日本初、デジタルアート美術館「刻々と変わる幻想的な世界」を360°動画で見る

Pocket

日本で初めてのデジタルアート専門の美術館が、東京・お台場にオープンします。作品「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」の360°動画で幻想的な世界を体感してください。
※スマートフォン視聴の方は、YouTubeアプリをお使いください。

デジタルアートは、コンピューターやセンサーなどを使って生み出される芸術で、人の動きに反応して明かりや画面が変化するなど作品の一部になったような感覚になれるところが特徴です。
この美術館はチームラボと森ビルが東京オリンピックを前に日本を代表する美術館をつくろうと立ち上げたもので、およそ1万平方メートルの空間に、470台のプロジェクターと520台のコンピューターがフル稼働しておよそ50の作品を展示します。

DMM宅配買取

取材・360°動画撮影:テレビ朝日 経済部 村野俊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA