【空撮・西日本豪雨】大雨特別警報1週間 7000人超が今も避難生活

Pocket

西日本を襲った記録的な豪雨は、土砂崩れや河川の氾濫など甚大な被害をもたらした。毎日新聞の集計で12日午後6時現在、14府県で死者は187人、安否不明者も64人に上る。数十年に1度の重大な災害が予想される「大雨特別警報」が九州から近畿までの広範囲に出されてから13日で1週間。7000人超が今も避難生活を強いられ、ライフラインやインフラの復旧も進んでいない。
【撮影・本社ヘリから加古信志】2018年7月12日公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA