歴代2位視聴率も違和感残る24時間テレビの「寝てない」発言(女性自身)

Pocket

Sponsered Link

毎年恒例の日本テレビが放送する「24時間テレビ 愛は地球を救う」が、8月26~27日にかけて放送されました。

今回は24時間マラソンのランナーが当日発表という異例の企画。批判の声が事前に多く集まっていました。しかし終わってみれば、瞬間最高視聴率は歴代第2位の40.5%。募金金額は1億2,902万958円と過去最低(※1)だったものの、有終の美を飾ったといえます。

筆者はもともと「愛」とか「感動」というフレーズを強要されるのが、非常に苦手です。そのため小学生以来、24時間テレビを観たことはありません。しかし今回改めてその魅力について考えながらテレビ視聴してみると、夏の特番としての“本気”とテレビ業界の“悪”が凝縮されているように感じたのです。

■とにかく続く“身内ノリ”についていけない

元気のある放送序盤。視聴していて1番感じたのが、とにかく続く“身内ノリ”です。24時間テレビのMC陣の多くは、日テレ系バラエティ番組にレギュラー出演しているメンバーばかり。そのため延々続く生放送での身内ノリに、こちらがだんだん恥ずかしさすら感じるではありませんか。

たとえば初2ショットなるか~と引っ張るアンジャッシュの渡部建さんと佐々木希さんのカップルの共演です。ほかにも雨上がり決死隊の宮迫博之さんに対する「不倫いじり」も気になりました。“オフホワイト”とご本人が会見で釈明したにもかかわらずグレーとか黒とか、放送中には散々弄り倒される展開。ご本人はちょいちょい「すんません」というジェスチャーや言葉を織り交ぜます。

周りの優しい気遣いではあると思うのですが、1回ご自身で「一線は超えていない」と明言したものを引っ張ることこそ歯切れが悪い。裏ではずっと泣いていたそうですが、泣くくらいならテーマにあわせて「告白」の1つでもしてしまえばよいではないか……。と散々身内ノリを見せつけられ、うんざりしたのは筆者だけではないはずです。

唯一通常通り“芸人”として振舞っていたのは、もはや会場外で新たなゲストを迎える芸人のみやぞんさんとサンシャイン池崎さんくらい。いつも通り元気に叫んだり歌ったりする2人に、筆者はひそかにほっこりしたのでした。

■「愛」とか「感動」は、穿った目で見なければ面白い!

24時間テレビは「感動ポルノ」などと称されることもあるほど、中身は努力とチャレンジと感動に満ちています。涙腺の弱い筆者は冷静に見ようとしても、どうしても「死」や「親子愛」などのキーワードがちらつくと反射的に涙が出ることもしばしば……。

とはいえ企画の中には無理やり感を感じるものもあれば、「24時間テレビの1企画」にするにはもったいないと思うものも少なくありませんでした。たとえば女芸人たちが聴覚障害をもった子供達と木琴演奏を奏でる「イッテQ!女芸人と水卜&子供達マリンバ挑戦」は、なぜイッテQの特番でやらないのかと思うほどのクオリティ(後日、本家番組で特番が組まれるのかもしれませんが)。

また番組後半に放送された「世界初のチョモランマからの生中継に挑戦した“男たちの絆”」は、命をかけてチャレンジしたテレビマンたちの本気を感じました。これも1企画として放送してしまうのは、もったいないと思ったほどでした。

賛否両論のチャリティ番組であり、「感動ポルノ」という言葉が先立ちすぎている24時間テレビ。しかしそれは「特番の福袋」であり、日テレの本気なのだなと改めて理解することができました。

■24時間頑張る=愛や感動を与える行為なのか?

意外と面白い!そんな感想を抱いた今年の24時間テレビですが、随所に感じる“違和感”は正直どうなのだろうと疑問が残りました。それは24時間テレビの後半に差し掛かると見かける「寝てないアピール」です。

目をしぱしぱさせたMCが「寝ていませんが、まだまだ頑張ります!」と発したり「眠くないです!飛ばしていきます!」と元気アピールしたり(※2)。もちろん24時間連続放送ですから、出演者が過酷なのは理解しています。しかし今の時代に寝てない(寝不足)アピールをテレビがしてもいいのでしょうか。

24時間耐久=睡眠時間を削って体を張ることで、感動は生み出せる
眠気を殺して挑む本気=素晴らしい番組作りにつながる

とでも言っている気がして、まるで今の日本が問題としている長時間労働&ブラック企業を間接的に肯定しているようにも感じました。

24時間番組の出演はもちろん過酷であり、出演者の方やランナーのブルゾンちえみさんには「お疲れ様です」としか思いません。しかし24時間寝ずに頑張って感動を届けることは、素晴らしいことなのか。今回視聴率も話題性も十分だったので、おそらく来年も変わらず本特番は放送されると思います。しかし時間という絶対的な負荷を売りにする番組制作には、そろそろ時代の限界があるのかも。そんな一抹の不安も感じた、今回の24時間テレビでした。

※1:募金金額については、放送中に一時ネットから募金ができなくなるというシステムトラブルが発生していたため、それが減額と関係している可能性もあります。

※2:MC陣は完全不眠であるという明言はしていません。あくまでも『緊張して寝られなかった』というような発言をした方が、数名いらしただけです。

(文・イラスト:おおしまりえ)

 

Sponsered Link


■名無しさん
外国のチャリティー番組は出演者は無償てのが多いけど
この番組てギャラ高いよね?
かめきち
チャリティー番組だと思うと腹が立つし
くだらなすぎる
夜中の放送←意味がない
24時間やる意味がわからない
まぁ見なければいいだけだが
なんだかなぁ
名無しさん
ほとんど見なかったな
名無しさん
今年も見なかった。
放送後にZIPやスッキリなど、あーだこーだと延々流すのやめてほしいです。
名無しさん
視聴率が歴代2位?
募金額が過去最低?
で、有終の美?
チャリティーがメインの番組だよね?視聴率が低くっても募金額ご集まったほうが有終の美じゃないの?もう24時間もバラエティー番組やる必要ないでしょ。
名無しさん
宮迫がチャリティー番組で不倫を謝罪したが、本当に見苦しかった、チャリティー番組の主旨(勇気と元気を伝える)もわかっていない不謹慎なタレントを出演させた日テレに大変に違和感を感じたね
名無しさん
全く見なかった。
こちら城西署・黒岩
24時間テレビの募金って結果的に
特定の老人ホームばっかりに何回も何回も、
福祉車両を寄贈してるんだから、
チャリティも公平性も平等性もへったくれもねぇな。
って、25年ぐらい前の中学生の頃から思い続けていました。自然災害で家を失ったおばあさんが、
神田正輝の作った豚汁食ってボロボロ泣いてるとか、
何者なのか全く知らないけど
舘ひろしの作ったカレーをひたすら食ってる子どもたちみたいに
直接的ふれあいのある、
石原プロの炊き出しの方がよっぽどマシだと感じています。
した・されたが一目瞭然だから、
募金がどうなってるか?とか面倒くせえ事にならないし
番組じゃないから、視聴率稼ぎの意図も無いし。

らりるれろ
今回の視聴率はブルゾンちえみがランナーだったからじゃないの?
なんにしても募金額が最低なのはみんな予想してたことでしょ
名無しさん
毎度あまりにもワンパターン過ぎてつまらない。
どうせなら24時間名探偵コナンやジブリの映画でも放送してくれた方が個人的には面白い。
米※米※
違和感しかないよ。
・公開プロポーズ
・不倫ゲス人の出演
・意味なく発表を引っ張るマラソン
・チャリティー風お笑いバラエティー
・募金はジャニーズのギャラへ
名無しさん
宮迫出たんだ…。
チャリティーなのに。視聴率より、募金メインでしょ!?
何かお祭り?真のチャリティー番組を作るか日々小さな募金でもやる方がましかと。
涙の押し売り?わざとらしすぎ。
この暑い最中走り続ける?何かあったらどうするの?
見なかったけど。バカみたいに騒ぐのは意味わからない。
出演者のなかで心からチャリティーと思って無償で出てるひとっているの?
ばななさん
昔は眠い目こすりながらガリガリに痩せた子供などをテレビの前で見てました。
入浴カーの存在も、昇降機付きのバンもこの番組で知りました。
最近はバラエティ色が強くて学ぶものは何も無いように感じます。
何年も観ていませんが、ネットのまとめや感想を見る限りでは観るだけ無駄と思っているのは間違いではなさそうです。
名無しさん
感動させようとしている感じが好きじゃない。
ハンディキャップある人の頑張りを売っているのも好きじゃない。
みんなそれぞれ自分なりに頑張って生きてるんだよ。
名無しさん
終わったと思って行列を見ようとチャンネルを合わせた訳だが24時間の続き、居酒屋でやればいい内容、結果お金が集まって寄付できることは素晴らしいし方法や手段にも文句つけるつもりはないが善意の押し売りは気持ち悪い。
名無しさん
くだらない芸人の番組のどこに感動がある?
元プロスポーツ選手によるチャリティー試合中継とか、余程その方が良いと思う。
名無しさん
番組にかける金の方が多いんじゃねとか言われてたのに、この寄付金額じゃそろそろマジでギャラが上回るんじゃね。
名無しさん
高いギャラを払って、金持ちじゃない人間から募金集めてどこがチャリティーなの?
普通は、こういう番組はボランティア出演だと思うが
ボランティアにしたら人が集まらないなら、辞めれば良い
募金だって、手術代をお願いしますってやつですら、使途不明金沢山って聞いたよ
fu
一瞬たりとも見てないな
名無しさん
毎年、最後の方だけ見てます。昔、欽ちゃんがやってた時は、それこそ24時間見てました。
時代が違うんだよね〜日テレも、違う夏の風物詩を作って欲しいです。来年度の新入社員は、24時間TVを、変える!と、断言できる新鋭社員を募れば?
名無しさん
今年も、全く観てない。そもそもチャリティー番組として成立してないでしょう。チャリティー番組で、何故ギャラが、発生するの?無償なら出演者は番組にでないの?
JJ
もう、ずっと見てないね。本文の通り、身内同士のネタで盛り上がったり、たいして興味が無い事を必要以上に引っ張ったりする事が、目に余るから見るに耐えません。
名無しさん
特別視するつもりではないが・・・
なにをするに於いても、健常者より苦労する事の多い方々が頑張って
ひとつの事を成し遂げたりする事は凄いと思うし敬服する
もう少し、じっくりと見てみたいなという企画もあった
ただ、”24時間マラソンテレビ”には、正直違和感しか覚えない
24時間という”時間”になんの意味がある?
番組の趣旨に関連した意義を一切感じない
あるのは、番組24時間枠を通した”柱”が欲しい制作サイドの思惑だけ
24時間走り続けるランナーに、出演者一同簡単に「頑張れ!」と言う
ランナーの顔は苦痛に歪み足を引きずる
その画面に不快感を覚えた人も多いはず(ランナーに対してでは無いです)
それは誰がさせた?
番組の企画だろ
これが原因で、もし後遺症でも残ったり倒れたりしたら本末転倒!
名無しさん
宮迫さんの不倫ネタと渡部さん佐々木さんの夫婦共演は観ていて疑問があった。
名無しさん
全くつまらない番組、身内の満足に過ぎないし、寄付金が少ないのは芸人が全く寄付をせずに、くだらない頑張ってるアピールばかりしているからだろうね、本来の趣旨はもはや全くなくなってる、最低の番組になってる
名無しさん
募金額が最低なのは、ランナーを当日発表まで引っ張ったり、
不誠実な番組構成によるものもあるのでは?
日テレとしては、視聴率が歴代2位ということで、ガッツポーズなんでしょうけれど、ランナーの当日発表含め、バラエティ色が強すぎ。
誠実さとか温かさといった、チャリティー色が薄くて、内容は、
スカスカでしたね。 メインで張る人は、ノーギャラでやったら?
名無しさん
この番組だけ時代が変わっていない。
感動押し付け番組なんでしょ?
昔は見たけどね。
募金はちゃんと他でしていますから。
仲良しごっこは、見たくないわけ。
―_―・_・
他の局もライブではないけどほぼ24時間何らかの番組は放送してるからなー BS CS もあるし。昔みたいに特別感じられない。時代の流れだけど観たいないようであれば変わらず観るでしょう
名無しさん
昔はテレビやお店も24時間営業なんてめったになかったから、すごいなあと思ったけど。今は寝てないアピールは価値がないからね。
名無しさん
これは夏休みの宿題の感想文ですか?

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す