長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”(日刊ゲンダイDIGITAL)

Sponsered Link
Pocket

 1960年代から70年代を駆け抜けた名優・田宮二郎。78年に43歳での猟銃自殺は芸能界に大きな衝撃を与えた。それから40年、田宮の自殺の真相が長男の証言で明らかになった。29日夜8時からのBS11「あのスターにもう一度逢いたい」で、当時12歳だった長男の柴田光太郎氏(51)が田宮の死に至る経過を詳細に語った。

 田宮は学習院大在学中にデビュー、身長180センチ、端正な顔立ちで英語が堪能。「昭和のクールガイ」と呼ばれて数々の映画に出演。大映映画の看板俳優として、勝新太郎と共演した「悪名」シリーズ。ニヒルな悪役を演じた「黒」シリーズ。そしてテレビ番組「クイズ タイムショック」の軽妙な司会者をこなし、代表作となったドラマ「白い巨塔」は迫真の演技で最終回に31.4%の高視聴率だった。しかし、その最終回の放送を待たずに衝撃の猟銃自殺をした。

 68年、田宮は映画のポスターに書かれた出演者の順番について大映の社長に抗議をしたところ、逆鱗に触れ解雇。当時は他の映画社には出られない“五社協定”のために映画界を干され、テレビに仕事をシフトした。それでも、なんとか映画を撮りたいと、日英合作の映画を製作・主演したものの興行は失敗。その後、借財を抱えた田宮はあやしげな事業に手を出す。

 自殺当時はM資金(進駐軍の裏金)詐欺にあったと伝えられたが、「実際は大学時代の先輩に海外の漁業権とか、石油の採掘権話にのってお金を取られていったのです。元気で海外に出かけ、口も利かずに帰ってくる。そのころから躁鬱病になっていきました」(光太郎氏)。

 さらに田宮を悩ませたのがクールガイにとって致命的な薄毛。「密かに英国で植毛手術を受けたのですが失敗。すさまじい片頭痛と皮膚の変形で苦しんでいました」(同)。もう一つ、悩んでいたのは大女優との不倫関係。修羅場が続き、光太郎氏は電話口で相手に「パパを返せ!」と叫んだという。

 鬱状態が続く中、ついに猟銃で胸を撃ち抜いて、自ら命を絶った田宮は衝動自殺ともいわれたが、妻や世話になった人あてに、8通の遺書が残されていた。番組では江波杏子と芸能リポーターの前田忠明氏が生前の田宮の思い出を語る。

Sponsered Link



 

■ポニポニ
もういいじゃないでか
わざわざ亡くなった方の事を悪く言わなくても。
旅烏
白い巨塔の演技、素晴らしかった。
冷たい2枚目で野心家の雰囲気、財前五郎役は怖いぐらいハマっていたけど、まさか本人が本当に亡くなってしまうとは。
山本学さん演ずる里見先生とのキャラの対照があまりにも鮮やか過ぎて。
そして大地喜和子さん山本陽子さんなどの脇役もまた印象的でした。
後年、この役に挑戦した唐沢さんもまた素晴らしい役者です。
名無しさん
「白い巨塔」のラスト、死亡した財前がストレッチャーに乗せられるシーン、顔に白い布がかぶせられてるので吹替えが担当する事になっていたのに、田宮氏はそれを断り自らストレッチャーに乗ったというエピソードがあるけど、完璧な形で自分の俳優人生を終わらせようとしたんですね。
名無しさん
何かこれを読んでそんな過去で苦しまれていたのかとショックです。
小さい頃だったけど、田宮さんが自殺した事にビックリして悲しいと思った一人としては。
名無しさん
当時は子供でしたが「格好いい人だな~」って思っていました。
なので散弾銃で自殺したニュースは衝撃だったのを覚えています。
時代が違っていたらハリウッド映画にも出演できたのではないでしょうか。
名無しさん
その頃はタイムショックの司会でしか見たことなかったので、にこやかなおじさんというイメージだったが。白い巨塔はかなり後にDVDで見たが、迫真の演技に驚いた。
ミク3
ダンディな紳士のイメージがありましたね。
名無しさん
今でも語り継がれると言うことはそれだけ俳優として凄かったと思うんだね。
自殺と言う最悪な結末迎えたけど正直記事読むともう故人なんだからそーっとしてあげてほしいと思うのは自分だけかな?
名無しさん
8月25日で、御存命なら、82歳の誕生日を迎えられたのですね。
自殺は残念ですね。
当時は、大映に居た、同じ年の丸井太郎氏と大辻しろ氏の自殺で、田宮氏の自殺と相まって、色々と言われてましたね。
名無しさん
薄毛エピソードには驚いた。
言わない方が良かったんじゃないかな。
名無しさん
永遠のかっこいい俳優さん
名無しさん
日本のテレビドラマ史上、最高傑作の「白い巨塔」。
主演の田宮二郎の演技も永遠。
名無しさん
既に聞いてた事だけど
名無しさん
当時白い巨塔は大人気で、自殺のニュースも大々的だったな、あ、年バレる
ここのコメ見てると、もうこれを知る世代も少ないのだな
名無しさん
BSとはいえ、自殺した親の事を子が喋るって…..良いことならまだしも、マイナス情報なのに。どうなの?って感じる。
名無しさん
「高原へいらっしゃい」での前田吟さんとのやりとりがすごく好きでした。
名無しさん
頭が良さそうに見えましたけど意外と簡単に騙されるタイプの人だったのですね。
当時芸能人の自殺珍しかった。
名無しさん
次男も何年か前に浅野ゆう子と結婚する前に死んじまって不幸な一族のイメージがなぁ。
でも、田宮二郎の場合は昔スピリチュアルな番組で当時つらさと痛みで追い込まれて死んだけど、死んだ瞬間にお婆さん?に救ってもらって地縛霊にならずにすんだって霊能者が言ってたような。
映像を見ればすぐ分かるけど、ネット上にありそうでないんだよな。
wolawa-x
とてもいい俳優さんなのに、勿体ないですね。
本当に”三思苦”だったとしても、今ならすべてどうにでもなることだが、
当時は死ぬしかないと思いつめてしまったのでしょうか。
名無しさん
田宮二郎が自殺した当時はまだ子供だった自分が、子供心に衝撃的だった。
その後は沖田浩之と岡田有希子と沖雅也。
芸のためなら
あのニュース(確か土曜日だったと思う)いつも聴いてたラジオから速報で流れてきたことを鮮明に覚えてる!
名無しさん
世代が違うからわからないけど、当時のスター俳優さんだよね?
今で言うと誰クラスなんだろうか?
名無しさん
田宮二郎って、阿部寛とかぶるなぁ。
名無しさん
ターイムショーック
ちくびまる子ちゃん
このむすこさん、マネーの虎に出てたっけなあ。
名無しさん
昭和の大スターが自殺
古い話だが、
現在のジャニーズなどに支配された小粒な芸能界のスキャンダルよりは
興味をそそられる
oidualatigid
そんな今さらわざわざ掘り返さなくても…。
名無しさん
残されたご家族、特に子どもたちが辛かっただろうな
名無しさん
今や当時の「5社協定」の意味など、殆どが知らないのでは。
三船、石原、勝、萬家、当時の大スターが軒並み映画制作会社を作り苦労した事=それが原因で大借金、それを返すためにテレビ進出。
その原因が5社協定。
体のいいカルテル、俳優の囲い込み&支配ですよ=東宝:東映:松竹は会社だが、大映:日活は個人商店の様なもの:興行師感覚。
どの会社も闇社会と協調し、友好関係を結んでいた。
一個人が逆らえる訳も無いし、マスコミも同様。
まあ未だにジャニーズ&バーニングと言う、その同類も存続しているけどね(笑)
名無しさん
名前の順番とかは
やはり、拘りがあるのやな
名無しさん
名前の順番とかは
やはり、拘りがあるのやな
名無しさん
今も昔も不倫は周りの人(特に子供)を巻き込んで不幸にするということだけは変わらない。
子供は一生忘れることはない。
・:*+.((°ω°)).:+
息子さん、まだ何十年も前に自殺した父親ネームバリューで生きてるのか。
名無しさん
三重苦どころか、五重苦だよね。
sdhhhhgfddjjv
コレら全てが事実ならトンデモ無いアホだわ
野球バカならぬ
役者バカ
名無しさん
いまさらですね
だからなにって感じ
日本国民で田宮二郎のこと気になる人なんて3人くらいじゃないの
名無しさん
全部自分のせいじゃん。

 
[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す