JKビジネス店を摘発したら発覚!警視庁府中署地域課の警察官が少女買春の疑い

Pocket

 少女に現金を渡し、みだらな行為をしたとして警視庁の警察官が逮捕です。

 警視庁府中署地域課の巡査長・平出直樹容疑者(34)は4月、東京・新宿区のホテルで18歳未満であることを知りながら少女に現金を渡し、みだらな行為をしたなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、女子高校生によるサービスを売りにした、いわゆる「JKビジネス店」で少女と知り合って現金2万5000円を手渡していました。取り調べに対し、「そのような事実はありません」などと容疑を否認しています。埼玉県警が摘発したJKビジネス店に出入りしていたことから発覚したということです。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA