映画『斬、』予告編解禁 蒼井優が絶叫「もうやめてください!」 なぜ人は人を斬るのか…

Pocket

11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開となる塚本晋也最新作『斬、』の本予告編が解禁となった。世界の映画祭表記とともに「ヴェネチアを戦慄させた衝撃の問題作」という言葉から始まる予告編は、第75回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアジアで唯一選出され、その後トロント国際映画祭、釜山国際映画祭など名だたる映画祭を席巻してきた『斬、』の熱狂を伝えるものとなっている。ラストにはギレルモ・デル・トロ監督をはじめとする世界中からの圧巻の絶賛コメントが羅列され、美しくも力強い予告編が完成した。

  舞台はのどかな農村にも変革を予感させるような不穏な空気が流れはじめた江戸時代末期。池松壮亮が演じる浪人の杢之進は、武士の澤村に腕を見込まれ京都の動乱に参加するように誘われる。密かに杢之進を慕っている蒼井優が演じる農家の娘ゆうが、不安な気持ちを「死ぬんですか」という言葉で投げつけ、杢之進が「死にません」とまっすぐに答える台詞が印象的だ。無頼者たちが村に流れ着き状況が一変する中で、人を斬ることに疑問をもつ杢之進の心の葛藤が映し出され、ゆうの「もうやめてください」という叫び声が悲しく響きわたる。「なぜ人は人を斬るのか」というシンプルなコピーが観るものに余韻を残す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA