公立昭和病院が発注の工事で談合か 公立病院幹部ら3人逮捕、容疑を認める

Pocket

 東京・小平市にある公立病院が発注した空調設備の工事を巡り、入札予定価格を漏らしたなどの疑いで病院の幹部ら3人が逮捕されました。

 公立昭和病院の施設担当課長・山地今朝幸容疑者(60)と病院の保守点検を担当する成田元治容疑者(45)は今年8月、東京・大田区の空調設備会社「大協設備」の取締役・柳一男容疑者(63)に病院発注の空調工事の予定価格を漏らして、公正な入札を妨害したなどの疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、山地容疑者から病院の一室で「柳容疑者の会社が落札するようにしてほしい」と相談を受けた成田容疑者が柳容疑者に工事費用を聞いて入札予定価格を設定したということです。その後、柳容疑者の会社が予定価格の99.84%の約7600万円で落札していました。3人とも容疑を認めています。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA