石原さとみ ドラマ『高嶺の花』打ち上げで涙「悔しい」「全責任は私」

Pocket

 ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

 9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

 しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

 冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

 石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

 石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

 石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

 石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラブストーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラブストーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

 二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

※女性セブン2018年10月4日号

本・コミック通販


ayaam
演技力は私が上だと思ってるなんて勝手な想像でしょ?
でも演技力は綾瀬はるかの方が上だと私は思ってる

名無しさん
>石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もあります
石原本人が本当にそう思ってるかどうかは知らないけど、傍から見る限り演技力は綾瀬>>石原だと思う
今クールのそれぞれのドラマを見てはっきりとそう感じた
あと、石原さんはハマる役柄が限定されるという感じ

名無しさん
今回はキャスティングが影響あった。
ここまで批判される男優を選ぶべきじゃなかった。もう少しイメージと合い、高嶺の花と良いながらバランス取れたと思う、
あと石原さんの演技も誇張されて見苦しかった…。
アンナチュラルのような名作、名演技もあったので次回作に期待します。

名無しさん
演技力というより、愛され度な気がする。
綾瀬はるかの演技は、イヤミ無く好感がもてる。
義母を石原さとみが演じていたら、早口のまくし立てる演技で、嫌悪感を持つ人もいただろう。

名無しさん
本人はどう思ってるかは知らないけど、綾瀬はるかの方が演技力も格段に上と自分は思う。

名無しさん
野島伸司さんの脚本は今の時代にあっていない。特に今回の作品は誰が主演でも、視聴率という結果を出すのは難しかったと思う。

名無しさん
野島の脚本は、今の時代に合わない。
ツッコミどころ満載の筋書きは、SNSを始め、すぐに批判される時代。
石原は座長なので、責任を感じるのはしょうがないが、ハッキリ言って、罪は全くない。
以前から思っているが、
キャスティングも含めて、ドラマを作るのは制作スタッフ。視聴率が良くないからと言って、総てを主役のせいにするのは、制作側が卑怯すぎ!

tama
局側がこのドラマは凄いよ、面白いよ、と期待させ過ぎ。
期待してみたら、案外普通のドラマだったので視聴者が、逆に期待外れと思って離れていった感じがする。
まぁ、でもそれなりに良かったとは思うけど、自分もアンナチュラルが本当に傑作だと思えるほど面白かっただけに、今回の作品はちょっと残念でした。
逆に綾瀬さんのは、ノーマークだった分、観たらハマってしまったという。
番宣もけっこうだけど、前振りでやり過ぎると、今回のようなことになるのかもしれませんね。

y53
高嶺の花は野島脚本の曖昧さが失敗の元。
あれではたとえ北川景子さんや沢尻エリカさんが努めても駄目だったはず。
もしかしたら綾瀬はるかさんがやっても駄目だったのかもしれない。
各役者さんはそれぞれの役割をきちんと果たしているが脚本とドラマ編集がそれを阻害していた。
出演者の方々がこのドラマを全て視聴してみればこの理由がハッキリするはず。
観ていてワクワクやドキドキが無い、ドロドロした腹黒い展開ばかりが強調されていては次も観たいとは思えてこない。
強いて言えば宗太くんがどうなるのか?と気になったことと喫茶店のママさんの然り気無い優しさがとても印象に残った。
石原さとみさんはあの複雑な役を良く頑張ったと思うよ。
自らを卑下する必要は無い。
古株の女優さんなら途中で納得いかずにブチ切れていたかもしれないんだから。
また次に精一杯頑張ってほしい。
御苦労様でした。

名無しさん
奇をてらい過ぎた脚本と演出の責任が大きいと思う。
この役だと、どんな女優さんが演じてもキツかったと思う。

名無しさん
演技力というか演技のバリエーションは確実に綾瀬さんの方が上だと思う。次はどんな役やるのかなって楽しみになるけど、石原さんはだいたい似たような設定・役だと思ってしまう。

名無しさん
綾瀬はるかは石原さとみをライバルと思ってないかも。
だって、綾瀬はるかは本当にすごいよ。出来るなら義母娘と高嶺の花、主演交代させてみたらどうかしら?
想像するだけでも綾瀬はるかは出来ると思うけど石原さとみは義母は無理でしょ?
女優としての実力は全然敵わないです。

adgjm
高嶺の花は相手役が嫌すぎて見てないけど、仮に義母が石原がしていたとしたら?無理だったと思う。あの役はできない。綾瀬さんだからこその義母。泣いたし笑ったし、面白かった。
演技力?完全に綾瀬さんが上ですよ。比べるのが間違い。そういう自意識過剰が消えないとダメだよね。負けず嫌いはいいけど、泣くことはない。
相手役が違えば見た人ももう少しいたと思う。
脚本もだけど配役も大切

名無しさん
石原さん、演技を上手いと思わない。
どれも一緒。
可愛いけど、喋ると品の無さを感じる。

綾瀬はるかちゃんとは比べものにならないと思う。
もも役をはるかちゃんはやれても、亜希子さん役は石原さとみには無理。

限られた役ならば、はまるのでは?
正に、女キムタク。


名無しさん
相手役があまりにもアレだったし、
そもそも石原さとみ自体が飽きられてしまってるのではないかと。

sas
石原さとみはなにを演じても石原さとみ。最近は年齢を意識してか、デキル女を意識した役を選んでいるようだけど、はっきり言ってハマらない。アンナチュラルは評価が高いけど、周りの役者は素晴らしかったけど、やっぱり石原さとみは石原さとみだった。失恋ショコラティエのイメージを払拭したいんだろうけど、あれが一番はまり役だったよ。キレイな作品ばかりを選んでないで、もっといろんな役に挑戦したらどうだろう。いまのままでは到底母親役は無理だろうし、母親役に違和感を感じるなら、この先女優としてはつらいのでは?

名無しさん
石原さとみって何をやっても同じように見えるんだけどな。
本当に演技力は綾瀬はるかより上だと思ってるなら大きな勘違いだな。
高嶺の花は話面白くなかった。
石原さとみの責任ではない。
作品選びは大事だな。

無能な常務の森田オサム
脚本がクソすぎた。特に中盤までは、ハッキリ言って意味不明。2-3話で観るのをやめた人多数じゃない?

名無しさん
なんぼ経験積んでなんぼ演技力あっても石原さとみはギボムスのあき子を演じれへん思う。誰にでもできる役柄違うから綾瀬のこと本気で凄いと思ったわけやし。綾瀬だからこそ見事にハマって素晴らしい作品が余計素晴らしさを増したんやろうしな。
まぁこのドラマに関しては石原さとみだけの問題違うけどな。

名無しさん
どろっとしていて癖のある野島さんの作品は
今の時代には受け入れられないと思う
ぎぼむす や 逃げ恥 は純粋というか
元気がでる作品で 全く色が違う 今はこういう方が受ける
綾瀬さんは演技力に加えチャレンジ精神がすごい
見た目がほわっとしていて天然だから
そのギャップのせいもあると思うけれど
私的には ぎぼむすの腹芸シーンがかなりびっくりした
石原さとみさんじゃ 絶対やらないと思う (他の女優さんでも)笑
本人がやるといっても事務所がやらせないかな・・
いろいろな役を全力で取り組んでいるところがすごい 
そのひたむきさが 人気な理由の一つかもしれないですね
お二人とも素敵な女優さんだと思います
これからどんな役を演じられるか楽しみです

名無しさん
綾瀬はるかは演技派。しかも圧倒的に魅力的。比べるのがおかしい。

naoe 318
全責任は私、とか一見カッコよく聞こえる言葉ですが、主演女優もあくまで制作スタッフの一員でしょう。
そこまで背負う必要はないし、その誇りが、私は女優的な高慢な一面も感じられてしまいます。
謙虚さがあるかないか、綾瀬さんとの違いかな。

名無しさん
全く見ようと思うような内容ではなかった。
義母の方は最初から見てなかったけど一回見たらハマって見てしまった。
同じホリプロだし年齢も近いので比較されがちだけど、綾瀬はるかの方が演技の幅が明らかに広いと思う。
あと悪いが石原さとみはうるさい感じも見ていて癇に障る。
それとキャスティングは大きいかも。義母の方は竹野内豊、佐藤健と安定していたが、峯田和伸じゃ悪いが比べるのもね。それに加えて第三の俳優にも差が出た気がする。
そこは明らかに数字にも出ていたし、石原さとみはこれから厳しいでしょうね。
30歳過ぎて元気があって明るいなんてイメージでやっていけるのは20代までだと思うし。

名無しさん
あの本じゃ仮にヒロインが綾瀬はるかだったとしても同じような数字だったんじゃないかな。
ただ、ぎぼむすが石原さとみだったらあそこまで面白くなかったと思う。
アンナチュラルは良かったのになぁ。

名無しさん
視聴率の差は何んだったのか。それは、キャストを重視した日テレとドラマの内容を重視したTBSの差だと思う。
高嶺の花は、キャストがキャストなので初回は見た。でも、全く面白くなかった。逆にTBSの「義母と娘のブルース」は内容が面白くて、完全にTBSの勝ちかな。
今のご時世、有名作家に連ドラの女王とかの豪華キャスト陣を揃えるより、そんなに豪華なキャストを揃えなくても、内容が面白ければ、必ず内容が面白いドラマの方を皆は視聴すると思う。
日テレは、完全に大失敗だったと思うよ。
内容も全く面白くないし(二回目以降見ないのでよくわからないが)
もう少し、企画から見直し検討した方が良い。
今のご時世、○○が出るから見るというのは初回だけで、内容がおもしろくなければ他局の番組に移行するのは当然。
「義母と娘」は、安室ちゃんの特別番組が無ければ、20%は超えていたと思う。
日テレさんは、完敗だな。

名無しさん
全て私の責任と言ったのが本当なら、それこそ奢りだと思う。最後にそう言ってカッコよく自分を見せたいというあざとさしか見えない。

名無しさん
普通に女優だけの問題ではないと思う方に一票。

名無しさん
打ち上げで悔し涙?こういう所が鬱陶しい。
相手役が、、、と世間では言われているのを知ってか知らないか峯田さんの気持ち考えろと思う。
演技力は勝負にならない位綾瀬はるかさんのほうがある。そもそも競う相手でもない。
年齢も重ねて演技派にシフトチェンジしないと下からどんどん可愛くて実力のある女優が出てきているから焦るのはわかるが力めば力むほど空回り。見ている方が辛い。

名無しさん
2つの作品を見比べたが、脚本の出来は義母と娘のブルースの方がはるかに良かった。演じる主役の二人は、今回は綾瀬はるかの方が抑えた演技でとても良かった。石原さとみは、脚本や演出が悪かったとはいえ、気合だけ入って空回りしてるような感じがした。舞台経験が豊富な石原さとみの方が実力が上と思ってるのかは解らないが、少なくとも綾瀬はるかは大河の主役を過去に一年間演じきり、その後も3年に渡るファンタジードラマの主役を見事に演じて、小説原作のファンも驚く程、リアルな主人公バルサを体現していた。それを鑑みてもやはり綾瀬はるかの方が上手いなぁと思ってしまう。

名無しさん
綾瀬さんよりやたら石原さんの記事が多い。もう終わったのに、まだ、いってるということは事務所が、今回のドラマでミソをつけられたと感じてるから、本人がこう思った、あー思ったって、ブランド守りたいんだった。次頑張ればいいじゃん。綾瀬さんとキャリアが違う。綾瀬さんは大河も出てるし、視聴率に左右されず、ファンタジーから色々やってる。この作品は自分は笑えたけど、脚本家の意図するとこらからすると、失敗で、石原さんの演技も、変だった。昔の月9ドラマのヒロインみたいだ。キムタクがなぜ何をやってもキムタクと、皆が言うのか石原さんで納得したくらいだったし。失敗を認めて、前進したほうがいい。まだ若いんだし。

syaberima1000
品がないのに品のある役を演じたから無理が出るんじゃないかな。成金のお金持ちの娘って設定なら違和感無かったと思うけど・・。演技力だけでどうなるものでもないからね。

名無しさん
綾瀬はるかの方が人気も実力も上だと思うが、あえて視聴率競争をするのであれば、必ずしも石原さとみが負けるとは限らないと思う。
あんまり素人が視聴率の要因を分析しても説得力が無いかもしれませんが、今回大差がついたことの一番の原因は脚本じゃないのかな?
野島伸司だったらヒットする時代は終わっているし、「高嶺の花」の脚本が全然面白くなかった。
峯田和伸が原因という意見も多いようですが、峯田さんは良い味出していると思う。
根本的に描かれている華道の世界などが人を惹きつけないし、ドラマ全盛期の月9でやっても惨敗するお話だと思う。
視聴率の原因ではないと思いますが、石原さとみは割と好きな方ですが、ガヤ演技は好きじゃない。今回も結構見ていて疲れた。

dada
綾瀬さんは、ドラマがことごとく当たるではない!綾瀬さんは、明らかに女優として、かなり優れています!彼女の演技は素晴らしい!
石原さんがどんだけ舞台に出てたのかは、知りませんが、どの役やっても綾瀬さんの演技は素晴らしいのは、事実。
石原さんと比べて綾瀬さんが演技力劣るような書き方は、間違いですよ!
脚本が良い悪いの問題では無い!
個々の演技力の問題です。

名無しさん
脚本の問題もあるだろうけど、やはり視聴者は石原のガツガツした
感じが嫌なのではないかな?綾瀬の方が癒やされるし、真剣だけど欲が表にでないとこに好感度がある。綾瀬はるかの方がなんか天然で無理なく役に入って行けてみている方も危なっかしさを感じながらも没入してしまうところがある。

名無しさん
でも、そういう自負はかえってヒットを遠ざけるかもな。
「ぎぼむす」にしたって、綾瀬以外の役者達のハマりも
あって全体としてのヒットになった。
ドラマの成否をぜんぶ自分のせいだと言ってしまうのは
脇役達に期待していないという事。
それでは全体としての成功はおぼつかないのでは?

名無しさん
なんか勘違いしてたんだね。そもそもそんなに美人(世界のランキングに入るほど)ではなく演技は特別にうまいわけではないんだからね。他の人が言っているけど、綾瀬はるかの方が、素は天然でおかしなこと言ってるけど、演技の幅は間違いなく上だと思う。アンナチュラルがヒットしたのは別に彼女じゃなくてもよかった訳で、あれは脚本だと思う。と当時もコメントしたことがある。

ボラギノールA注入難航
残念ながら、石原さとみは、どの役になっても“石原さとみ”になってしまう。石原さとみファンにとってはそれでよいのだろうけれども。
綾瀬はるかのほうが、その点はニュートラルに近いと思う。
それと、「全責任は私」という言い方はやめたほうが良いと思う。
他の出演者、スタッフを認めていないという認識の現われととられると思う。

名無しさん
綾瀬はるかさんがブレイクして、好感度が高いのは、誰かと比べて自分が上だ下だではなく、様々な役柄に真剣に取り組んでいる姿勢と、ドラマや映画に出演するごとに成長される姿が見る側の心を掴むからでしょう。
他人と比べて悔し泣きしている時点で、残念だけど、石原さとみさんの伸びしろはないですね。

名無しさん
ドラマは内容と脚本が全て。
どんなに良い役者が演じたとしても、内容と脚本が面白くなければ、そのドラマの視聴率は上がらないと思う。
役者としては石原さんの方が、綾瀬さんよりも好きだし見始めたのは「高嶺の花」からだったが、ドラマの面白さから、綾瀬さんのドラマを見ることの方が楽しみになった。
どんなに好きで良い女優が出ていようと、やはり、ドラマが面白くなければ見ることが無くなるのは必然。
だから、全ての責任は、そのドラマの内容と脚本が、面白いかとうかで、役者の責任はほんの僅かだと思う。
だから、責任を感じんことは一切ないと思う。
責任を感じるべきは、面白い内容と脚本を作らなかった、制作側にほとんどの責任があると思う。
良い役者に責任を感じさせてしまうようなドラマは、ドラマ制作者側が反省すべきだと思う。
役者達に喜んで演じてもらえて、そのドラマを見る人を楽しませる事のできるドラマを作って欲しい。

GORAN
峯田さん批判されてるけど、仕事選べる立場じゃないしなぁ。つらいところだ。
俺個人としてはこの作品で見る目が変わったのは芳根京子。
石原さとみは良い作品もあるのだから、もう少し肩の力を抜いたらいいんじゃないの。
いちいち綾瀬はるかを気にしていたら、疲れて演技どころじゃないでしょう。

名無しさん
今はこの野島伸司脚本がいけないのだと思うよ
昔は一生懸命見たけど
今は見ないなあ
単純に変に小難しくて暗くてオモロないもの

名無しさん
1回だけ見てやめました。次も見たい!続きが気になる!という気持ちになれなかったからです。
石原さとみさんに全責任があるわけではないと思うけど、個人的にはあのキャピキャピした感じが苦手です。
他の方も書いていますが、高嶺の花を綾瀬はるかさんがやっても視聴率は取れなかったかもしれない。でも演じることはできると思う。だけど逆は無理。石原さとみさんに義母は演じられない。

名無しさん
逆オファーしてまで書いてもらった脚本がこの有様とは、石原さとみも運がないな…相手役の配役も最悪だったし
でも、いくら脚本が良くても、石原さとみでは義母娘のようなブレークはしないと思う。そこそこ安定した数字はとれても。

名無しさん
>>演技力でも私が上”という自負もありますが
もし本気で本人がそう思っているなら
今後の女優としての成長の妨げになるから
周りが注意してあげたほういい。
かわいいんだし
役によっては好感あるんだから
自分を見つめて頑張ってほしいよ。
ただ、今の彼女にはセレブは向いていなかったな。
あと脚本が…。
野島さんてどうして破綻とささくれ立ちの脚本になるんだろうね。
そしてヒーローが…う~む。
朝ドラで話題になったからって
きちんとそれなりの役で使ってあげなきゃ。

名無しさん
ライバルは綾瀬はるか…。それぞれ個性、ルックス、演技力と持ち味を兼ね備えているが、それだけでは評価できないモノがある。綾瀬はるかは、言葉では言い表わせない独特のオーラや何を考えているのか分からない天然さがあり、見る立場からしたら、かなりの好感度があるように。綾瀬はるかには、当分勝てないんじゃ…。

名無しさん
石原さとみさんと綾瀬はるかさんっていうよりも
歴代の視聴率の高かった女優さんが出演していたドラマに比べると今は視聴率がとれるような魅力がある女優さんがいない感じ。
石原さとみさんはCMでみると可愛いと思うけどドラマでみると早口だし女性として人としての魅力が感じられない。
トップに君臨する女優さんがいないからもてはやされているだけといった印象。

名無しさん
視聴率というのは確かにその作品を評価する上で、最も分かりやすい指標の一つではあるかもしれないが、決してそれが全てではないだろう。
どんなに良質な作品でも万人受けしないものはあるし、逆に万人受けするからといって、必ずしもそれが優れた作品とは限らない。
比較するのはあくまでそれを視る側の人間。
自分が演じる作品と自分に与えられた配役とに誇りを持って、悩みながらもひたむきに演じ切ったのならそれでいいと思う。
一つの作品を仕上げるだけで大変なこと。
数字などにとらわれる必要はない。
誰かと比べる必要もない。
今回の作品を通じて己の培ったものに、自分自身が価値を見出せるかどうか。
それが女優としてこれからもたくさんの作品に携わり続けていく上で、何より大事なことなんじゃないかな。

ghfgjbfjb
とりあえず、あのまくしたてる話し方が女優として良いと思っているうちは万人に愛される女優は無理。ファッションリーダーとして若者には受けるかもしれないけど。
野島脚本に問題がある訳でも、相手役にも問題がある訳でもない。
峯田さんはしっかりと包容力のある男を演じていたし、芳根京子のなな様も世間知らずの妹から成長する姿が素晴らしかったもん。他の役者が頑張ってたのに、石原さとみだけがキーキー空回りしてた感はあるよ。
評価が高いと言われている校閲ガールも同じような高飛車演技でワンパターンなんだよね。とても舞台で鍛えたとは思えないくらいw
とても華道界を牽引する力のある家元の長女とは思えないくらいの下品さと場末感がダメだよあれは。あれで既にもも様ではなく石原さとみだもん。ぼってりした唇アップで写して、これは石原さとみのプロモーションビデオですか?そうやってドラマに関係ない演出してる時点でダメ。

名無しさん
どうだろう?演技力とか詳しいことはわからないけど、その上から目線はやめたほうがいいと思うよ。
その辺、綾瀬はるかは謙遜というのを知ってる

名無しさん
きぼむすは脚本がかなり素晴らしい出来だったと思う。もちろん綾瀬はるかも良かったけど。
高嶺の花は期待してたけど、脚本がやっぱりちょっと迷走した感はあったかなー石原さとみの作品に対する気迫はすごい伝わったけど。

rin
石原さとみは自分の力って勘違いしてるけどアンナチュラルも校閲ガールも石原さとみの力じゃなくて、脚本と周りの俳優のおかげで面白かった。
逆にぎぼむすは綾瀬はるかだったから、面白いドラマだと思う。
セカチューってオーディションじゃなかった?
たとえデキレースだったとしても、綾瀬はるかだからヒットしたんだと思う。

名無しさん
事務所の同輩女優を引き合いに出して記事にしているが、同じ時間枠の裏番組だったのかな?
綾瀬はるかのドラマも石原さとみのドラマも観ました。
それぞれのドラマの視聴者対象世代が違うように思います。
単に視聴率だけの数字で悔しいとお考えなら舞台女優にすれば気にすることもかなります。
私見ですが、お二人の違いは綾瀬はるかさんの方があらゆる役に挑戦されてるように思います。
どの役も自分のものにされて毎回新たな綾瀬はるかが見られると楽しみになります。
石原さとみさんは個性ある女性の役柄が多いですが、結局同じ石原さとみが強く出ていると思います。ファンはそれで良いと思いますよ。

名無しさん
1990年代のドラマを観ているようだった。時代遅れな感じ。
視聴率が高くなくても評価の高いドラマもよくあるけど、これはそういうドラマとは言えない。
途中で観るのを辞めた人の中には、最終回がどういう風に終わるのか観ておこうという人もいるから、視聴率はあがりやすい。評価とは別だと思う。

名無しさん
TBSとの視聴率差は脚本の差が大きいと思う
野島さんの脚本はちょっと時代遅れ?な感じ
共感できる所があまり無かった
ただ本人がそう思っているかは分らないですが
”演技力は自分が上”というのは??????
演技力では石原さとみは綾瀬はるかの足元にも及んでいないと思う

名無しさん
石原さとみがどう思ってるかの妄想記事は置いて、綾瀬はるかは、脚本に恵まれようが恵まれないがそれぞれの役にはまれる感じ。
石原さとみは、脚本に合わせるというより、自分のものにします!という感じ。
多分それが本人も回りも良かれと思ってるし、それを望んでる一定ファンもいるのでしょう。
高嶺が綾瀬ならもっと視聴率が良かっただろうし、義母は石原だったら視聴率がもっと悪かっただろうと思ってしまうのは‥偏見ですかね。

たいやき
確かに美人だ。着物姿も良く似合ってた。
少し芝居が大きい感じがするな〜。
女優は視聴率なんか気にしてたらいい物はつくれないと思う。
全部私の責任なんて、、、ちと勘違いでしょう。
作っている人は自分達の作品を一生懸命作っているのだから。
石原さとみを使えば「当たる」と思って
甘えている製作側もいるような気がする。

名無しさん
何年か振りにドラマを観てみようと思って一覧を見たけどこのドラマは全くヒットしなかった。
義母は面白そう感じたので1話から毎週楽しみでした!
演技力、好感度共に綾瀬に惨敗だと思うよ。
綾瀬はるかは作品にも恵まれてるし、ボケ役やしっかり者、無機質な変わり者とか色々演じれる。
怪演の出来る役者。
目標かもしれないが、ライバルではない。

segawan
視聴率が低いときはいろいろ原因が言われるが、9割くらい(10割と言いたいくらいだが……)は脚本の稚拙さが原因で、男優や女優はあくまでもその脚本に沿って演技をするわけだから、そこに責任転嫁するのは酷だと思う。
(まあ一部には演出にも口を出す俳優もいるようで、その場合は責任が出てくるだろう。)
矢面に立たされやすい男優・女優には指摘しやすいだろうし責任感が強い人は自分のせいと思いがちだが、個人的には石原さとみではなく野島伸司にほぼすべての責任があると言っていい。
脚本に野島伸司を選んだ時点でこのドラマの視聴率は見込めなかったんだろうと思う。

名無しさん
高嶺の花に関しては、冴えない自転車店主男性と金持ち華道家の娘との恋のドラマを期待していたが、「華道」の家元の争いのドロドロさが際立ってしまい恋愛ドラマと感じられるのは最終回のみで野島伸司氏の脚本とキャスティングミスが重なったので、石原ひとみは”被害者”の1人かもしれない。
石原さとみ出演のドラマを全て見ている訳ではないが、個人的に
感じるのは石原さとみさんが演じるキャラは”一生懸命””ひたむきに”な
作品が好印象でアンナチュラル冒頭回で交際相手から結婚のプロポーズ
されたものの、仕事で調査した男性と交際相手の物語とうまく共鳴させて石原さとみ演じる三澄の葛藤が小出しで延々と続く・・・・
こんな恋愛がメインではない作品が良いと思います。
綾瀬はるかさんとの差を感じるのは、石原さんは既婚者を演じた印象が薄いって感じかな?来年の大河ドラマでも妻役を演じる綾瀬さんも注目しています。

名無しさん
打ち上げの席でそういうスピーチをしてしまうところが
人間の幅の狭さを感じる。
そういうところが演技にも出るんだよね。
自分は責任感じての謝罪かもしれないけど、懸命にドラマ作りに携わった方達に失礼じゃないの。
せっかくのお疲れ様の空気を悪くするし泣かれちゃまわりも困るよね。
悔し涙は一人ひっそり流せばいい。

名無しさん
熱意が強かったと。
そういうのが鼻につくんですよね。
綾瀬はるかさんは嫌味がないですよ。
それでいて、凄い役作りに力を入れていたのだろうなと感じる。
竹野内豊さんが素敵だったことを差し引いても綾瀬はるかさんの圧勝だと思いましたけどね。

名無しさん
綾瀬はるかさんは大好きな女優さんです。
「世界の中心で愛をさけぶ」での
綾瀬はるかさんと山田孝之さんが印象的でした。
綾瀬はるかさんが坊主頭にして熱演していたのは素晴らしいと思いました。
その後に「白夜行」ではまったく違う
役柄を演じていていろんな役柄ができる女優さんだなと感じました。
個人的には綾瀬はるかさんの方が
石原さとみさんよりは演技力はあると
思います。

名無しさん
キャストが数字に最も影響を与えるのは初回だろう
「好きな俳優が出る」「あのアイドルが出る」
これだけで見る人が一定数いるので初回の数字に大きく影響が出る
ストーリーはその数字を維持する役割を担う。
「この人が出るから見たけどつまんない」「面白くないからもういいや」で離脱する人数をいかに減らすか
逆の見方すると話が良作ならば「すごくいいらしい」「興味なかったけど見てみるか」で話題になり数字が増える。
石原さとみの場合、俳優としてはベテランなのである程度使いどころ、ランク、あてやすい役、不向きな役、これらは分析済みので
誰をどう使うのか、の選考をするのはやはり製作陣。
中盤の離脱理由「役に合ってなかった」「話がつまらなかった」等は俳優よりも製作陣のせいだろう。一人二人熱演したところで土台の話ができてないとどうにもならないのだから。

名無しさん
役の掘り下げができてなかったと思う
高嶺の花を演じようと頑張ってたけれど大事だったのは気品とプライドで(美人&高飛車)じゃなかった
早口で話し方が下品だった
指先の動きや所作、流し目などで魅力を表現して欲しかったのに視聴率狙いのフェロモン攻撃にどうしたらいいかわからなくなって翌週見忘れた
色気はフェロモンじゃなく弱さで出して欲しかった
役柄のモデルとしては中居正広かな…
ふざけて弱音をはぐらかしたり、天邪鬼なところとか、キメるところは表情が別人
裏表があるけれど、本当は優しくて弱くて儚げで強くて恐ろしい人
複雑だけど、こんなタイプが弱音吐いて頼って甘える姿が最高にそそられる
しかもブサイク相手に…
野島伸司的にはそこを狙ってたんだろうな
しかもブサイクのブサイクなところしか見えてなかった
だから上から感が消せてなかったなぁ
でも、悔しかったなら良い経験になると思います

名無しさん
ライバルがいるってことはいいことでしょう。
勝ち負けに拘るのも大事だけど、意識しずぎると結果がついてこないケースって多いからな。綾瀬はるかの演技が評判いいのは普段の天然キャラとのギャップも視聴者の刺激になっているのだと思うし。
それにスタッフや演出、共演者など作品は全員で作るもの、「自分の全責任」だって言われると関係者は逆に辛くなると思うし嫌な気分になります、石原さんだけの作品ではなく、関係者みんなで作るもの。逆にヒットしたら、私一人のおかげでヒットしたと思うわけでしょう、そういう発言が出てくる時点で綾瀬はるかには、まず勝てないです。

名無しさん
>“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”
確かに「演技の幅」では綾瀬はるかの方が上だと思うし、
「何をやってもキムタク」と同じように「何をやっても石原さとみ」と言われることがあるようだが、
そこまで全責任を背負い込むことはないだろう。
ドラマや映画は出演者・スタッフ全員で創り上げるもの。
そんなに全責任を背負い込むと、逆に「お前一人のためのドラマではない」と言われそうだ。

名無しさん
演技力は石原が上っていうのは本人が語ったの?
又聞きとか記者の憶測なら勘違いを生むような事は書かない方がいい。
ただ、世界の中心の綾瀬はるかは白血病患者になり切って坊主にするだけでなく、徐々に痩せ細っていく役者魂のようなものも感じられて、当時は凄い人が出てきたなと思った。
石原さとみにそこまで出来ると思えないし、何を演じても石原さとみになってしまうから、逆オファーとはいえ、石原さとみを選出した側にも問題があると思う。

名無しさん
脚本が面白いか、否か。
それに尽きると思います。
野島脚本は「ザ・昭和」
野島さんて一人、昭和に取り残されているのでしょうか。
古臭いことこの上ない。
キャスティングには問題はなく、ただただ脚本が悪すぎましま。
「高嶺の花」は第4話まで我慢して見ていましたが、余りにもつまらないのでリタイヤ。
対して「義母と娘~」は、本当に面白かった!
キャスティングも良かったですし、脚本が面白い!
脚本が面白いから、演出も面白くし甲斐があります。
コメディタッチなのですが、まんまと泣かされました!
主演がどうとか、そういう問題ではないのが明白なのに。
脚本ではなく主演が悪いという風潮が日本にはありますよね。
どんなに古臭くつまらない脚本家でも、そんなに偉いのでしょうか。

名無しさん
今期のドラマを見ながらふと、この二人同じ事務所なのに絡むこと無いよなぁと思った瞬間がありました。
オスカーなら主演、バーター的な関係で絡む事が多いけど、過去を遡ってもこの二人が共演してるイメージが無いなって。
片や鳴り物入りデビューの石原と、片やグラビア下積みから力を付けてきた綾瀬。違う道を歩みながらここまで上りつめてきたように思います。
もし高嶺の花と義母ムスの役が入れ替わってたとしたら、2作品ともここまで面白くならなかっただろうし、タイプが違う女優だからハマる役も違ってると思う。
現時点では綾瀬はるかの方が役柄に適合できる幅が広いのかも知れないけど、二人とも息の長い女優として活躍していくと思うので、年齢ごとにいい作品に巡りあえば、評価もその度に変わっていくのではないでしょうか。

名無しさん
別に演じる側がラブストーリーはいつが最後とか決めなくても、ある程度の年齢になればオファーの内容が変わって来るだろうから、そこで上手く淘汰すれば。それに石原さとみは、ラブストーリー向いてると思うよ。

名無しさん
脚本家との相性がよくなかったのかも知れない。石原さんが悪いわけではなく野島さんのイマジネーションを刺激するタイプではなかったように思えました。(逆に芳根さんは刺激するタイプだったからか『なな』は魅力的だった。)
舞台経験や演技力を重視するならファッションアイコン的な部分を封印する覚悟で仕事を選ぶように方向転換したほうがいいのでは?
他と較べるのではなく自分を高めるように気持ちを持って頑張って欲しいです。

名無しさん
いまさら野島伸司はないよな。それと石原さとみの相手役なんだけど奇をてらいすぎてないか?話題性を狙ったのかもしれないけど他に相応しい役者さんいたと思うけどね。石原さとみが責任うんぬんよりもプロデューサーを始めとした制作側に大きな責任があると思う。

名無しさん
文章を読んで、石原さとみさんに良かれと思っての感想文でしょうけど、却って石原さとみさんのイメージダウンに成りそうな内容なのは何故でしょうか?綾瀬はるかさんと比べても仕方がないと思います。綾瀬さんは、NHKの大河ドラマのヒロインやNHKの夜ドラマを何度もこなして居て、若い層にも高齢者にも知られて居る強さが有るのですから、31歳と33歳で同じ事務所だからライバルと決め付けなくても、俳優さんは年齢に応じた役柄が、向こうからやって来るものだと聞きますから、視聴率等に気を病んでもつまらない事です。見た目が綺麗な女優業ですが、気持ちは男の様に強く逞しく、健康体で無ければ長くは続けられないのだと、昔、有名な女優さんが話して居ましたから、そうなのだろうなぁと思います。悔しさをバネにして、次を頑張れば良いんじゃ無いでしょうか?

名無しさん
ドラマの視聴率なんて一人の出演者の力でどうにかできるものではないから仕方ない部分もあると思う。
でも、彼女の演じる役は良くも悪くも全て”石原さとみ化”してしまうのが残念な所ではあります。
それに対して綾瀬はるかの演じる役には”綾瀬はるか”であることを視聴者に強く意識させるクセがない。
その違いは大きいと思う。

名無しさん
石原さとみは、綾瀬はるかをライバルだなんて思わないでほしい
どう考えても綾瀬はるかの方が格上です

名無しさん
いやいや今回はネタと脚本の勝ち。
今はドロドロ重たいのより
応援したくなるドラマが人気あるように
思う。
義母ムスが想像をはるかに越えて
面白すぎた。
個人的には
石原さとみが負けたって感じはしない。
ただ、石原さとみは何やっても
石原さとみになってきた気もする。
綾瀬はるかにはそれがない。
今回は完全にバリキャリのあき子さんだった。
石原さとみは、石原さとみだった。

kujaku・akira
ストーリーは好みが分かれるとして、演技力としては綾瀬はるかに及ばなかった。
綾瀬はるかは今まで見たことがない役で、新鮮な演技が面白かった。
一方石原さとみ方はかぶった役じゃないと思うけど、どこかで見た演技だった。
綾瀬はるかは大抵の役で演じ分けができるが、石原さとみは演技にパターンがある気がする。
個人的見解なので正しいかどうかは分からないけどね。
ただドラマはどっちもそれなりに面白かった。
ぎぼむすのほうが好きではあったけど。

名無しさん
彼女は狸顔なのもあり、高飛車で気の強いプライドの高い役よりも、不器用で頭を打ちながらも這い蹲るような泥臭い役の方が合っている。
高嶺の花は、全体的に古臭い演出が目立った。
香里奈との高級マンションの一室でのやり取りはバブル期のW浅野を彷彿とさせたし、石原さん自身が喜怒哀楽を表す時の大げさな身振り手振りはまさに全盛期の浅野温子だった。
実際、月島ももの役は当時なら浅野温子が演じたと思う。
セリフが多いのか非常に早口で喋りすぎる印象も強かった。
そのせいで存在感が軽く見えたことも残念だった。
いつか本当の当たり役にめぐりあえることを祈っている。

ppmm
トータルで、綾瀬さんを好きです。
石原さんもとても素敵ですけど、綾瀬さんのほうが、どうしても上なんですよね、私の判断、好みでは。
そういった個々の判断や好みが、視聴率、人気にあらわれるのではないかと思うんです。
応援していますし、これからも頑張ってください

BOO
世界の中心で愛を叫ぶが石原さんだったら、あの感動が薄れそうだ。
綾瀬さんがライバルとか、どんだけ自己評価高いのかね。
謙虚さの無いところが芝居にも出ちゃってる感じ。
どちらかというと、ライバルは桐谷美玲さんでは?
どのキャラを演じても同じというところが似てる。

名無しさん
石原さんの出演されているドラマより、綾瀬はるかさんの出演しているドラマの方が観たいと思ってしまいます。個人的に石原さんの声がうるさくて苦手なのと、どの、ドラマも同じ喋り方に映って見えるように思います。
綾瀬さんの方は、毎回演じてる人になりきってるので自然とドラマに入っていけます。
義母むす、すごく感動しました。

名無しさん
綾瀬さんの肩をもつわけではないのですが、綾瀬はるかさんは今も会津へちょくちょく訪れているんだとか。彼女は役に立ちその振る舞いはもちろんですが人としての魅力っていうか、そういう優しさだったりがあるんだと思います。
むしろ勝った負けたなんて事を己自身としてはあっても他人と競うようなレベルでは少なくとも今の彼女は無いと思う。それが慕われ、好かれ、役にもハマり視聴率も人気もあるんだと思いますよ

名無しさん
声優に向かない声があるように、
法律家に向かない思考様式があるように、
芸術家に向かない即物的実直性があるように、
金融業に向かない経済観念があるように、
体操選手に向かない体型があるように、
正直、彼女の「存在感」が「ドラマ」に向いていない気がする
それを言ったら実も蓋もないのだが
いや、「存在感がない」とは言ってない
ただドラマってある程度の人数の集団による「全体としての芸」だから
スーパーの調味料コーナーの棚に、
誰かが放置したボックスティッシュがあるような感じ・・・
・・・ちょっと厳しかったかな・・・まあ
もっと酷い人だって、それこそ沢山いることは認めるが・・・

名無しさん
彼女が出演するドラマの問題点は、演出だと思う。
演出があまりに「石原さとみ」を見せたがりすぎる。
事務所から演出へのオーダーが影響してると思うけど、演者を際立たせすぎてストーリーが入って来ない。

名無しさん
石原さとみは、魅力的で可愛いと思う。けど、演技が好きじゃない。
綾瀬はるかのほうが、どんな役を演じても自然体で、わざとらしさがない。
石原さとみは、何をやっても石原さとみにしか見えない。演技をしてる自分に陶酔している感が時々垣間見える気がして、観ていて醒める。
「世界の中心で愛を叫ぶ」で綾瀬はるかが演じた役が、元々石原さとみが演じる予定だったらしいけど、間違いなくあの役は、綾瀬はるかが演じて正解だったと思う。

名無しさん
キャスティング 演技力もダメだがそれ以前に話の内容が難しい    あの内容はどちらかというと大人向けの内容   子供にはちょっと難しいと思う  今のご時世子供がいる家庭はテレビで観る番組は結局子供が面白いと思う番組が視聴率が高い   だからジャンルは違うがイッテQなどのバラエティ番組は子供が面白いと思うから視聴率が高い     これからはドラマも子供や全層が面白いと思う内容  それに見合ったキャスティングを選ぶべきだ

名無しさん
脚本家が…
 今回は、かって勢いある脚本家起用して、局側や脚本家側が面白いと騒いで、一部報道もそれに寄ってたけど、視聴者からの評判が厳しかった作品がいくつかあった。
 製作側はかっての功績やお付き合いがあるのだとは思うが、視聴者目線ではない感じはした。
 スポンサーや受信料払ってる側のことももう少し考えてはほしい。

名無しさん
顔の好みは分かれると思うが、演技力や高感度なら綾瀬はるかの勝ちだろうよ?

名無しさん
一見ラブロマンスだけれど、高嶺の花は芸術家の生き様がベースにあって万人受けはしづらいし、ホームドラマの義母と娘のブルースとはスタートから差が出るのは予想できる範囲で石原さんのせいじゃないと思うな。
綾瀬さんもいい女優だけど、あのドラマの成功は原作補完を丁寧にやった脚本家の力も大きい。
石原さんに亜希子はできないと思うけれど、ももも綾瀬さんがやっても視聴率自体は大きく上がらなかったと思う。
最終的には中身。

名無しさん
そもそも、タイプが違うから比べるのもライバルなのも可笑しいと思う。
石原さとみは今時の明るいけど真面目な子だけど、綾瀬はるかは大人しい中に面白さがあるタイプでしょ。
歳近かろうが、タイプが違う。セカチュウは綾瀬はるかだから当たったんだと思う。
石原さとみは石原さとみにしかできない、綾瀬はるかには綾瀬はるかしかできない役があるよ。
逆に義母を石原さとみが、高嶺を綾瀬はるかがやったところでどっちも当たらないよ。
脚本に石原さとみが合わなかっただけ。悪いのはなにかと言えば脚本とキャストの作品上の相性だと思う。
私は高嶺好きだったよ。
でもプーさんがイケメンじゃないとこも好き嫌い別れると思う。中身を理解できる大人じゃないとプーさんの良さわからない。義母はイケメン使ってるし脚本も万人受けするからな。ホントの勝負は全く同じ条件ですることだと思う。

名無しさん
高嶺の花。個人的には、女性が自立しようとして、頑張っている姿。滑稽だと思える要素が垣間見れ。でも、女性にはアンバランスさ、滑稽さがつきもので。それがメッセージなのか?素なのか?と思うと、見ていて伝わったので楽しかったです。
不器用さは知っていて、頑張らなきゃならないと思いながら投げやりにできたらなって。
でも好きなものを貫きたい。いろいろを自分らしくできたら楽だろうなと思う視聴者の1人でした。
義母も楽しかった。でもリアリティさは義母の方がないと思った。
はるかさんは、リアリティの無さを演技力でカバーされているので素晴らしい女性。
高嶺を、はるかさんがしたら、人間の生々しさは伝わらなかったかな。
両方とも、良い作品でした。
批判をすれば、良い?場なのか?この、コメント枠。
非難するより、自分らしく解釈していけば良いと思う。

名無しさん
綾瀬はるかはセカチューで坊主にはなってないでしょ。
石原さとみと綾瀬はるかって好みもあるし、演技力がどちらにあるのかって判断はできないけど、少なからずアンナチュラルが当たった事で自信がついたんだろうね。
アンナチュラルが当たったのは脚本が良かったから。
高嶺の花が外れたのは脚本が悪かったから。
正直、演技力云々の前に脚本としてどうなのかって事がドラマは重要。
ラストにあんな馬鹿みたいに「私はお花」なんて連呼するドラマ、誰がやっても外れると思うけど。
この記事で一番の驚きは野島伸司がそんな偉そうな事を言ったりしてたってこと。そんな女優にダメ出しするほどドラマの事分かってるなら、こんな古臭いドラマにならなかったと思うけど。
なんか昔のように名言残したがりな、いかにも野島伸司って感じのドラマだったから今の時代に合わなくて外れたんだと思う。

けーわんさん
高嶺の花、観ました。個人的には面白かったと思います。天才で、強いけどもろい、父親役が「あれの情緒が安定してた事があるか?」というように、激しく、でも純粋で、魅力的な主人公だった。それだけに、難しい役だったと思います。
最後の方は2桁行ったし、決して低視聴率ではないと思うけど。…最初の2話くらいは、伏線がありすぎて、やや間延びした感があり、その辺が視聴率もとれてない。そして全て回収もできてないように思うので、脚本が万人受けはしずらかったように思う。
石田さんは、氷点から、失恋ショコラティエ、アンナチュラルなど色々拝見させて頂いてます。小池真理子さん原作の恋など、超シリアスで難しい役だったと思いますが、全て色々な表情を見せて下さり、親世代の女性の私ですが、演技は上手だと思っています。

名無しさん
よくわからないけれど綾瀬はるかの方が仕事に対しての姿勢がプロを感じさせる。並々ならぬ努力とか。女優さんは、若いうちは可愛い、綺麗でもてはやされるだろうが、最終的には、やはり仕事としてのプロ意識の違いが演技に違いをもたらすのか?というか、演技していてもその人の人間性からくる表現が表れるのでは?そういう意味で元々綾瀬はるかの方が男女問わず優しさがにじみ出た人柄を感じるし、石原さとみは、男性に媚び売り、傲慢なイメージが強い。そういう根本的な部分が演技の差に出るのでは?もちろん、主演のみならず脚本、キャストあらゆる要因が低迷の背景にあったとは思うが、「全て私の責任」というほど、自分が出れば高視聴率という思いの自惚れ感が感じられてしまう。

名無しさん
みなさん、相手役の峯田さんへの批判が多いですが、私は峯田さんは今回のドラマ見るまで全く知りませんでしたが、このドラマを最後まで見たのは峯田さんを見たくてです。石原さとみさんはおしゃべりしないと綺麗な女優さんですが、やはり品の無さは否めないと思います。そんな中で峯田さんのプ-さんの良さが際立っていたと思います。あまりにも批判が多いので、他の俳優さんを考えて見ましたが、今回の役は峯田さんがハマり役だったと思うのですが、

名無しさん
脚本がそもそも義母と娘のブルースの方が面白かったのはあるけど、綾瀬はるかは自分の個性を前面に出さず、きちんと役に徹し演技していた。
対して、石原さとみは自分の方が上手…という我の強さが出過ぎていた。もう少し肩の力を抜いた、見ている側も自然に入り込めるような演技だったら、少しは面白くなったかも。
綾瀬はるか派だけど、石原さとみもかわいいから、より大人の女性役を楽しみにしています。

名無しさん
内容よりも↓相手の人が問題でしょう!ひよっこの時にいい味だしても、石原さとみの相手役には
イケメンでないと
素材は悪くないのに貧乏で人がいいだけの男?逆シンデレラ物語
金持ち令嬢に好きになってもらう3枚目?脚本ではいいけど映像になったら
やはり綺麗なものを見たい!主役の相手役じゃなければ問題はないのだろうが?
2話まで見て続きがまったく気にならないし二人がどうなろうとどうでも良かった!
これはいけるって思った制作側の人は次はドラマやめた方がいい
そんな考えだと視聴率なんてとれません

名無しさん
綾瀬はるかは天然での演者なので、それに真っ向勝負しようということ自体が間違ってる。石原さとみはいつもそうなんだけど、脚本に恵まれず、どのポジションでやりたいのかもわからなくて、ふわふわしているから、見てて苛立ちがある。あと、どうしても演技しているようにしか見えないのも不思議。自然な演技が見えないんよね。

名無しさん
石原さんはラブコメディ(ITとか校閲のドラマ)をやりたいのか
シリアスもの(アンナチュラル・本作)をやりたいのか
はっきりさせた方がいい。
今回の野島作品は、初回見逃すと途中参加が一気に厳しくなってたから
作品の質とは別に数字分析の因数分解を本人は意識すべき。
校閲・アンナチュラルも、視てた人にとっては満足度高かったと思うよ。
脚本に恵まれているなあと感じる。

一方、綾瀬さんのは1話完結ものが比較的多いので
その分数字が取りやすい。西島さんとのボディーガードものとか。
爆発しない分、大コケもしにくい。ターゲット層が気軽に視やすい。
結果、石原さんより格が上になる。

英語しゃべれるんだし、海外ドラマ進出して逆輸入できたら
一気に格あがるんだけどね。そういうブランディングは
ホリプロ側にはないのだろうか。


匿名
高嶺の花は話が難しかったかな。最後は巻き返しましたが、途中つまらなく感じた回が何回かありましたし。ぎぼむすは最初から最後まで安定して面白かった。勝ち負けじゃないとは思うけど、あえて言うなら脚本を選んだ時点で石原さんは負けていたんだと思う。役の雰囲気も綾瀬さんはピッタリはまってて、役選びもお上手なんだと毎回思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA