『過保護のカホコ』急展開の9話に賛否両論? 視聴者がドラマに求める“リアリティ”とは(リアルサウンド)

Sponsered Link
Pocket

 『過保護のカホコ』は、カホコ(高畑充希)という過保護に育てられたヒロインが、大学で知り合った麦野初(竹内涼真)に出会って、徐々に変化していく姿を描いたドラマである。

 その中でカホコが、母親の泉(黒木瞳)の呪縛からどう解放していくのかが重要だと思われるが、そのためには泉自身も同時に変わっていかなくてはならない。

 しかし、ドラマは終盤の8話に入ってカホコと初が結婚の意志を固めても、「本気で反対させてもらうから」と、泉が変わったきざしが見られない。それをどう最終回までに収拾していくかがドラマの終盤のテーマになるかと思われた。

 9話では、どうやらその鍵はカホコの祖母の初代(三田佳子)にあり、彼女が病に倒れたことで、泉やカホコだけでなく、バラバラで問題を抱えまくっていたカホコの叔母たち、そして初代の夫である福士(西岡徳馬)までもを一気に変えていく。

 特に、福士が初代の死に際して、なにもできずオロオロするしかなく、縁側で子供のように体育座りをしていたと思ったら、おもむろに庭いじりを始めようとしていたシーンは、決していい話ではないが、福士の感情がそのままに出ていてぐっとくる。その後、カホコの導きによって、初代への感謝が伝えられたというシーンでは、その場にいた家族の気持ちを「生きているうちにちゃんと伝えなきゃ」と変えたシーンは、感動を呼んだとも思う。

 また、初代が大事にしていた宝物である泉たち三人姉妹の思い出の品を見せ、そして初代の「母親としてちゃんとやってこれたかしら」と涙ながらに訴えるシーンで、ギスギスしていた三姉妹の気持ちを変えたというシーンもあった。

 9話で一番大事だと思われたのが、初代の言う「その愛に自由があるかどうかよ、カホコから考えることを奪わないでね」というセリフだ。それは、このドラマの初回からずっと描かれていたテーマだ。カホコは一話から、就職の面接の予行演習を泉と一緒にしているときでも、「そこはこうしたらいいんじゃない?」と、先回りして泉がカホコの思考を奪ってきたことが描かれていた。

 だからこそ、カホコは世間知らずで、その「自分で考えること」を、初を好きになったことによって取り戻す。なぜなら、誰かを好きになることは、第三者の考えで動くことが少なく、「自分で考えること」に繋がりやすいからだ。

 それは話の筋として、決してモヤモヤするものではない。しかし、最終回に向けて、初代の死に直面し彼女のセリフによって、一気に解決してしまいすぎではないかと思ってしまうのはなぜなのだろうか。

 母親が過保護になりすぎることは、昨今では毒親問題として多く語られるテーマであるし、このドラマもそんな世の中の風潮に焦点を当てたものであると思われる。最近では、NHK『お母さん、娘をやめていいですか?』でも描かれたテーマである。

 しかし、こうした問題は、10話程度のドラマで、最終話に向かって順調に解決させていくということ自体が難しいものであるとも思われる。この『過保護のカホコ』では、初代の死に際して家族というものの大切さにそれぞれが気づくということに向かっているが、そこは実際に毒親と対峙している人にとっては、リアリティのないものに映ることもあるだろう。

 もっとも、9話の展開は、ネットでは概ね好評なようで、感動して涙したという意見も多く見られた。反対に、この展開を「ご都合主義」と指摘したネットニュースに対しても賛同の声は多かったようである。それは、意外な展開を脚本の遊川氏に求めすぎなのだろうか。それとも、ドラマが何かを終わらせるために全力で動いていることに我々視聴者が繊細になっているからなのだろうか。

 ドラマはそのストーリー展開で、毎回、どうなるのかハラハラ見るものであってもいいと思う。しかし、なんらかの社会的なテーマを取り上げようとしているように見えるものには、それだけでは満足できないという側面も、昨今は存在しているのかもしれない。

西森路代

Sponsered Link



👦名無しさん
気に入らなければ見なければいい。
好きだから私は見ます。
👦名無しさん
リアリティを追求し過ぎると、かえって嘘くさくなることもありますけどね…不思議と。
実話の方が嘘くさいってこともある。
「感動の実話!」という煽りの映画やドラマは大抵嘘くさい。
そもそもカホコに「リアリティ」を求める視聴者っていたのかな…。
自分は毎回楽しく観ていましたけど、特にリアリティは求めていませんでしたわ。
大河ドラマにはリアリティ求めますけどね。
👦あらら
お婆ちゃんが亡くなって落ち込んでるところに初がそんなのカホコじゃないみたいな台詞があったけど、いやいやそんな直ぐ立ち直らないでしょとは思った。
でも好きで観てる。
👦yz-mama
フィクションなんだし。
ドラマに求めるリアリティさからの9話に賛否両論って…
そこまで完璧なリアリティを求める人はそもそも9話まで観てないと思う。
👦名無しさん
細かい感情の機微を丁寧にリアルに描けば、
10話ではまとまらないし、イライラしたり、冗漫になってしまうところもあるでしょう。
テンポが良くて、感動できて、考えさせられることがたくさんあって、とても良かったと思いますよ。
来週も楽しみです。
👦rin
学生の二人が、盛り上がって、結婚しようと言っている感じに見える。だけど、ドラマが面白いし、演技うまいから楽しく見ている。
設定で不思議なのが、泉の妹。子供の時、姉のラブレター盗んだり、妹の物を隠したり。完璧主義の姉が知らなかった?喘息が出るたび万引きしたり、万引き犯の夫が、警察官?と、突っ込みどころ満載。
👦名無しさん
なにが急展開か分からなかったけど…。
でも、就職決まっていない二人の結婚は、どの親でも『全力で反対』するのでは?
いつか結婚は良くても、『今はダメ』だと思う。
ただ、そのお母さんを説得できるほどのなにかを示せ!ということにも思う。
👦名無しさん
ドキュメンタリーではないから。
フィクションだから。
娯楽作品だから。
いいと思うけどね。
👦nyor
そんなに難しく考えなくても。
放任で育てられた自分の子育ては割と自由にさせているつもり。
それでも、泉の結婚反対の姿勢は全く普通の母親だ。それ以外の場面でもこんな母親いるいると思って見ている。
初回から見ていると、カホコみたいな子の方がいない。
なのでリアリティなんて求めていない。
最近は見やすくなった。
カホコも初も声が変わったね。
👦名無しさん
楽しむこと重視で見てるから、ご都合主義的なものも気にならないけど、バァバがカホコに「家族を頼む」っていった時、あー、この祖母も毒親に育てられたんだなという連鎖を感じた。世間知らずの優しい過保護育ちの、まだ年若いカホコに、家族を背負って行く杭を刺した。呪縛をかけた。それはある意味、リアルだった。でも、カホコにはハジメ君がいるから大丈夫だネ♡
👦名無しさん
ドラマってそんなに小難しく見なきゃいけないの?
私は自然と涙が出たし、相変わらずカホコの可愛さとハジメの愛情にホッコリしたし。
毎週楽しみにしてる。ちょっとくらいムリヤリ感があってもスルー出来るよ。
👦名無しさん
ばぁばのセリフ、カホコから自分で考える事を奪わないで。
心に刺さり、自分も気を付けなくてはと反省しました。
色々な問題がサクサクと解決していくのは、別に悪くないと思う。
結婚したい気持ちだって、家族を持ち、大切にして行きたいと思う若い2人の気持ちも分かる。
反対される事でちょっとづつ大人になっていってる2人は、微笑ましい。
👦名無しさん
半分コメディーとして見てるけど、子供より先回りして「こうした方が良くない?」って言うことはあるし、私も子供の考える自由を奪っているかも・・・と心配にはなります。
黙って見守るというのが、親の仕事で1番難しい気がしますね(^^;)
👦―_―・_・
皆が皆過保護に育ててる訳でもないし 色んなドラマがあると面白い。パパの想像のいろんな被り物がでてきたりいつも境界線がでていたりそういうのが出てくると リアリティとかあまり求めなくなってくる。そういうドラマという目でみて楽しめば良いこと。
👦名無しさん
テレビの娯楽ドラマに其処まで求める必要は無いです本は読者のテレビは視聴者の感性で観れば良い。全体ではなく各シーンのフレーズに気付かされたりもする。
👦名無しさん
どう見たってフィクションのドラマにリアリティは求めてなかったから、普通に楽しめましたよ。
まぁ色んな捉え方あるから賛否はあるけど、個人的には来週も楽しみ。
👦名無しさん
以前、朝ドラであった「純と愛」にベースは似てるような気がする。
遊川さんの作品で、展開が早く、バタバタといろんなことが起こるという。。。
今回も家族の愛と主人公の成長が描かれていますが、高畑充希さんの演技の深さと竹内涼真さんの爽やかさ、まわりのキャストの層の厚さでとても好きなドラマです。最終回、楽しみだけど、さみしい。
👦名無しさん
リアリティって…。よく、分からないんだけど、麦野くんとカホコは、心から応援したくなる二人。絶対、幸せになってほしい。本当に、こんなの、初めてだ。
👦名無しさん
じゃ見なくていいじゃん
👦名無しさん
フィクションで言う「リアイティ」って、日本語に訳しきれない意味が色々含まれてますからね。
結局は、その世界に入り込んでる客から共感が得られるかどうかだと思います。
👦r
メイドインアビスが面白い
👦名無しさん
このドラマにリアルは求めていません。
そんなこと言ったら、そもそもあまり過保護ではない。
それより、家族のあり方を考えさせてくれる素敵なドラマ。
👦名無しさん
毎回面白く見てますが、就活放り出して結婚は早いだろ!と突っ込みたくなりました。
👦名無しさん
ドラマにリアリティばかりは求めないですよ。
ドラマ終わりの大団円も、終わり方として仕方ないと思うし。
そんなことを越えて余りあるくらい面白く魅力的なドラマでしたよ。
👦名無しさん
かほこのママが、私の母にそっくりすぎて、私は感情移入しながら見ています。しかも、三姉妹の長女だし、下2人との関係性もとても似ています。三姉妹ってこーなるんだなぁと納得しました。
夫は、はじめくんとかほこの結婚について「今は早すぎるから俺だって反対しちゃうよ。まだ若いんだから長いこと付き合って、生活の基盤ができてからでも遅くないでしょう!」とか騒いでます。娘とかほこを重ねて観てるみたい(笑)
👦田舎者嫌い
テレビの視聴率って加熱する報道にも問題あるよな。
このドラマに限らずだけど、
いちいち放送前後に記事になってさ。
鬱陶しいだけ。
👦名無しさん
NHKで似たようなドラマやってたつうんで
ちょっと調べたんだけど
結局あのドラマはヒロインも母親も
最後まで相互依存は変わらなかったよね
ベタベタが対立になるだけで
結局のところ最後に勝者となったのは
クズ嫁とクズ娘との関係の改善に成功して
自分の生きがいになる仕事も掴んだ
ヒロインのお父さんというオチ
👦名無しさん
社会への問題提起というよりは熱いホームドラマとして観るべきかも。
問題提起なのかなと思って観ていたから、後半のハジメくんのキャラ変とか実母とのやりとりとか、カホコとのやりとりとか、イトちゃんの存在とか、こじれにこじれた大人たちの件とか、暑苦しくて冷めてしまった。
ホームドラマとしてみれば、若い2人の恋愛を応援したくもなるし、家族の暖かさみたいなものも感じられるドラマだと思う。
👦名無しさん
グレたいとこがどうやって戻ってくるかも気になる。
すんばらしい展開期待してる笑
👦名無しさん
ん〜〜、リアリティね…
このドラマにリアリティは求めてません。
テンポもよく、笑いあり涙ありで1時間が早いな〜〜と感じるドラマで毎週楽しみです。
竹内涼真くんは急成長ですね!次回作も楽しみな俳優さん。

 
[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す