専門家がお答えします!しつけのためなら、たたいてもいいのか?(ベネッセ 教育情報サイト)

Sponsered Link
Pocket

教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。

【質問】
私の友人で3歳と6歳の子のママがいます。お互い子連れでよく一緒に出かけるのですが、彼女はときどき自分の子どもをたたきます。彼女が言うには、「3歳では、やってはいけない理由を言ってもわからないこともある。それでも、ダメなものはダメと教えなければならない。しつけのために痛くない程度でたたくならいいと思う。おしりとかなら痛くないから」とのことです。うーん、どうなんでしょう?
(エコンテ さん)

親野先生からのアドバイス

エコンテさん、拝読いたしました。

私はたたくことには絶対に反対です。

たたいてしつけるとは、どういうことでしょうか?
それは、苦痛を与え恐怖心を植え付けることで子どもを支配することです。暴力の恐怖による支配、それ以外の何ものでもありません。
子どもにとって、たたかれることは苦痛そのものです。たとえ、それほど痛くないたたき方でも、たたかれたということ自体が、攻撃を受けたということ自体がショックであり苦痛なのです。

当然、たたかれることへの恐怖心が植え付けられます。子どもは、恐れを持って親の顔色を見るようになります。つまり、恐怖心と共に人間不信(他者不信)が植え付けられるのです。
同時に、子どもは、無意識の中で、親にこのように扱われる自分は大切な存在ではないと感じるようになります。もし自分が大切な存在なら、このように扱われるはずがないからです。こういう認識は抑えがたく出てきます。
これは自己否定そのものです。人間にとって、自分は大切な存在ではないと感じることはとてつもない痛みです。

このように、たたかれることで自己否定と他者不信が育ってしまうのです。

ところで、次のようなことを言う人もいます。

・しつけのためなら、たたいていい
・やってはいけない理由を口で言っても理解できない年齢では、しつけるためにたたいていい
・「これをしたらたたくよ」と約束して、納得したうえでたたくならいい
・痛くないように軽くたたくならいい
・おしりならたたいていい
・たたいたあとで抱きしめて、たっぷり甘えさせてフォローすれば大丈夫
・友達をたたく子には、たたかれたときの痛みを教えるためにたたくことも必要

これらは、すべて、大人の側の理屈であり間違っています。

やってはいけない理由を口で言っても理解できない年齢なら、当然のことながら、なぜたたかれたかもわかるはずがありません。それなら、どこにたたく意義があるのでしょう?

わけがわからない子に、たたいたり感情的に叱ったりしてはいけないのです。それは、ただ苦痛と恐怖を、そして自己否定と他者不信をもたらすだけです。
わけがわからないときは、単純にやめさせたり注意をそらしたりすればよいのです。わけがわかるようになってから、言葉で優しく丁寧に諭せばよいのです。
たたくという行為は、相手の尊厳を否定する行為です。痛くない程度とか、おしりならいいとか、そういう問題ではないのです。

たたいたあとで抱きしめて、たっぷり甘えさせても、恐怖と不信は消えません。子どもには、何が何だかわけがわからないでしょう。ただ、自分を守るために親の顔色をよく見るようになるのは確かです。
「友達をたたく子には、たたかれたときの痛みを教えるためにたたくことも必要」という考えもナンセンスです。それは、子どもがたたくのをやめさせるために、親がたたくということです。これほどの自己矛盾はありません。
それに、わざわざ親がたたかなくても、たたかれれば痛いことなど小さい子でも知っています。親はそういう理屈をつけても、実際はたたくことを子どもに教えているようなものです。

子どもがたたくのをやめさせるには、言葉で言えばいいのです。それしかないし、それ以外やってはいけないのです。たたくことでたたくのをやめさせることは絶対できません。
もちろん、親がいるところではたたかなくなります。でも、親がいないところではたたきます。
親がたたくのは、たたくことを教えるのと同じです。そういうつもりでなくても、実際はたたく見本になるだけです。「たたかれるとこんなに痛いんだからね。だからたたいちゃだめ!」と言いつつたたいても、実際は逆効果になるだけです。
たたく親は「痛みを教えるためにたたく」と言いますが、そのこと自体が「理由があればたたいていいんだよ」と教えているのと同じです。こういうことは、必ず子どもが感じ取ります。そして、まねをするようになります。

ここはとても大切なことなので、もう一度言います。
「しつけのためならたたいていい」というのは、「理由があればたたいていい」ということです。
親が理由をつけてたたくことは、それを子どもに教えることなのです。

親が、「ずるいことをしたらたたくという約束だったね。だからたたくよ」と言ってたたいたとします。それは、「理由があればたたいていい」と教えているのと同じなのです。
子どもは必ずその理屈を学びます。「自分も理由があればたたいていい」と考えるようになるのです(そして、人はみんな自分の理由は正当だと考えます)。
これでは、「どんな理由があってもたたいていはいけない」と教えることはできません。
それを教えるには、まず親がそうでなければなりません。

ニュースを見ればわかることですが、暴力を振るう人は必ず理由をつけます。「その理由は正当であり、自分の暴力は正当なものだ」と言います。個人でも国でも同じです。
でも、暴力はどんなに理屈をつけても暴力なのです。暴力を正当化することはできないのです。

どんな理由があっても暴力は振るわない、それがあるべき姿なのです。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
皆さんに幸多かれとお祈り申し上げます。

ベネッセ 教育情報サイト

Sponsered Link


■名無しさん
理想論でしかない。しっかり叱られもせず、親や先生、大人をなめて育ち、いま大変な小学生が身近にいます。平成の子育てなのかもしれないが、昭和は叩かれたよ。でも顔色をみて育つ子たちがまわりにそんなにたくさんいたとは思えない。自分たちが反省して、叩かれてもちゃんと育ってきたし、親を怖がったりもしてない。むやみに叩くわけでもなく、口できちんと話もしてる。それでも感情的ではなく手をだすときは考えてする。一部虐待か親もいるかもやけど、親は愛情で育ててるはず。
名無しさん
人に怪我させたり、子供自身を含めた人の命に関わることなら叩く。
それ以外は叱る。怒ってはならない。
のっち
警察に御厄介かけるような時や、危険行為が目に余るようなら、叩きます
■名無しさん
わかるよ。そりゃ暴力は良くない。連鎖を生むだけ。だけど、本当に許せないことをやった時にカーっとなって、叩いたことがあった。今でも後悔してる。親の心にも傷は残る。叩かれてきた人はやはり、カーっとなった時に思わず叩いてしまうのかな。
名無しさん
>私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
何を提案したと言うの?
たたくのは絶対にダメという主張は見えたけど、肝心の、
じゃ、どうすればいいの? ってとこが白紙なんだけど。
言っても聞かない子供を抱えた親からの質問ですよね。
名無しさん
時と場合によるし子供の性格によっても変わってくる。
名無しさん
自分も子育てが終わってからなら、この様な理想論を語れる気がする。
名無しさん
これ、まさに子育てと一緒じゃん。「やっちゃ駄目」は書いてあるけど「ではどうするか」がいつも書いてない。ベネッセの記事はいつもそう。問題提起や否定はするけど解決策はなし。
名無しさん
心と体に後遺症の残らない叱り方ならいいけど、そうそう簡単に出来るもんじゃないよな
名無しさん
叩いて効果が上がるのは信頼関係がある間柄に限る。例え親であろうが先生であろうがリスペクトされてない人間が怒りと権力と体力差を振りかざして叩けば、やられたほうは「このクソが、いつか復讐してやる」としか思わねぇよ。
名無しさん
叩かれ続けると、萎縮した大人が出来上がります。職場でも、戦争中でも実例が出てみんな分かってます。
名無しさん
子供の頃に叩かれた側からしたら、もっともな意見。とにかく言いたい「暴力振るうな」。
叩くことで色んな弊害が出てきたから叩かない教育に変わってきたわけで、昔は良かったうんぬん言ってる人は何?って思うわ。
名無しさん
叩いてすばらしい人間が出来上がるなら、昔は体罰が当たり前だったとのたまう昭和生まれは皆すばらしい礼儀とマナーを持ち合わせているはずでしょ?現状そうでない人ばかりなんだから、しつけで暴力をふるっても意味なんて無いんじゃないかな。
名無しさん

>子どもがたたくのをやめさせるには、言葉で言えばいいのです。それしかないし、それ以外やってはいけないのです。たたくことでたたくのをやめさせることは絶対できません。

これでは、他人の子をケガさせても自己弁護しかしない親子に成ってしまうよ。悪い事をしたら、毅然とした態度で教育する必要を感じている。
物事の善し悪しを教える為には、スパルタ(体罰)教育も必要である。自分が痛みを感じる事で、他人の痛みが理解できるものである。「やってはいけない一線」を教え込む為に必要なプロセスであると思う。
今時の若者は、善し悪しを理解していないので、
悪さした動画をアップロードするのだろうと思う。

名無しさん
ベネッセの他のページでは「イヤイヤ期の子供を無視するのもダメ」と書いてました。
どんなに諭しても、語りかけても、お願いしてもイヤイヤ言うこと聞かない子供を
無視してもダメ、叩いてもダメ、怒鳴ってもダメ
じゃあどうしたらいいの…???
ダメというならちゃんと答えまで教えてよベネッセ
名無しさん
絶対に叩かず、絶対に叱らない育児をしている人、結構います。
「諭す」事でわかってもらえると。
その人の子、叩くし突き飛ばすし、酷い言葉でどなりちらす。
親は注意せずに子供の背中に向かって「もー」だけ。
その人の前で自分の子を叱ると「うわぁ…」て言われた。
こんな親ばっかり。
kurakura
叩きたくて叩くわけじゃない。言葉がまるで通じないから他に方法がないんだ。短文しか理解できない、言葉を曲解する、ああ言えばこう言う。言語理解に問題ある子の問題行動や屁理屈を全て穏やかに聞いて諭していたら、躾云々の前に親や教師が神経やられるよ。
名無しさん
自分を叩けばいいと思うよ
名無しさん
ドリルすんのかーい
とかで冗談叩きはしたりするが、
躾で叩く事な無いなあ
命に関わるような事したら
ビンタするかも、だが
名無しさん
たたくのも
異常なほどの剣幕で叱るのも
どっちも 見ていてつらい
自分のお母さんが
顔を真っ赤にして
異常な剣幕で叱っているのを想像したら
気味悪いという意味でトラウマになるよ
お母さんが 正常じゃない…ってね

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す