京都・南座の新開場記念 歌舞伎俳優69人が祇園の四条通でお練り

Pocket

 耐震改修工事を終えた南座(京都市東山区)が11月1日に新開場するのを記念し、松本幸四郎さんや市川海老蔵さんら歌舞伎俳優69人が27日、祇園の四条通でお練りをした。南座によると、参加した俳優の人数は過去最大規模。

 秋晴れの下、黒の紋付きはかま姿の俳優らは南座から八坂神社までの約400メートルを練り歩き、沿道に詰めかけた約1万5千人(主催者発表)の歓声に手を振って応えた。

 お練りに先立ち南座で行われた開場式では、幸四郎さん一家3代が祝いの舞踊を披露した。

 新開場を祝う「吉例顔見世興行」は11月1~25日の予定。南座は2016年2月から工事のため休館していた。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/2913660.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA