三浦友和、14年ぶりの“ヒーロー”役「頑張りました」 劇場版アニメ「インクレディブル・ファミリー」

Pocket

 ピクサー製作の劇場版アニメ「Mr.インクレディブル」の続編「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督、2018年8月1日公開)の完成披露イベントが7月5日、東京都内で開催され、日本語吹き替え版の声優を務めた三浦友和さん、黒木瞳さん、山崎智史君が登壇。三浦さんは、スーパーパワーを持ったヒーロー家族、インクレディブルファミリーの父ボブ、黒木さんは母ヘレン、智史君は一家の長男・ダッシュを担当している。

 「Mr.インクレディブル」は、ヒーロー廃業に追い込まれた家族が再び奮起し、ヒーローとしての仕事と家族の絆を取り戻す物語。続編では、前作の直後のストーリーとなる。普通の生活を送っていたボブたち家族だったが、とあることをきっかけに母・ヘレンがイラスティガールとしてヒーロー活動をすることに。外で大活躍中のヘレンに代わり、家事・育児を任された父ボブは“イクメン”として奮闘する……というストーリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA