事故で足2本を失った猫「福多朗」 それでもキラキラと輝く生命力(sippo)

Pocket

Sponsered Link

 東京都内にあるマンション、ソファにキジ模様の猫がちょこんと座っている。丸い顔に細い目、前足は短くて太めだ。しばらくすると、床に飛び降りて、スイッスイッスイッと滑るように、腰を左右に揺らして歩き出した。猫には尻尾も、後ろ足もない。その不自由さを気にしないかのように、前足だけでどんどん歩いていく。

 猫の名前は「福多朗」。5歳になる、とても“元気”なオス猫だ。

「いつの間にかムキムキな筋肉質になりました。2本足で体を支えるからでしょうね」

 そう飼い主の明日香さん(41)が説明する。

「悲壮感なんてゼロです。高い所も前足だけでどんどん登るし」と、夫(44)も明るく話す。

事故にあった子猫

「福多朗」が夫妻のもとに来たのは、2013年の春。以前から見ていた個人ボランティアのホームページに、気になる猫の情報を見つけたのがきっかけだった。

 明日香さんは「交通事故に遭った生後1年未満の猫を保護していると書いてあり、心にひっかかりました。3度の手術を経て、里親募集が始まるのを待って、保護主さんに連絡したんです」と話す。

 保護主によると、「福多朗」は下半身(尾、後ろ足)を車にひかれたまま放置され、体温も下がって危険な状態だった。獣医師には、1時間くらい発見が遅れたら命はなかった、と言われたという。

「事故のため骨盤が肛門を圧迫していて、尾や足を切断した後に骨盤を広げる手術を数度受けていました。それで排泄は自力でできるんです。前足をトイレの縁にかけてぶらさがるようにして。お世話をするつもりで覚悟して迎えたら、お世話することは何もなかった(笑)」

 床に座って夫妻と話をしていると、「福多朗」がスッスッスッと腰をゆらしてやって来た。“僕が主役だ”というように、人の輪の真ん中に入って横座りし、それからゴロンと寝転がった。とてもリラックスしているのがわかる。

 夫妻宅には現在、「福多朗」のほかに18歳のオス猫「はるまき」と、保護猫団体「ねこけん」から“預かり中”の三毛猫がいる。「はるまき」は夫が結婚前から飼っていた。

「『はるまき』は夫と一緒に暮らすようになって最初の猫で、その後、いろいろ出会いがありました。じつは、前にも交通事故に遭った猫を保護して飼ったことがあるんです。考えてみれば、その猫との出会いが今につながっているんですよね」

 それは10年前。夫が仕事中、車で通りかかった道に、事故に遭ったと思われる猫が倒れていた。まだ息があった。明日香さんに電話をして、病院に運んだのだという。どうにか一命をとりとめた猫を夫妻は「大吉」と名付けて飼うことにした。だが、脳にダメージがあり、視力、聴覚、嗅覚を失い、まっすぐ歩くこともできなくなった。

 それでも猫は生きようとした。その姿に明日香さんは胸を打たれたという。

「動物ってすごい。どういう状況でも自分から死のうとしない、生きようとするでしょう。『大吉』は大変な状態ながら、5歳まで生きました。その介護体験があったからこそ、ネットで『福多朗』の存在を知った時、キラキラ輝く命を感じたんです。この子だ、この子と暮らしたいって」

 夫妻は「大吉」の次に迎える猫には、名前に「福」の字を入れたいと考えていた。「福多朗」は保護主がつけた名前だが、偶然にも福の字があり、その名前のまま飼うことにしたという。

「福が多く朗らか。性格も名の通り、ほっこりしている。とにかく想像をはるかに超えて手がかからない。同居の「はるまき」のほうが、昔から吐きやすく、よほど手がかかる(笑)」

先住猫との関係

 それでも、「福多朗」を正式に家に迎える前には、「うちではダメかも」と心がゆらいだ時もあったのだという。明日香さんが振り返る。

「猫を受け取ってから2週間のトライアル(保護猫の様子や、先住猫との相性などをみる)期間があり、最初は物怖じしない『福多朗』が『はるまき』に近づき、『はるまき』がシャーッとして。『はるまき』が心を開いて自分から『福多朗』に寄っていくと、今度は『福多朗』が逃げて……先住の『はるまき』の思いを優先させると決めていたので悩みました。ホントは夫婦でちょっともめたんです」

 夫はトライアル終了前、「保護主に戻そうか」と漏らした。一方、明日香さんは「トライアル最終日まで、この子たちの関係をみたい」とゆずらず、とにかく最後の一日まで見守ることにしたのだった。

「福多朗」が来て13日目、いよいよ翌日が最終日という時に、「ちょっと驚く出来事が起きました」と夫がいう。

「『福多朗』が体の大きい『はるまき』にのしかかり、グイっと押さえつけて、思いっきり頭をペロペロ。その瞬間の動画を撮って妻が仕事中の僕に送ってくれたんです。僕らの話が分かって、そうしたのかと思うほど、見事な『福多朗』の“ごり舐め”(笑)。ああこれなら大丈夫だなと思いました」

 今では2匹は仲良くいつも寄り添って暮らしている。「福多朗」は体重が1キロほど増えて約3.6キロ。3年前に尿路結石ができたため、療法食を食べており、少し太りやすいのだという。

 話をするうち、いつの間にか「福多朗」は明日香さんの膝にのっていた。その頭を撫でながら、明日香さんが語りかける。

「これ以上太ると、体に負担がかかるわ。だからダイエットしないといけないのよね。おやつはちょっとにしましょう、食いしんボーイ」

「福多朗」は“わかってるよー”とでもいうように、目を細めた。

sippo(朝日新聞社)

 

Sponsered Link



■名無しさん
車にひかれた猫、車を止めて救おうとする事が凄いと思う。猫が好きでも、見て見ぬふりで走り去る。命を本当に大切に思っていらっしゃる方なんですね。救われた猫、幸せになって欲しいです。幸せです。
誰でも手の掛からない楽な飼育の出来るニャンを選ぶと思う。そんな思いが見事に吹っ飛びました。このご夫婦は素晴らしいと思います。こういう姿がホントに動物を飼うって事ですね。これからも皆さんお幸せに!!
名無しさん
良い飼い主さんに貰われて幸せそうで良かったね。
動物の生命力というかポジティブさには本当に驚かされますよね。
ウチには先天性の障害で、まぶたが無い猫がいます。視力が弱く、常にドライアイ状態で拭いても拭いても目やにが酷く、よく目が見えてない状態なのですが、健常猫に負けじと張り合っててケンカも強いです(笑)
名無しさん
こう言う話、一番弱いです。とにかく良かったね!そして頭が下がります。
名無しさん
すごい綺麗な目の猫だなあ、と思って記事を読んでいったら、ご夫妻の表情もすごい優しそうですね。人間でも動物でも、暖かい心を持っていると見た目に出るんだなあと思いました。
名無しさん
特に大吉くんのお世話が大変だっただろうなあ。
視力や聴力はともかく嗅覚がないと
猫は食事を自分からしなくなってしまうことが多い。
食べさせるのがとても大変だったんじゃないでしょうか。
優しい心の飼い主さんに出会えてよかったです。
名無しさん
私も猫大好きだけど、なかなか出来ることではないと思います。良い飼い主さんと出会えて福ちゃんが羨ましいです。
名無しさん
野良猫の成猫を半年以上かけて慣らし家猫にしました。野良暮らしが長かったせいか白血病を発症し、健康な猫さんからの輸血等あらゆる手を尽くして頂きましたが7日後に亡くなりましたが今でも大切に思っています。福多朗君の健康と長寿祈ってます。良い飼い主さんと出会えて良かった
名無しさん
素敵な御夫婦ですね。障害がある動物でも大切な生命。長生きして欲しいです。
名無しさん
可愛いね!
良い飼い主に選ばれて良かった!
名無しさん
私も信号待ち中に目の前で交通事故にあった猫を保護して飼ってます。飼い始めて一年で腫瘍が見つかり余命二カ月の宣告を受けましたが、その後、二年
名無しさん
幸せな気持ちになって泣きました、というか泣いていた!
名無しさん
足を失い幾度の手術も耐えて良く頑張った。生きる力って本当に凄い事なんですね。優しい飼主さんにも先住猫さんにも迎えられて良かった。いつまでも元気に。
名無しさん
福多朗、良い名前だね。
優しい飼い主さんで良かった。長生きしてね。
名無しさん
すごい!頭では考えていても実践するのは容易ではないと自分自身痛感しているだけに、素敵なご夫婦の愛の深さに感動しました。
我が家には保護猫が2匹いますが、いずれも五体満足で健康そのもの!
先日の雨の日、車で通りかかった道の端で、横たわり顔だけを起こしてコチラを見ている黒猫を発見。
状況から察するに車と接触したか何かで動けないと思われる。
用事の最中だったため、また諸事情により猫の保護が難しいため、頭の中ではグルグルと考えは巡ったものの、その場は立ち去らざるを得ず。
どうしても頭から離れなかったので数時間後に現場に再び行ってみると黒猫の姿はなくなっていました。
あの時すぐに助けてあげられなくてごめんね。
優しい誰かに保護され、適切な処置を受けて元気に生きていてくれたら嬉しいです。
名無しさん
同じキジトラの猫飼っていて胸が熱くなりました。うちの猫は迷いこんできましたが、交通外傷とそれによる肝障害があり記事をみて色々共感できました。福くんとご夫妻が幸せに暮らせますように
名無しさん
小さい頃に、水泳教室に行きたくなくて泣いてたら、風のように横に来て、嗚咽してる涙を舐められた。人以外に慰められた。この日から、猫が好き。飼ったことないんだけどね。
yam-aho
本人(本猫)や飼い主の方、本当は大変でツラいこともあったろうし、あるでしょが、いい話です。
名無しさん
凄いな里親さんの愛情と猫の生き抜く力に感動しました。
名無しさん
私も事故でカラスに突かれてた子を保護した事があります。意識はあるのに身体が動かずどんなに怖かったか今でもあの光景は忘れません。カラスに突かれてた右目と耳は聞こえなく排便排尿のコントロールは上手くできなかったけど
歩けるまで回復はしてくれたけど私の所に来て5年弱しか一緒に入られませんでした。
悲しい辛い思いをさせない為にも猫は完全室内飼いをさせ義務付けて欲しいです。
後は無責任な餌やり餌をあげるならその子の最期まで責任持って世話をして欲しいです。
不幸な命を増やさないで欲しいです。
名無しさん
我が家にも五匹猫がおり、内2匹は障害の有る猫です。どちらも事故で、病院で右後ろ足を切断しなくちゃいけなくなった三本足の猫と、車に跳ねられてるのを見つけ、前足の片方が動かなくなった猫です。この2匹は特に人懐こく、助けてもらったのがわかってるんどろうなと思う事がよく有ります。
以前近所の人に言われた心無い言葉「気持ち悪️よくそんな気持ち悪い猫飼うね」が忘れられず、この記事を読んで何かほっとしたのと、嬉しくなりました。
毎日、他の猫と遊んでるのを見てると、頑張ってるんだな、こっちも頑張らなきゃなと勇気づけられます。
多分?我が家の猫も幸せだな️と思ってる?と信じたいです笑
福多朗くん今まで辛い事が有った分幸せになってね
名無しさん
此れからも頑張って生きて行ってもらいたいですね。素敵な飼い主さんに飼われて幸せ猫さんですね
ちぃ
私んちにも両目が見えなくて、後ろ足も動かない子がいるけど、他の子達よりも元気
優しい飼い主さんに出逢えて良かったね
今まで辛い思いを一杯したと思うから幸せになってね
辛い思いや悲しい思いをしている全ての猫達に幸せが訪れてますように
すいか
素敵なご夫婦ですね。
私も、ほんの少しだけでもこんな生き方真似できたら
と思います。お互いが良きパートナーですね。
名無しさん
我が家も、3本脚のコを保護しました。高いところ、不安定な場所は嫌いですが、それ以外は普通の猫と一緒です。オトナになってから保護したので懐くまでは時間がかかりましたが、今ではゴロゴロ甘えてきます。小さくたって大切な命。みんなが優しい気持を持てれば、不幸な命がなくなるのではと。
名無しさん
いいご夫婦に引き取られて本当によかった。
動物は自分から死のうとしない。とてもうなづける言葉です。人間は何かを失うと失ったこと、出来なくなったことばかり考えて前と比べて落ち込んでしまう。それが普通です。
でも動物は今できることしか考えない。いい意味で前しか見れない生き物。
名無しさん
家の亡くなった猫も晩年は目が見えなく為った
それでも一生懸命普通にしてました。
飼い主としてはありがたかったです。
てもそれ以来猫は飼えません。
asdxcvgh
車載カメラの動画紹介記事で
車道でパニック起こしてぐるぐる回るだけで
逃げられない猫の話を読んだ
車、止まるけど運転手誰も降りない
保護するのってとても勇気がいると思う
ご主人偉いなぁ
その猫ちゃんは通りがかりの女子高生が
抱えて歩道に連れていっていました
名無しさん
運命的な出会い、家のニャンコも捨て猫を保護している施設から引き取ったから運命的な出会いなのかもしれない。
これからも一緒に大切に暮らしていきたい。
名無しさん
このような方が増えてほしい
自分も動物が好きですけど、車にひかれてしまったネコ、たぬき達を見るととても悲しい
かといって、自分が何かしているかと言うと何もしていない自分が嫌いだ
轢かれないようにするにはどうしたらいいんだろう

 
[PR]

☆★楽天カードでポイント生活はじめよう!★☆
キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、楽天市場で使える2000円分の楽天スーパーポイントプレゼント中!
楽天カードが人気の理由はこちら
楽天カード

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す