ディーン・フジオカのブレイクがきっかけ? 大谷亮平、葉山ヒロら“逆輸入俳優”の可能性(リアルサウンド)

Pocket

 ディーン・フジオカがNHKの連続テレビ小説『あさが来た』(2015)で大ブレイクして以降、急速に世に広まった“逆輸入俳優”という言葉。逆輸入俳優とは、先に海外(とくにアジア圏)で人気を博し、その後、日本に活動の拠点を移した俳優のこと。ここではディーン・フジオカをはじめ、逆輸入俳優の需要がなぜ高まっているのかに迫っていく。

 先述の通り、逆輸入俳優という言葉を広めたのは、『あさが来た』で“五代様ロス”を起こしたディーン・フジオカだろう。アジア周遊中、香港でスカウトされ、モデル活動を開始。その後、台湾でドラマや映画に出演し、人気俳優となっていく。日本のドラマへの出演は、2014年のNHK BSプレミアム『撃墜 3人のパイロット』が最初。翌年の『探偵の探偵』(フジテレビ系)では「あのイケメンは誰?」と話題になるものの、日本での知名度的にはまだまだ。しかし、同年放送の『あさが来た』で転機が訪れ、その後の快進撃は誰もが知るところだろう。

 そのディーンが主演を務めている『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)には、もう1人、逆輸入俳優が出演している。それが第6話より登場した香港マフィアのダニー・ウォンを演じた葉山ヒロ。デビューのきっかけはディーンと似たところが多く、彼も台湾旅行中にスカウトされ、現地でモデルや俳優として活躍。その後、ジャッキー・チェンの事務所JCグループにスカウトされて移籍したというツワモノだ。葉山にとっては『モンテ・クリスト伯』が日本のドラマ初出演となるが、広東語と日本語の両方を操る香港マフィアという役は、彼のこれまでの経歴からすると、まさにハマリ役といえるだろう。さらに、このドラマには台湾を中心に活動しているジョー・ナカムラも出演しており、ある意味『モンテ・クリスト伯』は“逆輸入俳優”ドラマになっている。

 そして、ディーンと同い年で、“第2のディーン・フジオカ”と称されている大谷亮平も言わずと知れた逆輸入俳優だ。モデルデビューこそ日本だったが、韓国で出演したCMから人気に火がつき、韓国で2011年の年間興行成績1位となった大ヒット映画『神弓-KAMIYUMI-』などに出演。日本のドラマには2016年から出始め、同年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で一気に知名度を広げた。

 この3人に共通するのは、30代半ばを過ぎてからの日本進出。本人たちが“逆輸入俳優”と呼ばれることに対してどう思っているのかはわからないが、ディーンの成功によって“逆輸入俳優“がブランド化したことは間違いない。さらに、海外での活躍を先に出すことで、芝居の実力を裏付けるというセールスアピールにも成功している。もちろん、それも本人たちに魅力があってこそのことだが。

 ディーンは現在、主演映画『海を駆ける』が公開中のほか、長瀬智也主演の『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)にも出演。大谷はドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系・7月16日放送開始)、次の朝ドラ『まんぷく』(NHK総合ほか・10月1日放送開始)に出演が決まっているほか、映画『ゼニガタ』(公開中)では映画初主演を務める。葉山はまだ次の日本作品は決まっていないようだが、日本のクリエイターたちが放ってはおかないだろう。これからまだまだ増えそうな“逆輸入俳優”たちの活躍から目が離せない。

一般動画


名無しさん
性格の良さが顔に出てるよね。
何事にも真っ直ぐ取り組む姿勢が、逆に世間からは芸能人、俳優としての面白味、インパクトに欠けるように映るかもしれないけど、この人の真っ直ぐさは本物だから時間はかかるかも知れないけど世間からは必ず認められる存在になると思うね。
今回のドラマの演技を見ててそう確信しました。

hag
ディーンさんに関して今回のドラマで他の人には、真似のできない存在感を示したのでは、無いかと思います。今まで出演した作品では、ドラマ終了後に必ずと言っていいほど批判的な意見が多かったけど今回は、絶賛の嵐、演技も素晴らしかったしあのグローバルな雰囲気は、いくら日本で人気のある俳優でも出せない物、これをきっかけに益々オファーが殺到するのではないでしょうか!

名無しさん
葉山ヒロの香港マフィアのボス役はワイルドでで魅了されました
意外にもあっさりヤラれるギャップも良くてもっと活躍を見たくなった
>海外で活躍している日本人が国内で海外のノウハウを伝え
日本の芸能界が逆に海外で幅広く活躍〜
「モンテ・クリスト伯」に起用発表の時の彼のインタビューでの言葉
自分のことだけでなくグローバルな視点を持つ役者に心惹かれました

名無しさん
素敵でした、モンテクリスト伯。
また見直しをしたいと思います。

名無しさん
2006年の台湾ドラマ出演のディーン・フジオカを最近、見た
香港のクラブで飛び入り参加で歌披露の際にスカウトされるのは当然と
いったビジュアル(まだ7話しか見てないが内容は日本の戦隊モノ風?)
厳しい中華圏芸能界で揉まれ顔面麻痺も乗り越えた人間性の深みが魅力
「グッドモーニング!ユキオサ〜ン」のダニー・ウォンは少ない出番
ながらインパクト大でやはり長年活躍してる役者だな〜と…また見たい

名無しさん
注目されるのは分かる気がする。
事務所のゴリ押しした知名度俳優じゃなく、「本物」が見たいんですよ。皆。
海外の実績があれば素晴らしいとは限らないけど、少なくとも日本の業界関係者によるムラ社会で持ち上げられた人間よりは期待してみたくなるじゃん。

名無しさん
みんな素敵な俳優さんだと思うけど、ディーンさんを超える俳優さんは多分いないと思う。1番、純粋な少年がそのまま大人になったような雰囲気だもんね。実際は分からないけど(笑)

名無しさん
>ここではディーン・フジオカをはじめ、逆輸入俳優の需要がなぜ高まっているのかに迫っていく。
全然迫ってないんだけど。

名無しさん
逆輸入女優の笛木優子もブレイクこそしてはないけど、成功してる一人だろうね。
でも逆輸入もいいけど、輸出出来る役者が増えるといいんだけどなぁ~

名無しさん
ディーンのだいぶん前だけど、金城武がいた事を忘れないであげてーー!!

bunbun
モンテクリスト伯を見て思ったのがカメラワークが日本のドラマと違っていたのに気づきました
日本のドラマって正面からアップで撮るのに対して斜め下や俯瞰で見る視点など確かに海外ドラマ見てる感じ

名無しさん
海外で活躍していた役者を逆輸入俳優というのはあまり好ましくない。
矢野浩二さんだってそうなんだから。

名無しさん
ディーン様が断トツだよネ~
あの顔よ~
レベルが桁違い~
今は色々悪く言われる事あるけど~
必ずイイ俳優さんになると思う~
他の俳優だって~
初めの頃は
ヤバかったよネ~(笑)

名無しさん
日本語以外にも話せるのが良いのでしょうね。
素敵。

名無しさん
おディーン様がブレイクしてここぞとばかりに漁りに行ったなと思いました。大谷良平さんや笛木優子さんが出てきたとき。
なんてゆうか、人生ってタイミングと運とご縁ですよね。

名無しさん
五代友厚の頃が懐かしい。

名無しさん
お金のためとは言え、安易にミュージシャンを気取るのは止めて欲しい。

名無しさん
ディーン・フジオカしかり、大谷亮平しかり、色気がありすよね。

匿名希望
逆輸入俳優で演技上手い人っていないと思うけど。

名無しさん
ふーん。

名無しさん
個人的に、嫌い。
どーでもええ話だな(笑)

非公開
一時期世間で騒がれてたけど正直ディーンフジオカの良さが全然わからない。
演技もヘタだと思うし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA