編成部長から飛び出した「非常事態」宣言 フジテレビは変われるのか?(スポーツ報知)

Sponsered Link
Pocket

 「今、フジは完全に非常事態です」。4日に東京・台場のフジテレビ本社大会議室で開かれた10月クールの番組改編発表会見。本来、自信の新番組をお披露目する華やかな場で、ひな壇の中央に座った立本洋之編成部長の口から危機感たっぷりのセリフが飛び出した。

 確かに同局の10月クールの改変率(番組の変わる率)はゴールデン帯(午後7時~10時)34・3%。プライム帯(午後7時~11時)29・8%という大規模なもの。45か月連続で月間視聴率「三冠」を続ける日本テレビの10月期番組改編発表会見も5日に行われたが、ゴールデン帯の改編率は「ほぼ無改編です」(岡部智洋編成局次長)という4・8%。両局を比べると、フジの改変は、まさに大改造と言えるものだった。

 配られた資料の1ページ目に書かれたのが、「『変える、変わる』ためにフジテレビを“reboot(リブート)”します」という大文字。キーワードは「再起動」を意味する「リブート」。資料には「美辞麗句を並べるつもりはありません。フジテレビが生まれ変わるために、フジテレビは頑張ります」という悲壮な文章まで添えられていた。

 象徴的なのがテレビ朝日系「報道ステーション」終了後、三顧の礼で迎え入れた古舘伊知郎氏(62)の「フルタチさん」(日曜・後7時)の終了。同番組は昨年11月、常に20%前後の平均視聴率をたたき出す日本テレビ系「イッテQ!」などがひしめく日曜の激戦区に乗り込んだものの、最新3日放送回の視聴率が4・7%と“惨敗”。1年での同枠撤退となった。

 「報道ステーション」降板後、初のレギュラー番組だった古舘氏にとっても、無念の降板となったが、「リブート」の舞台として同氏司会の新番組「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」が金曜・後7時枠で用意された。

 立本編成部長の「非常事態」発言は、この古舘さんの番組の終了、そして“異動”について聞かれた際に飛び出したものだった。「『フルタチさん』が1年で終わってしまうということですが、今、何をするかということで考えた結果。今の非常時に置いて、何をするかということです」。BSフジで16年に渡って編成に従事。今年4月からフジの編成部長に就任した“編成のプロ”は引き締まった表情でそう言った。

 確かに10月クール開始のドラマでも、フジの「本気度」は伝わってくる。最新の平均視聴率15・4%と絶好調の山下智久(32)主演「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」の後を継ぐ同局の看板枠「月9」には初の「月9」主演となる篠原涼子(44)の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」。篠原は自慢のロングヘアをバッサリ切って登場するという。

 火曜・後9時の「明日の約束」に主演するのは2年ぶりの連ドラ主演となる井上真央(30)。木曜・後10時の「刑事ゆがみ」主演の浅野忠信(43)は初の民放連ドラ主演。「初」「~年ぶり」という言葉が並ぶ大物俳優集合に「ドラマのフジ」復活にかける思いが伝わってくる。

 一方で報道部門でも市川紗椰(30)がキャスターを務めた「ユアタイム」を1年半で終了させ、局アナとして大事に育成してきた椿原慶子アナウンサー(31)と松村未央アナウンサー(31)をキャスターに据えた「THE NEWS α」を10月2日からスタートさせる。立木編成部長は「局アナに代わったということで前とは全く違った形。基本に立ち返った形でニュース、スポーツを真摯に伝えたい」と力こぶを作った。

 そうだ。「真摯」という言葉もキーワードだ。6月28日の株主総会で退任した亀山千広氏(現BSフジ社長、60)時代、広告収入など本業の利益を示す営業利益は4年間で約4分の1に減少。この不振からの脱却には真摯に、根本的に「変わる」ことしかないのだ。

 改編発表会見に同席した石原隆編成統括局長(56)は過去、三谷幸喜さんと組んだ「王様のレストラン」「古畑任三郎」などヒットを連発した名プロデューサーだった大物テレビ人だが、会見後にあいさつすると、「作り手の本気度が伝わる会見ではなかったですか?」―。巨体を揺すって、そう言った。

 以前、「コード・ブルー」のヒットの理由を聞いた時にとても印象的だった石原氏の言葉がある。「プロデューサーの増本淳という男は24時間『コード・ブルー』のことを考えている男なんです。制作サイドにそういう人間がいる作品の熱さは、必ず視聴者に伝わると思っています」―。

 そう、真摯さと熱さこそが「リブート」のためのキーワード。復活を期すフジテレビ幹部の真剣そのものの言葉の数々は、スポーツ新聞というネットに押され気味の「非常事態」の紙媒体で働く自分の心にもズシリと響き渡った。そんな、お台場の午後だった。
(記者コラム・中村 健吾)

Sponsered Link


🍀名無しさん
本気で変わろうなんて思ってないでしょう。甘いんですよ。誰もがテレビを見ていた時代はどんな施策も成功に捉えられていた。テレビからネットで好きな時好きなコンテンツを見ることができる時代に旧態の経営陣で何ができるの?
🍀名無しさん
この前のめちゃイケ?とかゆう番組見ましたけど今時あんな非常識な事ウケると思ってやってることに驚きましたわ、今の時代あんなのやられても胸糞悪いだけ、派手にするといっても判断つくと思うけどなお〜
🍀名無しさん
再起動とは何を再起動するかが重要。
視聴者の嗜好は時代が変わってもそんなに変化していたい。変えたのはテレビ局。芸が出来ない芸人にあれこれさせて面白くない番組が多すぎる
🍀名無しさん
完全にテレ東に抜かれてる。
似たり寄ったりの番組が多いし、フジ独自のコンテンツが有る訳でもない。
別にフジテレビが無くなっても、正直困らない。
🍀名無しさん
あの公開処刑を他局にも流させたフジテレビ。
メリー喜多川の言いなり。
ジャニーズフジテレビに名前を変えたらいいんじゃないの。
テレビ局より事務所の方が偉そうにしている変な局。
🍀名無しさん
まさに今、和田アキコと泉ピン子の二人旅?
ゴールデンの2時間でこんなの放送してるようじゃダメだ。
誰が見るかよ。
🍀名無しさん
視聴者やファンを無視してジャニーズ事務所の言いなりになると結果こうなる次はテレビ朝日かな!
🍀名無しさん
日枝が君臨してる限り危機回避はない。
局アナキャスティングは制作費をけちるため?
○○パンって言ってる限り何も変わらないでしょう。
🍀名無しさん
悪いけど、地上波より、昔の再放送などCSの方が面白いよ。
🍀名無しさん
低迷と関係あるのか無いのか、フジの番組タイトルが、ことごとくダサい。
🍀kyonshhee
今から思っても「笑っていいとも」最終回は
華々しかった黄金時代のフジテレビの葬式で
「SMAP×SMAP」の最終回はフジテレビの納骨式だったような
🍀田舎者
テレ東の方が面白い。
女子アナにパンパン言って能天気
🍀Reiko’sママ
まず、めちゃイケととんねるずを切らないと。
🍀名無しさん
>「今、フジは完全に非常事態です」。
今?
今だと思ってることにビックリした。
🍀名無しさん
フジは10年くらい前からほとんど見なくなったんだよなー。ズレてて面白くない朝から晩まで。
🍀名無しさん
今日の7時の番組で今のフジの迷走がわかる。
なんでピン子とアッコなの?
完全にズレてる。
🍀名無しさん
え、いまさら・・・・ですか?
どこぞのえらい方が言ってましたが、「いやなら見なきゃいい」がモットーの反日フジテレビさんなんで
おそらく大多数の方は、そのまま嫌なので見なかっただけだと・・・・
何が緊急事態なのか、いまさらどの面さげて言ってるんだか
ドラマもバラエティも人選もアイデアも、なにもかもダダ滑り
唯一アニメでは昔のネタ引き継いだり、外部からいいタイトル貰ったりでフジっぽくなくていいけど
他は何放送しても「いや、フジテレビだしwww」となる現状
🍀名無しさん
フジテレビのイメージが悪いなかでも面白い番組はあるんですけどね、ただ面白くない番組はドラマもバラエティもとことん面白くないです。他局にも、もちろんそういう傾向はあるけどフジテレビは特にそう思う。
🍀名無しさん
フジの非常事態は今に始まったことではない。
だいぶ前から非常事態で改善できてないだけ。
正直フジの番組は見ない。
っていうか見たい番組がない。
🍀名無しさん
どんな方向で考えてるか、さっぱり理解出来ません。
・産経グループなのに報道番組は、さっぱりダメ。
・ジャニーさんには、こびへつらう。
・アナウンサーも、パンパンばかり。
・韓流への斜頸も認めない。
・筋を通して、1つの番組を継続して作らず、目先だけ変える。
先日、日曜の番組で、松本人志が指摘した通り、何故反骨精神を見せない?
変わるべきは、製作サイドではなく、トップの考え方です。
事務所・スポンサーに目を向けて、視聴者が喜ぶと思ってるところが、お話しにならな~い。
🍀名無しさん
多分変われないと思う。フジテレビもドラマもバラエティーも良いものがあるのに、ダメなものが多すぎる。変わりたいのなら、ジャニーズ事務所の言いなりから離れる。報道のチェック体制の強化。視聴者が本当に見たいものを作る。今やってる番組で人気があるものは、飽きさせずに育てる工夫だと思う。
願わくは、フジテレビ系列のないあるいは、クロスネットになっている都道府県にフジテレビ系列独立局を作る事だと思う。
🍀名無しさん
アニメでも流しとけば視聴率上がるよ
🍀名無しさん
編成部長ひとりが危機感をたっぷり持っててもね。
現場の人間が「笛吹けども踊らず」じゃあね。
「企画を提案しても取り上げてくれない」
「番組制作に携わるフジの社員スタッフは、制作会社スタッフに無理難題を押し付ける」
「番組不振の責任を押し付ける」
「手柄は社員が横取りする」
だから、「フジの仕事はしたくない」という声が、下請けの制作会社から挙がっているみたいだからね。
🍀名無しさん
昭和のアニメ再放送した方が視聴率取れるんじゃないかな。
🍀名無しさん
変われる訳がない
下品で笑えないバラエティとかみてるとフジとめちゃイケメンバーの感性が世間とずれているとはっきりわかる
まさか面白いとも視聴率取れるとも思ってない内容を流してるわけじゃないだろうし
🍀名無しさん
コードブルーやHEROなどのドラマは前作、前々作とある続編だから安定感があるかもしれないが、最近のフジのドラマ班は新作ドラマが全くと言っていいほど当たっていない。それが当たって初めて少し喜べるんじゃあないかな。
🍀名無しさん
テレビのバラエティ系を見るのは時間の無駄。三冠王で勝ち組とみなされる日本テレビも第二のフジテレビ候補。下らん番組で視聴率稼いでいるが、大人の鑑賞に堪える番組や報道番組がほとんどないから。その点においてこの両局はそっくり。
🍀名無しさん
視聴者の立場にたってない番組多すぎ。
これじゃ視聴率は上がらない。
🍀名無しさん
テレビ見てる人が何を期待しているのがわかっていないのがフジテレビ。少しは原点の帰れば。
🍀名無しさん
フジテレビは多分もう何やっても叩かれる空気になっちゃってるから、番組替えたからってあんまり意味ない気がする。

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す