ダイアモンド☆ユカイさん語る 精子ゼロからの「男の妊活」秘話(日刊ゲンダイDIGITAL)

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
Pocket

Sponsered Link

「あなたは男じゃありません」

 そう言われたような気がしました。40代半ばのその瞬間までロックンロールで突き進んできた自分にとって、「無精子症」はまさに青天の霹靂……並のショックではありませんでした。それと同時に「あれ? 昔、彼女に妊娠したって言われたことあったけどウソか」とか、「じゃ、今まで避妊する必要なかったじゃん」などと過去が走馬灯のようによみがえって、ちょっと不謹慎なことも考えました(笑い)。

■検査結果に大ショック「3日間ほど口がきけませんでした」

 事の始まりは、高齢を心配した妻の検査に付き添ってクリニックへ行ったときです。「奥さまは年齢より若いくらい健康で問題ない」と診断した先生が、次に発した言葉が「よかったらダンナさんも調べてみませんか?」でした。

 それでまあ、過去の“武勇伝”もありますし、軽い気持ちで検査を受けることにしたんです。血液検査や尿検査のほか、アダルトなビデオが見られる個室があって……(笑い)。で、もうその日その場ですぐに結果が出て、「精子はゼロでした」と告げられました。

 そこからは何というか、3日間ほど口がきけませんでした。「どうせ俺なんか」と思っては、妻に申し訳ないと落ち込んで……。しまいには、「別の人と結婚した方がいいんじゃないか」と思って、妻にそう切り出したこともありました。

 すると妻は、「ユカイさんが子供みたいな人だから大丈夫。一緒に生きていきましょう」と言うわけです。ありがたいですよね。でも、当時の自分は「おまえに何がわかる」と内心ひねくれていました。

 でも、ボーッとする日々の中、無精子症のことをネットで調べてみると、子供を授かる可能性があることがわかりました。ただし、治療費は全額自己負担だし、失敗する確率が高い。しかも男性不妊の手術は、「睾丸にメスを入れ精巣から精子を取り出す」という世にも恐ろしいものでした。でも、挑戦するしかないと思いました。実際は、局部に麻酔するときだけが恐怖で、あとは麻酔で痛みを感じることもなく、想像していたほどではありませんでした。

■「ダメでもともと」で挑んだ最後の挑戦

 大変なのは女性の方です。自分の男性不妊のために健康体の妻もつらい治療を始めました。取り出した精子を体外で受精させ子宮に戻した時点で、妊娠してお腹に赤ちゃんがいる感覚になるそうで、その分、失敗したときの精神的、肉体的なショックは男性と比べようもないほど大きい。自分たちは2度挑戦し、2度失敗に終わりました。

 その頃は、人生が不妊治療一色に染まってしまって、妻との関係もギスギスし、つまらないことでケンカになり離婚の危機もありました。

 ただ、それもこれも自分のせいだと考えました。「身体的にも精神的にもボロボロになりながら、俺の子供を授かろうとしてくれる。こんなに俺を思ってくれる人はいない」と思ったら、不妊治療に振り回される人生が何なのか意味がわからなくなった。「人生が不妊治療じゃつまらない。2人の生活を楽しもうよ」と2人で今後の生き方を話し合い、ゆっくり和やかな日々を取り戻していきました。

 でも、あるとき妻から「最後にもう一度だけ挑戦させてもらえませんか」と相談がありました。「今度は、男性不妊の第一人者のいる病院で」と、先生を探して北九州まで行きました。

 これでダメなら諦めがつくということで旅行がてらの不妊治療でした。ダメでもともと、そんなリラックスムードもよかったのか、ありがたいことに子供を授かることができました。先生に「おめでとうございます」と言われたときは、一気に別次元に連れていかれたようなうれしさでした。

 ただ、それからも困難は続きました。妻は妊娠中毒症になって入院し、臨月になってからは妻の命が危ないということで、帝王切開での出産になりました。しかも、子供は今はとても活発な女の子ですけど、生まれた当時は心臓に問題がありました。「自然に治るかどうか2歳になるまでわからない」と言われ、ずいぶん心配しました。

 そんなに大変な思いをしたのに、妻は「彼女に兄弟をつくってあげたい」と言い出し、後に双子の男の子が生まれました。そのときも入院の末の帝王切開です。女性は本当に凄いと思いました。

 ずっと妊活は女性のものと思われてきましたが、実際は半分ぐらい男性にも問題があるようです。自分の場合は、子供の頃に手術をした鼠経ヘルニアが原因じゃないかとのことでした。共働きが普通になった今、妊活は夫婦2人の“意志”が不可欠です。まずは恥ずかしがらずに男性も検査を受けて欲しいと思います。そして、精子が精巣で作られていない場合もあるので一概には言えませんが、無精子症でも子供を授かれる可能性はあります。トライして欲しい。それが自分が伝えたいことです。

▽だいあもんど・ゆかい 1962年、東京都生まれ。86年、ロックバンド「REDWARRIORS」のボーカルとしてデビュー。解散後のソロ活動では音楽を中心に、映画、舞台、バラエティー番組などにも出演している。

 

Sponsered Link


■mammam
賛否両論あるにせよ、男性側にも不妊は身近にあることを広める活動としてはとても価値のあることだと思う。
この方の場合は先天性なのかも知れないしけれど、そうじゃない方にとっても例えば一人目順調に授かっても精子の量や運動量が単純に寝不足だったり、喫煙、飲酒だったり
体調により急に減ることは普通にあって二人目で不妊となり体外受精に進むこともある。
女性だけが頑張っていても進まないこともある事を知って欲しいと思う。
名無しさん
3人も授かって良かったですね。子育ては大変ですが可愛いですよね!
子供さんが出来るまで苦労されたようですがお幸せな感じが伝わって来ます。
名無しさん
ご家族みんな無事でよかった。
はとやま
もちろん依頼されてお金って事はあるかもだけど、それでもこういった事を勇気を持って公表されたユカイさんには男を感じる。NHKの農業の番組でも全然とがってないし見ていて面白い。色々経験して魅力的になったのかも
名無しさん
報われてよかったですね。
不妊治療は本当に辛いとききます。身近にもいるし、珍しいことではないのでしょう。私は幸いにもすぐ妊娠できましたが、子作り後の生理は本当にがっかりします。それが毎月毎月だと思うと…
不妊治療に男性は積極的になりにくいとよく見聞きします。やはり女とは違うのでしょうか、プライドとかいろいろ。ユカイさんみたいな人ばかりだと、女も救われるのですが。
名無しさん
妊活を始めたばかりです。妻には検査に行ってもらって男性はその後だそうです。こないだも生理がきてしまいかなひナーバスになってた妻と自分との間で温度差がある事がわかりました。
まさに似たような話で納得できるいい話でした。
名無しさん
自然妊娠で授かりましたが不妊クリニックへ通っていました。
今は、有名なクリニックではほぼ旦那さんの検査も【必須】扱いです。ご夫婦のことですから、奥さんもご主人も検査しましょうと言われます。
どうしますか?とか家で相談して下さい、とか曖昧な事を言われるより、医師からハッキリ言われる方が主人もアッサリでした。
そこで躊躇されると進まない事が多々ありますから、夫婦で不妊クリニックに行くと決めた時点で男性にも進んで検査する気持ちは持ってもらいたいです。
女性はまず約1ヶ月の生理周期の中でも生理何日目の検査、排卵前後の検査など痛いものもあって気持ちが折れそうになりますが、ご主人に検査をお願いする時は、その結果が悪かった時の覚悟やフォロー方法をよく考えてからお願いしてほしいなと思います。
男性は確かにプライド高いけど、女性も男性のカラダの事になると重く受け止められないことも事実あると思うので…。
名無しさん
ダイヤモンドゆかいさんの男性不妊の事を知っていたので、夫も不妊検査に協力的でした。
おかげで通院半月後には男性不妊が発覚しました。何も知らず時間を無駄にしなくて良かったと思っています。治療を受けるのは女性がメインなので体は辛いですが、精神面では夫の方が辛いと思います。夫婦二人で乗り越えたいと思います。
ひよこ
不妊=女の人が原因っていう考えが、
まだまだ上の世代にはあるのだとしたら
この人がこうやって声を上げるのは良いことなのかもしれんけど、
この人は結局TESEして精子あったってことだよね?
切ったけど完全になんにもなかった人からしたら
この人の話は辛いやろなーとか思ってしまう。
まぁそんなこと言ってたらなんも出来んくなっちゃうけどね。
名無しさん
その子供たちも、先月の大宮でREDWARRIORSのライブで、ノリノリで踊ってたもんな めっちゃ可愛いかった
月日が経つのは早い・・・
名無しさん
福岡では不妊治療の最後のとりでのような病院です。海外からも治療に来る程有名なので宿泊も出来るようです。
予約出来ないので遠方から旅行鞄を持ったまま待たれてる方も居るそうです。
男性は『まさか俺が』と思わず検査してみた方が良いですよ!男性不妊は意外と多いです。
名無しさん
そんなに大変な思いをされていたなんて知らなかった。
本当によかった。
名無しさん
自分もなかなか子供ができないので検査したところ精子の活動率が低いことがわかり手術しました。
妊活が実らないご夫婦は男性も検査した方がいいですよ。
因みに自分は手術後の入院中に妻の妊娠が判りました。つまり手術前のラストワンで受精していたのでした(笑)
名無しさん
うちも同じ事情で子供ができないのですが、経済的に絶対に無理です。やはり最終的にはお金が大事ですね。
名無しさん
結婚年齢がどんどん遅くなっている現在で、子供を望む場合に結婚してからなかなかできないと思い、医者に診てもらって原因がわかることも多い。
ある程度年齢がいってから結婚し、子供がほしいと思っている夫婦は、結婚したらすぐにでも診てもらうほうがいいとおもいます。
貴重な時間を無駄にしないためにも。
許さんぞ朝鮮
子供欲しい人ほど子供が作りづらい身体だったりするのに、簡単に作れてしまう人間は無責任に子供作るから不思議。
名無しさん
大変な思いをしている人もいるのに、昨今は虐待とかのニュースをみると腹が立つ!
子供が未来を創る子供を大事にする国に
成長早いもうこんな大きくなったんだね。
兄弟上にいますが自身も父が遅い時の子でとても長生きしてました。不妊の方しかも病院で諦めて下さいと言われていた男女数人いましたが皆病院の後、ある女性は避妊してなくて
すぐ出来て結婚されました。ある男性は
おたふくの後遺症で出来ないから諦めて下さいと言われてましたがすぐ出来てました。うろ覚えですが今は手術で繋げたりして出来るようになってたりするみたいですね。
1014432
精子そのものがない無精子症は、男性全体の1%と言われています。
ようは、男性が100人いれば、1人の確率です。
ダイアモンド☆ユカイさんは、その1人ですね。
男性の無精子症は、幼少期のおたふく風邪などの高熱が続くことにより、無精子症になるという説もありますが、日頃の不摂生やストレスなど様々な要因があり、実際のパーセンテージはこれより高くなってると思われます。
最近になってようやく、女性の卵子の老化や着床率の低下に加え、男性不妊の原因の記事が出るようになってきていますが、なぜ今まで医師も声を上げなかったのかが疑問に思っています。
この啓発の遅さこそが、今の少子化の原因の一つではないでしょうか。
医師も、明確な医学的エビデンスを元に、もっと正しい情報発信に努めて頂きたい。
名無しさん
色々あって今の自分がいる最高ですね。
JimBak
ダイアモンド☆ユカイさんも奥さんもすごい!カッコイイなあ。
大体ダイアモンド☆ユカイってネーミングセンスがすごい好きだな。
名無しさん
普通に妊娠して、普通に出産できるって
とても有難い事なんだな
感謝しないとね
名無しさん
お子さんを望んでいる方々が、ユカイさんのように授かることができますようにと思う。
mlnk
男性自らがこうして声をあげてくれたこと素晴らしいと思います。陰ながら応援しています。
名無しさん
男性不妊の事はわからないけど、鼠経ヘルニアだから精子が取れたのかなぁ。?生まれた時から無精子なら睾丸も切っても無理だったのかも。男性不妊は遺伝するって言われてるよね。
本当に難しい事だけど、女性の気持ちに寄り添って手術までしてくれた夫に感謝してると思うな。
名無しさん
本当は男に問題がある場合も多いのに、昔なら、妻に肉体的問題があると酷い目にあわされて、どれだけの女性が泣かせれてきたんだろう。しかし二人目三人目とその度睾丸にメスを入れるんだろうか。
名無しさん
誰かさんに読んで欲しいね
名無しさん
ユカイさんが無精子症だったとは知りませんでした!夫婦で頑張ったんですね。なんか好感度あがりました!
木村拓司(キムタク)
ダイアモンド☆ユカイさんはラッキーだったんだね!
不謹慎かもしれないが、上原多香子の旦那も不妊治療すれば逝く事もなかったのにな。ま、嫁がマンヤリだから仕方ないか…
ミク3
勿論大変だったでしょうが
子供が出来て本当に良かったですね。

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す