かつてはメガヒット連発も…“テレビ発”でヒット曲が生まれなくなったワケ(オリコン)

Pocket

Sponsered Link

 「およげ!たいやきくん」から、「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント」「慎吾ママのおはロック」まで……これら一連のヒット曲に共通するのは、“テレビ番組発のヒット曲”ということだ。特に2000年代前半は、番組内の企画やネタから派生したユニットによるヒット曲が大流行していたが、近年の同アプローチによるヒット曲はと言うと、2008年にヒットした『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)内の企画ユニット・羞恥心による「羞恥心」が最後だ。もはやテレビ番組からは、ドラマ主題歌以外のヒット曲が生まれることはないのだろうか?

◆子ども向け番組からバラエティまで ヒット曲を生んだ様々な番組

 テレビ番組発のヒット曲と言えば、今の中年以上で最初の記憶となっているのは、おそらく「およげ!たいやきくん」だろう。同曲は1975年、フジテレビで長年放送されていた子ども向け番組『ひらけ!ポンキッキ』内でアニメと一緒に放送されたものだが、放送開始直後から哀愁を帯びたメロディと歌詞が大反響となり、457.7万枚を売り上げ、いまだにオリコン歴代シングル売り上げランキングの第1位なのである。同時期には、『みんなのうた』(NHK)発の「山口さんちのツトム君」(1976年)も大ヒットし、以後「だんご3兄弟」(1999年)、「おしりかじり虫」(2007年)と、『みんなのうた』発のヒットが続く。

 これらは子ども向け番組発のヒット曲だが、1990年代後半になって流れが変わってくる。1995年、音楽番組『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)内で、ゲストで登場した小室哲哉にダウンタウンの浜田雅功が、「僕にヒット曲プロデュースしてください」と言ったことをきっかけに発売された『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』(H Jungle with t)が、200万枚を超える大ヒットを記録。すると、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)から派生した音楽ユニット・ポケットビスケッツのCDもヒットし、それに対抗する形のBLACK BISCUITSもCDデビューするという、番組内を巻き込んだ“企画”に発展。以後、その流れはスタンダード化していくのである。

◆番組の飽きさせない“遊び心”がヒット曲誕生へと発展

 1996年には、『進め!電波少年』(日本テレビ系)でユーラシア大陸横断ヒッチハイクを成功させた猿岩石(有吉弘行がいたお笑いコンビ)の「白い雲のように」もミリオンセラーとなり、『ダウンタウンのごっつえぇ感じ』(フジテレビ系)のコント内のキャラ「エキセントリック少年ボウイオールスターズ」が1997年にシングルを出すにいたると(オリコン最高4位)、“バラエティ番組内の企画発ヒット曲”は完全に“主流”に。その流れは2000年代に入っても続き、『笑う犬』シリーズ『笑う犬の冒険』(同)の「はっぱ隊」がブレイクし、「YATTA!」が週間ランキングでTOP10入りする(2001年)。元SMAPの香取慎吾が『サタ☆スマ』(同)内で扮するキャラクター・慎吾ママ名義で発売した「慎吾ママのおはロック」(2000年)も“番組発のヒット曲”と言えるだろうし、『ココリコミラクルタイプ』(同)のユニット「時給800円」(2003年)や、『ワンナイR&R』(同)のゴリエとくずもヒットを飛ばしていく。

 これらのヒットの背景には、新人タレントの悪戦苦闘や成長過程をうまく演出し、視聴者を飽きさせない番組作りができる制作スタッフや所属事務所、そして企画段階からCDデビューへの流れを戦略的に組んでいたレコード会社側とのウィンウィンな関係があったと思われる。しかし、2005年前後からデジタル化が急速に進み、CDの販売数も右肩下がりになると、番組発のヒット曲も誕生しにくくなっていく。

◆趣味嗜好の分散、視聴者層の高齢化…厳しい現状を打開する新たなヒット曲誕生は?

 昨今はYou Tubeなどの普及により、個人のニーズに合わせた視聴が当たり前となり、CDを買う前に各自の趣味嗜好で楽曲を選ぶことができるようになったし、またダウンロード販売など楽曲購入の手段も多様化した。楽曲の人気自体も番組の企画などとは関係なく、YouTubeの再生回数が指標となりつつある。今や番組の企画から生まれた曲でなくても、大きなムーブメントとなりうるヒット曲は生まれづらくなっているのである。

 一方、テレビ側としても視聴率の低下、制作費削減などの事情もあり、バラエティ番組でもコストのかかるコント番組が減少すると同時に、人気キャラのCDデビューという流れも減少傾向に。再現フィルムを観ながら、MCを含むレギュラー陣+毎週変わるゲストがひな壇形式でトークを回す……という形式が主流になり、かつてのコント番組を引っ張っていた強烈な破天荒キャラなどは絶滅寸前だ。もはや『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)発の矢島美容室(2008年)に代表されるような、大物芸人の“お遊び”的なノリでCDデビューという流れは、“古きよき時代”的な昔話になりつつあるのである。

 以前は子どもたちをターゲットにしていたバラエティ番組も、最近は中高年層に狙いを定めており、かつてロンドンブーツ1号2号の田村淳が子どもたちのために作ったキャラクター“もずくん”など、子ども向け楽曲のヒットが出る余地もなくなっている。インターネットやSNSの爆発的な普及により、テレビ番組のコンテンツのあり方や内容に急激に変化を求められている影響なのだろうが、ほんの10年ほど前までは、その年を象徴するようなヒット曲を生み出していたこともあるだけに、再び番組発の楽曲コンテンツの誕生を願ってやまない。

Sponsered Link


🍀アンチバラエティー
バラエティー自体が面白くなくなったんだよ。
今ではどの局もバラエティーといえば、ぶっちゃけトーク、グルメ旅、外国人向け日本アピール、立木文彦ナレーションなどをやれば適当に視聴率が取れるものだと考えられ、どれもジャンルが似たり寄ったりの番組ばかり。
昔はゴールデンにもバラエティーだけでなく、時代劇、アニメ、視聴者参加型クイズ番組などジャンルは多彩だったのに…
🍀名無しさん
野猿も流行ってたよなぁ。
🍀名無しさん
TVの企画で、ゴリ押しで売ってた頃に、間違えたのだと思う。アーティストや曲の力で勝負できなくなった。
🍀きんにくん
そもそもテレビ観なくなった
🍀名無しさん

>もはやテレビ番組からは、ドラマ主題歌以外のヒット曲が生まれることはないのだろうか?

ひな壇芸人が、どうやってヒット曲を生み出す可能性があるのか、むしろ、教えて頂きたいですね。(笑)

🍀名無しさん
昔は良い意味でも悪い意味でもネットが発達してなかったから
趣味に多様性がなくて
学校で共通の話題として出せる無難なのがテレビだった
その上街で最近の歌を流してたから
テレビを見て無くてもこの曲だけは知っている、という層も多かった
今はネットの発達でマイナーな趣味でも
すぐに同好の士と繋がれるからテレビは相対的に見なくなる人が多く
学校の話題もSNS等ネット発のモノが中心になった
街も規制が進み音楽を流しづらい状況になったから
新規にファンが増えることはなく
少数が好きなアーティストの曲を買い支えるぐらいの
先細りな市場か、特典をつけて
複数枚購入させる商法しかなくなったという印象
🍀Smbk
個人的にいうと、テレビの黒い裏の部分をこうも見せつけられたら、バラエティーでさえ笑えなくなったよ。ってか、必要なもの以外の番組は観なくなった。今は映画でも何でも好きな時に観れるしね。
🍀名無しさん
羞恥心のCDジャケット見て、みんな若いなと。それだけ時間が経ったんですね。
🍀名無しさん
ヒット曲云々とは少し毛色が違うかもしれないが…。
アレダメ、これダメと簡単に駄目だしする風潮にも問題があると思うが。
ちょっと気に入らないことがあるとすぐにクレーム付ける現在の風潮に、現場が完全に委縮して新しく冒険しようという気風を奪い去ってしまっている。
結果、当たり障りのないものでお茶を濁しておけばいいだろうという事勿れ主義が蔓延る。
ひな壇・旅系・警察ネタなど、小手先弄っただけで似たり寄ったりの番組ばかり。
視聴者も目が肥えてるからそんな浅い考えは簡単に見破るので、つまらない番組、延いてはTVそのものから離れていく。
そのうち視聴率10%超えたら大ヒットなんて言う時代が来るかもな。
🍀名無しさん
テレビじゃないけど映画のタイアップ曲(特に洋画)は要らない。
まぁドラマの主題歌も無くても困らないし、
印象深いドラマはテーマ曲だけでも十分のような気がするけど
(渡る世間とか)
🍀名無しさん
単純にカスラックのせいでしょ。音楽を普及させる気ないもん。
一昔前なら、スーパーや商店街、カフェなどどこに行っても有線放送から流行りの歌が流れてた。
夏になればTUBEやサザン、クリスマスになればワムと山下達郎が耳タコになるほどね。
聞きたくもない冬ソナも、嫌というほど聞かされたわ。そうやってまず曲を知るのが普通だった。
ところが今は、スピーカーから流れてくるのは各店舗のオリジナル曲だけ。
「どんどん・どんき~♪」ってね。普通の曲流すと著作権使用料を取られるから。
わずかに残った音楽番組も、出てくるのは毎回48と46とジャニタレとエグザイル一味だし。
だから、その番組を意図的に見ようとしない限り、主題歌を聴くこともない。
🍀名無しさん
そもそも今年のヒット曲って何かあったっけ?
🍀名無しさん
懐かしいなぁ〜当時のテレビは今より全然バラエティがあって面白かった。音楽番組も多かったし、ゲストも偏っていなかったから色々な音楽があった気がする。今はもうAKB界隈かEXILE界隈ばっかりって感じで自然と音楽番組も観なくなってしまったなぁ。
🍀名無しさん
矢島美容室とかあったじゃんって思ったけどあれも2008年か
歌番組少なくなったしテレビ見なくなったし街で歌流れなくなったしな
30年前のヒット曲はわかるのに
🍀名無しさん
去年は星野源の恋やRADWIMPSの前前前世 ピコ太郎のPPAPオリラジのパーフェクトヒューマンとかなんだかんだわりと一般に広がったヒット曲があったが今年皆無なのってやばいよな
🍀名無しさん
いつの間にかテレビは流行ってることにしてゴリ押すだけの宣伝の場になってしまった
この10年でテレビ好きだった層もそのことに気づき始めて誰も見なくなっただけの話
🍀名無しさん
昔はテレビ発のヒット曲聴いてこんなのが売れるのかと思ったが、今のAKBやジャニーズくらいしか売れない状況に比べりゃあの頃の方が良かったと思うわ
🍀名無しさん
テレビからっていうより、歌謡曲衰退が原因だ。ベストテン番組全盛期の大衆ポップスではなく個人マニアの時代。好き嫌いがハッキリして知らない人は知らない、それが大衆ヒットが消えた理由。
🍀名無しさん
テレビ番組が低迷してネットに注目が移行した結果でしょ!
でも「逃げ恥」の様に面白い番組が生まれれば、ヒット曲も
現実に生まれるのだから、作り手次第になるのかな?
ドラマなんか昔は1クールで収まらない作品もあったよな~
🍀名無しさん
メガヒットがテレビ発でなくなっただけ。
2016年の年間シングルCD売上げランキングは、
1位から20位まで全部が
秋元康とジャニーズ関連だった。
1位 AKB48
2位 AKB48
3位 AKB48
4位 AKB48
5位 乃木坂46
6位 乃木坂46
7位 嵐
8位 乃木坂46
9位 嵐
10位 嵐
11位 欅坂46
12位 SMAP
13位 欅坂46
14位 欅坂46
15位 SKE48
16位 NMB48
17位 HKT48
18位 SKE48
19位 Hey!Say!JUMP
20位 HKT48
🍀名無しさん
今のテレビ番組の一つに動画を紹介する番組があるけど、YouTubeとかから面白そうな動画をスタッフがいくつか引っ張ってきて、それをスタジオのみんなで見て笑って終わりとか、単純すぎて面白くない。動画なんて自分で見たいもの探して見るってば。他のバラエティ番組も手抜き感が見え見えだし、見てて笑うことはなくなった。
🍀名無しさん
JASRACの影響も大きいのではないかな?
今や楽曲を買わないとファンやその番組を見ている視聴者以外はどのような曲か知る術は無いのだから。
後はバラエティ番組の質の低下、タレントが自ら動いてギャラリーや
視聴者を楽しませる舞台型の番組が少なくなった。
タレントがひな壇に座って延々とVTRを流してワイプ芸をする番組のどこにヒット曲が生まれる土壌があるというのか。
🍀名無しさん
ある意味、昔の方が【攻めてた】それだけじゃないの?
今はコンプライアンスなんかがうるさくて、あっちこっちの顔色を伺いながら【守り】に入っちゃってるからねぇ・・・
こう言っちゃアレですけど、昔っから【ゴリ押し】的な事はあったんですが、それが上手かったんですよね。
良い意味で《せめぎ合い》があって、そこに気合や気迫があった。
そう言った作り手の【熱】って伝わるんですよねぇ・・・
🍀名無しさん
まだ10年しか経たないのに羞恥心のジャケ写は古臭く見えるな。。
🍀名無しさん
歌が下手なのとクオリティが低いんだと思う。
ポケビ、ブラビも千秋、ビビアン共に歌は上手かったし、ガチでTRFからダンスしこまれた野猿も、とんねるず以外のボーカル二人は上手かったし。
ポケビとかクビになったり解散の危機だったりでやってる人もガチでやってたしね。それくらいのクオリティでやれば売れるよ。
売れないのはクオリティが低いだけ。
クオリティがあればアニメ発信でだって人気は出るよ。マクロスFのライオンとか、残酷な天使のテーゼだっていまだに若い世代にも認知され続けてるし。
🍀名無しさん
くだらない芸能人のクイズ番組や旅番組・・・
どの局も似たり寄ったりで、制作費がほとんどかからないのばかりですね。
視聴者が本当に見たい番組を作る。そのこと自体が遠い昔のことなのかも・・
楽しんでもらえるように一生懸命番組制作する人が居なくなっちゃったのが悲しいですね。
当然、ヒット曲など生まれるはずもありません。
🍀名無しさん
アーティストの楽曲の魅力ではなくて、タイアップで売れてきたというのもおかしい時代だったのでは?
デジタル化で音楽がダウンロードやストリーミングになっても、欧米のアーティストは売れてます。
歌唱力のない人たちが多すぎで、企画ものの楽曲が多いと売れないのは当たり前では?
🍀名無しさん
テレビ局の体質として、自分たちが面白いと思う物しかゴールデンタイムに放送しなくなったのも原因だと思う。
中途半端な知識の情報番組、出演者だけが楽しいだけのバラエティ。
90年代だけど、ドラゴンクエストダイの大冒険ってアニメは視聴率が良かったことに目を付けられ、当時のアニメ嫌いのお偉いさんが急遽打ち切りにしてバラエティ番組に入れ替えたけど爆死したことあったな。
ちゃんとそのまま続きを作る予定や、グッズなどの生産も整っていたのに・・・・・・。スポンサーもかなり焦ったと思う。
その頃からテレビ離れを促進する予兆はあったのだろう。
要は制作、放送局側の積み重なった怠慢が今日の原因じゃないかな。
番組のED=曲の宣伝になるわけだし。
🍀ExDandT
数年前の話にはなるが、半沢直樹が好視聴率だったときも既にテレビ離れになっていた。それでもあれは数字を取れた。
つまり、テレビでも面白いと思われたら数字はとれる。
売上の基本は広告。広告が沈んでいれば喩え良いものでも売れにくい。そして、ここ10年は広告のみをごり押した影響で中身がついてこない人が多い。その結果根本の広告すら見なくなった。

🍀名無しさん
ドラマ主題歌のヒット曲も今はあまりないですよね
去年の逃げ恥の主題歌はヒットしたけど
ほかで最近ヒットした曲というのは…..あった?
ドラマもバラエティも面白いものが減った
数字が落ちたのは制作側の力の問題でもある
これ以上落ちるとスポンサーが離れていく
今かなり瀬戸際にいると思うけど

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す