「年金の繰り下げ」で損する人、得する人。年金を繰り下げるともらえなくなる「加給年金」も含め解説します。(マネーの達人)

ロードオブワルキューレ オンラインゲーム
Pocket

Sponsered Link
年金の繰り下げって何?

「年金が75歳支給になる!」(今のところ正式に話に出ているわけではありません。)などと雑誌の記事になるし、年金の話題は多いですね。

少し前に「繰り上げが得」とする雑誌があれば、「繰り下げが得」の見出しの雑誌があったり…「年金って結局何が得なの?」と思ってしまいますね。

今日は「年金の繰り下げ」についてお話したいと思います。

■「年金の繰り下げ」とは

65歳以降、1部または全部の年金を「後で」受け取る代わりに支給額を増やして受け取る手続きのことです。

「後で」というのは65歳から1年間待って、66歳から可能です。

例えば、65歳で年額100万円の年金を受け取るとしたら、66歳に遅らせれば年額108万4000円になるのです。1年で8.4%(1か月で0.7%)年金が増えるのです。

66歳1か月受け取りなら年額109万1000円です。銀行預金が「1年で0.02%くらいしか増えない!」ことを考えると「1か月で0.7%増える」なんて驚異的な増え方だと思いましたか?

受け取りをもっと遅らせたらどのくらい増える?

では、引き続き、受け取り時期を遅らせて年金を増やした場合、同じく65歳で100万円の年金を受け取る場合で計算してみましょう。

半年受け取りを遅らせ66歳6か月で受け取れば年金額は12.6%増え112万6000円です。

2年遅らせ67歳に受け取れば年金額は16.8%増え年額116万8000円、3年遅らせ68歳受け取りなら25.2%増の125万2000円、4年遅らせ69歳受け取りは33.6%増の133万6000円です。

そして5年遅れ70歳受け取りは42%増の142万円にもなるのです! 驚異的ではないですか!

年金繰り下げ、最大の盲点!「加給年金」

年金の繰り下げには盲点もあります。

雑誌の年金記事にはほとんど載っていないようですが、年金を繰り下げると一緒に止まってしまう手当もあります。

それは年金版家族手当とも言える「加給年金」です。(平成29年度価額 配偶者加算 年額38万9800円)

■「加給年金」とは

65歳時に配偶者や高校生以下の子供のいる人に支給され、金額は子供1人目2人目が年額22万4300円、子供3人目から年額7万4800円が、本来の年金に加算されます。

そして、年金を繰り下げしても「加給年金」は増額にはならず、「繰り下げている間支給されない」のです。

*注 加給年金が支給される年齢は65歳を基準としていますが、男性は昭和24年4月2日生まれ以降、女性は昭和29年4月2日以降の人の基準年齢です。

年金版家族手当「加給年金」もらえるのはどんな人?

では、年金版家族手当「加給年金」はどんな人がもらえるのか確認してみましょう。

次の全ての要件を満たす人に本来の年金に上乗せして「加給年金」が支給されます。

・ 20年以上厚生年金・共済年金に加入していた人。

・ ただし配偶者は20年以上厚生年金・共済年金に原則加入していない人。

・ 配偶者より先に65歳になる人。

・ 配偶者が年収850万円未満の人。

・ 65歳時点で配偶者や高校生以下の子供がいる人。

多いパターンは夫が20年以上会社員または公務員、妻は長期間会社員をしていなくて、夫より年下で収入も多くない…というパターンです。

夫が65歳になったときから妻が65歳になり妻自身の年金をもらうまで「加給年金」は支給されるのです。

20年以上会社員・公務員だった人と配偶者の年の差が離れている年下ほど、長期間「加給年金」が支給されるのです。

年金繰り下げで損する人

加給年金をもらえる人やもらえる期間が上記の条件であることを踏まえて、年金繰り下げで損する可能性が高い人を挙げてみましょう。

■1. 長生きする自信がない人

65歳から受け取る本来の年金が年額100万円の場合、80歳までの受取総額は1500万円、77歳なら1200万円です。66歳まで繰り下げした場合は80歳までで1517万6000円、77歳なら1192万4000円です。

1年繰り下げするなら77歳を超える長生きするつもりで繰り下げましょう。

■長生きしないと損をする

67歳まで繰り下げた場合は77歳で受取総額1168万円、78歳で1284万8000円、本来の65歳からだと77歳で1200万円が総額、78歳で1300万円です。

79歳で1401万6000円と65歳受け取りの1400万円を超えるので、79歳を超える長生きをすると元が取れます。

加給年金が支給されないケースでも、繰り下げ年齢が遅くなるほど、長生きしなければ年金受け取り総額で損をするのです。

■2. 会社員・公務員で20年以上勤めていて配偶者が年下の人

65歳から100万円年金をもらう人が1年繰り下げして66歳で年金を受け取っても、8万4000円の増額に留まります。

妻の誕生日が夫の3か月後だと加給年金は月額で

約3万2400円×3か月分=9万7200円(年額38万9800円)

これがもらえないのは大きいです。

年の差が開いているほど加給年金が支給されないのは経済的に大きいでしょう。

上記1 の計算のように、66歳に繰り下げて年金受け取りの場合、77歳を超えて長生きすれば、65歳から年金をもらっていた人を年金受給総額で追い抜くことができます。

でも妻が1歳以上年下の場合は、年額38万9800円もの加給年金が最短でも1年は支給されないのですから、話が別です。

66歳に繰り下げて年金受け取りの場合、83歳まで長生きしないと年金受給総額で65歳からもらった人に追いつけないのです。

■3. 晩婚や晩産なので65歳時点で子供が高校生以下の人

高校生以下の子供が1人でも加給年金(年額22万4300円)の月額は約1万8900円です。

しかも子供は高校卒業すると加給年金は支給されません。繰り下げしない方が得になる可能性が高いでしょう。

年金繰り下げで得する人

逆に年金繰り下げで得する可能性の高い人もいます。

・ 独身
・ 離婚
・ ディンクス
・ 年上妻

等、現代に多い家庭は年金繰り下げで得する可能性は高いのではないでしょうか?

男性の平均寿命を超えて長生きすれば、65歳から受け取っていた人より年金受け取り総額で得をするのです。

■1. 65歳時点で独身の人

単身だった人や離婚した人(シングル・アゲイン?)も、加給年金がでない人は繰り下げにより65歳から受け取るより年金総額で得できる可能性が高まります。

■2. 20年以上会社員・公務員だけれど配偶者の生まれ月が早い人(年上妻)

妻が65歳となり先に老齢年金を受け取っていると、夫が会社員で厚生年金に20年以上加入していても、年金版家族手当「加給年金」は、支給されません。

「なんと不公平な!」と思うことでしょう。ただ「年金の繰り下げ」をした場合、増加額の恩恵を受けやすくなります。

■3. 夫婦ともに20年以上会社員・公務員で勤めている人

夫婦双方で20年以上会社員で厚生年金に入っていた場合も、原則加給年金は支給されないので、「年金の繰り下げ」をした場合、増加額の恩恵を受けやすいでしょう。

■4. 男性の平均寿命を超えて長生きする人

中高齢の年代では20年以上会社員・公務員を勤めていて配偶者が年下、配偶者の会社員期間が20年以下などの加給年金の条件がそろった女性は少ないと言えるでしょう。

女性の方が平均寿命が長い分、年金繰り下げの恩恵は受けやすいでしょう。

68歳まで繰り下げた場合79歳で年金受給総額1502万4000円が65歳でもらった時の1500万円と比べ逆転します。

69歳まで繰り下げた場合は80歳で逆転し1603万2000円になります。

70歳まで繰り下げた場合は、81歳で逆転して1704万円になります。

女性の平均寿命は87歳、まだまだ楽勝で余生が残っています。

様々な年金繰り下げ、年金受け取りの方法があります

上記の例は、繰り下げを老齢厚生年金も老齢基礎年金も同時に行ったケースです。

実際には、

「65歳以降老齢厚生年金を繰り下げし、老齢基礎年金はそのまま受け取り」
「65歳以降老齢基礎年金を繰り下げし、老齢厚生年金だけを受け取り」

など基礎年金と厚生年金を別々に繰り下げすることもできるのです。

また、65歳以降も働く意欲のある高齢者が増えていますし、在職老齢年金の額などによっても年金の受け取り方や増え方は異なります。

年金額や家族状況、職業、加入年数、引退後の仕事の状況などは1人1人異なります。

■注意点

「65歳から最短で1年間待機」し、66歳で「老齢基礎年金・老齢厚生年金両方を繰り下げ」すると「最短1年間年金を受け取らない」ということになります。

65歳時に年金事務所から、封書またはハガキが来て

「65歳から年金を受け取るか」
「66歳以降に年金を繰り下げるか」

選べるようになっていますので、すぐに返送しましょう。返送しなければ年金は一時停止になります。

上記の計算は1例ですので、実際の年金額は年金事務所または、ねんきんネットなどで確認してみるといいでしょう。

(執筆者:拝野 洋子)

Sponsered Link


■名無しさん
60そこそこで亡くなった父や従兄は一銭ももらえなかった・・・。せめて長年かけていた人には死亡一時金を支給してもいいのではないだろうか?
知人は奥さんがもらえる年齢になったら、夫婦の年金総額が夫一人の時より40万円減ったと言っていた。
わけがわからないからくりだわ。
式神の審判
年金以外のインカムを真剣に考えないとダメだと思う。
長生きに希望が持てない国になったと思う。
名無しさん
年金支給75歳からふざけるな。
そこまで働ける人はいいが…みんながみんな働けるわけ無いでしょ。
ちゃんと払っていた人は、個人の都合で前倒ししてもらえるシステムでお願いします。
なんか、10年20年後はどうなるかってよく言うけど、今の40代の人が20年後、もらえないってなったら、おかしいよね。なんか、もらえないのあたりまえって諦めてる人多くない?!
aonoao
そっか。妻が若くて働いているなら年金は速くもらったほうが言い訳ね。なるほど、セミナーの案内が来てたけどそこのところをきちんと説明するのかなあ。とりあえず俺は63歳から最短で年金をもらえるはずだ。後ろには下げないぞっと。
名無しさん
とても分かりやすい記事でした。年金って生活していく上でとても大切な事ですし、分からない部分もあるので知らないと損する事もありますよね。時代が変わればまた制度も変わる。安定させてくれない不安な年金なのでしょうね。
☆★ただいま考え中★☆
結局のところ、30代と40代が一番損。
mikisakura
コピペです
(平成27年度)
繰上げ支給をしている人の割合は35.6%
本来の年齢で受給開始した人は63.1%
繰り下げ支給している人は1.4%
年金額が減ってでも、繰り上げされる人の方が繰り下げの人より多いのですね
norisanda
いろんなケースが考えられますよということを解説してくれるのはいいけど、65歳支給開始という線は絶対変更してはいけない。
まめちゃん
元が取れるとか取れないとかじゃなくて、生活できるだけの収入があるなら年金貰わなくても給料や事業収入で暮らせばいいと思います。
完全に引退したときにたくさん年金受給できた方がいいと思う私はたぶん少数派なんでしょうね。
名無しさん
団塊ジュニア世代です、人口比率が飛び抜けて多いことで苦労してきました。
高校受験→過去最多の受験者数で狭き門
大学受験→過去最多の受験者数で狭き門
就職→過去最多の卒業者数なのにバブル崩壊
今の年金制度を支えてるのはこの団塊ジュニア世代です、この世代が年金を受け取る側になった時に誰が支えてくれるんでしょうか?
自分ファースト党
また年金75開始のプロパンガスか。
支給と同時に全額返してくれ~。
それより年金は自分で貯めるから無くしてくれ。
名無しさん
このままいくと、年金そのものが支給されなくなる可能性が高いのに。
あれこれ計算してもね。
方谷
年金は生き続ければ得
早死にすれば損
それだけででいい
得を感じるためだけに生き永らえるのが老後の目的か?
健康で老後を楽しむことができれば、それは得でしょ
寝たきりでも生き長らえれば得かな?
あらにし蘭
生活の満足指数が上がってもその先は地獄だったら意味ないよね。
名無しさん
公的年金制度は、公平であるべきであって、不平等は無くすべき、「損」とか「得」とか、スーパーのセールじゃあるまいし、こういう不平等の年金制度であってはいけない、それならベーシックインカム制度にして、国民全てに平等なインカムを与える制度にシステムを変更する必要がある。59歳で死亡したら、年金の支給額はゼロである。
名無しさん
全く意味のない記事。
10年〜20年後の状況は、現在の予想を遥かに越えた事態だろうから。
年金自体が存在しているかどうか?
h
結局
25年→10年も
お上の都合ですよね…
名無しさん
60で引退して
悠々自適に、のんびり暮らしたいんだがなぁ
70までなんて働きたくないわ
alfa
だいたい生活保護費のほうが高いのに国民年金なんて払うわけがないだろ
最低保障年金とかいう案はどうなったのかね。
名無しさん
年金詐欺。
名無しさん
人間誰もいつ死ぬのか分からない。平均寿命はあくまで目安でむしろ両親の亡くなった年齢の方が判断基準に近い。しかしそれも運不運で変化する。やはり受給年齢に達したら受給し、仕事も後進の若手に道を空け退職し、細々と気楽に余生を過ごした方が円満な人生と言える。
名無しさん
少ない若者が年寄りを支え、若者は75歳にならないと支給されないというのであれば、年金は破綻どころか詐欺だと思う。
月収の10%くらいを自分のために強制貯蓄するシステムの方が安心できるし納得できる。
日本第一党支持
そのうち75歳から支給開始になるので若い世代は確実に払い損になるよ。
・・・
結局、国民年金の人は限界まで働かないと食べていけないですよね。。。
月額6、7万では。。。
名無しさん
年金受給開始も75歳からと検討されており、そんな年齢まで雇ってくれる会社もないでしょうから、余計に将来が不安で貯蓄に走り、ますます消費が落ち込み経済が回らなくなりますよね。
政府は「定年過ぎたら早く死ね」って暗に言っているのでしょうか?
名無しさん
75まで働く算段を整えている最中です(涙)
取り敢えず給与の手取り1人20万、
パートナーも同額で2人で40万。
これがふたりの目標。
資格やなんやら取っておかないと。
名無しさん
義理の父は自営業って事もあって年金を繰り下げたけど貰う前に亡くなった。
私は65歳で貰おうと思ってます。
名無しさん
どこにでもある意味のない空論。
いくつまで生きるなんて誰にも分からない。
勝手に80歳まで生きたいと思っても、一切保証はない。
さらに一番問題なのは、年金制度自体が
今後、どんどん改悪されていく。
今の取り決めなんて、全くあてにならない。
名無しさん
普通に開始した人は1年遅らせた人と比べて既に100万貰ってるじゃん。追加された8万で100万越えるには10年以上長生きしないと元が取れないっていう、、、。
名無しさん
マスコミがたいした考えもなく、75歳支給の話を取り上げる事は、プロパガンダと一緒(笑)

[PR]

☆☆☆ TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】☆☆☆

「免疫ビタミン」とも称される、今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、自然免疫の主役であり、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質です。

<LPS摂取で期待できる不調の予防・改善>

●花粉症抑制●がん予防●アルツハイマー予防●アレルギー予防●うつ病予防●感染症予防
●高血圧予防●糖尿病予防●脂質異常症予防●老化予防●骨粗しょう症予防●認知症

●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)●胃潰瘍治癒●やけど改善●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和●手術後の鎮痛効果●薬の副作用低減・改善

【臨床現場から生まれたサプリメント】
LPS研究の第一人者、杣源一郎教授が創った純正LPSを使用。
ハイパーLPS 500は、LPSの生みの親である新潟薬科大学 杣源一郎教授が開発した自然免疫応用技研(株)製 純正LPS製品です。書籍多数。

免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す