まるでウユニ塩湖 鳥取砂丘で撮影された「奇跡の一枚」(朝日新聞デジタル)

Pocket

Sponsered Link

 鳥取砂丘(鳥取市)で撮影された「奇跡の一枚」と呼ばれる写真がネット上で話題になっている。波が引いた砂浜が「鏡」のようになり、空や人の姿を映し出す――。撮影に成功するには気象条件などがそろう必要があるが、同じような写真を撮ろうと訪れる人が増えている。

 写真を撮影したのは、砂丘周辺で自転車ツアーを企画、運営する「TRAIL ON(トレイルオン)」(鳥取県湯梨浜町)代表の小椋宣洋さん(46)。ツアーは国などの許可を得ており、ファットバイクという通常よりタイヤの幅が広い自転車に乗って砂丘を走るもの。

 昨年10月、ツアー客の思い出にとスマホで撮影。写真をフェイスブックに掲載したところ、旅行サイトで紹介された。SNSなどでも、空や人の姿が湖面に映される光景で知られる南米ボリビアのウユニ塩湖みたいと話題となった。県外客だけでなく、県民も砂丘の知らなかった一面に驚き、「同じような写真を撮りたい」とツアーに参加している。

 8月25日午前の部に参加した10~20代の男女3人も、ネットに掲載された小椋さんの写真を見て興味を持ったという。ただ、「奇跡の一枚」はいつも撮れるわけではない。小椋さんによると、風や波、日光の差し具合などの条件が整う必要があるという。

 この日、小椋さんはタイミングを見て、3人に波打ち際を走り抜けるよう指示。小椋さんは「今日のコンディションではこれが限界」と撮った写真を見せたが、ツアー客は「かっこいい」と声を弾ませた。奈良県の高校2年の岩井康洋さん(17)は「ウユニ塩湖っぽい写真が撮影できた。LINEのプロフィル画像にします」と満足げだった。

 小椋さんは最近「写真だけが独り歩きしている」とも感じている。期待を込めて訪れた客がうまく撮影できず残念な思いをすることを心配する。「砂丘にはほかにも写真映えする場所があるので、砂丘の自然をもっと満喫してほしい」

 ツアーは1回2時間程度で予約制。身長150センチ以上で、料金は1人5千円。不定休。 

 問い合わせは(080・1649・1796)。

(横山翼)

朝日新聞社

Sponsered Link



👦名無しさん
綺麗だね
こんな写真撮ってみたい
👦名無しさん
鳥取という地味な県が意外なところで注目されるのはとても嬉しい。
SNSの恩恵。
でも思い通りの写真が撮れなくてクレームつけたり評価を下げたりする人もいるんだろうなあ。
SNSの弊害。
👦名無しさん
旅は、うまくいかない時を、どれだけ楽しめるか?だと思っている。
目的の写真が簡単に撮れたら、奇跡なんかじゃ無いから。
目的の写真は撮れなくて残念。
でもガイドや現地の人との触れ合いや、同行者とより深い繋がり等、旅の上では写真以上の思い出ができるはず。
写真だけでいいなら、写真集買うとか、下手したら合成も個人でできるし。
わざわざ旅行するなら、その場所で体験できる事を直に触れたい。
現地にこういう人がいるだけで、旅のきっかけになるから大事だと思った。
👦K’S
他人の『真似』をしに行く旅よりも、自分で『発見』をしに行く旅の方が何倍も楽しいと思う。
インスタバエとかじゃなくて、自分の目に記憶に焼き付ける景色を観に行ったら良いのに。
👦名無しさん
綺麗な写真は取れなかったかもしれないけど、ついでにもっと観光して鳥取の魅力を感じてください!
👦名無しさん
同じ写真狙うならこの写真見てる方がよっぽどいい気もする。
👦名無しさん
写真だのインスタだの考えずに、鳥取砂丘に真冬に行って雪がちらつく中、全身で寒風を感じるという楽しみ方もある。ただし遭難注意が必要だが。
👦名無しさん
ウユニ湖よりだんぜん鳥取砂丘の方が近いし撮れたら嬉しい
👦名無しさん
理由は何であれ国内観光が活性化するのは嬉しい。
👦名無しさん
写真は記念に残る。特にロケーションに恵まれた写真には目を細める。でも、逆に記憶に残りずらい部分が多々あると思う。
大きな理由のひとつに、手段と目的が摩り替る事にあるんだと・・・
旅先など特別な時間と場所での写真って
非日常的であるが故に、逆にリアリティを失い
「自分が撮った綺麗な写真」だけで終わってしまう場合が多い。
写真って、特別でもなんでもない何気ない日常の一コマの
記録のほうがよほど体温を感じて自分の未来へ繋がると思うけどな
👦みど
もしもこういう写真がうまく撮れなくても、鳥取砂丘の景色は素晴らしいから、また違った雰囲気の良い写真が撮れると思います。
あの砂丘を越えたら見える海、素晴らしい。
👦✕✕✕
撮れたらミラクルくらいに考えてくれるといいですね。
全然違うと文句いう人が出ませんように。
👦名無しさん
わたしはSNSやっていないが、もしもこんな素敵な一枚が撮れたらsnsには投稿せず1人でこっそり楽しむタイプかな。
👦名無しさん
写真の構図の位置関係から、左11時方向に海士島が見てとれますので、撮影ポイントは、福部砂丘(ラッキョウ畑)の中にある
一つ山を出たところと、岩戸(集落名)の間の海岸(砂浜)で、撮影されと思います。8月後半以降によく出る、秋の雲の形です。現在は海流の影響で、砂浜が浸食されているところが多いですので、波打ち際がフラットなところが少なくなってます。天気、雲の形、波の具合、砂浜の地形が程よく絶妙に条件が揃い、撮影された奇跡の一枚かと思います。田舎でありながら、色々と楽しませてくれる、いい県です。機会があれば一度訪れてみてください。心も体も癒されると思いますので。
👦名無しさん
やばい、何も興味が湧かん
👦名無しさん
鳥取って砂丘しか無いってイメージだけど、実際はご飯も海と山の幸が豊富で美味しいし温泉も素晴らしいから年に2回は行ってます。
大阪からだと旅行として丁度いい距離だし、冬には雪も見られるしね(^-^)
👦名無しさん
訪れる人が増えるのはいいことだが、常識外れの人が増え、自然の砂丘が壊される心配もありますす。
👦名無しさん
こういう自然相手のことって、ロコじゃないとでき得ない部分が大だろうし、独り歩きへの懸念はもっともだと思う。
デジタル写真は無限と言っていいくらい撮り直しできるから、際限がなくなってしまう。
昔を懐古するわけではないが、フィルムの頃は撮れる残数を頭に入れながら、アングルとか吟味して撮影していた。
便利さや気軽さをもたらしてくれるICTは、ひょっとすると人間の思考力を削いでいるのかもしれない。
👦名無しさん
こうゆうのは、ネットで拡散すべきではないと思う。
この地の本来の良さが半減してまうことが残念でならない。
無意味に見に来る人が増え、本来の存在価値がさがってしまう。
よい景色は現地に足を運んで、本人の口からの言葉で体験を伝えることにより、本当の素晴らしさ、価値が生み出される。
インスタ、LINE、フェイス、、
要はいいね!の過大評価が増えることにより、心理的に景色ではなく
自己満による最優先ぎ頭に働きかけてしまうのだろう。
うらを返せば他者が撮影した画像をダウンロードして、加工してしまうことも出来てしまう。
本気で良さを伝えたい人間は、直接プリントして、リアルに対話して良さを伝えると思う。
👦名無しさん
これは毎日この鳥取砂丘を見ている人じゃないと最初に思い付かない写真ですね。出張で鳥取に行っても砂丘はスルーだったけど、今度は足を運んでみようかな。
👦名無しさん
以前、船橋の海沿いがウユニ塩湖みたいだと紹介されたことがあったが、あれは正直首を傾げざるを得なかった。
あれに比べればウユニ塩湖っぽい写真だね。
👦名無しさん
来月の連休、鳥取砂丘に行こうと思っていました。
山陰地方は以外と面白いかも
👦極論か暴論ばかりの人
デジカメを使うようになってしばらくの間、「よさげな景色」を見ると
「とりあえず何枚か連写で撮っておく」ようになってしまった。
その結果として、自分の目で見た景色は案外記憶に残ってなくて、
そのくせデジカメで撮った画像はどうも光景が蘇ってこない。
銀塩で撮ってた時はこうじゃなかったのになぜだろう、と考えた結果、
「まず目に焼き付けるつもりで満足いくまで眺める」ことにした。
そのうえでこれといった部分を絞って撮るようにしたら、
写真の点数は少なくとも1枚見れば記憶が相当鮮明に呼び起せるようになった。
全周360度すべてが一体の見どころでファインダーに収めようがなく、
「じっくり目で見て帰ろう」と思った時、これに気づいた。
「他人に見せる写真を撮る」ために景色を見に来たんじゃない、
自分が後で記憶をたどるカギとして写真があればよかったのだと。
👦名無しさん
きっかけは奇跡の1枚でもいいと思う、けれど他には何もないとか思うなかれ。
そこでしか、その時でしか体験できない何かがあるはず。
それに気付けるかどうかが肝心ではあります。
👦名無しさん
個人的には、「奇跡の一枚」という表現はどうかと。
どんな撮影機器を使ってもこの日と同じ自然条件下であれば
撮れるなら納得できるが、少しでもカメラの機能が手助けしてるとすれば、それは、「奇跡の一枚」ではない。詳しい説明が必要。
肉眼で見ても、この画像と同じものが目に飛び込んでくるんでしょうか。
👦名無しさん
テラ地元ですw 皆さん鳥取に是非遊びに来てねw
砂丘、大山、松葉ガニ、白壁土蔵、温泉、ゲゲゲの鬼太郎、
名探偵コナン、20世紀梨、三朝投入堂。。。etc
色々ありますw
👦安倍晴明
インスタグラマーって、人の二番煎じを撮って何が面白いの?
やっぱり自分の世界観を持って撮ってる人とは、比べものにならないよね。
👦名無しさん
一日だけ行って撮れちゃったら
それこそ奇跡
なかなかベストショットが撮れないから
奇跡の一枚
👦卯月.txt
すごく綺麗!
他の地域では出来ないのかな?
👦鷹っ面に蜂
別に鳥取まで行かなくとも遠浅の海岸でしたらどこでも撮影出来そうなんだけど。
👦名無しさん
ウユニ塩湖も遠いが、鳥取も遠い…残念…
砂浜なら条件が整えば同じように撮れないかなあ。
興味あるなあ〜〜
👦名無しさん
鳥取と、ウユニ塩湖行ったことあるよ。
たしか、温度と湿度と天気と風によっては絶景にならないらしいよ。
ウユニ塩湖なんて、湖が干からびてきてるし、白と土の茶色が混ざって絶景とは言えなかったなぁ〜!
鳥取は、綺麗なのは有名だけど、自転車で走ったことなかったなぁ〜!いろんな観光客来るのはいいけど、タバコやペットボトルなどポイ捨てしないでね!
👦名無しさん
行ったらがっかりすると思うけど
この一枚はそれだけの魅力あると思う
👦名無しさん
実際の景色見たら分かるけど、本当に奇跡的。
👦名無しさん
凄い写真ですね。初めてみました。日本にもこんな風景があるのですね。
ただ主催者さんの感じておられる懸念もすごく理解できます。お客さんがこの風景だけを目当てに来てうまく写真に収められずにがっかりして帰られたのでは砂丘の魅力を伝えたい側としては残念でならないでしょう。
👦名無しさん
綺麗な画像ですね。
砂浜を自転車で走りたい気持ちはわかる。
👦名無しさん
確かに綺麗な写真だ、だけど好条件が揃って初めて撮れるんだよね。だから撮れなくても、十分楽しめる企画なら良いんじゃない?
👦ado@yahoo
ウユニ塩湖の見たけど 本物は完全に湖の上に浮いてるように見えた
全然違う、 これは普通の綺麗に撮影された写真ってしか見えない
👦shimotsuki
これはいいこと。
国内でも綺麗な場所、美しい場所はたくさんあるんだから、もっと国内旅行する人が増えて欲しい。
ただし、マナーだけは絶対に守ってもらいたい。
👦joooooooooo
最近インスタ映え狙いだけで旅行している人たち多い気がする
現地の空気、現地の人たちとのふれあい、などと他の要素もひっくるめて楽しむのが旅の醍醐味なんだが、それを見失っていないか心配になる
👦名無しさん
普通景色の中に人が写り込んでたら邪魔だなーと思うけど、この写真は人が写り込んでることでまさに絵になる写真!
鳥取は蟹がおいしいから冬もこんな景色が見れたらいいなー
雪多い町だから無理か
👦名無しさん
身近に「奇跡」は存在します。
それに気が付き、どう取り出すか。
そこに、商機が生まれる。
👦tak
空の色がおかしいけど、加工してない?
👦名無しさん
綺麗だけどウユニとは全然違う。
👦名無しさん
ネット映え、SNS映えと言われてる昨今だが、最近の人は綺麗な物、美味しそうな物を見るとまず写真を撮ってるけど、アタマの中にはちっとも入ってない。そしてそんなイメージで鳥取に行くと、逆につまらなく感じて二度と来ないだろう。
👦名無しさん
これは凄い
こういう写真って日本だと沖縄で頑張れば撮れそうな感じがするけど鳥取でも撮れるんだな
それにしても綺麗な1枚だね
👦信長
写真て.綺麗に撮れるんですね.余程のキャリア.腕.時間の粘り.条件がそろわなかったらだめでしょうね最高です。
👦名無しさん
自転車がかわいそう。
👦名無しさん
サーフィンで度々行かせて貰いますが鳥取の海は素晴らしい。鳴き砂は当たり前やし。鳥取道無料やし。
この写真撮るために砂丘を越えるのは大変そう。
👦gokubutodaisensei
まずウユニ塩湖を知らなかった。

 
[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