名鉄観光バス運転手、飲酒検知すり抜け 中学生ツアー中(朝日新聞デジタル)

Sponsered Link
Pocket

 名鉄観光バス(本社・名古屋市熱田区)は4日、刈谷営業所(愛知県刈谷市)の男性運転手(49)がバスツアーの宿泊先で飲酒したうえ、同僚を身代わりにしてアルコール検知をすり抜け、運転していたと発表した。宿泊先では社の内規に違反して、運転手計10人が飲酒。社内で調べたところ、他に十数人の運転手が過去に出先で飲酒していたことを認めたという。

 同社によると、ツアーは8月14~16日、愛知、岐阜両県の中学生と引率者約4千人が参加。バス106台に分乗し、長野県の志賀高原で勉強合宿を開いた。運転手106人が乗務した。

 49歳の運転手は15日夜に宿泊先ホテルの一室で同僚8人と酒を飲み、自身は500ミリリットル缶のビールを3、4本飲んだ。16日午前6時すぎに携帯型検知器で検査すると微量のアルコールを検出。このため一緒に飲んだ同僚に頼んで通信式の検知器に息を吹き込ませ、異常のない呼気データを営業所に送ったという。

朝日新聞社

 

Sponsered Link



🍀名無しさん
今の時代、普通の人でも飲酒運転はありえない。
飲んだら乗らない。
この人達、バスの運転手、プロのドライバーでしょ。
106台に分乗しての勉強合宿の運転手でツアー中なら宿泊先で飲まないのが当たり前じゃないの?
1人じゃなく10人もなんて会社の資質が問われますね。
🍀そうだ上洛しよう。
ツアーを預かっている中、いくら夜とはいえ同僚を身代わりにして検査を逃れなきゃいけないくらい飲むのはプロとして失格だろう。
翌日に長時間運転する時は、プロのドライバーじゃなくても酒は控えるよ。
🍀名無しさん
人数の問題じゃないが何十人もの子供らの命をなんじゃ思うとんやいったい
🍀名無しさん
事件、事故が起きる前で良かったですね。
人が亡くなってから頭下げても誰も許されなかった。
🍀あや
有名どころが何をしてるんだか、、、106人も居たら宴会したくなるだろうけど業務でしょ?沢山の子どもの命預かってるのに意識低いよ。
🍀名無しさん
身代わりを頼んだのも問題だが、受けた方も同等の罪があると思う。
🍀名無しさん
名鉄グループに働いている友人の子供が入社1年目で先輩上司に腹とか足とか殴られたり蹴られたりして辞めたいと言ったので暴力のことを話をしたらフリーダイヤルを教えられて連絡し命に関わるから緊急だから改善して欲しいと申し出たら土日は休みだから平日に連絡をしてと言われました。命に関わることだからといっても名鉄グループは全く動きません。悠長ですね。
🍀名無しさん
一日の勤務時間が終わって次の勤務時間までは
個人的な時間だが
次の勤務時間が始まるまで酒が残っていたと
言うのは給料をもらう資格が無い
人の命を預かっているって自覚が無いから
そんな事が出来るのだろう
そんな無責任な人は運転手として失格
🍀名無しさん
最悪の会社。結果的に事故が無かったから問題ないという話ではない。そもそも106台のバスに106人の運転士ですか。予備の運転士を連れて行けば会社の利益が減る。運行管理も安全管理も危機管理も最低です。怒りしか湧きません。
🍀名無しさん
氷山の一角だと思う。プロの運転手としての自覚がない。
🍀名無しさん
どうしてわかったのかな?内部通報?適度のアルコールは疲れが取れるが、500ml3本は多い、350ml1本にしておけばよかったのに。プロなら22時以降は飲酒しないが当然。
🍀名無しさん
他県在住ですが我が子もこの勉強合宿参加しました。人生をかけるための受験生の合宿。それぞれの子供に未来があります。今回は本当に事故が起きなくて良かったと思いますが、子供たちの未来が一瞬で潰されると思うとゾッとします。お酒は飲んではいけないものだとは思いませんが、命を預かる仕事に従事している以上、もっと責任感を持っていただきたいです。
🍀名無しさん
こんなの氷山の一角で他のバス会社でもやってたりして。
🍀名無しさん
名鉄グループのバス会社は常に運転手募集をしている、給料が安くてどんどん運転手は辞めていく。これは運転手達のストライキかな?運転手自らの内部告発?
🍀名無しさん
何年前だったか
福岡の西鉄観光バスでも
身代り検査あったな。
泊りの場合って禁酒じゃないのか?
🍀名無しさん
飲酒自体は禁止ではないのかな?
だとしても500ミリを3.4本とは大胆だな。
多くの命を預かってる自覚が薄いんだろな。
🍀aiaiaiaittttt
うちの子も志賀高原で合宿してきたけど、塾の説明には厳しくバス会社選定してる、とあって安心してた。関連ニュース読むと他の会社でも似たような不祥事あったみたいだし、どこでもやってるのでは?と心配。
合宿に行かせるのはただでさえ心配なのに、バスドライバーが飲酒してるか、なんてそんな心配までしなくてはいけないの?
