【プロ野球ドラフト会議】大阪桐蔭の根尾昂内野手は中日、藤原恭大外野手はロッテ

Pocket

プロ野球のドラフト会議が25日、東京都内で開かれ、甲子園大会で大阪桐蔭高の春夏連覇に貢献した根尾昂内野手は中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選の末に中日が交渉権を獲得した。藤原恭大外野手は楽天、阪神、ロッテの3球団が争い、ロッテが交渉権を得た。

記事詳細
https://www.47news.jp/sports/baseball/2906813.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA