日米合作映画「殺る女」インタビュー 知英、寡黙な殺し屋役に苦戦

Pocket

 10月27日公開の日米合作映画「殺る女」(宮野ケイジ監督)に主演した女優の知英さん。笑顔を封印し、幼い頃に家族の命を奪われた殺し屋・愛子を演じた。日米合作ということで、幅広い国籍の出演者がそろう特殊な現場での撮影、寡黙な役柄の苦労や映画の魅力について聞いた。

 愛子は、両親を殺した男の腕にあったサソリのタトゥーを手がかりに男を捜していた。孤児院育ちの看護師・加賀由乃(武田梨奈さん)は勤務先の医師に思いを寄せているが、心には深い闇を抱えていた。由乃の兄で元暴力団員の俊介(駿河太郎さん)は闇社会から足を洗い、堅実に生きていたが、かつての仲間にはめられ追い詰められる。やがて、バラバラだった3人の人生が重なっていく……というストーリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA