ハロウィーン本番で緊迫の渋谷 爆発物処理班も待機させる厳戒態勢

Pocket

 31日夜に本番を迎えるハロウィーン。渋谷では仮装した若者らが続々と詰め掛け、大混乱となっている。

 「秋の収穫を祝う」などといった目的はどこへやら…。東京・渋谷のスクランブル交差点周辺では週末、軽トラックが取り囲まれて横倒しにさせられるなどトラブルが続出。警視庁によると、ハロウィーンの本番となる31日夜は爆発物処理班なども都内で待機しているという。物々しい雰囲気に包まれた渋谷の一方、各地では子どもたちが手にいっぱいのお菓子を持って温泉街をパレードしている。福島県二本松市では、思い思いの仮装をした子どもたちが街を練り歩きお菓子をおねだり。子どもたちの一方、広島ではメイクの専門学校生が気合十分。しかし、楽しいお祭りに水を差しかねない事態も。去年、名古屋市内の複合施設ではSNSなどを通じて呼び掛け合った人たちが集まり、その数は6000人にも。更衣室代わりにトイレを占拠したり仮装で使った血のりで汚すなどの迷惑行為が相次いだ。これを受け、今年はあえてハロウィーンイベントを開催。イベント会社が会場を設けて着替えやメイクをする場所を設置することでトラブルを避けたいとしている。混乱は避けられるのか。東京・渋谷では厳戒態勢が続いている。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA