パワハラに罰則含め法規制 政府検討 対象の線引きに課題(産経新聞)

Sponsered Link
Pocket

 職場におけるいじめや嫌がらせなどのパワーハラスメント(パワハラ)に対し、政府が罰則を含めた法規制の検討に着手したことが26日、分かった。パワハラを原因とする「心の病」が増えており、最悪の場合には自殺に至る恐れもあることから、労働者側から規制導入の声があった。ただ、どのような行為が規制対象になるかは線引きが難しく、導入に向けて紆余(うよ)曲折が予想される。

 厚生労働省によると、パワハラは労働者の生産性や意欲の低下を招き、個人にとっても会社側にも「大きな損失」と認識。これまでも対策マニュアルを作成したり、ポスターの掲示やセミナーの開催などで啓発に努めてきた。

 しかし、パワハラの悩みは年々、深刻化している。都道府県の労働局に寄せられたパワハラ相談は平成14年度に6600件ほどだったが、21年度に3万5759件、28年度は7万917件と、認知度の高まりとともに急増。28年度に精神疾患にかかり労災認定された498件のうち、原因で最も多かったのが「嫌がらせやいじめ、暴行」(74件)だった。

 27年末に過労自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=も、「君の残業時間は無駄だ」などと上司のパワハラをうかがわせるメッセージを残していた。

 現状では、労働基準監督署には会社に対し改善を促す強制力が与えられておらず、具体的な取り組みは会社側の自主的努力に委ねられている。

 このため、政府は拘束力のある法規制の導入を検討しているが、厚労省によると、人によりパワハラの受け止め方が異なり、業務上の「指導」とみられるケースもあることから、会社側の責任を明確に問うのは難しいという。

 むしろ事前予防の方が重要で、事後的な「制裁」という形になると、社内に監視カメラを設置したり、互いの疑心暗鬼を生む結果になりかねないことを危惧している。

 すでにセクハラ(性的嫌がらせ)やマタハラ(妊娠・出産を理由とする嫌がらせ)は法律で定義され、企業には防止策や体制整備が義務付けられている。また英国、フランス、ベルギーなどには、パワハラに刑事罰を科したり、防止策を義務化したりするなどの法制度がある。

 

Sponsered Link


■今野晴貴  NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。 オーサー報告
非常に重要な対策だが、刑事罰で問題を解決することは難しいだろう。監督官の人員があまりにも少ないからだ。加えて、記事にもあるように、違法行為の内容があいまいであるため、取り締まること自体も難しい。
そもそも労働の刑事罰違反(労基法違反)は現在もその多くのが取り締まられていないのが実情だ。監督官の人数は、東京23区全域で100人強に過ぎず、慢性的な人員不足。
しかも、近年も大幅に人員削減されている。以前は労基法(賃金や労働時間など)と、安全衛生は担当の採用枠が分かれていたものが、現在は労基に一括され、採用人員が大幅に減少しているのだ。複雑なパワハラの事件を丁寧に立件する時間は到底ないだろう。
一方で、より効果的なのは、自分で被害を訴える民事分野での対策だろう。日本ではアメリカのような「懲罰的賠償制度」がなく、殴られるなどの極端にひどい被害を受けても、少額の賠償しか認められないのが現状だからだ。
名無しさん
時代が変わって上司の言うこととに服従とかパワハラに我慢って言う時代でないし罰則も必要。
でも実際問題会社でパワハラを訴えても人事部とかってよっぽどのことではない限り動いてくれないし、場合によっては被害を受けている地位が低い方がやめざるを得ないのが現実なのだけど。
まぁ内部告発も同じような感じだけど、罰則が遡って出来るんであれば多くの同僚をドン底まで陥れて自分はたくさんの退職金で悠々自適なもと上司に適用したいわ。
名無しさん
パワハラに罰則を設けるなら、パワハラ行為の証拠も必要になるから、常時録音や監視カメラの設置もやむを得なくなるかも。
名無しさん
◯◯ハラスメントってどれも線引きが難しいもの。
それでも法規制の対象としたものがある以上、パワハラだけ例外というのは不自然。
法規制がなければ、誰が見ても悪質と思えるケースですら罰することができない。そんなケースで自殺されてからでは遅い。
線引きの難しさを「面倒」とか「手間が増える」と捉えて躊躇してると、いつまでたっても改善に向かわない。
名無しさん
家の旦那も6年前パワハラにあい自殺未遂した。パワハラにあったことが
無い人には想像出来ないと思うけど、やっても、間違えた事がない事
とかでっち上げて書類にサインさせて自主的に会社を辞めさせようとしたりわざわざ部下の前でわざと怒ったり、次の日に会社に行くとデスクがなかったりこうやって会社の3割の管理職が同じようなパワハラで辞めさせられた、もしさかのぼれるなら昔の件の取り扱え出来る様にして欲しい。
名無しさん
まさに前にいた職場の大学病院の事務。リーダーと副リーダーのパワハラとモラハラで一ケ月、早い人で数日即日。長い人で2、3ヵ月で辞めていく職場だった。私も次が決まったと同時に即飛びした。パワハラとモラハラはやっている人は自覚が無い。法的な対処も出来るよう記録をしておくことが重要。あと我慢はダメ。自分が一番大事です。
名無しさん
長時間労働でということもだけど、パワハラで罵倒される方が精神的に追いこまれるから問題。
名無しさん
日本の目上の人を敬う文化は素晴らしいが、それを逆手にとってパワハラを行う上司も多い。
こういう法律も必要かもしれないね。
名無しさん
私の時もそうですが、パワハラをする人は証拠を残さないよう一対一での状況を作りたがります。対策としてはレコーダーで全ての会話を録音するなどしないと知らぬ存ぜぬで通されます。更に問題なのはパワハラをする上司のその上がそれを黙認しているということです。結果、立場の弱い側が泣き寝入りとなります。
1日でも早く是正されることを望みます。
名無しさん
前職にて、バカとかしねとかクズとか、そういう汚い言葉ばかりを並べる中堅社員がいて、にもかかわらず、上司や顧客には私のことを褒めちぎって報告するため発覚が遅れ、精神が壊されかけたことがありました。
自分の未熟ゆえのことも勿論ありますが、その方は周りで評判の人だったようで、テレビで観ていただけのパワハラを実際に受けると思いもしませんでした。
耐えきれず退職しましたが、その方はなんとも思ってなかったようです。今思えば、メールでも、酷いのは私宛のみ、時には部長クラスをCC付けして叱責されていたので、パワハラ告発できるレベルだったのかなと思います。
パワハラを受けたと感じる温度差は個々に違いますが、パワハラする人は自覚も反省も全く無いです。いたずらに罰則するべきでは無いと思いますが、私みたいな人を少しでも減らしていく環境を作って欲しいと切に願います。
名無しさん
パワハラを故意に行う上司は最低だけど、指導をパワハラだと訴える部下も問題だと思うし、線引きが難しいでしょうね
名無しさん
会社でみんな働いてるのに、仕事しないハラスメントも何とかしてほしいわ。やります。と言ってやらない やるやる詐欺多すぎ。
名無しさん
降格してやる、『退職を』覚悟しろ 休むな 帰るなとパワハラを受け精神障害となり人事部にパワハラで相談したがなにもしてくれなかった。覚悟を決め退職して労働局に相談。パワハラメールの裏付けをつけて人事部に対処してもらったが本人は指導の範囲内としらを切り、反論あれば反論してほしいといったが反論はないとの回答。労働局もブラックとの心証でパワハラの対処がおかしいとの指導となった。パワハラの定義が定まっていないと労働局から言われたが今頃そんな話の段階ではないと思う。パワハラと感じたら 労働局に相談したほうがい。 親切に対応してもらった。
名無しさん
仕事が出来ない上司はパワハラを行うケースが多いと思う。
仕事の出来る上司は部下からも信頼され、指導のやり方も上手いと思う。
名無しさん
パワハラしてる人は自分がパワハラしてると自覚ないのが問題ですね。ボイスレコーダーを全員所持させるぐらいでないと防止はできないんでしょう。自分がされて頭に来ることをなぜほかの人にできるのか私には理解できません相当な悪い態度などは注意なども必要ではありますが真面目に働いている社員に対して辛辣に当たるのを見ると上に立つものは再度コンプライアンスを学習しなおすことが必要ではないかと思われます。
名無しさん
取り敢えずパワハラがなくなる方法ができるなら良いと思う。
名無しさん
パワハラのグレーゾーンの方が、明らかな暴言、暴力よりもはるかに多いと思うしやっかい。
陰口や嫌がらせなど、受け手の捉え方次第に
なる事例がたくさんあると思う。
罰則規定うんぬんはともかく、後々のために
メモや録音で証拠を集めておくべきでしょう。
名無しさん
これ若い人から自身の両親や、夫婦二人だったらパートナーに伝えられんかね。啓発ポスターなんて見ないだろうから主に話題にするという形だけど。
「職場でパワハラしてないよね。」
これだけでも意識するんじゃないか?
減らないから罰則としてガッチガチに規制するわけだしさ。
線引き難しいから斜め上の罰則になる可能性もあるのが怖いなぁ・・・
といって常時なんの最低限の会話も無い葬式のような職場だと精神衛生が最悪だし。ぺちゃくちゃお喋りばかりで注意でもしようものなら…になるのも嫌だし。
名無しさん
基本、法規制には賛成だが、あまりにもガチガチに法規制で固めて
しまうと、今度は企業ぐるみでの隠ぺいがエスカレートする可能性は
高いような気がする。最初の段階で第三機関が介入できるような
システムが必要なのではないかと感じる。
基本、どんなに法の部分で規制をしようと、虐め、嫌がらせは
なくならない。そういったハラスメントを表面化させることに
躊躇しなくても済むようなシステムこそが必要なのだと思うけどね。
今の状態では、ハラスメントをする上司や勤務先と刺し違える
覚悟でなくては被害者は声をあげることも難しい。
名無しさん
取り組みはとても大事で賛成。
ただ、やはり実際問題、線引きが非常に難しい。
というのも、だいたいこの手の上司は、傍からみると仕事熱心、熱血指導とみえるよう、非常に巧みに振る舞ったりする。他者が客観的に判断することが難しい場合も多々ある。
厚労省は、パワハラの定義、パワハラの6類型というものをHPでも公開している。当事者同士がこれに該当したら、申告できるような仕組みがあるとよいのではないか。
例えば、通常、人事考課では上司が部下を評価する。これに倣って部下が上司の振る舞いを評価するような人事制度を導入するのはどうであろうか。
いずれにしてもパワハラは職場の空気を悪くするし、生産性の低下、会社にとってもプラスとは思えない。
当事者同士にしかみえないことを、外部に客観的に伝え、それを当事者以外が判断できるような取り組みが必要だと思う。
名無しさん
よっぽどひどい会社は別として、きちんと労務管理している会社でもブラック社員対策に経費が掛かって生産性が悪化する。
真っ当な社員は余計に給料上がらない環境をブラックホワイト労働者皆で作り出してるようなもんだよ。
名無しさん
セクハラは具体例もあり線引きはある程度できているが、パワハラは難しい。
結果を出せない部下に手を出すのはもちろんダメだけど、口はどこまでOKなのか。
会社は給料を払い、労働者の時間を買っているという考え方でいくのなら、給料に見合った仕事をしていないのなら、ある程度厳しい指導も大事だと思うのだが。
何回言っても出来ない、直らない人ってたまにいる。
それを上司の指導力の問題にするのか、労働者の能力の問題にするのか。
何回も繰り返せば、イライラし、言葉が悪くなる事もある。
それがパワハラになり、能力低い人は解雇したいが、解雇や不利益変更はなかなか認められにくい。
配置転換も大きい会社ならシュレッダー係とかあるけど、小さい会社だと負担になる。
今までブラックな会社がやりたい放題してきたから、規制強化するのは理解できるけど、まれにモンスター労働者も出現するので対応に困る。
名無しさん
でも、勇気を出して訴えても
結局は権力や組織に負けることが多いです。
私はハラスメントで職場の相談窓口に訴えたら
逆にあれやこれやと理由をつけられ
自己退職させられました。
ハローワークに離職理由が正しくないと
異議申し立てもしましたが覆ることはありませんでした。
どんなに法が整備されても、会社や組織は
自分たちの体裁を守ることに全力を尽くします。
泣き寝入りは減らないと思います。
名無しさん
それならその「魔法の呪文」は男女平等に扱うべきだね。
女性様が気に入らない男性上司にこの「魔法の呪文」を唱えると、無条件で男性上司を犯罪者にする。まさに痴漢冤罪と同じ構図と同じになりますね。
名無しさん
仕事が激務で余裕がないからみんな言葉が暴力的になってる気がする。私は営業でトップを常にとっていて、部署が異動になり営業職でなく引き継もなく失敗した際に社長からあんたには、そんなに給料あげれない。あげるのなら他の人にあげた方がいいと言われました。社長の言う言葉かと思いました。トップから言われたら社員はどうしたらいいのだろう。もうその会社辞めましたけど。
名無しさん
忙し過ぎて指導出来ないのもパワハラか?社内規定が守られない、決まりがない、見たことない、そんな会社も多いだろうよ…決まりがないと病むぞ…
J.J.武田明
対象事案を例示することは非常に難しい。
仮に例示列挙したとしても,それに含まれるかどうか判断
が難しい事例が生ずる可能性が大きい。
寧ろ,パワーハラスメントについて第三者機関による審判
の制度を整備するような手続面からのアプローチを検討し
てはどうだろうか。
名無しさん
家族内のパワハラは?
名無しさん
赴任先でのパワハラに最初は我慢していたが、日常的にかましてくるので数ヶ月後にキレてやった。その直後に自分が属している事業部の責任者(No.2の方)で元上司に辞意を伝えたら、長時間慰留され何とかするから待ってくれと説得された。
そしたら事業部長のみなず副社長までにも相談されていて、最終的には自分の所属する事業部総出で俺を守ろうとなったことには驚いた。結果的にはそのパワハラ親父には厳重戒告処分となり、次やったら解雇と通達が行った様です。聞けば、今までに20件以上パワハラの相談が人事に行ってたらしいが全て握り潰していた様だ。自分のケースでは上述の方々が関わっていることもあり、握り潰せなかったらしい。
従業員数万人いる会社で俺を守ってくれるとは思いもしなかったので、関係者の方々へは感謝の念しかない。またパワハラの訴えを握り潰せない様な抑止策も必要だなと思った。
kjhny
職場のパワハラは年々深刻な事態に陥りつつある
もっとはやい救済ができるように法制化するぺきだったと思う
ドド
どうやってもパワハラ側が法案を検討して抜け道からパワハラするので
細かいところの議論はいくらやって線引きができない
パワハラはいけませんという理念を中心に法案化してほしい
その理念をベースに裁判で是々非々を判断ぜざるを得ないと思うが

[PR]

☆★楽天カードでポイント生活はじめよう!★☆
キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、楽天市場で使える楽天スーパーポイントプレゼント中!
楽天カードが人気の理由はこちら
楽天カード

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す