篠原涼子、13年ぶりの舞台「アンナ・クリスティ」でむりやり若作り!?

Pocket

 女優の篠原涼子(44)が12日、東京・千代田区のよみうり大手町ホールで舞台「アンナ・クリスティ」のプレスコールを行った。
米劇作家ユージン・オニール氏による戯曲で、日本では初演。篠原は二十歳の娼婦、アンナを演じる。
舞台は13年ぶりで初主演。「すごく憧れだったので、勉強にもなるし、自分にとってターニングポイントになると思ったので挑戦したいなと思った」と心境を語った。
若い役柄については「(台本の)ト書きで『二十歳』って書いてあって、書かなくてもいいのにって思っていた」と苦笑いでぶっちゃけ。「最初は声のトーンを上げたり、むりやり若そうに演じたけど、(演出家の)栗山民也さんが『すごく苦労した女性なので、そんなに若く演じなくていい』って言ってくれたので、二十歳だけど二十歳じゃない感じでやっている」と笑顔を見せた。
共演は佐藤隆太。同所で13日~29日まで。その後、大阪でも上演。

<公演日程>7月13日-29日 東京・よみうり大手町ホール

出席者:篠原涼子、佐藤隆太

2018年7月13日;東京・大手町
4分40秒

【時事通信社】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA