公安調査庁 教団主流派「アレフ」の札幌白石施設を緊急立ち入り検査

Pocket

地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の犯行を首謀した松本智津夫死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=ら7人の刑が執行された7月6日、公安調査庁は札幌市内の関連施設に緊急の立ち入り検査に入った。オウム真理教から改称した教団主流派「アレフ」の最大拠点とされる札幌白石施設=札幌市白石区=には、6日朝から報道陣が詰めかけた。鉄筋コンクリート4階建ての施設はカーテンが閉め切られ、インターホンにも返答はなかった。正午には、団体規制法に基づき、公安調査庁が緊急の立ち入り検査を開始。調査官10人が施設に入った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA