インスタ映え写真の鉄則は1:1 正方形を意識して最高の1枚を狙ってみよう(THE PAGE)

Pocket

Sponsered Link

ネット上の写真共有アプリ、インスタグラムは芸能人にとっても必須のツール。スマホやカメラで撮った写真を気軽に投稿できる。アップデートで長方形の写真も投稿可能になり、自由度が増した。しかし普及するにつれて、みんなが気にするようになったのが「インスタ映え」。

インスタグラムでオススメの1:1。
思い切って対象に寄ることで、画面の小さなスマホでも迫力が出る。
モデル:清里千聖(OS☆U)<撮影:志和浩司>

インスタグラムに投稿した際に、より見映えのする写真を競ってねらうようになったのだ。最初は、どこかに行ったついでや、日常生活を送るなかで、ふと撮った写真を投稿するものだったが、いまやインスタ映えする写真を撮るために遊びに行ったり食べ物を食べに行ったりという本末転倒な状況だ。当然、遊びに行く先、食べに行く先も「そこでインスタ映えする写真が撮れるか」を基準に選ぶことになる。

インスタの基本は、正方形というアスペクト比にこだわること

 

1:1は古くからスクエア・フォーマットと呼ばれてきた。
ジャケ写などは基本、正方形だ。モデル:白戸遥(OS☆U)

 

 そこで、インスタ映えする写真を撮るのに、行く場所や食べる場所など写っているものについて工夫する前に、おさえておきたいことがある。それは画面の幅と高さの比率、いわゆるアスペクト比だ。テレビでいえば、従来型のテレビ画面は4:3だったが、ハイビジョンになってからは16:9と横長になったものが主流。そしてインスタは基本、1:1。つまり正方形画面。後から長方形の投稿も可能になったものの、「やっぱり正方形のほうがおしゃれ」「インスタらしくて落ち着く」などと、あえて当初からの正方形にこだわるユーザーも少なくない。後述するけれど、正方形という画面は古くて新しい。インスタグラムが当初、正方形限定だったのは、往年のポラロイドカメラなどをリスペクトしたから、という説もあるようだ。

 もちろん、実際にインスタ映えする写真を撮っている人がみなアスペクト比にこだわっているわけではない。せっかく長方形の投稿も可能になったのだし、何も気にせず撮るほうが既成概念に縛られず面白い写真が撮れたりもする。そんな可能性を否定する気はないし、被写体によっては長方形のほうが収まりがいい場合もあるが、ここでは一つのスタイルとして、あえて正方形にこだわってみたいのだ。

現在、写真を撮るのに多用されるスマホやスマホアプリであれば、アスペクト比を切り替えることができるものも少なくない。長方形画面で撮影し、後から切り取って正方形に加工するのも一つの方法だが、インスタに正方形での投稿をするのが目的なら最初から正方形を意識して撮影することをおすすめしたい。

デジカメで撮影した写真をインスタ仕様にするには?

 

一般的なデジタル一眼レフはフィルム時代からの
アスペクト比を引き継ぐように3:2。
モデル:清里千聖(OS☆U)<撮影:志和浩司>

 

 もしデジタルカメラで撮影したものをインスタにアップしているのであれば、デジカメによってアスペクト比が異なることがある。

コンデジやミラーレス一眼に多い4:3。
画面整理のしやすいアスペクト比だ。
モデル:清里千聖(OS☆U)<撮影:志和浩司>

 

 大雑把にいえば、一般的に一眼レフであれば3:2だが、ミラーレス一眼やコンデジであれば4:3をデフォルトに作られているものも多くなる。しかし、とくにミラーレスやコンデジではアスペクト比を切り替えられる機種も多いので、その場合は1:1に設定してしまおう。インスタ効果なのか、最近は高級一眼レフにも1:1にできる機種が出てきてちょっとした話題になっている。

 1:1の正方形画面はいまに始まったわけではなく、フィルムの時代からローライなどの二眼レフ、ハッセルブラッドなど、中判カメラの世界ではスクエア・フォーマットとしてポピュラーな存在だった。正方形で撮っておけば、後からタテにもヨコにも必要に応じて写真を切り取れる、というメリットもあったが、正方形の画面をそのまま活かして作品をつくる写真家も多かった。レコードジャケットなどは典型的なものだろう。また、コダックのインスタマチックやポラロイドなど、アマチュア市場でも正方形は普及していた。その当時から、正方形を意識したフレーミング(構図)は写真を撮る人にとって課題であり、それが形を変えてインスタグラムで現代によみがえったという見方もできる。

 自然界のもので正方形のものはあまりない、といわれている。それだけに、横長や縦長の画面で切り取ったものよりも新鮮に見える可能性がある。ぜひ、自分だけの正方形世界を見つけよう。

(文・志和浩司)

Sponsered Link


■黄金旅程
何を行動するにもインスタ基準
インスタ映えを意識してるのって
なんかかわいそうに思える
そんな事を気にしなければ
もっと楽しいとこ、もっと美味しいもの
もっとのんびりできるとこ
もっと癒されるものなどなど
そういう事がいっぱいある
インスタの事ばかりに意識がいって
他に見落としてるものがたくさんあると思う
名無しさん
インスタ映えのために、アイスクリームを店頭のゴミ箱に捨てる輩Σ(-᷅_-᷄๑)
■㌿ト㌨㌥タᵛᵉʳᶦᵗᵃˢ
あらゆるアイテムを頼まれてもいないのに
頑張って広告宣伝してご苦労様だと思う。
名無しさん
インスタ中毒の人を批判する意見もありますが、これで金が動き、経済に好影響があるならよいのでは?
いっぱいお金使ってもらいましょう。
何か変だよ日本人!
SNS映えするからと、無駄に喰い切れもしないメニュー頼んでくる輩が増えてもか?
店はただ迷惑なだけやろ。
名無しさん
自分の顔はバッチリ隠すのに、子どもの顔はフルオープンな“インスタお洒落ママ”…気持ち悪い
何か変だよ日本人!
風俗嬢アルバイトがバレるからだろ(笑)
名無しさん
まぁ、携帯電話で撮影した場合カメラのレンズ径が小さいため、四隅はデフォルメされてしまい、真ん中だけが綺麗に正確に映るので正方形にせざるおえない。
正方形が錯覚で綺麗に見えるだけだよね。
何か変だよ日本人!
どうせ見せる画面は5インチの半分程度くらいだし、
勘違いなボケ具合が宜しくて良いのでは?(笑)
■父親はグリコ森永真犯人
昔から富士フィルムのコマーシャルで樹木希林が言っていたが、美人はより美しく、そうでないのはそれなりになんだよ。どんなに盛ってもマスターベーションに過ぎない
名無しさん
まず、インスタって何かわからない
名無しさん
批判を承知で書きます。芸能人がインスタに写真を投稿し人気を競うのはわかる。しかし、一般人が真似したところで何も生まない。時間の無駄遣い。
名無しさん
インスタって楽しいものなのだろうか?
FacebookもTwitterもInstagramも同じ様なもの
初めは楽しいがそのうち飽きる
名無しさん
お疲れさま。
名無しさん
インスタ蠅が最近迷惑
原宿なんかじゃ、インスタのためにアイスとか勝手に食べないでその辺捨てるとか迷惑なことやってるらしいじゃん
名無しさん
あれ、それを批判するための捏造写真って話だけどね。
アイスが全然溶けてないぞ〜みたいに。
鬱陶しいなとは思うが店もそれを狙ってる以上、お互い様だと思うよ
名無しさん
見せかけの自分を、知らない誰かに見せて、
一体この僕の何が分かるというのだろう?
方谷
インスタ映えから
インスタ蝿になる日も近い
名無しさん
おいさんには良さがさっぱり分からん
名無しさん
携帯電話のカメラで写真を撮ることを、以前は「写メ」と言っていたのが、今は「インスタ」(正確には分からないが)と言うらしい
ちょっとびっくりした
名無しさん
なんかさぁ、、
もっと自然に生きようぜ!!
稀代の天才拳士トキ
ほんの少し手を加えるだけで、変わってくるんだな。
名無しさん
男からするとインスタはエロ垢が禁止だから興味ない
名無しさん
スノーやめろや
写メ日記あてにならんやろが

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す