乾貴士 スペイン大使館でレアル・ベティス入団会見 質疑ノーカット

Pocket

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表で、スペイン1部リーグのエイバルからベティスに移籍した乾貴士(30)が12日、東京・港区のスペイン大使館で入団会見を行い「攻撃で違いをみせられればいい。守備もしながら貢献したい」と抱負を述べた。契約期間は3年。背番号は乾の希望でW杯でも背負った「14」。

 スペインリーグの新加入選手が国外で入団会見を行うのは異例。大きな期待を寄せられる乾は「今年で30歳。これがラストの移籍になると思った。迷ったけど挑戦したい思いがこみ上げた」と経緯を振り返り、緑と白の縦じまユニホームを手に笑顔を浮かべた。

 レアル・ベティス・フェミニーナ所属のGK 山根恵里奈選手もトークセッションで参加した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA