羽生結弦選手が監修 「SEIMEI」など収録したオルゴール販売開始

Pocket

 フィギュアスケートの羽生結弦選手が監修したオルゴールの販売が始まりました。

 長野県下諏訪町のオルゴールメーカーが作った6種類のオルゴール。曲は羽生選手が監修していて、平昌(ピョンチャン)オリンピックで使用した「SEIMEI」とショパンの「バラード1番ト短調」から選ぶことができます。販売初日の17日は朝からファンが並びました。クリスタルオルゴールのムーブメントは職人の手作りで、繊細な響きを楽しめるということです。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA