注目は武井咲、渡辺直美、松岡茉優 目が離せない「過保護のカホコ」…夏のTVドラマで座談会(産経新聞)

Pocket

Sponsered Link

 7月から始まった夏の連続ドラマは、いよいよ佳境に。“夏ドラマ”は視聴率が伸び悩みがちで「夏枯れ」などと揶揄されることもしばしばだが、さて今年は? 放送担当記者が座談会で、これまでのところを総括する。

■シリーズ作品の強さ際立つ

Nデスク(40代女性)「民放各局の7月スタートのドラマ。滑り出しの視聴率で比べると…」

M記者(20代女性)「『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)が16・3%と群を抜いていました。次点は『刑事7人』(テレビ朝日系)で、こちらは11・8%」

Nデスク「『コード・ブルー』のスタートダッシュの理由は?」

M記者「救急救命医療の現場を描く『コード・ブルー』は、人気作品の高いシリーズ第3弾。それも7年ぶり。というわけで、ファン待望というか、満を持しての続編でした。山下智久、新垣結衣ら豪華な出演陣の魅力も大きい」

T記者(30代男性)「フジテレビの宮内正喜社長は7月の定例会見で、『コード・ブルー』のスタートダッシュについて『シリーズを重ねるごとに出演者の熟成度が上がっていて、それが視聴者に受け入れられているのではないか』との分析を披露していましたね」

S記者(50代男性)「新垣結衣が『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、2016年10月期)で注目度が増しているのも誘引力になったのかも」

M記者「今回から脚本家が変わって医療ドラマ一辺倒ではなく、展開に恋愛要素というか人間模様も盛り込まれています。そこは、好みを分けるかもしれません」

Nデスク「『刑事7人』もシリーズものよね」

T記者「『コード・ブルーと』同じくシリーズ3作目になります。個性的なスペシャリスト7人が難解な事件に挑む刑事ドラマ。8月16日の6話ではシリーズ最高視聴率の13・0%をマークしています」

S記者「東山紀之演じる主人公って当初はひょうひょうとした人物だったよね。それが次第に、渋く熱い性格に変わっている。フジの宮内社長が言うように、出演者や登場人物が年月と共に成長し、成熟し、魅力を増していくのがシリーズものの魅力であり、強みかもしれないね」

Nデスク「『黒革の手帖』(テレビ朝日系)はシリーズものではないけれど、平均視聴率10%以上を維持しているのね」

M記者「松本清張(1909~92年)の小説が原作の、悪女が夜の世界でのし上がる物語は、1982年を皮切りに今回を含めて計6回もドラマになっています。おなじみという意味では、シリーズものに近いかもしれません」

Nデスク「82年版の主演女優は確か…」

S記者(50代男性)「山本陽子。最近では2004年、05年と続けてドラマ化された際の米倉涼子が印象深いね」

M記者「今回の主演は武井咲(えみ)。武井に“銀座の女王”が似合うかと賛否両論でしたが、回を重ねて“熟れて”きたというか、個人的には合っていると思います」

S記者「武井は、代表作といえる作品がまだなかった。女優として大きく成長する作品になっているのでは」

Nデスク「初回視聴率でいえば、上位には“おなじみの題名”が並んだ、ということになるのね。固定ファンがいて、新規作品より安定的に視聴率を稼ぎやすい、ということなのかしら。なんだか、続編ばやりのハリウッド映画の状況に似てきているわね」

■重い恋愛は敬遠傾向?

Nデスク「じゃあ、シリーズもの以外では?」

M記者「『過保護のカホコ』(日本テレビ系)がいいですね。両親に溺愛されて育った主人公、カホコの成長物語。主演の高畑充希の演技には愛嬌(あいきょう)がある。彼氏役の竹内涼真(たけうち・りょうま)との掛け合いも初々しくてかわいらしい」

T記者「ツイッターでは、竹内が毎週ハッシュタグを提示して投稿を呼びかけている。視聴者が、ふたりのやりとりに胸をキュンキュンさせているようすがよくわかる」

S記者「竹内は『ひよっこ』(NHK)でもヒロインの“王子さま”。旬の俳優だ。『カホコ』は星野源による主題歌『Family Song』の使い方もうまいね。毎週、終盤のもっとも盛り上がった場面に歌をかぶせてくる。感情の高まりに合わせてイントロがジャーンと鳴る」

M記者「高畑と竹内、メーン2人が役にはまったのと、深刻になり過ぎない軽妙さが支持され、視聴率は全話10%以上を維持しています」

S記者「ただし、脚本は遊川和彦。“油断”ならないよ。NHKの朝ドラ枠に『純と愛』という“異色作”を投げ込んだ作家が、このまま、ほのぼの軽妙な世界観で物語を終わらせるか」

M記者「うーん。波瀾(はらん)万丈より、ほのぼのキュンキュンのままがいいなあ…」

T記者「波瀾万丈といえば、報われない愛を抱える男女の三角関係が展開する『ごめん、愛している』(TBS系)。大ヒット韓流ドラマのリメークだけに、波瀾万丈すぎるきらいも。とはいえ、ヒロインを挟んで正反対の男を演じる長瀬智也と坂口健太郎を見たい人も多いのでは」

Nデスク「日曜劇場枠には珍しい純愛ドラマっていっていいのかしら。視聴率は全話9%以上だから、堅調に推移しているといえる」

M記者「『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)は恋愛メーンかと思いきや、ホラーサスペンスじみてきました。福士蒼汰(ふくし・そうた)演じる主人公が抱える秘密、深刻すぎませんか…」

Nデスク「複雑な伏線を張っていて、終盤に向けての展開が楽しみではあるわよね。各話の視聴率は8%前後。ちょっと伸び悩み気味かな。重い恋愛ものは敬遠されているのかもしれない」

■女が強い

Nデスク「『カンナさーん!』(TBS系)は、ポジティブな働くママを描いている」

M記者「夫の不倫で離婚し、ワンオペ育児にいそしむシングルマザーの苦労が、主演の渡辺直美のパワフルな演技で笑い飛ばせる構造になっています。要所要所に盛り込まれた“子育てあるあるネタ”が視聴者の共感を得ているようですよ。それと、渡辺のファッションも見どころ」

S記者「渡辺が“主演女優”と聞いて驚いたけど、考えてみたら彼女は海外公演もするエンターテイナーだ」

T記者「しゅうとめ役の斉藤由貴が、不倫疑惑報道で注目されたりもしました。視聴率は各話で幅があって、最高12・6%、最低9・3%」

S記者「僕なんか、斉藤が孫のいるおばあちゃん役だということに驚きだ。あの『卒業』の斉藤由貴も、もう50歳かあ」

Nデスク「『カンナさーん!』がシングルマザーなら、『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)は新婚の専業主婦」

T記者「錦戸亮が演じる誠実だが仕事のできない夫を、松岡茉優(まつおか・まゆ)演じる妻が優しく支える構図は、理想的な夫婦のあり方のひとつかもしれませんね」

S記者「松岡は『あまちゃん』(NHK、2013年)のときと比べて本当に大人になった。このドラマでは、いつも以上にかわいいとネットで評判だ。実際にかわいい」

M記者「かわいいです。夫婦が住むマンションの内装もかわいい」

S記者「松岡は『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)でも、脇ながら欠かせない役を担っている。12月には初主演映画『勝手にふるえてろ』も控える。注目株だね」

M記者「ところで、9月からは“仕事のできる夫”に変貌すると予告していますね。展開が気になります」

T記者「視聴率は初回11・2%から後退気味だけど、挽回があるか。ところで、エンディングのダンスは、『逃げ恥』をほうふつさせますよね」

S記者「4月ドラマから全般に『逃げ恥』要素は散見されていたよね。夏ドラマについて強引にいえば『カホコ』は星野源を主題歌にもってきたし…あ、『コード・ブルー』には新垣結衣が出ている」

T記者「それは強引ですね。星野は『プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』(WOWOW)で、悪人でもないけど誠実でもない青年を演じています。彼なりの『逃げ恥』色からの脱却というか脱色というか、そんな気持ちなのでしょうか」

Nデスク「さて、ほかの作品はどう?」

M記者「『遺留捜査』(テレビ朝日系)や『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系)のような刑事ドラマは、根強い支持があります」

Nデスク「終盤に向けて、目が離せない。“夏枯れ”どころか、まずまずの豊作といえそうね」=敬称略、視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

 

Sponsered Link


■名無しさん
一位はダントツでコードブルー。目が離せないのは愛してたって秘密がある。だんだん面白くなってきたカホコ。渡辺直美が見たくて見てるカンナさーん。見たくないのは、うちの夫は仕事ができない。つまんないのは、ごめん愛してる。見たくても見えないのは黒革の手帳。うちの地域では放送してない。
名無しさん
視聴率の良さは飛び抜けている反面、評判の悪さも飛び抜けているのがコードブルー。
正直、過去作の続きモノとは思えない
attapoor
過保護のカホコは実は隠れ伏線がいっぱい付いてる気がしてきて目が離せなくなってきた…
まな
カホコとカンナさーん!と
愛してたって秘密はある、は楽しみにしてます。
名無しさん
ヘイ!
マザファカー!
名無しさん
夏ドラマはどれも面白いですね、中でも
黒革の手帖の武井咲ちゃんがいいですね
悪女役で新たな一面が見れました。
mel
ウチの夫、にエンディングのダンス?このひとたち本当にドラマ見てるのかな
名無しさん
武井咲さんと高畑充希さんがとても役に合ってていいと思います。
名無しさん
やはり今熱いのは、ウツボカズラの夢でしょうね。
古畑任三郎
コードブルーは、前回よりつまらない。
名無しさん
外国人コメンテーターDさんを交えて
本気のトークが聞きたかった

[PR]

☆★楽天カードでポイント生活はじめよう!★☆
キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、楽天市場で使える2000円分の楽天スーパーポイントプレゼント中!
楽天カードが人気の理由はこちら
楽天カード

▶【niconico】コメントで動画はもっと楽しくなる!日本最大級の動画サービス【ニコニコ動画】
アニメ・ゲーム実況・スポーツ・将棋・ボカロ・踊ってみた歌ってみたなど、様々な動画・生放送を配信。
お馴染みの流れるコメントが視聴者同士の程良い一体感を生む、他には無い視聴体験!
niconicoをより快適に見る方法

▶U-NEXT31日間無料トライアル
U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドです。
映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!
スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読めて」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

▶エルセーヌ【最大5つのダイエット特典】目指せ!-8cmやせるエステ体験
【こんなお悩みの方にお勧め】×自己流ダイエット、×むくみ、×男性から「太った?」と言われた。
血流と代謝アップ対策!リバウンドしない身体づくりを食事指導で、あなたのキレイを応援いたします。
二の腕、ウェスト、下腹、ヒップ、太もも、ふくらはぎ・足首の合計サイズでマイナス8cmが目標です。
エステ体験【エルセーヌ】

<体験後、履いてきたパンツなどがゆるくなる場合があるのでご注意!>
美しくやせ、エステティックの効果を高めるポイントをエステティシャンがアドバイス!
エステ体験キャンペーンはお一人様一回限り

▶食欲を抑えて糖分を分解するアフリカンマンゴーダイエット【フルベリ】

・ポイント1:食べたい気持ちを強烈にブロック!

アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれるホルモンの働きを活性化。
「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制します。

・ポイント2:甘い物を我慢しなくてもOK!

インスリンの働きを活性化させ糖の代謝を促進します。このため、糖分や糖質を食べてしまっても吸収しにくくなります。

・ポイント3:原料309種類を3年熟成した酵素を配合!

フルベリには309種類もの酵素原料が入っています。
酵素は1つ1つ効果が異なり、原料の種類が多いほど、自分のために働いてくれる酵素が増えると言われております。

・ポイント4:ハーバード大学も認めた「ベリー類」を配合!

体重を減らすのに効果的な食べ物1位は「ベリー類」だとハーバード大学の最新の研究結果がでています。
ベリー類にはポリフェノールが豊富に含まれています。そのポリフェノールが脂肪を溜め込む細胞と結びつくことで、
脂肪を燃焼してくれる細胞へと変化するのです。

毎月先着300名様限定キャンペーン開催中!ダイエットサポート『フルベリ』

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す