🍀名無しさん
解雇を含め処分を検討と昨夜のTVで言っていたが、解雇はできないだろう。
次の人員の確保に苦労するから。減給やのど元過ぎるまで、待つことしかできない。
でもここで、対象者全員解雇できない様では、命を預かる仕事は疑問符が付くと思う。
🍀名無しさん
ストレスがたまると人間はそれを解消したくなる。どれだけ我慢していたとしても。その手軽な解消法がアルコールだと思う。翌朝少しぐらい酒が残っていても仕事に差し支えないが、ドライバーという職種にはそれが許されないのだ。自分は絶対にドライバーなんかにはなりたくない。無理だ。
🍀名無しさん
事故しなくて良かったね
では片付けられないくらい大問題。
愛知県では旅客の運行管理基礎講習に名鉄グループの誰かさんがよく来るけど自分のところしっかりやれよ
🍀名無しさん
酒好きな人、毎晩習慣的に飲む人は、そもそも運転手に向いていない。
本人にとってもツライだろう。
ダメだ、我慢しろと言っても、飲む人は隠れてでも飲む。
いちいち宿泊先まで運行管理が同行するわけにもいかず、対策にも限界がある。
翌朝検知器で引っ掛かって出発出来なければ、お客さんに多大な迷惑をかけるわけだし、要は本人のプロとしての自覚の問題である。
ただ、飲む運転士の擁護をするわけではないが、警察の検問だと0.15まではお目こぼしされるが、バス用だと0.02~0.03でも引っ掛かる。(飲んでいなくても、菓子パンやガム、納豆などでも誤検知されてしまうほどの精度)
これはちょっと厳しいかな?とも思うが、お客さんの命を預かって仕事しているわけだから、充分気を付けてもらえれば・・・と思う。
by運行管理者より
🍀名無しさん
人の命を預かる仕事ならもっと厳しくして給料上げればいいと思う。そのかわり利用料は高くなるだろうけど。それは客次第。命とお金どっちをとるかじゃないですか?
パイロットもバス、タクシーの運転手も皆同じ仕事ですから。
🍀名無しさん
バス会社の信用ガタ落ち!
🍀名無しさん
夜にそのくらい飲むと朝六時でもやっぱりでるんだね。プロとして完全に失格の話だけど、自分に置き換えて気をつけないと。
🍀名無しさん
社内規定は禁酒?
禁酒はともかく適量わきまえての飲酒の場合翌日アルコールチェッカー反応する事まづない。
私自身毎朝アルコールチェッカーする事が社内規定で義務づけられている、前夜生中二杯程度で検知された事はない。
他の方のコメントにあるようにチェッカーに反応なくても疲れやすかったりするかも知れないし咄嗟の反応が遅れたりするかも知れない、これだけのリスク想像出来たら危なくて飲める量を越えてる、名鉄グループって公共交通機関が主力でしょ?他の至って普通な同僚の仕事ぶりも否定的にとられる事に至ることを考えて欲しい。こんな事件、会社の存続も脅かす、厳しい処分が下される事を期待します。
🍀名無しさん
名鉄バス終ったな…
他社の
同業者の方今頃ビクビクしてませんか?
🍀名無しさん
西鉄バスでも似たようなのはあったが、こちらはツアーバスか。
「宿泊先では一滴も飲んではいけない」はさすがに厳しい気もする。
コップ半分ならば朝に抜けると思うが。
たまに運転手は一生飲むな!等の極端な意見を見るが、酒気帯び以上に寝不足や過労運転の方が危険なのにと思う。
数値で測れるものだけ、異常に批判されている気もする。
一方で、今でも飲酒運転を軽く考えるドライバーがいて、周知が偏りすぎているように感じる。
酒を飲む、飲まないではなく、平常に運転できる状態でないなら、運転しないのが基本。
そこを理解してないと、極端な意見がずっとぶつかり続けるだけで、安全運転への理解が進まない。
🍀名無しさん
これって既に形骸化してるよね。
アルコール検知器にカメラを備え付けて、アルコール検知器に息を吹いてるのが当人か確認しないといけないくらい、今のバス運転手はおかしいよね。プロとしての自覚が無い。
🍀名無しさん
未だに飲酒はなくならいのが現実でしょうね〜
夕方には宿泊先について、時間はいっぱいあるだろうし、飲酒は捕まらなければ、バレなければいいと思ってる人が多い、たまたま運がいいだけの話、事故を起こしたりして人の命を奪おうものならとんでもない話だ。酒が飲みたいと言う自分の気持ちを抑えられない様な人は運転する資格無し、刈谷営業所だけでなく他の営業所、他のバス会社も飲酒は無くなってないと思う。抜き打ちで調査した方がいいと思う、お酒好きな人はやめられないからね〜〜楽しみだから酒が、バス業界はひどいと思うよ〜昔からそうだったからね〜
🍀名無しさん
車内にアルコール感知器を必須して、感知したらエンジンかからないとか、何とか防止する仕組みが作れないかな。実現には様々な課題があると思うが、、、

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す