【貧困女子】バツイチ37歳の元タレントが出会い系アプリで知り合った65歳の男性と暮らすまで(Suits-woman.jp)

Pocket

Sponsered Link

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、中田結花さん(仮名・37歳)。彼女は元タレントで、目がパッチリしており、口角がキュッと上がった訓練された表情を浮かべている女性です。身長は155cm程度で、顔は小さくぽっちゃり体型。特徴的なのは胸が大きく髪が長く、女子力が高い外見であることです。

1か月前に離婚して、家を追い出されたばかりで、現在の所持金は1000円だとか。現在は東京の東エリアの繁華街の飲食店で働きつつ、知人男性の家に居候をしていると言います。タレントとしてはどのような活動をしていたのでしょうか。

「映画のチョイ役、テレビドラマ、再現映像、CM、バラエティー番組などにもちょっと出ていましたよ。モデルと俳優の間というような仕事が多かったですね。きっかけは、高校1年生の時に地元・新潟の繁華街でスカウトされたことです」

当初は東京の養成所に通っていたとか。

「最初の1年くらいは事務所が交通費を出してくれたのですが、いつの間にか打ち切られていて。私はちょっと期待されていたらしく、最初は事務所もよくしてくれたんです。ここでいい思いをしてしまったので、東京でしか生きられなくなりました。代表的なのは食べ物ですよね。地元でスパゲティといえば、茹ですぎた麺にあんかけみたいなミートソースがかかっていて、ショッピングセンターで食べるものでした。でも、事務所の人がごちそうしてくれたのは、西麻布のレストランで、アルデンテの麺にオリーブオイルがかかってぷりぷりの牡蠣やガーリックがからめてあるもの。とろとろのモッツァレラチーズも大好きでしたね。1皿2000円の料理なんてそれまで食べたことなかったので、あの味は今でも忘れられません」

結花さんは、高校卒業後、東京の短大に進学します。

「トップクラスの子でも、地元や近隣の県に進学や就職するような高校で、東京に進学したのはパチンコ店を経営している家の息子と、酒蔵の息子と、私だけでした。ずっと“学校で一番かわいい女の子”と言われていたので、父親も娘のチャンスをつぶしてはいけないと思っていたんでしょう」

母親は男性と駆け落ちして以来、行方不明になってしまった

両親は結花さんが11歳の時に離婚しており、母親とはそれ以来、会っておらず連絡先も知らないと言います。どこで何をしているか、全くわからないとか。

「母方の親戚から名古屋にいると聞いたことがあるのですが、うちではタブーな話題なので。母親の思い出は、幼い私に“脚が短くなるから正座はしちゃだめ”とか、“太るからお菓子は食べちゃダメ”など、美容関連でうるさく言ってくれたことかな」

両親の離婚の理由は、お母さんに彼氏ができて、駆け落ち状態で音信不通になってしまったこと。

「母親は美人で有名でした。学校の保護者会でも、先生や男性の保護者の目がハートになっているのがわかりましたもの。明らかに男性からプレゼントをもらっていた形跡もありました。銀の白鳥に真珠がついたブローチや、ガーネットのイヤリングなどショボイものなんですが、父親にバレないように子供部屋の押し入れの中に隠していました。父に見つかれば、“色目を使いやがって”と怒鳴って捨てますからね。母親がいなくなってからは、祖母がうちに通ってきてくれて、私と3歳年上の兄の面倒を見てくれました」

父親は地元の建築会社に勤務しながら兼業で農家もしており、実家は典型的な中流階級の家だったと言います。

「とはいえ、地元では裕福な方だと思いますよ。そうじゃなかったら、高校生の娘を月イチで東京の事務所に演技のレッスンを受けに行くためのお金は出せなかったと思います。レッスンを受けて驚いたのですが、東京の女の子はスタートが違うんですよ。みんな小さい頃から発声や音楽、ピアノなどのレッスンを受けている。顔だって私よりかわいい子はいっぱいいました。でも、なんだかんだでそんな子たちはいなくなり、結局私が残った気がする。プライドが低いからですかね。それともほかに可能性がなかったからですかね」

本当は歌手になりたかったという結花さんは、短大に通いながらレッスンを受け、エキストラの仕事をしつつ、六本木のバーでアルバイトを始めました。

「小さい頃から、民謡サークルに入っていましたし、歌はもともと上手いんです。椎名林檎さんが大好きで、『歌舞伎町の女王』みたいな曲でデビューしたいなと夢を見ていました。歌手のチャンスもつかみかけたんですが、ダメでしたね。一応、短大はギリギリで卒業しました。歌手になるチャンスについては、私が働いていたバーで、いろいろな出会いとトラブルがあって、事務所も止めざるを得なくなったのが24歳のとき。父親は私が上京した翌年に、15歳年下の女性と再婚し、子どもも生まれました」

実家に結花さんの居場所はなく、地元にも戻れないと思ったそうです。

芸能人として活動していた頃は、水着を着てテレビ番組に出る仕事もしていたとか。その当時よりも現在は15kgほど増加した。

「芸能人として5年ほど活動し、地元の生活はムリだと思うようになりました。バラエティー番組、再現ビデオ、ビデオドラマ作品……チョイ役とはいえ、オーディションがあるレベルのセリフがある仕事だったので、チャンスはあったんですよ。偉い人にかわいがられたこともあったし。いつもいいところまで行くんですが、ダメになるんです。スターになる人は持っているモノが違うんです」

24歳で引退した後、一般職として就職するも、集団いじめ……結花さんが居候している男性との関係とは……続編に続きます。

Sponsered Link


🍀名無しさん
地道が一番だとわかった
🍀ay15
自分の元同僚にいたわ。仕事しながら四流タレントしてたけど、ものすごい自分に自信持ってるし、尋常じゃない自己愛の強さ故、トラブルメーカー。嫉妬とかじゃなくて、こういうタイプの女は大概女から嫌われる。
🍀名無しさん
安っぽくなった東京カレンダーって感じだな
🍀名無しさん
田舎でちょっと可愛かったから勘違いしちゃったんだね。なんでもかんでも貧困女子って…。
続きは見る気がしない。
🍀名無しさん
裕福だったらあんかけみたいなスパゲッティ食べなくても良かったんじゃない?
新潟だってちょっと少し出れば美味しいお店あるでしょうに。よほど田舎だったのか??
🍀名無しさん
地元のB級グルメ、ディスるなよ!と。フードコートのイタリアンは、大人になって猛烈に食べたくなることあるけど、スタンス的に野菜も多く取れる学生のおやつ的なものだし。
ただ、この世代の思春期の頃って、お店に行く機会なくても、TVとかの情報として本場イタリアンは知ってるはずなんだけど。
上中下越各繁華街もイタリア料理出す店はいくらでもあったし、ランチなら学生のおこずかいでも行けなくはないし、大体アルデンテのパスタくらい自分で茹でなよ!と思うわけで。
つか、書き手の創作でないなら、この年齢設定が5つくらいサバ読んでるか、この人の若い頃は相当物知らずだったかだと思うわ。
🍀名無しさん
実家がいくら裕福でも家庭崩壊すると、子供はこんな風に育っちゃうんですね。子供にとって、家庭環境がいかに大切なものか改めて考えさせられた。
🍀名無しさん
このシリーズ、いっそのことレオ澤鬼先生の挿絵付きで東スポで連載して欲しいわw
🍀名無しさん
やっぱり家庭環境は大事やなぁ…
🍀名無しさん
65歳の男性と暮らすまでってこの記事内容に繊細書いてないけど離婚してたった1ヶ月なんて。。
寝場所が欲しいだけにしても安易過ぎる実行力?だと思う。
父親が15歳歳下と結婚して居場所がないと言っても父親も元妻に出てかれた身で幸せになる権利ある。
24歳なら自立して良い歳だし何より自分も現在28歳差の所に転がりこんでるんだから過去話を出す事もないと思う。
この記事だけでは貧困が分からないけど計画性が無い事が感じられる。
🍀名無しさん
多分この人の言ってる茹ですぎたスパゲッティは
イタリアンのことだと思うけど、個人的に新潟県民と
しては許せない発言だよね、イタリアレストランのパスタと
イタリアンを比べてはいけないよね、イタリアンはB級グルメ
だってことを認識してほしいよね、
B級グルメにはB級グルメの良さがあるんだよ!
あんたイタリアンに謝るべきじゃね?
🍀名無しさん
コレ、実話なの?
🍀名無しさん
自分の最期の時、人生を振り返って
何と思うんだろう。
🍀名無しさん
多分、この手の方は沢山いるんだろうな。
🍀名無しさん
太田
🍀名無しさん
本当の話なら、元タレントの名前を出して!
誰なの?
🍀マサ
高校生の頃から新潟で地道にモデル活動して上京して現在売れっ子になってる馬場ふみかは逸材
🍀h
いいバイトもない田舎で最賃に近い仕事か
金持った年寄りに取り入って飢えをしのぐか
外野が言えることではないな
詐欺をしたり毒を盛るからダメであって
年の離れたカノジョでしかない
実際今後増えると思うしね
🍀名無しさん
まあ、女性が一人で生きていくのは日本では大変ですよ。
俺のお袋は子供四人を育てるのに水商売しか道は無かったって言ってましたよ。
クズ親父は養育費なんか一円も払わなかったし。
🍀名無しさん
65歳とかでも矢沢永吉ならば
OK牧場
🍀名無しさん
ちょっと見てくれが良いだけで、安泰な人生送れるなんて大きな間違い。年取ればただのオバハンだし、この人みたいにのしあがろうという根性が見えない人は、幸せになれないでしょう。いっそ過疎地に嫁にいけば、それなりの人生送れたかもしれないね。
🍀名無しさん
結局は自分の持ってる武器をどう使うか。この人の武器は読んだ感じ容姿が良いってことだけ。資格とか持ってなさそう。自分で道を切り開くというよりはヒモを見つけるのに躍起になってる気もするし…まぁ頑張ってくれとしか
🍀chinkoro
はいアベノミクス
はい一億総活躍社会
🍀名無しさん
なんの取り柄もない、普通に生きて普通に稼いで誰からも大して注目されない中の中の自分の幸せを痛感する記事だなぁ。
🍀aiueo0120
はぁ?だから何?って感じ。
🍀名無しさん
この記事が創作だとは断定しませんが。
話を盛っているとは思いますよ(笑)
🍀名無しさん
ちょっとテレビに出てた程度で過去の栄光に縋ってる感がすごい。きっと誰にも名前なんて知られてないんだろうけど、虚しいね。
🍀バルタン人
嘘臭いなぁ…元タレントで何で、仮名なんだ?( ̄▽ ̄;)
🍀369SS
ここから何を学べと?
この貧困女子シリーズ、自堕落な女をディスってるだけなんじゃ
🍀名無しさん
イタリアンをパスタ扱いしてるってのでおかしいと思う
アレをパスタって思う奴居ない

[PR]

☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

詳細はこちら ⇒ 免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す