男は「肩書と年収」女は「若さと美しさ」 婚活市場「らしさ」の呪縛(OTEKOMACHI)

Sponsered Link
Pocket

 

願望あるのに恋人見つからず

 就職活動と同じように、これからは結婚も自ら主体的に行動しなければできなくなる。そんな考えから「婚活」という言葉が世に広まったのは、今から10年近く前の2008年のことでした。

 確かに日本では、晩婚化と同時に未婚化が進行しています。単に結婚する年齢が高くなっているだけではなく、結婚を「しない」あるいは「できない」人が増えているのです。

 国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、15年の時点で生涯未婚率(50歳の時点で一度も結婚していない人の割合)は、男性が23.37%、女性も14.06%に達しています。中高年でもこれだけシングルが増えているのだから、年少世代はもっとおおらかな気持ちで独身生活を満喫する方法を考えても良さそうなものですが、実際には、男女を問わず、不安を感じる若者が少なくないようです。

 掲示板サイト「発言小町」にも、結婚願望があるのに恋人さえ見つからない男性の相談が寄せられていました。26歳の学生で、来年、社会人になるそうです。3年ほど前から、人生の中で一度も恋人ができたことのない現実に危機感を覚え、「ヨガを始めたり、料理教室に通ったり、婚活パーティーに行ったり、出会い系サイトに登録してみたり、SNSを始めたり、様々方法を試しました」と、投稿者の「たかはし」さんは書き込んでいます。

あせらず、まずは落ち着け

 「婚活」という言葉は流行語を超えて社会に定着し、いまでも根強く残る「結婚するのが普通」、換言すれば、「独身はおかしい」という常識を再生産し、未婚の男女の焦る気持ちを煽っています。男性学を研究する立場から、僕はよく男性に「まずは落ち着いてください」とアドバイスをしています。「たかはし」さんにも、ぜひこのフレーズをかみ締めて、自分がどうして結婚したいのかをよく考えてもらいたいものです。

 さらに「たかはし」さんの思いを聞いてみましょう。「相手の希望としては自身の年齢プラス・マイナス5歳程度で、お金にルーズで多額の借金があるもしくは定期的に借金をしている人でないことです」

 若者が結婚できないのは理想が高すぎるからだという批判を、しばしば耳にします。しかし少なくとも、今回の相談には当てはまらないようです。年齢以外にさしたる条件はなく、結婚を視野に入れるのであれば、お金にルーズなのは困りますから、この点については妥当な希望だと思われるからです。

男性がリードしなければ恋愛に発展しない?

 同世代の非常に広範囲な女性を恋愛対象にしているにもかかわらず、どうして「たかはし」さんには恋人ができないのでしょうか。ご本人は次のように自己分析をしています。「婚活パーティーで数人の女性と知り合うことはできたのですが、数回会って連絡が取れなくなってしまいました。デートの経験が全くないため相手を楽しませることができていない点と、会話が途切れることが多い点が原因ではないかと考えています」

 女性差別に厳しい視線が向けられ、男女平等に向けた取り組みが進む現代でも、私生活においては男性が女性を上手にリードできなければ、なかなか恋愛は発展しないのが実情です。普段からコミュニケーションに苦手意識がある男性にとって、自分が主体性を発揮して、女性と距離を縮めるのは難しいことです。

 ただし、すべての女性が男性にリードしてほしいと考えているわけではありません。したがって、消極的な性格を自覚している男性は、無理をして女性をリードしようとするよりも、積極性のある女性を探した方が恋愛成就への近道になるはずです。その意味では、「たかはし」さんのようなタイプの男性にとって重要なのは、「女性とはこういうものだ」という思い込みを解消することだと言えます。

まかり通る「男性らしさ」を求める声

 ところで、「たかはし」さんが26歳で学生であることについて、否定的な意見がありました。「26歳で社会にも出ていないとはかなり出遅れていますので、相手探しよりも就職が先です。中高生ならともかく、貴方の年齢のモテるモテないは稼ぐ力で決まります。その現実を直視しなくてはなりません」

 「婚活市場」という言葉がありますが、「婚活」の現場では、男性には「肩書と年収」、女性には「若さと美しさ」が求められるのが一般的のようです。 もしも男性ではなく、女性からの相談で、それに対して「若くて美しいことが女性の価値。あなたが年を重ねていて、さらに見た目も良くないのなら、自分の商品価値の低さを認識しなさい」という書き込みがあれば、きっと批判が殺到するはずです。しかし、男性に対して、このように肩書や稼ぎの重要性を説くのは、ネットだけではなく、日常生活の中でも、なぜか「通る」傾向があるように思えます。

 「男らしさ」と「女らしさ」は、コインの裏表です。どちらかだけを解消することはできません。「男性とはこういうものだ」という偏見が残り続ければ、当然、男性はプレッシャーを受けることになります。それに加えて、女性も「女らしさ」から逃れられなくなってしまうのです。この理屈が腑に落ちる人が増えれば、間違いなく、男女を巡る議論はもっと実りのあるものになっていくでしょう。

田中俊之(たなか・としゆき)
大正大学心理社会学部准教授
1975年生まれ。学習院大、東京女子大、武蔵大などを経て、2017年から現職。男性であるために抱える生きづらさなどを分析・考察する「男性学」の第一人者として、新聞、雑誌への執筆やラジオ出演、講演などで活躍している。主な著書に「男がつらいよ」(KADOKAWA)、「男が働かない、いいじゃないか!」(講談社+α新書)、「不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか」(祥伝社新書、共著)など。

読売新聞社

 

Sponsered Link


名無しさん
結婚後、不慮の事故等で男性が仕事もお金も無くしても結婚していられますか?
女性が美しい容姿を失っても結婚していられますか?
名無しさん
>男は「肩書と年収」女は「若さと美しさ」
なるほど、定年退職後の熟年離婚はさらに増え続けますね。
男性は収入を失い、女性は美貌を失ったので、結婚解消は当たり前という訳ですね。
そうなると、結婚したくない男はさらに増え続けますね。
定年後に退職金とそれまでの預貯金を半分持っていかれるなら、最初から結婚しない方がいいと考えるのが普通ですよ。
名無しさん
職場が地味な中小企業で当方も地味なおじさんです。
結婚はしておりますが。
会社の女性社員は申し訳ない言い方ですが人目を
引くような、いわゆるキレイな人は…まあおりません。
こちらもブサなのでお互い様です。
ただ…何年か一緒に仕事をするうちに、地味で
さえないと思っていた会社の女性たちがだんだんと
かわいく見えてきました。
理由は長期間一緒にいるから、ただそれだけです。
いやな異性は一緒にいればどんどんストレスが
たまり嫌いになる一方ですが、常識と礼儀をわきまえた
ふつうの異性であれば、職場や学校でいっしょにいて
一緒に仕事をしたり言葉を交わすうちに少しずつ好きに
なっていくものではないでしょうか。
職場に異性がいないという人もいるでしょうから
婚活パーティーもある意味仕方ないでしょうが、
できればもっと身近な異性に目を向けることで
小さな幸せに近づけるという人もいるのでは?と。
j*i*m
男性には「肩書と年収」、女性には「若さと美しさ」という傾向自体はあると思うが、婚活の記事を書きたいなら26歳学生の話を例にあげるのは不適切。
ちゃんと働いているのに中の下の年収では厳しいというような話ならわかるが、そもそもまだ働いて年収を得る段階に到達していないわけで(学業の傍らのアルバイトは別として)。
大学に入ってちゃんと下宿生活していけるか心配で…と言ってる高校生がいたら、まずは受験をクリアしてからと周囲から言われる。それと同じ。
名無しさん
肩書きと年収、
若さと美しさ、
両方とも結婚後にも持ち続ける保証がない物。
あさましき者が結婚に何を期待しているのか
笑うのみ。
Koi
女性に自分の価値が低い発言したら批判殺到だと書かれていますが、発言小町はトピを立てるのも女性が多いせいか、婚活してる女性への年齢差別すごいですよー!30代後半女性が婚活してる、なんてトピには「この年でバツ無し狙ってるなんて高望み」「女の30代後半は男の50代か60代に該当」「30代後半では出産できないでょ?婚活なんて男が迷惑」なんて異常に厳しいレスがつきます。(明らかに釣りっぽい、40代非正規、持病有りだけど、30代年収1千万男性希望なんてトピも多いですが)この人発言小町見たことあるのかな?
名無しさん
結婚生活はざっくり予定を立てたドライブみたいだなと思います。2人で車に乗ってスタートしたはいいけど、予定どおりに行かないこともあるし、渋滞や車のトラブルがあったり、それを一緒に解決してドライブを続けて行くような。まずは密室の車にずっと一緒に乗ってても大丈夫な人じゃないと始まらない。ドライブを続けられるほどのある程度の収入も必要。私は27才で婚活をなんとなく始め、30すぎてもただ合コンや婚活目的の集まりに参加するだけでした。32才になっていよいよ焦り、具体的にどういう人がいいのかしっかり思い浮かべられるようになったら今の夫に運良く出会えました。男性より女性のほうがストライクゾーンが狭いので、具体的に高すぎない理想像を確立させないといつまでも独身街道まっしぐらです。自分の市場価値を受け止めて疲れない自分に合った婚活をしたほうが良いです。
********
全然婚活しなくても
結婚できる人はたくさんいる。
婚活しまくっても
全然結婚できない人もたくさんいる。
名無しさん
呪縛っていうか、
「男は年収、肩書き」「女は若さ、美しさ」しか物差しが無いような所に行き着いてしまったのだから、そうなるのは当たり前ではないでしょうか?
年収が少なくても、
そんなに綺麗でなくても若くなくても、この人と一緒にいたら楽しい、安心する

だから一緒にいたい、共に歩んでいきたいと思える魅力があれば恋愛に消極的な人でも結婚できると思うけどなぁ。
いいとこ取りしたい、どんな壁も一緒に乗り越えていく覚悟の足りない人だってのを見透かされてるのかも。
名無しさん
若くて綺麗な女性至上主義は否定されるが、金持ち男性至上主義は肯定されるって、そうかな?
表面では女性が強くなって声高な意見が取り上げられるけど、
やっぱり女性は子供を考えたら若いうち、男性はそれより年いってもいけるって認識が多いよ。
ポケットの極み六法
結婚が目的の人って失敗する傾向にあるよね。
あくまでも幸せになることが目的なんだから、結婚は手段と考えないとダメだと思う。
***
肩書があったに越したことはない。
年収も少ないより多い方がいい。
ルックスがいいに越したことがない。
でも、結婚って、すりゃいいもんじゃなくて、両家の親や兄弟姉妹、親戚付き合いも絡んでくるし、子供を授かれば、育児教育方針の温度差も露呈しなくもない。
結婚当初はイケメンだとしても、ハゲ散らかるかもしれない。
スレンダー美女だった妻が、中年太りになるかもしれない。
共に老いや劣化を、笑って話せるくらいの器量がないなら、結婚の継続は難しいですでは?
定職に就いていない、職を転々とする、家事をまともにしない、食卓にスーパー惣菜やレンジでチンのオンパレード、ご近所付き合いもしたくないじゃ、いくら婚活しても、ルックスや肩書や収入が良くてもムリだと思う。
名無しさん
でも、事実だよね。
生涯賃金が男性の半分くらいしかない女性が、結婚相手となる男性に、ある程度の年収を求めるのは仕方ない。
男性が、結婚相手に自分の子供を産んで欲しいと思うなら、そりゃあ、年増より若い娘の方が良いわけだし。
お互いの利害の一致があれば、別に問題ない。
大した稼ぎもないのに、若くて可愛い子を欲しがる男と、自分の価値を高く見積もりすぎてる若くない女が、お互いに不満を言い合ってるのが問題。
名無しさん
収入と若さは仕方ない面あるよ。
結婚して子どもを望まないならいいけど、結婚イコール子どもっていうのはあるから。
そうなると、高齢出産と言われる年齢より「若い」女性が有利なのは仕方ないし、
子育てにお金…「高収入」は必要なのもわかること。
お見合いだと、判断基準の曖昧な人柄よりわかりやすい数字で絞り込んでから会うから、余計仕方ないのでは?
名無しさん
自分も婚活サイトを利用したことがありますが、多くの人から選ぶという点で人間性なんて会ってみないとわからない。
ただ、男性の場合には会うまでに至らないことが多い。
まだ20代とかならいいですが、35歳を超えると極端に落ちる。
女性も30歳過ぎると将来のことも考えるようになり、
より、安定を求めて婚活をしているイメージ。
もちろん、それはそれで多くの異性から選べるのは男性よりも
女性の方が有利です。
結果、
自分は婚活疲れで、今はゆっくりと休息取っています。
名無しさん
今では婚活すらなくなり、女子会へ変わりましたね。
婚活が死後になりつつある今
ひとこと
「マメ」と「しつこい」は裏表
本人は純粋に恋していても「ストーカー」として捉えられる世の中
「ウケねらい」と「セクハラ」も裏表
容姿を褒めるつもりが「ハラスメント」として受け止められる世の中
「肩書と年収」とか「若さと美しさ」とか、そんな単純なものではなく
人と人の関係性、男と女の関係性の構築が昔よりも歪んできている
昭和よりも平成の方が複雑になっているのに、薄いコミュニティだけは
広げていき、SNSなどで自分を良く見せたがる人が多い
婚活以前の問題が多すぎる
名無しさん
そもそも、なぜ結婚するのか?
それを個々にはっきりさせるべきだろう。
それに、結婚は幸せだ、という幻想に惑わされないこと。
つまり、結婚生活に期待しないこと。
「独身はおかしい」と思うやつには思わせとけばいい。
ただ、結婚は、忍耐力を養うには絶好の場である。
その忍耐が報われるかどうかはわからないが・・・
名無しさん
友達が婚活がんばってる。
某お見合いの会員になったが、30代半ばの彼女に対して紹介されるのは40代半ばの男性がほとんどだって言ってたなぁ。
その話を聞いてた時に、突然
ねぇ、好きじゃなくても結婚できると思う?
と聞かれて絶句した。
幸せになってほしいと思ってるけど、迷走してて不安になった。。。
どんなに好き同士で結婚しても、結婚すると必ず嫌な面が見えて来る。
嫌なこともたくさん起きる。
でもみんな楽しいこともあるから、自分の中で気持ちやりくりして生きてる。
完璧な相手なんてこの世に存在しない!
名無しさん
でも実際は男は高スぺじゃなくてもみんな結婚してるし、ほどほどの容姿でも結婚してる。ってことは、理想ばかり追い求めてる人ほど婚期を逃すってこと。自分の幸せっていったい何?って本気で考えてみた方がいい。
名無しさん
らしさ、とはスペックと言い換えられるのかも。
ところで、今は日常生活、特に職場での出会いが減ったことも一因だと思う。
業務効率化や分業化で同質ばかり、つまり男ばっかり女ばっかりの職場が多いのではないか。1日の大半を過ごす職場では、相手の性格まで良く分かるし自然にうまく行くことも多いのではないだろうか。
しかし、日常生活以外の意外で出会うとなると当然ながら相手のことは何も分からない。相手のことを知るすべは、スペックありきとなってしまうり
欲しい物をネット通販で探すのと同じように欲しいものを探そうとする行為と変わらない。ついつい他の製品やスペックが気になってしまう。これではあまり上手く行かないだろう。
名無しさん
生涯未婚率がどうだとか言って、まるで結婚しない人間は異質であるような記事を書き立てて、結婚しない人の生き方を否定するような記事には疑問を感じる。事情があって結婚できなかった人も大勢いるのだから、結婚しなくても後悔しないような充実した生き方があることをもっと啓発すべきだと思う。
名無しさん
このやり方って、離婚するのも多いんじゃない?
名無しさん
男性の、肩書きと年収は努力でなんとでもなるけど、
女性の若さはもうどうにもならない。1秒1秒市場価値は下がっていく。
女性の方が残酷…
名無しさん
普通にお店で物買うときは、ちょっといいなで買っちゃうけれど、ネットで買うと1円でも安く、送料無料で‥となるのと同じことでは‥。
もっと男女ともに時間に余裕ができて、趣味や職場で出会いをみつけられるか、お見合いまで行かずとも、周囲が後押ししてくれないと、改善はしなさそう。
名無しさん
この人なら
どんな苦難も乗り越えていけそう
と思える人じゃないと
結婚しても続かない。
どちらかが病気になったら。
ダンナの会社が倒産したら。
奥さんの親が痴呆症になったら。
そんな時でも助け合いたいと
思える人かどうかを基準にした方がいい。
名無しさん
婚活四年やってますけど、色んな分析に笑っちゃいますね!
色々あるけど、ルックスが一番大事!極論だけど。
(-。-)y-゜゜゜
婚活ね。付き合っても隣の庭はよく見えるからね。結局はお互い妥協して行かないと結婚なんて無理だよ。
結婚は共にお互いを尊重していけなければいずれ離婚するし。
誰も気にしないで一人も楽だし。
どうしても結婚したい方は自分の欠点を見直してみて。
名無しさん
男らしさも女らしさもお互いに結婚に都合の良い状態で、らしくない人は魅力的ではない。ただでさえ難しい結婚が男女平等のせいで、より難しくなった。昔から恋愛で相手を見つけるのは難しいですので、昔は親が見つけた人と結婚をしていた。男女の接触が多くなった今でも見つけるのは困難なのは変わらない。
白檀
若さと美しさだけ求められて結婚しても、なんか悲しいしね。
そんなんだったわ、
いいわ、選ばれなくても。。とは思えないか。
女性は出産のタイムリミットとかあるし、焦る人は焦るわな。
男性から可愛いとか言われるのもそりゃ嬉しいだろうが(わたしは滅多に言われませんが~)
中身が好きと言われるのも、これまた嬉しいような気がしてね。
おっぱいが好きとか言われるよりも、やっぱり嬉しいよね。
中身褒められた方が。私に限ってですけどもね。
例えば、
観察眼があって、思慮深いところが好きだとかね。
中身をちゃんと見てくれてるなあという、言葉は嬉しいね。
Sponsered Link
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメントを残す