公園も大声禁止、遊び場を追われる子どもたち(ヨミウリオンライン)読売新聞

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
Pocket

Sponsered Link

 街の公園から箱型ブランコやジャングルジムなど、子ども向けの遊具が撤去され、その代わりに高齢者が使う「健康遊具」を設置するケースが増えている。少子高齢化に伴い、かつての「児童公園」は「街区公園」に変更され、高齢者など幅広い世代に向けた憩いの場となった。しかしその一方で、最近ではボール遊び禁止などに加え、「大声を出さない」などの注意事項が増え、子どもたちが公園で遊びづらくなっているという指摘もある。最新の公園事情を大正大学の白土健教授が読み解く。

◆消える子ども向け遊具、増える健康遊具

公園に設置された「健康遊具」

 1960年代まで、子どもたちの遊び場といえば空き地だった。そこでは年齢の異なる子どもたちが一緒に遊び、上級生が下級生に遊び方を教えた。高度成長期に入って開発が進み、郊外にあった空き地が姿を消すと、代わりに「児童公園」が整備された。子どもたちはその限られた空間の中でブランコやシーソー、滑り台、鉄棒、箱ブランコなどバラエティーに富んだ遊具で楽しみ、時間を過ごした。

 その後、少子高齢化が進み、特に高齢者側からの要望があったことから、93年6月に都市公園法施行令の一部が改正されて「児童公園」の名称はなくなった。代わりに「街区公園」となり、子どもだけに限らず、周辺地域に住む幅広い世代が利用できるように整備が進められた。さらに、2000年頃から、子どもが箱型ブランコに身体を挟まれたり、回転ジャングルジムで指を切断したりするなどの事故が相次ぐようになると、一部の遊具は危険とみなされ、撤去された。

 空いたスペースには主に高齢者が老化防止用にストレッチやぶら下がりなどをするための「健康遊具」が設置された。国土交通省によると、「街区公園」では調査を開始した1998年度から2013年度までの間に、箱型ブランコが9割近く、ジャングルジムが約2割減ったのに対し、健康遊具は約5・5倍に増えた。この健康遊具で遊ぼうとした子どもたちが「歩行運動の遊具に足を挟んで骨折した」「懸垂器具で着地した際にバランスを崩し、腕を骨折した」といった報告があり、国は14年に、「(健康遊具を)子どもの遊具と混在させない」との指針を出し、子どもに利用させないように呼びかけている。

 遊ぶ遊具が減り、使えない遊具が増えただけではない。以前からボールを使った遊びを禁止する公園が多かったが、最近では公園内で「大声を出さない」「走り回らない」といった注意書きも見られるようになり、いっそう遊びづらい場所になっている。ボールを使えず、声も出せず、走り回らずにどうやって遊ぶのか? 最近、公園では、ベンチに座り、静かに携帯型ゲームを楽しむ子どもたちの姿を目にするようになった。

◆歓迎されない「子どもの声」
「大声」に注意を呼びかける紙が貼られた公園

 
 筆者が特に疑問に思うのは「大声」に関する注意だ。子どもの声に関して言えば、保育園や幼稚園の周辺住民からの苦情が社会問題になっている。公園でも同じことが起きているのだ。少子化や核家族化、単身世帯の増加で、子どもと接した経験が少ない大人が増え、子どもの歓声や泣き声が聞きなれないものだったり、不快な騒音に近いものになってしまったりしているといわれている。

 こうした声に全く耳を貸さないというのはよくない。しかしその一方で、「大声を出すのは子どもの権利だ」とする考えもある。例えばドイツのベルリンでは子どもの特権として、児童保育施設などから発生する子どもの騒音を周辺の住民が一定程度は容認するよう、州法で保護している。日本でも東京都の環境確保条例が、保育所などから出る子どもの声を規制対象にしていたのを、子どもの健やかな成長・育成にも配慮するため、声はもちろん、足音、遊具音、楽器音などについても規制の対象から除外した。

 公園の遊具についても同様の動きがみられる。ロープ登りや輪くぐりなど1基で複数の遊びが出来、安全にも配慮された「複合遊具」を導入することにより、限られた敷地内で、子ども向け遊具と高齢者向け遊具をバランスよく整備しようとする傾向が出てきている。行政も問題を認識し、変えていこうと歩み始めているのだ。

◆共存して憩いの場に

 
 
 公園とは本来、私たち利用者に安らぎとレクリエーションの両方を提供してくれる場所だ。どちらが欠けても望ましくない。

 現在の公園が幅広い世代の利用を目指しているならば、子どもと上級生、または大人が交流する拠点にすることはできないだろうか。かつての空き地のように、仲間や年上の人から遊び方を教わり、地域への帰属意識や連帯感を生み出す。交流があれば、大人も公園で見かける子どもたちに気を配るようになるだろう。子どもたちの歓声も微笑ましく感じるはずだ。そればかりか子どもが危ない目にあいそうな時に、声をかけられる「見守る人」にもなれるのだ。防犯上の課題などをクリアし、これらを実現できれば、公園は子どもたちが安心して遊べる場所になるだろう。子どもの運動機能の成長には有効なのに、危険というだけで撤去されてしまった遊具を復活させることも出来るかもしれない。

 名作「星の王子さま」の冒頭で「大人は誰も、はじめはこどもだった。しかし、そのことを忘れずにいる大人はいくらもいない」と作者のサンテグジュペリは語りかけている。広場を自由に駆け巡る喜びを味わった大人たちが、子どもからその楽しみを奪ってはいけないのである。

大正大学人間学部教授 白土健

Sponsered Link


🍀名無しさん
大声禁止、走り回るなって
苦情言ってる
子供が遊ぶ時間帯に家で
ゴロゴロしてる人達は
子供の頃に公園に行って
大声出したり、走ったり
してなかったんだろうか?
🍀名無しさん
そのくせ自分の孫が大声出したり
人に迷惑掛けても注意しないのだよね
逆に注意したら逆ギレするのだよね
🍀名無しさん
放課後、こどもの遊ぶ場所がありません。
特にボール遊びができないというのは、本当にかわいそう。狭い公園は確かに飛んでいって危ない部分はあるのでせめて小学校の校庭を開放するとかしてくれたら助かるのだけど。
(怪我は公園同様、自己責任で)
🍀名無しさん
公園に遊具は無く、広い場所では老人がゲートボール。
老人居なくたって大声もボール遊びも禁止。
友達の家は親が共働きで居ないから「大人が居ない時はお友達を連れて来ちゃダメ」で遊びに行けない。
え?子供どこで遊ぶの?
だから最近道路で遊んだり、繁華街うろついたり、一日中ショッピングモールのメダルゲームやったり、公園で無言でゲームしたりする子が増えるんじゃないの?
よくそれで「最近の子はゲームばっかり。自分たちの頃はゲームなんか無くても遊んでた」「お金が無いと遊べないなんて…。自分たちの頃はお金無くても一日中遊べた」「子供の体力の低下なんて情けない」とか言えるよね。
文句言う人は、子供たちがどこでどう遊ぶのが理想なのか教えて欲しい。もちろんその子供たちが大人になった時の事もちゃんと考えた上で。
正直、子供が公園で無言でゲームしてる姿は見てて気持ち悪いよ。
🍀名無しさん
家の前で遊んでても苦情くるからね。そのくせ、最近の子はゲームばっかり。みたいなこと言うしね。仕方ないじゃん。
🍀名無しさん
地方に来てみ
道路でキャッチボールできるし、公園は草ボーボーで、活気が欲しいって言ってるくらいでやりたい放題やぞ
🍀名無しさん
公園でボール遊びや大声が禁止になったら、なんと自宅前の道路でそれをやる道路族が登場する本末顛倒な結果に
🍀やまやま
これは公園行政について以前から思っていることなんだけど……1丁目公園も2丁目公園も、遊具その他大体同じなんだよね。
公園の広さには違いがあるから、ボール遊びをしたら危ない場所もあるけど、広いスペースをわざわざ遊具のゾーンで区切らなければ十分にボール遊びができる場所もある。
数はたくさんある。公園を目的別に特化していったらどうだろう。
🍀名無しさん
山梨でも公園のグラウンドスペースが、ゲートボール用に子供の進入が禁止されていて驚きました。地域の老人団体が勝手に設置した看板だったらしく、最近撤去されましたが。
🍀名無しさん
禁止する代わりに代替手段を確保するのが筋というものだ。子供が騒いだり大声出しても問題ない。道路でボール遊びは危険なはずだ。それを分かって講演でボール遊び禁止なのか。
🍀名無しさん
おっしゃる通りです。
子どもの声がしない社会に未来はないです。
公園は子どもから大人まで幅広い世代が憩い楽しむ場所ですよね。
私たちが子どもの頃がそうだったように縦の繋がりで皆が楽しく過ごせる場所になってほしいと思います。
回旋塔、箱ブランコ、シーソー等ルールを守って遊べば危険ではないのだけど、それが上の子から下の子へきちんと伝わる社会が復活できないものかと常々思ってます。
子どもの遊び場の減少も少子化に少しだけ拍車をかけてるのかも…と個人的には感じてます。
🍀名無しさん
都内です。公園でのボール遊び禁止、遊具は小さい滑り台と砂場だけ・・・そもそも公園自体が狭い。小学校の校庭が日曜日解放になったと思ったら、午前中はサッカー教室で使えない。土手は野球場ばかりだし。
家付近では、よそんちに入るわけにいかないので、かくれんぼなんてさせられないし、キャーキャー声も気をつけさせて鬼ごっこがギリ・・・
これで、体力低下や足腰の弱さを指摘されても・・・
🍀名無しさん
高齢化社会、それから仕事のシフトも様々になった今、
基準が大人の安らぎになってると思う。
公園もなんかご老人やサラリーマンの憩いの場になってて、
子供達がめちゃくちゃ気を使ってる光景を見ると、
凄くイラっとくる。
子供が生き生きしてる方がよっぽど気持ちいいわ。
疲れた表情でベンチで寝てるサラリーマンとか、
昼間っから缶の日本酒飲んでる高齢者とか。。
そっちの方が邪魔。
子供いない私ですが、自宅は小学校から近いし、公園も近くにある。
夜勤してたけど、子供が公園で遊ぶことに関しては、逆にありがたかったけどね。子供が遊びにくる時間に私も起床してたし、夜勤してるとお日様に当たる時間も限られてるから、逆に健康管理のために公園まで散歩するようにもなったし。
大声禁止とか言う人、引っ越してって思う。
迷惑行為してるのは、大人の方が多いから。
🍀Tokio
小学校の正門の真ん前に住んでた事あるけど、元気な声だなぁとは思ってもうるさいと思った事はない。
うるさいと思う人ってどういう人達なんだろうって思う。
🍀名無しさん
うちのそばの大きい公園も整備されたら健康器具が設置されたけど、利用してるお年寄りは一回しか見たことない。
子供の騒音より、小さい子が遊んでる時間帯にいい歳こいた中学生、高校生、果ては20歳超えてる大人が遊具で鬼ごっこしてるんだが、あれはいいの?
🍀名無しさん
小学生の息子が友達と公園で
遊ぶ範囲を決めて水鉄砲で遊んでたら
公園デビュー的な事をしてる幼児のママ達が
うちの子の服が濡れるかもしれないんで
やめて欲しいって小学校に苦情を入れて来た。
小学生は小学生なりに彼らに気を使って
テリトリー内で遊んだつもりだったんだろうけど
やっぱり大きい子が至近距離で夢中で遊ぶと
幼児のママは気になっちゃうのかなぁ
ちなみに公園はそんなに広くないです。
でも、そこしか思いきり遊ぶ場所がない。
🍀名無しさん
高齢化社会だから高齢者健康維持のための健康器具への更改なのかな?
ひいては医療費低減!?
でも、子供の遊ぶ環境を奪ったら、余計に子供を育てにくい環境になってしまう。
ワークライフバランスのおかけで残業できず、子供を育てるのが金銭的にきつくなったり。
子育てに向かない時代になってきた。
🍀yu
神経質な大人多すぎ。
久しぶりに公園行ったら昔遊んでいたものが全て無くなってた。今ジャングルジムって無くなってるんだね。落ちたら危ないから?丸太の遊具も無くなってるよね。棘が刺さるから?
じゃあ子供はその痛さや危なさいつ知るの?今の幼稚園って主役何人もいるんでしょう?運動会延期すると行けないからってクレームつける人もいるんでしょ?この間マンションのロビーでゲームしてる子供達が多すぎて驚きました。みんなで涼みに来てたみたいですよ。公園や児童館に行ってください。自分の子どもがそうしてるのなら注意してもらえませんかね。
🍀名無しさん
あらら。
先の短い方なんてほっといて、長い方を大切にしましょ。
🍀ウィッグマン

危ない危ないで何も経験させないと縮こまった大人になるぞ将来。

何事も経験させてあげないと

🍀名無しさん
年寄りが朝っぱらからゲートボールで大声出してますけど。
🍀名無しさん
子供が小さい時に子供を遊ばせてたら今からはゲートボールの時間だから公園追い出された事あった。
違う公園はママ達の集団のボスママに公園に入れてあげるからおいで…って言われてそれが嫌で結局公園で遊ばせなかったな。
🍀名無しさん
ボール遊び禁止とか鉄棒無くすとか色々制約が多くなったよね。
本当に子供かわいそうだよ。
🍀名無しさん
最近はじじばば達がうるさいよね。
そうやって何事も禁止してしまったら今の子供達はどうなるんだろうね。
将来社会を担わなければいけない存在と高齢者、どっちを優先すべきかをもっとかんがえるべきだとおもう。それもこれから高齢者はもっと増えるんでしょ?
🍀名無しさん
子供がいない自由を謳歌してる大人が増えたんだな。
🍀通りすがり
公園や保育園の騒音で騒がれている世の中ですが、日曜日の朝8時から芝刈機を使って大きな音を立てている我が町内会のおじいちゃん集団の方が迷惑です。(・_・;)
せっかくの日曜日なのに、朝8時から爆音で叩き起こされた。。。
空き地の草の手入れをしてくれるのは有り難いです。
でも、定年退職して時間にゆとりのあるみなさんが、あえて日曜日の朝を選ぶあたりは、現役世代との温度差を感じてしまいます。
現在進行形で起きていることです。
お願いだからもう少し静かにゆっくり寝かせてー。(涙)
🍀名無しさん
公園の遊具は確かに減っていますね。特に木製の遊具は特に減っているような気がします。
目視で腐った事の判断が難しく、破損によって怪我をして訴えられる事を恐れていることが原因のように思います。
管理しやすい子供用の遊具を増やしてあげて欲しいとは思いますが、些細な事でクレームを上げる保護者がいる以上は難しいかもしれませんね。
公園の子供の大声は確かに許容範囲内と思いますが、夜間の大人や中高生位の方々の大声やバイクを吹かす音は問題でしょうね。
ただ、今はお寺の鐘の音でさえクレームを上げる方もいるから仕方がない面もあるかもしれません。
何でも自由な社会となった反面、自分が不快と思うことは簡単にクレームを上げられるので、最終的には問題が少ない方向に転嫁してしまうのでしょうね。
🍀名無しさん
なんだ。
ただの爺様たちのわがままの話か。
ボールぶつけて死んじゃったらまずいもんね。
って話?
とは言え昔遊んでた空き地の半分が小さな家がぎっしり詰まってるのを
見た時はなんとも言えない気がしたが。。
昔は畑と。。。
家の距離が近いけど人の距離は遠いというか。
隣の家には火を出してほしくないなと。
🍀名無しさん
少子化の時代、年寄の医療や介護だけじゃなく、インフラや流通などの日常生活を支える労働者が今の子供たち。
🍀朱雀nana
子供達の遊ぶ場所を大人が奪ってはダメ!!大人達の健康器具で健康になって、子供達が大人達にどんどん遊び場を奪われてゲームばかりして不健康になって行くのはちょっと・・・。いただけない話だよ。じゃあ、子供達はどこで遊べば良いの?子供達の遊び場をどんどん奪ってるのは大人じゃん!!それでよく【最近の子供はゲームばかりしてる】とかそんな無責任な事言えるよね?
前の職場が放課後デイサービスで子供達を相手にする仕事だったから夏休みとか冬休みとか近くの公園に行って遊ぶ事もあってお芝居の練習してる若い人達3人がいたり、別の公園では歌の練習(?)で歌ってる1人のオジサマがいたのを見掛けた。そういう人は良いの?お芝居の練習3人組はケンカのシーンの練習をしてて、私も最初はお芝居ではなく、本当にケンカしてるのかと思ったくらい。途中でセリフがお芝居っぽい事に気づいた。子供達も怖かったのか見向きもしなかったな・・・。

 

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す