政府、カード手数料引き下げ要請へ 消費増税の負担軽減策

Pocket

 政府は来年10月の消費税引き上げの際にキャッシュレス決済でのポイント還元を導入するため、クレジットカード会社に対し、手数料の引き下げを要請することを検討していることが分かりました。

 政府は消費税率を10%に引き上げる際に2%分をポイントで還元する方針ですが、これは中小の小売店でクレジットカードなどを利用したキャッシュレス決済が条件です。対象となる商品は食料品だけではなく、原則すべての商品やサービスとする方向で調整が進んでいます。しかし、小規模な店舗ではカード会社に支払う手数料の負担を避けるため、カード払いを導入していない店もあります。政府はカード会社に手数料の引き下げを要請することでクレジットカードの導入拡大を図り、ポイント還元の効果を上げる狙いがあります。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA