正念場!羽生竜王 タイトル100期か無冠の大一番 ここで負けるとタイトルがゼロに

Pocket

 勝つと負けるでは雲泥の差。羽生善治竜王(48)の大一番だ。

 これは、まさに背水の陣。約27年半ぶりに無冠となってしまうのか。羽生竜王にとって大一番となる第31期竜王戦七番勝負第1局が11日、始まった。相手は新進気鋭の広瀬章人八段(31)。今回、対局が行われる場所はセルリアンタワー「能楽堂」。両者、和装での対局となった。このタイトル戦、羽生竜王にとって負けられない戦いなのだ。勝てば通算タイトル数が100となり、将棋界初の偉業達成となる。1991年以降、何らかのタイトルを常に持ち続けていた羽生竜王。しかし、ここで負けるとそれがゼロになってしまう。つまり、竜王や名人という称号ではなく、初めて羽生九段と呼ばれることになるかもしれないのだ。まさに、天国と地獄。羽生竜王、この2年で3つのタイトルを失っていて、タイトル挑戦も1度失敗している。持ち時間は、両者8時間ずつということもあってか…。
 解説:「ここは切りこんじゃうと一気に戦いになっちゃうと思います。長考されるのではないか」
 聞き手:「長考合戦のような…」
 対局は現在も続いていて、第1局の結果は12日に出る見通しだ。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA