サウジ記者行方不明事件 トルコ警察が総領事公邸も家宅捜索

Pocket

 サウジアラビアの反体制派記者がトルコにあるサウジ総領事館を訪れた後に行方不明になっている事件で、記者の婚約者がインタビューに応じて悲痛な思いを訴えました。

 ジャマル・カショギ氏の婚約者、ハティジェ・ジェンギズ氏:「もちろん不安はありましたが、こんなことになるとは夢にも思っていませんでした」
 婚約者であるジェンギズさんはトルコのテレビ局のインタビューに応じ、依然、行方不明のままのカショギ氏について悲痛な胸の内を語りました。一方、トルコ警察は17日、サウジの総領事公邸への家宅捜索を行いました。トルコメディアは、カショギ氏の殺害に関与したとされるサウジ人15人はカショギ氏と同じ時間帯に総領事館を訪れた後、総領事公邸にも行ったと報じています。トルコ警察は今回の事件に公邸も深く関係しているとみていて、家宅捜索には大規模な捜査チームを投入して事件の全容解明を急ぐ考えです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA