16歳アイドル少女自殺はパワハラ苦? 遺族が提訴へ・・・

Pocket

 今年3月、アイドルをしていた16歳の少女が自ら命を絶ちました。家族は、なぜ彼女が亡くなってしまったのか、そこに事務所のパワハラがあったのではないかと損害賠償を求め、訴訟を起こすことを決めました。

 明るい笑顔で人々に元気を与えるはずのアイドルが、自ら死を選びました。亡くなったのは、愛媛県松山市のアイドルグループ「愛の葉Girls」のリーダー・大本萌景さん。今年3月21日、自宅で首をつっているのが見つかりました。彼女の割れたスマホに残された言葉があります。
 事務所スタッフのLINE:「次、また寝ぼけたこと言い出したらマジでブン殴る」
 大本萌景さんが友人に語った言葉:「愛の葉を続けないのであれば、違約金1億円支払えと言われた」
 大本さんの遺族は、所属事務所からのパワハラなどが自殺につながったとして、当時の事務所の社長らを相手取って約9200万円の損害賠償などを求め、12日に提訴する方針を明らかにしました。そして、11日に会見に臨みました。
 萌景さんの母・大本幸栄さん:「3月21日に最愛なる娘を失いました。娘の残した言葉すべてにおいて納得のいく返事をして頂きたい」
 萌景さんの姉・大本可穂さん:「愛の葉のファンとか萌景のファンとかに最後まで、最初から最後まで伝えきれていない部分が多くて、色々と誤解とかも生んでいて、きょうはその真実を知って頂きたい」
 萌景さんは自殺の直前、何度もグループを辞めたいと事務所に訴えていました。一体、何が彼女を追い詰めたのでしょう。萌景さんがオーディションに合格してメンバーになったのは3年前、中学2年生の時でした。当時は不登校で家族と衝突することもありましたが、アイドルという新しい道に乗り出しました。「歌って、踊って、耕す」という農業の発信がコンセプトの愛の葉Girls。萌景さんは研修生としてレッスンをしながら、イベントや物販、時には農作業などの活動を始めました。翌年、「レギュラー」となり、グループの中心的存在になっていきますが…。
 原告代理人・河西邦剛弁護士:「平日のイベントというのは非常に多くございまして、平均的に例えば、1日10時間以上、拘束があったりだとか、11時間から13時間にわたって拘束されることもあったというところです」
 その活動の実態はほとんど休みもなく、時には午前4時半に集合、翌午前2時まで仕事が続くことがあったといいます。早朝の出発、深夜の帰宅については事務所も認めています。萌景さんは通信制高校に進学しますが、このころ、グループ内で萌景さんの売り上げがトップになることも多く、仕事が休めず学校には満足に通えなかったといいます。萌景さんが学校への出席を希望した際の事務所スタッフからの返信がLINEに残っています。このころから萌景さんは、事務所に何度も「グループを辞めたい」と訴えましたが、事務所側はそれをことごとくはねのけたといいます。そして今年1月、萌景さんはグループのリーダーとなります。学業と仕事の悩みに加え、リーダーとしての重責が萌景さんに降りかかったといいます。そして、原告側が自殺の直接的な引き金としているのが、全日制高校への進学と、それに関係する金銭問題です。萌景さんは社長に全日制の高校を勧められ、そこに希望を持ちます。学費も社長が貸し付けを申し出て、萌景さんの心は一気に進学へ。しかし…。
 萌景さんの母・大本幸栄さん:「イベント、平日も出さされて、火曜日と日曜日の通信もまともに行けない状況で、全日に通えるとは絶対思えず。全日に進学させたところで、また彼女は挫折を味わうという、そういう気持ちもありました。だから親としては反対しました」
 萌景さんは、家族に迷惑を掛けたくないと独断で社長からの貸し付けを受けることを決断、高校にも合格しました。しかし、遺族によると、高校への集合日の前日、学校に納めなければならない12万円の貸し付けを事務所側が拒否、萌景さんは進学を諦めざるを得なくなったといいます。
 大本萌景さんが友人に語った言葉:「社長に裏切られた」「愛の葉を続けないのであれば違約金1億円支払えと言われた」
 萌景さんは友人らに言い残し、自ら命を絶ちました。「萌景さんの方から進学を諦めたと言った」「社長が一方的に貸し付けの約束をほごにした」。双方の主張は食い違います。萌景さんが亡くなった後、自宅を訪ねてきた社長は…。
 萌景さん母・大本幸栄さん:「『佐々木社長は自分にどれだけ責任があるとお思いですか』とお尋ねしたところ、佐々木社長は『責任考えたことないですね』と言われました」
 所属事務所の社長は、今回の提訴について取材に応じました。
 hプロジェクト・佐々木貴浩社長:「まず一番、3月21日から今日までずっと思っていたのが、本人を、萌景さんを守ってあげられなかったこと、すごく悩んでいることにもっともっと気付いてあげられなかったこと。これに対しては本当に後悔しています。本人に対してもすまない思いもしていますし、責任も感じています。守ってあげられなかったことに対しても本当に不覚だと思っています。いろいろネット上だとか一部報道されていることもあるんですけど、そのことよりも、やっぱり家族のように思っていた子なので、そこに関しては…きょう始まったことじゃないが、多分、一生の不覚で非常に後悔して、反省しています。もっと分かってあげたら良かったと思います。今回、いちアイドルとして事務所の方に問題があったのか、私たちも反省しなければいけないこととか、改善しなければいけないこととか、その辺は反省しますが、親族の方が言われていることだとかは、多々、『あれ?おかしいな』というところもあります。それは実際のやり取りも含めてですけど。今回の提訴に関しては、申し上げていることであったこと、真実にあったこと、ちゃんと裏付けがあること、萌景ちゃんとのやり取りで言ったこと、交わしたことをお伝えしていこうと思っています。裁判の場で」「(Q.1億円支払えと言う発言について)それは一切、ございません。そこをかい摘んでしまったら、そこだけの話だと言った、言わないになる。私と萌景さんが電話でお話をするようになった流れをお聞き頂けるのでしたら、その話はないだろうなと分かるのではないかと思う」「(Q.金銭を要求する話は…?)ございません」「(Q.『ぶん殴る』という発言について)話はちょっと変わりますよね。まず、LINEのやり取り、萌景ちゃんとのLINEのやり取りですけど、スタッフがというよりも、私の管理不足で私の責任です。これに関しては、日常茶飯事、そういう言葉もありましたんで、これは大変、皆さんに関して不愉快な思いをさせてしまいました。それに関しては、そうですね。萌景さんには、萌景さんのお母さん以外の方に対して非常に不愉快な思いをさせてしまったということに関しては非常に申し訳なく、おわび申し上げたいと思いますし、あったこともこれは事実です」「(Q.過重労働について)それに関しては、一言でいうと、過重労働については認めます。例えば、広島に行く時、たまに大阪に行くとか、そういった時には朝早くから、例えば、自転車競技のイベントとか農業ガールズだったので、そういった応援をさせて頂くこともあったんですね。だから早朝、早くから集合して県外に現場を出て帰ってくるのが、夜中の萌景ちゃんの場合はお迎えが来られたことがあまり、イベントの場合は来られなかったので、最後、スタッフが萌景ちゃんの家までお送りすることがほとんどだった。そういう時は、深夜11時とか12時とかもありました。ただ、我々の活動は未成年が多いものですから、移動も労働は労働ですけど、そういう意味では朝早くから深夜までということはあった」

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA