食いしん坊な猫「まんぷくちゃん」 まん丸な顔や体は、幸せの証し!?(sippo)

Sponsered Link
Pocket

段ボール大好き、箱入り息子

 まん丸なお顔にまん丸な目。体もまあるい。そして、見る人の心まで、まあるくしてしまう、まんぷくちゃん。安藤家の箱入り息子となるまでは、それなりに苦労したであろう外暮らしの猫だったのに、どうしてキミはそんなに癒し系の不思議キャラなの?

 休日の午後。千葉市に住む安藤重幸さん(37歳)と理絵さん(33歳)夫妻の居間には陽光が射し込んで、のどかな時間がふんわりと流れている。笑顔のふたりの視線の先には、文字通りの箱入り息子「まんぷくちゃん」がいる。さっきから、箱の中であれこれ不思議なポーズをしては笑わせてくれるのだ。本人はいたって真面目にいろいろな体勢に取り組んでいるらしく、その証拠に、眉間にはシワが。一生懸命になると、まんぷくちゃんは眉間にシワが寄るのである。

 推定4歳半。安藤家に来て、1年半がたった。来た日から、その円満顔と不思議キャラでパパとママの心をとろけさせてしまった。いや、保護主さんの家で初めて出会った日からパパの心はとろけ、ママにいたっては里親探しのサイトで一目見た日からとろけきっていたに違いない。

団地で外暮らし

 こう見えて、まんぷくちゃん、1年半前まで一人ぼっちで外暮らしをしていた保護猫なのである。

 都内の川べりにある大きな公園に隣接した団地の敷地内で、半年以上うろうろしていたらしい。今と同じくまん丸体型で、おっとりと人なつこかったから、元は飼い猫だったようだ。この地域で個人的に保護活動をしている女性2人が、そんな彼に出会ったのは、2年前の秋の終わり。事故や病気はもちろん、人なつこさゆえの心ない人からのいたずらも心配になり、保護して里親探しをすることに。ケージを用意したものの、難なく抱っこで部屋まで運べたという。

外ではいろいろな人に可愛がられていたらしいが、ご飯を与えると、一気にむさぼるように食べるのが哀れを誘った。半年前の春にすでにまんぷくに出会い、気にかけて、自転車の荷台に寝場所をつくってやったりしていた人の話では、当時の彼はかなりやせていたという。石を投げようとする子供がいたり、猫嫌いの住人もいる環境で、人間不信にならず、無邪気なままだったのは、持って生まれた性格なのだろうか。

「まんぷく」という名を付けたのは、保護した方。「万福」と「満腹」をかけた意味を持ち、たくさんの福を集め、食べ物に困ることなくずっと幸せな日々を、という、全ての外猫への思いを込めた。

サイトで一目ぼれ

 理絵さんが、ネット上でまんぷくちゃんの写真を見たのは、ほんの偶然だった。

「もともと犬派だったんですよ。その日は、会社での昼休みに『引っ越しもしたばかりだし、動物でも飼おうかなあ』と里親探しサイトをふとのぞいてみたんです」

お供えもちのような猫が、目に飛び込んできた。日曜床屋で母親に前髪を切られ過ぎたようなおでこと、美しいオッドアイを持っていた。それまで猫には「自分勝手でいたずら」という手こずるイメージしかなくて、飼う自信はなかったのだが、しばし見とれ、このキュートな子と暮らしたくてたまらなくなった。猫など飼う気がまるでなくて渋る重幸さんを説得し、二人でお見合いに行くことに。

会いに行くなり、まんぷくちゃんは、重幸さんの膝元にやってきて、ごっろーんの親愛ポーズ。膝に手をかけて、おやつをねだる。これには、重幸さんの口元も思いきりほころんでしまった。「よく相談してから」と保護主さんに伝えて帰宅したものの、その日のうちに「わが家に迎えたい」と正式申し込み。大人猫の里親申し込みはなかなかないのだが、まんぷくちゃんには、サイトに出したとたん何件も申し込みがあって、理絵さんたちは一番乗りだったという。

やってきた日のまんぷくちゃん。家の中の探検をすませた後、すぐにくつろいだので、保護主さんも大安心で帰っていった。

名前は「まんぷく」のままに。二人であれこれ考えてはみたものの、「まんぷく以外にはない」という結論になったのだった。

「猫がこんなにも愛嬌のある生き物とは知りませんでした。まんぷくがいるだけで、もう毎日笑ってます」

そう声をそろえる重幸さんと理絵さん。お二人とも平日は会社勤め。まんぷくちゃんのことを想うと、早く帰宅したくてたまらなくなる理絵さん。会社で写真を見せては「可愛い~」と言われるのがうれしい猫バカに変身の重幸さん。まんぷくちゃんは重幸さんを玄関で待ち受け、そのあと、餌皿の前に移動し、お行儀よく座っているのだとか。

ほんわかおっとりのまんぷくちゃんが、ワイルドな顔に豹変するのは、大好きなチューブ入りおやつをもらうとき。待ちきれず、ガブリと噛みついてしまう。その時も、眉間にはシワが!

食いしん坊は相変わらずだが、保護された時にはガサガサだった肉球はプニプニとなった。今日も、まんぷくちゃんは、保護した方たちが願った通り、全身から万福オーラをふりまき、周りを笑顔にさせている。

(辰巳出版「猫びより」から、文・佐竹茉莉子 写真・芳澤ルミ子)

Sponsered Link


■名無しさん
こりゃたまらん
名無しさん
私の心もほっこり。ありがとうまんぷくちゃん。
正太
まんぷくちゃん、幸せな気持ちを有難う。
名無しさん
子供に石を投げられるって。どんな育て方したらそうなるの?良かったね、まんぷくちゃん。
名無しさん
名は体を表すというかホント福福しくて可愛い
名無しさん
保護されて良かった。野良猫を増やし過ぎない事を心がけるべき。里親を増やして、保護して欲しい。野良猫が苦手な方の気持ちも、分かってください。
名無しさん
可愛いくキレイ、拝みたくなります御利益有りそうです。
名無しさん
おそらくは不幸な育ちのせいで「食べられるときにがっつり食べる」生き方をしてきて肥満化したんだろうが、満腹中枢が何らかの異常で働いてないなどの病気の可能性も考えたほうがいい。
人間が見てる分には肥えた猫は可愛くて癒されるけど、本猫にとっては肥満は健康を害するもので長期的に見ると害しかない。いずれダイエットが必要だと思う。
猫も生活習慣病になるのは人間と同じ。
通りがかり
猫が夫婦にさらなる幸せを招いたんですね。
名無しさん
まんぷくちゃんはもちろんですが、ご家族も健康に気をつけて一家でお幸せに
早乙女27
保護主のブログ読んだことあるよ。
まんぷくちゃんの記事も見てた。
マジですっごく面白い子で、飽きなかったなぁ。ますますまん丸になっててオッサン安心したわ。末永くお幸せに
シュウ
幸せになれる記事。
まんぷく…うん、いい響き。
いい人といい猫の出会いに感謝。
名無しさん
かわいい️ケド…️ニャンはサワレナインダ(>_<)ゴメンね(–;)でもかわいいよ!
ホットホッパー
リアル招き猫って感じやね。
たまに人懐っこい野良猫おるね。
usajima
まんぷく君に興味はないかな眼福。
(о´∀`о)
名無しさん
いい人達に貰われてよかったね〜。でもこんなカワイイコを前の飼い主はなんで捨てたんだろーか⁇
名無しさん
これが人間だと、ただのデブ。
なんで猫だとこんなに可愛いかなぁ~(о´∀`о)
名無しさん
成人病の塊では?
名無しさん
水トちゃん
まな
カワイイ~♡
そして、まんぷくハウス(笑)
いいですね。
猫神
今痩せてて調子こいてるやつ。
年取ったらこうなるんやで。
名無しさん
動物を飼いたいなぁと思って、ペットショップに行かずに里親探しサイトを見る飼い主さんが素晴らしい
好きに生きるってハッピーだ~カルカン
うひょー(*´ω`*)これはモフモフしたいですな(っ´ω`c)
名無しさん
猫の長所が
>自分勝手でいたずら
に大転換。これもNNN!
名無しさん
まんぷくちゃん!!ズラがずれてるよっ!(笑)
少しだけ食べ過ぎ注意だよ。
柄がまたかわいいにゃ。
名無しさん
福々しいお姿に、メロメロです!
幸せに長生きしてね~!
名無しさん
ネコ爆弾
カエル
はうす。。。微妙な型崩れが。。
また、笑える(*´艸`)
名無しさん
「ポンポンら~」だね。
三内丸山縄文人
これは太りすぎだ。犬は犬喰いといって、目のまえにあるものはすべて食べてしまう。集団で狩りをするから、次いつえさにありつけるかわからない。猫は単独で気ままに生きるから、餌をやっても食べないことがある。あまり餌に執着しない。もともと小食な動物だし。
こんなに太るのは、これも虐待のひとつだ。
ぴちょん
癒やされる!

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す