20××年、自動車からエンジンがなくなる日(読売新聞)

Pocket

Sponsered Link

 英国、フランスの両政府が7月、相次いで2040年以降、エンジン車の販売を禁止すると発表した。16年には、ドイツの連邦議会が30年までにエンジンの新車販売を禁止する決議案をすでに採択している。スウェーデン自動車大手ボルボ・カーも19年にすべての新車を電動化すると発表。なぜ、今、各国政府や自動車メーカーが「脱エンジン」宣言を表明するのか。モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。

ディーゼル車を愛好する欧州人

 世界で電気自動車(EV)化の流れが加速している。実は、トヨタ自動車も15年に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」で、50年には、世界で販売する新車の二酸化炭素(CO2)排出量を10年比で90%削減するとし、実質的に脱エンジン車を表明している。

 主な理由は、気候変動と大気汚染という環境問題への対応だ。それとともに、社会変革に向けた消費者への意識付けもあると考えられる。

 ヨーロッパ各国は、環境問題への取り組みとして気候変動の抑制に目を向けてきた。京都議定書にも前向きであったし、それに続く今回のパリ協定に対しても、積極的な姿勢を示してきた。

 自動車業界も燃費向上によるCO2排出量の削減に目を向け、一般的に燃費が良いとされるディーゼルエンジン車の普及に力を注いできた。ヨーロッパでは長年、ディーゼルエンジンの愛好者がおり、乗用車市場の20%近くを維持していた。そこに、ターボチャージャーという過給装置を取り付け、高級・高性能車でも走行性能に満足できる車を投入。広範な車種で2000年前後から急速にディーゼルエンジン車の販売が伸び、市場の50%に迫るほどになった。

この結果、ヨーロッパ各国で何が起きたのか?

環境性能の低いディーゼル車が走る

 ディーゼルエンジン車の普及に伴い、都市部での大気汚染が深刻になった。

 最近のディーゼルエンジン車は、ガソリン直噴エンジンと同等の排ガス浄化水準を達成しているが、ヨーロッパで一気に販売を伸ばした00年当時のディーゼルエンジン車はガソリンエンジンより低い排ガス浄化性能しかもっていなかった。

 なおかつ、ヨーロッパの人々は、マイカーを長期間にわたって保有する傾向にあるため、なかなか新型車への買い替えが進まない。それゆえ、排ガス浄化性能が最近の車種よりも低いディーゼルエンジン車が今なお町中を走行している。

◇パリの大気汚染は北京並み

 ヨーロッパは、東京や大阪のような一極集中型の都市は少ない。パリはフランスの首都でありながら200万人都市で、名古屋市に近い規模でしかない。このため、これまで人口の密集によるクルマの集中で起こる大気汚染は実感しにくかった。

 しかし、パリもロンドンも大気汚染がひどくなり、中国の北京と変わらないとまで報道されるようになった。その深刻さは、パリ市長が14年に、「20年までにパリ市内でのディーゼルエンジン車の走行を禁止する」とまで述べたほどである。

 さらに、大気汚染による健康への影響コストは、イギリスで約37億ポンド(1ポンド146円換算で約5400億円)に上るとされる。

 ちなみに日本においては、1999年に施行された東京都の「ディーゼルNO作戦」によって、世界最先端のディーゼル排ガス対策が進んだ。なおかつ乗用車での利用が少なく、公共のバスや営業車両のトラックを中心にディーゼルエンジン対策を行ったため、大気汚染改善の効果は上がった。

 また、ヨーロッパのタクシーはディーゼルエンジン車がほとんどだ。有名なロンドンタクシーもディーゼル車である。これに対し日本のタクシーは、排ガス性能に優れるLPG(液化石油ガス)を燃料に使っている。

 ところで、なぜ、今、ヨーロッパ各国が、「脱エンジン車」の声明や宣言をするのか。

消費者の意識改革

 イギリスが離脱はしたものの欧州連合(EU)域内は、2021年から自動車メーカー平均値でCO2の排出量を、走行距離1キロメートル当たり95グラム以下の新車しか販売することができないようになっている。これに対応するには、メーカー平均値として、ヨーロッパ走行モードで燃料1リットル当たり30キロメートルの燃費性能が求められる。

 このため、新車販売は少なくともハイブリッド車以上である必要があり、また、車両重量の大きい高級・高性能車であれば、プラグインハイブリッド車か電気自動車でなければ、この数値を達成することは難しい。

 ドイツのフォルクスワーゲンは、25年までに30モデルの電気自動車を販売するとし、その目標台数を100万台と計画している。スポーツカーのポルシェでさえ、すでにパナメーラやカイエンにプラグインハイブリッド車を設けており、ミッションEと呼ばれる電気自動車を販売することも公表している。

 もはや、新車の電動化は不可逆的な状況となっており、ボルボが発表した「19年にすべての新車を電動化する」との声明も自然な流れと言える。

 もちろん、米国や中国という世界最大規模の自動車市場においても、ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)やNEV(ニュー・エネルギー・ビークル)規制が強化される方向にある。まさに、電動化への道筋は世界の潮流である。

 ヨーロッパにおいても、いまさら声明や宣言をしなくても、規制等で自動車の電動化には道筋が引かれている。しかし、それらは机上の計画でもある。そして、電動化された新車を生産さえすれば、問題が解決するわけではなく、それを消費者が購入しなければ効果は生まれない。

 消費者が電動車を不便だと感じれば、既存のエンジン車に乗り続け、保有するエンジン車を手放すのをためらい、買い替えを先延ばしする懸念もある。

 その間に大気汚染はますます進行していく。では、どうすべきなのか?

 規制の実施前に、消費者に電動化された新車に関心を持ってもらい、一日も早く乗り換えてもらうしか大気汚染を改善する方法はないのである。

 すなわち消費者の意識改革が不可欠だ。

マンションで充電ができない

 それは、日本も同様だ。電気自動車の販売が想定より伸び悩んでいる理由は、単に一回の充電で走行できる距離が短いという理由だけではない。

 例えば、トヨタが販売するプラグインハイブリッド車は、充電した電力を使い果たしても、エンジンを使うハイブリッド車としてそのまま走行し続けることができる。にもかかわらず、ハイブリッド車の新型プリウスが月間平均販売台数1万5000台以上なのに対し、プラグインハイブリッド車のプリウスPHVは同約4000台にとどまっている。

 ハイブリッド車よりプラグインハイブリッド車のほうが高価ということもあるだろうが、販売台数が限られる理由の一つに、マンションなど集合住宅での200ボルトの普通充電の設置がなかなか進まないという事情がある。

 電気自動車やプラグインハイブリッド車を購入したいと思う住民が、駐車場に充電コンセントを設置したいと申し出ても、管理組合で反対意見があると、それはできない。

 「自分はクルマに乗らないから関係ない」「理由はともかく、お金がかかるなら反対」などの意見があり、設置を断念した例もあると聞く。

 こうなると、新しい社会基盤(インフラ)への理解が進まなければ、電動化された新車を買いたくても多くの集合住宅の住民は電動車を所有できないことになる。

 ヨーロッパでは、路上駐車が違法ではなく一般的だ。そのため、充電設備に関しても、急速充電と200ボルトの普通充電のプラグが別になる日本のCHAdeMO(チャデモ)式ではなく、急速充電と普通充電を一つのプラグで利用できるコンボ式が望まれている。

 環境に優しいとされる電動化された新車が普及するためには、こうした社会基盤を整備するための機運を盛り上げる準備が必要だ。税金を投入するケースもあるだろうし、施設整備に住民の協力が必要なこともあるだろう。高性能な電気自動車が相次いで各社から投入されたとしても、それだけで10~20年後に突然、社会が様変わりするというわけにはならない。

 都市部の大気汚染に注目してきたが、もちろん、地球温暖化への対策も忘れることはできない。

無視できない電源構成

 各国の電力事情を改めて確認してみると、フランスは80%近く(2014年、電気事業連合会。以下同)を原子力に頼っている。したがって、クルマが電動化されれば、ゼロエミッション社会の先頭に立つと言ってもいい。

 イギリスは、原子力への依存が20%ほどで、約60%が火力だが、そのうち30%は石炭火力である。ちなみに、現在ほとんどの原子力発電を止めている日本は、火力発電に85.5%も依存しており、これは、中国の74.8%を上回る。このうち、石炭火力はイギリスを上回る33.7%に達する。

 火力発電のうち、石炭のCO2排出量は石油や天然ガスより多いことが知られている。その石炭火力に72.6%を依存する中国は、原子力発電への転換を急いでおり、国内に400基の原子力発電を整備する計画がある。

 中国は、アメリカと関係性を持ちながら、第4世代の新しい原子力発電の開発を急いでおり、この夏から秋には準備を整え、年内にも実証実験の発電を開始するという。この第4世代の最新原子力発電は、既存のウラン/プルトニウムを核燃料とする軽水炉型に比べて安全性が高く、またプルトニウムを含む高濃度放射性廃棄物を処理できる能力を備えるトリウム溶融塩炉という方式も含まれる。すなわち、いわゆる「トイレの無いマンション」ではなく、トイレ付きマンションで発電する能力を備える。

 もちろん、太陽光や風力などゼロエミッション発電への取り組みを推進する必要はあるが、それらは立地や効率の点で電力を十分に供給する状況に至っていない。ドイツは、30%近く再生可能エネルギーを利用しているというが、一方で、石炭火力に45.8%も頼っている。また、原子力発電を止めるとは言っているが、現状なお15.6%は依存している。

◇時間的猶予は何年もない

 19世紀末に16億人だった世界人口が4.5倍の72億となった今日、世界の人々が十分な食料と飲み水、そして活動に不可欠なエネルギーを享受し、なおかつ気候変動を抑えるためCO2の排出を削減するには、各国国民の十分な現状把握と理解が必要なのである。

 広く理解を促すには、政府の「声明」や「宣言」が必要であり、それが効果を伴うには数十年の歳月がかかることもある。

 パリ協定は、15年12月に採択され、16年11月に発効した。産業革命前に比べ世界の気温上昇を2度未満に抑制するという目標を掲げる。すべての国が削減目標を作り、対策を取る必要がある。トランプ大統領は今年6月、中国などに有利な内容で「不公平」として、協定離脱を表明した。

 目標達成のため世界のCO2排出量をゼロに近づける時間的猶予は、実はあと何年もない。今のまま経済活動を続けてCO2を排出し続ければ、気候変動の抑えが効かなくなる恐れがある。

◇御堀 直嗣(みほり・なおつぐ) 1955年、東京都生まれ。玉川大工学部卒。大学卒業後はレースでも活躍し、その後フリーのモータージャーナリストに。現在、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務める。日本EVクラブ副代表としてEVや環境・エネルギー分野に詳しい。趣味は、読書と、週1回の乗馬。

Sponsered Link


■名無しさん
自動車工場の周辺にある、エンジン関係の部品を作っている孫請け子会社は、早く次を考えておかないと仕事を失う。
名無しさん
まだ今の電気自動車だったら、ガソリン車を選んでしまう。
お大事さん
充電電池のコンパクトかつ大容量で安価でないと、難しい。さらに、原油の単価が安くなるので、欧州の思い描いている通りになるには、もっと時間が必要だと思います。
名無しさん
電力の需要が増えて火力発電が増えれば
結局、環境が悪くなるから同じでしょ?
まず、常温超電導モーターを開発して
電気の消費が少なく長距離走れるのを作らなきゃ
ダメでしょ
いくら効率がわるい電気自動車作ったて逆に
環境悪化するだけ
結浜
どうやってEV車に供給するだけの電力を供給するんですか。ドイツはやめて原発を稼働させるんでしょうか?EUの自動車メーカーの技術不足で基準がクリアー出来ないからのルール変更でしょう。スキージャンプで日本人が優勝し続けると、ルールが変わるのと、同じ。日本メーカーにエンジンでは勝てないからでしょうね。
名無しさん
なんせ年間600兆円ですからね。IMF試算の化石燃料由来の健康、環境被害のコスト換算が。
欧州はライバルメーカーが大同団結して政府も巻き込んで「欧州発の世界標準」を創るのに長けているので、メーカーそれぞれがバラバラに動く日米メーカーはいつも主導権争いで遅れを取りがちです。
日本発の流れを作るタイミングは今のはずですが、また持っていかれそう。。。
名無しさん
あくまで現時点での話だけど、集合住宅では充電設備が難しいし
充電時間は長く航続距離は短くバッテリーの寿命も長いとはいえない。
燃料代わりの電力も、発電所新設せんと足らんでしょ。
現状だと「時は20XX年、世界は(以下略)」のXXに
40って数字が入れられるとは思えないんだよなぁ。
もちろん努力目標は大事だとも思いますし期待もするが、
それまでに技術的なブレイクスルーが見付かり
実用性や量産の目途が立つんだろうか。
既存のGSで水素扱うのが一番手っ取り早い気がする。
名無しさん
環境改善に取り組むのは良いと思いますが、同時に精製されるジェット燃料や重油、灯油のバランスが気になるのと、電力の発電は火力以外でないと意味ない。けど、レシプロエンジンが100年経って時代の変化はあるでしょうね、、
poriporirain
この記事にあるように、EV普及には、都会では自分ちに駐車場がないので充電が困難、というのが大きな障壁に感じられます。
郊外なら自分ちに駐車場があるのが普通で、家には200Vが来てるから、配線して専用コンセントさえ付けてしまえば充電できます。夜間充電して100キロ走ってくれれば、普段の足として困ることはありません。
新型が出るたびに走行距離も伸びてくる。伸びれば伸びるほど、遠出をしても出先で充電する回数が減ります。そうなると、自宅以外の充電インフラの必要性は緩和される方向。
やはり、都会の自宅での充電が…
名無しさん
絶対なくならないと思う。結局バッテリーの問題を解決しないかぎり無理だと思う。
電池交換にお金がかかるしそれなら誰だって燃料のほうが早いしお金もかからないのでは?
燃料代と電気なら電気のほうが安いけどうーーんバッテリーがな……
名無しさん
発電所含めて、充電環境整えないと欧州の自動車電動化はズルズル先延ばしになるじゃないかと。
そういえば、石炭のストックヤードの放射線量の話、最近聞かなくなったな。
名無しさん
原発を稼働させないとヤバイよ。という布石か?先ずはディーゼル車の規制から初めてくれよー。今の電気自動車は通勤には使えない。距離が遠くて充電ばっかりになるし、ガソリン車の方がいい。世の中電気自動車になったら、車は乗らない。楽しめる車が無いし。
名無しさん
システムの主流が変わろうとすると、関わる会社の規模によって反発も
あるので時間が掛かり、極論、見送られるのが世の常だ。
煙草・パソコンのハードディスク・LED・ハイブリッド自動車等。
変更して困る人が少なければ、あっという間だろうがゼロは無い。
名無しさん
バッテリーの劣化の速さなど課題が解決されない限りEVはいらない。
blackIntelligence
EV自動車は中国が力を入れているが、実際EVは利便性にかけるし充電も時間かかるからな、飛距離を伸ばさないと使いづらいというデメリットがある、インフラ整備とかも考えるとな、日産ノートの様な構造が一番良いと思うね、給油が早いガソリンエンジンで電力モーター式、ハイブリッドは結局普通に走るとガソリンを使うからな、給油の手間を考えるならガソリンエンジンは必須だろ
kid
クルマ云々より火力発電やめないと。
PPAP235
家庭で出来るソーラー発電にシフトしてから電気自動車を我が家にも迎えたいですよね
そう思うと
パネルの増幅
蓄電池の増加
省エネ家電
省エネ給湯
省エネ電化
地震に強く
感電にも対策が必要
庭に給電設備が必要になるなぁ〜
名無しさん
充電に何を使って発電した電気を使うのかが大事。
効率の悪い化石燃料を使った発電による電気なら、返って悪くなるのは?
名無しさん
つか、自動車が無くなるかも(笑)
名無しさん
もし本当なら沢山の会社が潰れる。スタンドもだし、重機などはどうなる?それはエンジンだと燃料単価はハネ上がるだろう。スタンドが減って灯油などは何処で買う?色々バランスが崩れてしまうね。
名無しさん
「ハイブリッド車の新型プリウスが月間平均販売台数1万5000台以上なのに対し、プラグインハイブリッド車のプリウスPHVは同約4000台にとどまっている。」・・って4人乗りの狭苦しい乗用車に400万円は払わんだろう。
しかも、トヨタのディーラーでは急速充電できないし。ディーラーに6時間ほど滞在する人も皆無だろうから。結局一戸建ての人か、よほどこの車に惚れ込んだ人だけ。
マンション住まいでアウトランダーPHEVに乗っている人を知っているが、マンション住まいでPHVは有りだけど、EV車購入層より酔狂な人たちだからなあ。
まあ、こういう興味本位記事も食傷気味。
35年前のバイクに乗っているけど、50年くらいは保有する人はいくらでもいる。
よほど税金などが懲罰的にならないと、手放さない。
新車では購入できなる日は近いかも知れないが、乗れなくなる日は結構先。
国の決断次第だね。
名無しさん
今現在整備をやってる方からすると、現状でもややこしい状況なのにエンジン無くなったら整備士じゃなくて電気工事士になっちゃうんじゃない?
タイヤは無くならないと思うけどオイルとかバッテリーとかは、交換とか無くなるだろうね。
オーディオとかナビも純正になるだろうし。
新車で購入してから後付けでカー用品着けて楽しめる物って無くなりそう。
あれダメこれダメばっかりになりそうじゃないですか?
旧車がバルンバルンいいながら走るのは『おっっ!?』ってなるけど、旧車が音も無くスーッと走ってたら『何だかなぁっ!?』って腰に手を当てて上見ちゃうわ。
大企業さん、下町の工場を大切にしてくださいね。
他国が追い付けない日本の技術の強みはソコですよ。
名無しさん
ゼロエミッションが実はゼロエミッションじゃないというね。原発やメガソーラーなど発電のことちゃんと考えないとね。火力でCO2垂れ流しじゃ意味ないし。
syonan
販売禁止としても走行禁止では無いのですよね。
つまり買い換えしない。
自動車業界の終わりの始まりですね。
がんばろう俺、がんばろうお前。
仮に、火力発電所のエネルギー変換効率よりも自動車エンジンの変換効率のほうが高かったら、EVのほうが環境に悪い車ということになりますよね。
名無しさん
電気自動車が増える事で街中に充電施設をもっと増やさなければならないし大元の電気を供給する為に発電所を増やすその時は原子力発電かな?電気自動車が増えると雨の日に事故にあったら怪我より感電死してしまわないかな?
事故の救助も大変になりそう。
名無しさん
何年か前に、圧縮空気で走る自動車の開発をやってるってTVで見たけど、その後はどうなってるのかさっぱりわからない。情報が出てこないってことはやはり進展していないのか、無理だったのだろうか?一番期待していたんだけどなー…
名無しさん
現状だと満充電に高速充電装置でも数十分から数時間かかってるみたい。
電力供給の問題おありそうだし
完全になくすのは難しそう?
名無しさん
エンジンが無くなる???
えっ?
どうやって走るの?
まさかエンジン=内燃機関って思ってないか?
名無しさん
駆動システムとして、内燃機関から電力駆動のモーターに移行するなら、エネルギーの調達だけでなく、運搬、貯蔵が問題になる。
当然、エネルギーの調達から消費までのトータルでの環境負荷が既存のシステムよりも良好でなければ意味がない。
さあ、原発反対派はどう反論しますか?
まさか、自動車廃止じゃないよね?

[PR]

☆★楽天カードでポイント生活はじめよう!★☆
キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、楽天市場で使える2000円分の楽天スーパーポイントプレゼント中!
楽天カードが人気の理由はこちら
楽天カード

▶【niconico】コメントで動画はもっと楽しくなる!日本最大級の動画サービス【ニコニコ動画】
アニメ・ゲーム実況・スポーツ・将棋・ボカロ・踊ってみた歌ってみたなど、様々な動画・生放送を配信。
お馴染みの流れるコメントが視聴者同士の程良い一体感を生む、他には無い視聴体験!
niconicoをより快適に見る方法

▶U-NEXT31日間無料トライアル
U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドです。
映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!
スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読めて」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

▶エルセーヌ【最大5つのダイエット特典】目指せ!-8cmやせるエステ体験
【こんなお悩みの方にお勧め】×自己流ダイエット、×むくみ、×男性から「太った?」と言われた。
血流と代謝アップ対策!リバウンドしない身体づくりを食事指導で、あなたのキレイを応援いたします。
二の腕、ウェスト、下腹、ヒップ、太もも、ふくらはぎ・足首の合計サイズでマイナス8cmが目標です。
エステ体験【エルセーヌ】

<体験後、履いてきたパンツなどがゆるくなる場合があるのでご注意!>
美しくやせ、エステティックの効果を高めるポイントをエステティシャンがアドバイス!
エステ体験キャンペーンはお一人様一回限り

▶食欲を抑えて糖分を分解するアフリカンマンゴーダイエット【フルベリ】

・ポイント1:食べたい気持ちを強烈にブロック!

アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれるホルモンの働きを活性化。
「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制します。

・ポイント2:甘い物を我慢しなくてもOK!

インスリンの働きを活性化させ糖の代謝を促進します。このため、糖分や糖質を食べてしまっても吸収しにくくなります。

・ポイント3:原料309種類を3年熟成した酵素を配合!

フルベリには309種類もの酵素原料が入っています。
酵素は1つ1つ効果が異なり、原料の種類が多いほど、自分のために働いてくれる酵素が増えると言われております。

・ポイント4:ハーバード大学も認めた「ベリー類」を配合!

体重を減らすのに効果的な食べ物1位は「ベリー類」だとハーバード大学の最新の研究結果がでています。
ベリー類にはポリフェノールが豊富に含まれています。そのポリフェノールが脂肪を溜め込む細胞と結びつくことで、
脂肪を燃焼してくれる細胞へと変化するのです。

毎月先着300名様限定キャンペーン開催中!ダイエットサポート『フルベリ』

Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す