広島県坂町で“砂防ダム”決壊 土砂をせき止めるはずが・・・ 

Pocket

 西日本豪雨では、ANNのまとめでこれまでに188人が亡くなり、72人の安否が分かっていません。大規模な被害が出た広島県坂町では、土砂をせき止める役割の「砂防ダム」が決壊し、なくなっていたことが分かりました。

 決壊した砂防ダムは坂町を流れる天地川の上流に1950年に建設されたもので、高さ11メートル、幅50メートルありました。しかし、広島県が8日に確認したところ、厚さ2メートルあったダムの壁は土台を残してなくなっていました。県は、想定以上の土砂が押し寄せたことが原因とみています。

・・・その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA