。子供が欲しい時に限って、仕事が忙しいとか面白いとか、このチャンス逃したくないとか、子供を産むのも大切かもしれないが、自分の人生後悔しないことも大切だと思う。
👦名無しさん
それぞれ状況は様々で、相手の立場になってみないと分からないことがたくさんある。
それを常に念頭に置いて、お互い思いやりをもって関わり合っていければと思う。
👦名無しさん
いろいろ努力してきたし今をきちんと生きればいいんじゃないかな
👦名無しさん
産むも産まないもその人の選択だから。
さらに言うなら、出産は死ぬ可能性もある。そのことを忘れてる人が多すぎ。
死ぬ可能性があることを、周りがとやかく煽ったり、急かしたりするのはどうかと思う。
最終的な決断は、あくまでも女性主体であるべき。
👦lovelove
こども好きだしこども相手の仕事はしてるけど、まわりの人を見ると私はこどもを産まなくて正解だったと思う、たぶん育てられなかったと思う。体が弱すぎ、産んでもたぶん家事育児なんてできなかった。だから生きて生活するだけで精一杯、、そういう生き方でもよかったと思ってますよ、、??(笑)
👦名無しさん
子供が嫌いな人は生まないほうがいい。
子供好きですら育児が嫌になるときあるから。
👦zjt
世の中何が幸せか分からないし
結婚してても幸せとも限らないし
人と比べることが1番いやな気持ちになる
自分は自分思った通りに生きればいい
👦名無しさん
知り合いにも子どものいない夫婦がいるが、理由はそれぞれ。
この人のように不妊治療に通ったけど諦めた人、
虐待されて育ったので同じ事してしまうんじゃないかと恐くて産めない人、
子どもを育てるなんて無理だからという人、
生き方もそれぞれだしいいんじゃないかな。
👦名無しさん
すごくデリケートなことなのに、
他人はどうしてこの話題に関してはズケズケと踏み込んでこれるんだろう?と疑問でした。
嫌な思いも沢山したな。
でもそれもあって、自分はどんなに親しい友人にも踏み込まないって決めてます。
話を聞いてほしいと言われた時は、ただただ寄り添うことしかできませんが、それで少しでも気持ちが楽になってくれていたら良いなと願っています。
👦スカイペンギン
自分は子供苦手、夫は子供好き。
結婚するなら確実に子供をつくることになるだろうと思いつつ結婚妊娠そして出産。
子供がいるからもう、子供なしの人生はもちろん考えられないし、自分の子供が愛しくて堪らない。
でも子供いらないっていう考えの人と結婚していたら、自分もそう思って子供のいない人生を選択していたと思う。
どちらもそれぞれの生き方があるし、それで良いと思う。
👦名無しさん
子供が居てもイライラして不幸な人もいるし、
子供が居なくても夫婦仲良し幸せなかたも
かなりいる。もちろん独身でも幸せなかたも。
いちいち子供は?とか二人目は?と人の生き方にいちゃんもん付ける人って幸せじゃないんだと思うよ、本人が幸せならそれで良いと思う
👦名無しさん
40間際の結婚だったので、子供と言う選択肢は全く無かった。それより旦那と気楽にやっていきたかった。若かったら違ったかもしれないが、今はこの生活を選んでよかったと心底思う。
子供を生んでいないと、とやかく言われることもあるが、生む、生まないの選択肢があってもいいと思う。
👦さんちゃんのおなら
私は今の旦那様の子供を産みたいと思ったけれど年齢的な事と不妊ということもあり
本当に欲しい人の子供を産むことができなくて
もう少し早くに出逢っていればと運命とは
残酷だなぁって悲しい毎日でした
でも今は夫婦二人だけの生活をお互いに
苦労をした人生だったので悔いなく共に過ごして生きていけたらと思っています
子供や孫のいる人生も有り!夫婦二人だけの人生も有り!です
人それぞれでいいんじゃあないかと思っていますよ
愉しく生きていきましょう
👦名無しさん
子供を産めないと産まないでは大きな差があると思う。産まないのは逃げですか?とは何かひねくれた感じに聞こえてしまう。
産みたくでも産めない女性にはちょっと残酷な気がします。
👦おじいさん
選択はあって良い。だけど生物としての出産適齢期は中高校でしつこいくらい教育すべき。20代前半20代後半、そして30代での妊娠率の違いには戦慄するものがある。
👦名無しさん
子供が欲しいと思っている人の中には、「みんなに子供がいるから」という理由で欲しがる人も多いと思う。子供はブランドバッグじゃ無いんで、選択の自由でいいと思います。
👦名無しさん
子供を産めないと産まないでは大きな差があると思う。産まないのは逃げですか?とは何かひねくれた感じに聞こえてしまう。
産みたくでも産めない女性にはちょっと残酷な気がします。
👦ぽぽ
子供を設けるか設けないかはパートナーによるところもあると思います。
本能的に子供欲しいと思う時は誰しもあると思います。産んでみて辛すぎることもあります。子供のいない生活は遥かに楽ですし、自由に生きていけるでしょう。
でもいつか後悔するかもしれないと思うと、チャンスがあるうちに子供は産んでおこうと思ってしまうのかもしれません。
子供に恵まれなかった時には、前向きに、自由に気楽に生きていければ最高なのではないでしょうか。
👦…..
体のコンディションに関係なく
子供の母になることを望まないひと
例えば山口智子さんの話には
興味深いものがあった。
👦名無しさん
子供が本当に欲しくて何人も産む人と、どうしても実感が湧かなくて晩婚になる人がいる。
これはもう本能とか気質的な違いだと思っている。
私の周囲には
「どうしても子供が欲しくて泣き出したくらい!」と言って三人の母親になった女性と、
「自分が赤ちゃんを抱っこすることすら想像できない」という女性がいる。
ここで「あなたの人生がありますね」と肯定する人もいれば、価値観の違いに腹を立てて対立する人もいるので、ムリに認めなくてもいいんじゃない。
👦名無しさん
私は産めない人だった。
高度不妊治療のおかげで第一子を授かれた。
一人産めたからもうこの子だけでいいと思った。
でも、周りは二人目は?兄弟は?一人じゃ可哀想だよと言ってくる。
不妊治療のために必死に共働きし、第二子を授かれた。次男。せっかくの二人兄弟、同性の方がわかりあえる、たくさん遊べる、きっといいだろうと思ってた。
でも、周りは女の子も欲しいでしょ?三人目がんばらないとね。って。
もう周りの言うことは気にしない。
私は大切な二人の息子と、ここまで協力してくれた旦那と幸せに生きていく。
でも、夫は娘がほしいだろうか?そんなことを思う日もある。私はまだまだ自分が主語の人生を歩めていないな。
👦名無しさん
子供好きではなかったが、子供を産んだら自分より大切な存在となり驚いた。でもかわりに夫がいらなくなった。まわりでは子供のいない夫婦の方がお互いを思いやり大切にしあっている方が多い気がする。
👦名無しさん
別に本人のことだし、個人のことだから何でも良いと思いますが、
産まなかったのは事実ではなくて、
産めなかったのが事実な訳で、
わざわざ書き起こすのなら、その言い換えは不要なのでは?
👦名無しさん
いろんな選択があっていいと思う。
女だから産まなきゃとか言う人もいるけど、それは違う。
産んだって育てず殺してしまう人もいるし、そんなニュースほど悲しいものはないからね。いなくても幸せな人はたくさんいると思う
👦名無しさん
たった一人の人からくだらない意見をもらったのを真に受けて、ずっと悩んできたのなら気の毒だね。
👦名無しさん
一応独身。一緒に暮らしてる人はいる。
やっと!暮らせた!
私は結婚時点で出産して、、という気持ちはあるけどなかなか現実にならない。
なんでかな?
選び過ぎてるとか言われたことはあるけどそんなことは無いし、好きになった人と一緒にいたいので無理に結婚とか無理!
合コンも自分から開いたり、結婚相談所へも入ってた。
高校生くらいまで恋愛とかって漫画の中の話みたいな非現実的なものだと思ってもいた。
出会いがある人はある!
出会いがない人は本当に無い!
出会いがあった人からすれば、なんで出会いがないの?
出産した人からすれば、なんで出産しないの?
ってら考えてる気がする。
だって出来ないのは仕方ないじゃない。自分の理想か全て叶うわけではないから。
👦pot
いいと思う。
皆さん色んな事情がありますよね。
はたから見たら明るく悩みがなさげにみえる人も、様々なものを抱えてることあるし。
👦名無しさん
どっちでも良いと思う
でも
産んでみて、
産まなきゃ良かった
って思った人もいるのでしょうか?
この方も産んでたら
産んで良かったって思う気がする
出来なかったから
この様に言うのかな
👦名無しさん
産まない選択肢って言い方すると、産む、産まないどちらでもいいよって感じに聞こえる。
そうじゃないでしょ?なかなか産めない人が産むことに固執することはないんだよってことでしょ?
この記事の書き方だと産むという選択肢が良くないことのように見えてしまう。
👦名無しさん
人それぞれでいいのに、他人と比べて色々みんな言いますよね。それが重い。生まなかったら後悔してたし、生んでも毎日育児仕事家事余裕一切なくとてもつらいです。
👦名無しさん
生まないことは逃げではないと思います。
人それぞれ価値観は違います。
自分が決断した人生を歩めばいいんだと思います。
👦名無しさん
私も産まないことを選びました。
両親の不仲と余裕のない生活の中で、あまり愛された記憶のない子供時代を過ごした私に同じ思いを子供にさせたくない、私も子供を愛せないかもしれないと思って産まないことを夫に言いました。
夫は子供好きだけど私の気持ちを汲んでくれました。
産まない引け目も感じたけど、DVや生活苦で子連れで離婚した友達を見てると私の選択肢は有りだったと思っています。
少子化対策に貢献してないけど、個人の生き方だし、税金も社会保険料も夫婦ともしっかり払っています。
それはそれで国への貢献です。
👦名無しさん
吉田さんの記事と、皆さんのコメント見て気が楽になりました。
41で初婚。流産を二回して、もう子作りも諦めた46才です。
👦名無しさん
すまん。申し訳ない、申し訳ないが何かイラっとする。
34で子供が欲しい病になって39で不妊治療。結果的に出来なかったが、よく考えたら子供いらなかった、だ?
…出来てたらどうなったんたよ。
よく考えたら子供いらなかったって思いながら育てるんか?
ホントすまんがこの人に限っては子供出来なかった負け惜しみにしか聞こえん。

 

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す