スペインの名将が、乾&香川に賛辞。「W杯でもサプライズとなりうる」(webスポルティーバ)

Pocket

「攻撃から守備に移る際のトランジションには改善の余地がある。日本はしばしば攻めに強迫観念が見られ、守備が疎(おろそ)かになっていた。そこは注意点だろう。しかし攻撃に関するスピード、テクニックのコンビネーションはレベルが高く、W杯でも十分にサプライズとなりうる」

 日本代表のパラグアイ戦をスカウティングしたミケル・エチャリは、課題を指摘しつつも、最大級の賛辞を送っている。

 スペインの”千里眼”エチャリは、90年代にはエイバルを率い、「いい守備がいい攻撃を作る」という堅実な戦い方で成功を収めている。当時はセミプロに近い選手たちだったにもかかわらず、選手のよさを十分に引き出した。「戦えるチーム」というと抽象的だが、それをロジカルに作り上げる手腕を持っている。

 そのエチャリがコロンビアとの前哨戦、パラグアイ戦を検証した。

「日本はこれまでとはガラリとメンバーを変えている。テストの色が濃厚だった。もっとも、プレーコンセプトとしてはスイス戦と変わっていない。ボールをできるだけ繋げる、そういう意思をキックオフから示している。

 パラグアイは4-1-4-1で中盤を固め、慎重な守備的布陣だった。アンカーに入ったリカルド・オルティスは左利きで、他のパラグアイ選手と同じようにスピードはないが、フィジカルが強く、中心になっていた。基本的にはブロックを作って誘い込み、カウンターを仕掛ける戦いで、セットプレーのパターンも選手の配置がよく、成熟を感じさせた。

 日本は守備からスタートするパラグアイを相手に、イニシアチブを握っている。コンビネーションを使い、深さのある攻撃を仕掛けた。ただ、スピードが上がり切らず、崩し切れない。

 そこで気になったのが、攻撃から守備への切り替えの遅さである。長谷部誠がいれば、そこまで目立たなかったのかもしれない。しかし、この日、先発した柴崎岳と山口蛍は守備面で物足りなさがあった。

 柴崎の攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができる。一方で、出場した試合のほとんどの失点シーンには、その前後に彼の影があって、守備の強度に問題を抱えている。山口のポテンシャルについては間違いなく、ロンドン五輪前から注目してきた。周囲をカバーし、チーム全体を動かす役割を、昨年のベルギー戦はできていた。しかし、パラグアイ戦では危なっかしかった」

 前半32分。パラグアイは右タッチラインのスローインからペナルティエリアにボールを入れる。日本はこれをクリアし切れず、こぼれ球を拾われ、オスカル・ロメロに先制点を叩き込まれた。

「まず、エリア内の球際の争いで、柴崎のファイトは不十分だった。また、バウンドしたボールに対し、昌子源も寄せが甘い。そして東口順昭も反応できたはずのレベルのシュートだった。もっとも、GKは密集したディフェンスのせいで、球の軌道が見えなかったのだろう。

 この失点の問題は、守備強度の低さもあるが、それだけではない。後ろに人がいるだけで、ポジション的な優位を失い、むしろ不利になってしまっていた点にある。日本は2失点目でも同じようなミスを犯している」

 エチャリの洞察力は日本のミスを見逃さなかった。先制点は失った日本だが、後半に入ると、乾貴士が2得点を決めて逆転に成功する。

「この日、乾は前半からダイアゴナルの動きで、パラグアイ守備陣に脅威を与えていた。スペイン、エイバルで研鑽を積み、連係力が高くなった。後半6分、左サイドでボールを受けると、香川との壁パスで抜け出す。リターンするそぶりを見せながら、香川が開けたスペースに入れ違いで入り、右足で巻くようなショットを決めた。

 香川のパス、走り出すタイミングやアングルも申し分なかった。現時点で、トップ下としては本田圭佑よりもいい状態にあるのではないだろうか。逆転ゴールの場面も、スモールスペースでの香川の天才性がよく出ていた。

 18分、右サイドからバックラインの前を横切るようなパスが来ると、香川は背後にいた乾の存在を感じている。香川は自分に敵を引きつけることで、乾をポジション的優位にした。おかげで乾はアドバンテージを持ってシュートを打てており、質の高いコンビネーションからの逆転弾になった」

 その後、日本はオウンゴールでリードを広げるが、FKからの流れをしのげず、ロングシュートを蹴り込まれて2-3と差を詰められている。89分に香川が4得点目を決め、再び点差を広げたものの、課題が残った。

「1失点目のスローインのときもそうだったが、全体が下がりすぎ、中盤で相手を有利にしてしまった。柴崎の甘いクリアを完全にコントロールされ、フリーの状態で打ち込まれた。戦術的に稚拙な失点だった。数的優位という感覚で枚数を増やすことに必死になるのではなく、常にポジションをバランスよく取ることを心がけるべきだ」

 エチャリはそう警告し、最後にコロンビア戦に向けてメッセージを送る。

「ここまでの3試合、戦術的には上向きだ。長谷部が戻れば、中盤はより強固になる。乾貴士、原口元気は両サイドで攻撃から守備、守備から攻撃のトランジションのスイッチになれるだろう。そして長友佑都は乾といい呼吸をつかめるのではないか。また、香川はインスピレーションを取り戻したように映る。

 1トップに関しては迷いどころだ。パラグアイ戦では岡崎がいい動きでスペースを作り出していたが、実際にボールに関わるプレーが少なかった。武藤は有効なプレーが多く、強度の高さも見せていた。そして大迫勇也は得点数の少なさ以外は弱点のないFWだ。

 しつこいようだが、日本は攻撃を焦ってバランスを崩さないことである。それさえ忘れなければ、日本は波乱を起こせる。ポテンシャルはある。幸運を祈る」

DMM GAMES 遊び放題


名無しさん
このエチャリの分析は本当にタメになる。
ハリルと同じサッカーだったって言ってる人たち、それも日本人の記者とか専門家はこの人の記事を良く読んだ方が良い。
山口蛍がやたらとこの試合で絶賛されてるからエチャリはどう考えてるだろうかと思ったけど、やっぱり守備面で問題があると見てるのね。
山口蛍はこの4年間でパス能力が大きく向上して、セレッソでは配給役と縦パスを入れるスイッチの役割、縦に飛び出すっていう攻撃面で進歩したけど。
守備面は逆に劣った感じがする。
相手選手をガツガツ潰せなくなった。
あと柴崎もこの試合で絶賛されてるしオレもスタメンで使ってほしいと思ってるけど、W杯で戦う相手だとボランチでは守備面では物足りなさが出てくる。
ヘタフェでもトップ下でも使われたのはやっぱりボランチでは守備面が劣ってるっていう評価をされてるからだと思う。

名無しさん
分かり易い記事だ。
柴崎は守備の不安があるとしても攻撃やパス回しの起点になっていたし、プレッシャーかけられてもボールロストは少ないので本番でも乾と合わせて是非スタメンで使ってほしい。相手がボール保持しているときに、乾は前線の香川と岡崎に「今は前から追っていい」「今は(後ろが整ってないから)駄目」と指示していたと解説でも言っていたし、かなり重要な事のように思う。
右サイド武藤がけっこう機能してたし、香川と乾、香川と岡崎の連携も良かったからコロンビア戦でも前の4人は同じメンバーで良いかも。
岡崎の前線から追いかけるスピードは最近の本田や大迫にはなかった。大迫もパラグアイ戦は途中から入ったせいか普段の試合より結果を出そうと必死にやっているように見えた。

名無しさん
解説に評判のある戸田さんもエチャリと同じような寸評だった。
パラグアイ戦が上手くいったのはまず、パラグアイは次回のW杯に向けての新規のチームであるから準備不足であった事、それと岡崎、乾、香川、武藤の4人の前線からの連動した守備による貢献度の高さを上げていた。そのおかげで3列目以降の選手は的を絞りやすくプレーしやすかったと。それでも柴崎と山口のボランチの連携の不味さから何度も失点の危機があったと。

名無しさん
山口は人に強いが、ポジショニングが悪い。
ボールホルダーから奪う場面を見て「守備いいね!」と言われるが、本来ならそのピンチを招く前に摘み取れる芽が見えてない。
パラグアイ戦でも乾の背後のスペースは山口が見るべきだったが、詰め切れなくて何度かピンチを招いてる。
柴崎はスペインに行ってポジショニングは良くなったが、対人の強さはまだ弱い。危険なポジションに顔を出しているが奪えないので「守備が弱い」と言われる。それでも顔を出すだけ良いと思う。世界では弱点になり得るが、そもそもそこに居ないよりは居た方がいい。
長谷部は危険な所は見えている。
ただ、スピードが衰えて本来埋めるべきスペースに間に合わないことが多い。本人もわかってるので引き気味になり、相手にスペースを与える。パラグアイ戦のような守備には向かない。…というか、もう中盤の選手としては厳しいと思う。
今野を欲しがった理由は理解できるね。

名無しさん
やっぱり守備の強度だよな柴崎をボランチに置く怖さは。五分五分の浮き玉に足だけで取りに行ったり簡単にファウルを犯してセットプレーのチャンスを与えたりと不安は大きい。
それにパラグアイ戦で何度も縦パスを通して起点になっていたから、攻守に狙われる可能性が高い。ただいないと良いタイミングで香川や乾にボールが渡らない。
本人も周りもどうにかこれを改善する方向に調整してほしい。

名無しさん
予選で特にそうだったけど、中央のスペースが無い時、シュートで終われないでグダってボールを取られてのカウンターで守備の負担が多かったから、今回の乾と柴崎のミドルが多いのは良かった。
反面、柴崎は守備よりも攻撃の選手で、山口は守備的とは言え、長谷部に匹敵するワケではない。
結局、守備的ならば山口、攻撃的ならば柴崎で、そのどちらにも相方は長谷部ではなければなけない点は相変わらず。
DF陣はゾーンとプレスは良くても、ゴール前の乱戦で二の足を踏んでグダって相手にシュートを打たれる悪癖は相変わらず。
故に、なるべくそうならない様にボランチ重視のMF編成でなければならない。
となると、柴崎は攻撃オプションとした方が良いだろう。
日本のFWは点取り屋と言うよりは、プレス重視で守備やスペース確保を助ける方が合っている。
そこにテクニカルなチームサッカーが加われば、より日本に合った戦術になると思うわ。

名無しさん
長谷部も攻撃的なプレーをクラブでしてるけど、代表だと左右かバックパスが多くて攻撃への切り替えが遅く見えてしまうんだけど、これは長谷部だけの問題じゃなくて、前線の受け手である本田が裏へ飛び出したり、マークを振り切って受けようと出来ないから必然的に長友や酒井に渡すか、ロングで大迫くらいしか選択肢が無いんだよね。
柴崎はトップ下もやってるし、そうした意味では前線への縦パス(受け手が前向いてもらえるやつ)が得意なのは分かるし、実際香川や乾、武藤、岡崎と相性が良さそうなのは目に見えて分かる。
柴崎も自身をトップ下よりもより守備的な位置に可能性をみてるって言ってるし、柴崎&山口でコロンビアと戦って欲しいけど、得失点差も影響するから西野がビビリなら長谷部&山口で、後半から柴崎かもね。

名無しさん
代表時における乾選手の評価がどの指揮官でも低すぎる気がする。昔だと松井大輔選手みたいな感じかな。
乾選手も年齢的に見ても若手ではないし、今回のW杯こそはしっかりと評価してもらって大活躍を期待したいです!

名無しさん
ツイッターでハリルの戦術そのままやっただけとか言ってた人いたけど、エチャリさんが言うようにボールをしっかり繋げるって部分は変わったよね。香川、乾の良さが出やすくなったと思うし。
大枠は似てるかもしれないけど、オシムさんが言うようにそれが今のトレンドだからね。
パラグアイがどんなテンションで試合に臨もうが、スイス戦から10人変えた中で勝てたのはいろんな意味で良かった。
もう応援するだけ!頑張れ日本(^O^)

名無しさん
だよなぁ…
スイス戦とやってる事はあんまり変わってないよなぁ…
評価の難しい試合だった。戦術上はあんまり変化が無かったから
相手との相性で撃ち合いになった、のか、選手の個性がそうさせたのか…
柴崎と山口では、試合中の狙われ方にも違いがあったね、柴崎を狙ってプレスし、山口にボールを持たせる形が見られた
柴崎は攻撃時には相手から見ても脅威になっていたって事なんだろう
守備を考えると長谷部がバランスをとるのがやはり良いのかなぁ。スイス戦ではボールを散らすのは長谷部がしていたし、山口のコントロールも長谷部ならできるだろう
難しくなったね、どうしても1人多くなる。ポジティブな意味で難しいのは楽しいけど
柴崎は好きな選手だから、観たいんだよなぁ

名無しさん
香川も乾も良いプレーで、日本代表の試合として久しぶりに観ていて飽きなかった。
先生された時のシーンでは、柴崎、山口のエリアでのマークが緩くなっていて相手選手にスペースを突かれていた。
また、最終ラインとの連携が不十分な事に言及されていない事は意外だった。
本番は、日本の右サイドを酒井宏と吉田で構成するなら、2人ともスピードが無いから、裏を突かれたり、ドリブルで振り切られたりした場合の対応策は有るのだろうか?どうしても長谷部では体力もスピードも付いていかないと思う。
若くてそれなりにスピードで付いていける柴崎なら頭の良い選手なので、2人が振り切られたりした際に、ファウルすれすれのカバーリングをして、何としても無失点で切り抜けて欲しい。親善試合のフランス対コロンビアのゲームでコロンビア選手がやっていたDFが抜かれた際の、的確なカバーリングを期待したい。頑張れ日本!

名無しさん
前線での乾香川岡崎でのディフェンスは、本戦でもきっと有効だと思う。攻撃面では昨日のようには行かないだろうね。ガチガチのプレス、パスの出しどころを与えられないポジショニングの中で、前線にボール運ぶことさえできず、苦し紛れのパスから奪われる。ジリジリ中盤まで運べたと思ったら相手がわざと引いてただけとか。そして引き出されて奪われたらカウンター。
大体格上相手だとこんな感じだったのがこれまでだよね。ただ、昨日のようなランと精度のある鋭いパスで崩せれば、相手も間延びしてチャンスが増える。序盤はオフサイド覚悟で相手最終ラインの裏に走り込み、鋭いパスでビビらせるのだ。
ダメでもキーパーへ、ゴールライン割る、オフサイドで、危険な位置でのカウンターは避けられる。

名無しさん
物凄く的確でわかりやすい。
守備的なサッカー観だからこそ、こうゆう見解なんだろうけど、誰がどう評価しても、前線に本田、宇佐美が入る余地は無い事がわかる。
長谷部が守備的に締め、柴崎が攻撃にアクセントを与える。今のところこれが理想か。
この記事読んでみると、絶対勝てるとは思えないけど、少なくとも全敗はしないのではって、期待を持てる。
パラグアイ戦以降、妙に期待感持ってしまっている自分。サッカーは詳しくないけど、勝利に歓喜したい。心からそう思う。

名無しさん
この記事の面白いところは、柴崎と山口の評価かな。ポジティブな面はわれわれ素人にもある程度分かる。しかし守備の面で(攻撃では持ち味を発揮していた)柴崎の問題点を指摘している記事はそれほど多くない(もちろん大前提としてそもそも守備が得意でないことぐらいはみんな知っているが)。
山口についても元来(他のボランチと比べて相対的に)守備が得意である選手であることは知っていても、ガーナ戦にくらべてコンディションを戻して来ているように見えた。ところがこの記事では、むしろこの試合に限っては守備のリスクになっていたと指摘している点は興味深い。
その裏には長谷部に対する評価が山口よりも高いということがあるのかもしれないが、いずれにしてもボランチをどう選ぶかはチームにとって生命線。長谷部+柴崎がいいのか、山口+柴崎がいいのか。それとも大島がコンディションを戻してくるのか悩みどころ。個人的には長谷部+柴崎か。

名無しさん
戦術と戦術理解度ってほんま大事なんやな、、
話変わるけど、足元の技術だけは日本も昔よりかなり進歩したけど、それ以外は戦術もフィジカルも経験値も進歩したとは言え強豪国から劣ったままで、総合的な差が縮まってない気が。強豪も進化を続ける中で、日本はどう追いつくつもりなんだ?協会のビジョンとそのためのプロジェクトが重要だけどそれが見えないのが最悪。どこかの国を真似るのか真似ないのか、何年何十年で強豪入りするつもりなのか、育成は、、トータルで組み立てないと一生無理目では。あと、サッカーの超専門家を招聘するのも大事だけど、もはやマッキンゼーとかの問題解決のプロコンサルにも協会の運営や事業計画にメス入れて貰った方がいいのでは。あのドイツだって世界的なソフトウエア会社のSAPと組んでやってるのに、普通にやってたら差が縮むわけない。

名無しさん
長谷部の主に前後の攻守バランスのコントロール能力は確かに必要なものなのだが、年齢に加えて怪我明けのコンディションで走るスピードが遅くなっている。相手攻撃陣に一度振り切られると追いつけず、イエローカードを伴うファールで止めるしかない場面が増えているから、失点原因になる可能性がある。世代交代する選択肢も大事です。
柴崎の守備面での欠点の指摘は重要だと思いました。
岡崎の評価は仕方ないと思いますが、彼の動きは個人評価以上にチームの勝利に貢献するものです。高評価する評価基準がないだけです。

名無しさん
守備面では同様の評価をしていた。
中盤の軽さが点に繋がってるのはガーナ戦からずっとだ。
とはいえ、守備面にイニシアチブを持つ選手では、攻撃に切り替えた時に柴崎ほど前線に良いパスを送れる中盤がいないのは事実。
今いるメンバーで対戦相手によって、攻撃的に行くのか守備的に行くのか、リスク&リターンを考慮してうまく人選するしかない。
ハリルの中盤省略サッカーも、繋げられる選手は守備が軽く、守備ができる選手は攻撃につなげられないから、守備を固めて中盤省略するしかなかった日本の実情を考慮した戦術だったのだと最近になってよく感じる。

名無しさん
香川、乾は必ずスタメンで。できれば交代させたくない。本田、宇佐美に同じような守備ができるとは思えないから、2人は交代要員としてもきつい。せめて守備でファイトできる、スプリントできる選手を入れたい。
前線は大迫、武藤、岡崎、香川、柴崎、乾、原口、この7人で回せばいい。

名無しさん
少なくともガーナ戦、スイス戦の時よりは守備も整理されてきたと思う。
コロンビアはもっと強いという意見が多いが日本も決して100%とフィジカルではない。
プレー強度を本番でどこまで上げられるか。ゆとり調整とか言われているけど、早川さんに期待しよう。

名無しさん
柴崎はあのモチベーションの低い体のできていないパラグアイ相手でも危なっかしかったし格上相手では厳しいだろう。
リーガでも信頼を得られないのは怪我もあったがそこ。
山口は元々対人能力、危機察知能力の高い選手なのにその良さが完全に失われている。どうしてなのか不明。
やはり守備の生命線は長谷部になるのは間違いない。
柴崎を使って展開を任せ長谷部がカバーリングしていく形になるのかな。
本来の山口なら山口と長谷部で守備強度を上げる方がいいけど本来の出来にはないからな。

名無しさん
最後のテストマッチの勝利で、ここ2日間は多少楽観的な記事が散見されるけど、エチャリさんは冷静だね。
柴崎と大島は攻撃面では何かをやってくれそうな予感はあるけど、守備でガツガツいくタイプじゃない。
本番の3試合は全て格上相手だから、バイタルエリア前での守備の甘さは失点に直結するからね。
1トップも悩ましい。
本文どおり大迫は点がとれないし、岡崎はパラグアイ戦で守備で奮闘したけど、攻撃にはうまく絡めなかった。
得点の匂いがするのは武藤だけど、果たして1トップで起用するかどうかだね。

名無しさん
納得できる部分も大いにあるけど
後づけサクサク感も大いにあると思う。
そりゃパラグアイ戦見りゃ乾と香川が良かったと大体の人は思うやろうよ。
専門家ならその試合より前に見出して欲しいと思うのは欲張りすぎなんかな?
でも今回のスペインの名将ではないけど
専門家さんの方が直近まで本田本田言ってたような気がするね。
色々なしがらみがあって本音を話せないのかもしれないけど
僕らは専門家ならではの鋭い指摘が欲しいし試合結果をなぞる評価だけじゃなく先物の評価も欲しいよな。

名無しさん
柴崎に関しては日本の評論家は何も言わないけど、そうなんだよなあ失点シーンに絡みすぎてる。
2失点に加えてオフサイドになって得点にはならなかったシーンも柴崎の甘いクリアミスからシュートまで行かれてる。
特に前後半疲れてくると集中を切らしてしまう。
攻撃で核になる選手だけに、そこのミスは大きい。

名無しさん
>後ろに人がいるだけで、ポジション的な優位を失い、むしろ不利になってしまっていた
>1失点目のスローインのときもそうだったが、全体が下がりすぎ、中盤で相手を有利にしてしまった
これは昔からの日本の守備時の悪癖ですね。攻められるとヤバいヤバいってズルズル下がって人数はいるけどミドルでズドンとやられるというのを何度も見てきた。前から思ってたけどこの人に日本の代表監督かアドバイザーとして関わって欲しいなぁ。

名無しさん
清武は残念だったが、元セレッソコンビが代表で躍動するところは何年も前からみんなが描いてきた夢。もっと早く実現して欲しかったが、今回はラストチャンス。
ぜひ初戦のコロンビア戦でチャレンジして欲しい。この2人を基盤にしたチーム以上の形はないはずだ、悩む必要はない。

名無しさん
第三者による忖度抜きの的確な分析だと思う。
おそらく、勝ちたいなら本田より香川を使うべきってほとんどの人が思ってるけど、多分西野は頭を抱えてると思う。
香川の方が状態はいい。でも、本田をスタメンで使うためにハリル切ったのにどうしよう〜。って。
でも、もう始まっちゃうから割り切らなきゃね!
初戦のスタメン見れば、西野が本物のサッカー人なのか、本物の協会人なのかわかるかな?

Sayuri
日本はどうしても失点も多いから、守備の指摘が入った。私は詳しくないが、冷静に記事を書かれてるかと。香川選手と乾選手は、セレッソ大阪でチームメートとして頑張ってたから、理解し合えるし相性もいい。勿論起用していってほしいが、ただ、結果を求める為に、手の内はもっとあるって事で、攻撃は他の選手もどんどん柄み、スピード感を出し、何パターンも作って相手を翻弄してくれる事を強く期待したい。

名無しさん
「柴崎の攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができる。一方で、出場した試合のほとんどの失点シーンには、その前後に彼の影があって、守備の強度に問題を抱えている。」
そこなんだよな~。それさえ改善すれば本当に良い選手になる。
守備で穴になるのは長年の柴崎の課題だから難しいんだろうけど、それでも、攻撃面に期待しちゃうのが自分たち責任負わなくていい観る側の視点だったりするのよね

名無しさん
エチャリはいつだって
悪いところも良いところも
きちんと提示してくれるのでありがたいね。
感情を排した解説なので耳触りも良い。
翻訳のうまさもあるかもしれないが。

名無しさん
怖いのは本番直前で好ゲームをしてしまった事。
パラグアイ戦を西野監督一軍でやっていて、酷い試合をする。
→このままではまずい、試したことのない今回のパラグアイメンバーで初戦を迎える。
香川と乾のコンビネーション対策ができていないのでコロンビアが初戦のプレッシャーもあり焦る。
正直、コロンビアに日本にとって悪い意味で緊張感危機感を与えてしまった。
この状況下では中盤でいかに耐えて、耐えて、少ない希望(チャンス)を最後まで押し切れるかが明暗を分けそう。

名無しさん
柴崎のプレイスタイルはレジスタという役割なんで
守備面を彼に背負わせるのは酷です。
0トップのようなシステムで日本は戦った方が良いと思います。
サイドも中盤も世界と互角で戦えるのならば、
無理にフォワード固定で置くことはないと思います。
4-6-0で山口・大島を底で、その前に柴崎
さらにその前に香川と流動的なサイドに岡崎・乾・武藤・原口・大迫
これが現メンバーできる理想形かなと個人的に思います。

名無しさん
得点云々言う前に、人数が足りていても2失点していまう守備力って致命的でしょ。現実的に見て、攻撃力はパラグアイより数段上のチームを相手に、戦える状況とはとても思えない。前からの守備でボールを奪えるってのは分かるけど、相手に少しでもチャンスがあれば、確実に決められてしまう程度の守備力は以前のまま改善されてはいない。結局は相手がミスして得点にならない事を祈るしかない大会になりそうだ。

名無しさん
この記事では香川を天才としているわけだけど、香川を天才としていたらそれ以上の選手はもう出てこない。香川は現在特に世界的にトップクラスの選手というわけではない(そこにかなり近いところまで行ったときはあったけど)。CR7だってとんでもない努力をしてあそこまで上り詰めている。スポーツの記事でその道のトップクラスではない人間相手に天才という言葉を軽々しく使わないでほしい。無論香川が才能に溢れる選手だという部分には異論はない。

名無しさん
ハリルのサッカーを日本がやっても基本的にどこの相手にも通じなかったと思う
フランス戦で翻弄されてるシーンを見ると
どれだけ身体能力あってもやはり崩す方が対応できない
この2人ならエリア内で倒されることも期待できそう
守備は確かに油断がある
Jの試合なら撃ってこなくても世界なら撃ってくるというタイミングや距離
を意識して90分集中しないと全試合で失点する

名無しさん
サッカーに詳しい人達は、色々コメント書いてくれていて、分かりやすくて、「なるほど〜」と思うことばかり。パラグアイ戦から応援する側の気持ちも明るくなってきた感じかな。
パラグアイ戦のメンバーが、先発メンバーならサッカーにあまり詳しくない私も、何だか期待が持てそうで、応援に力が入りそうです。選手の皆さんには、頑張って欲しいです。

名無しさん
しかし、よく分析していますね。確かに1失点目は、柴崎のロメオに対するチェイスが軽く、簡単に打たせ過ぎていましたね。
日本代表は、過去にも同じようなシチュエーションで得点されているし、ああいうプレイをひとつひとつ集中して消していかないと、なかなか勝てない。ワールドカップでは。

名無しさん
何を寝ぼけたことを言っているのか。
メディアも必死だね。
日本がグループリーグ突破の期待を煽るような材料を集めようとしていると思うと笑えてくる。
パラグアイに勝利したのもフロックに決まっているでしょ!
日本はグループリーグ3戦全敗で敗退!
Hグループの展望はポーランド、セネガル、コロンビアのうち日本戦で勝ち点を稼げなかった国が敗退する!
こんなことはサルでも分かる!
日本がグループリーグを勝ち抜く確率は1/∞!
分子の「1」は日本と対戦する各国が試合直前に食中毒でも起こして大幅に戦力ダウンすることくらいか。
そんなこと、ましてや3試合続けて起こることなどあり得ない話。

名無しさん
ついに、香川&乾の元セレッソ大阪ゴールデンコンビが世界デビューするかと思うと、胸が踊るな
もちろん、コロンビアをはじめ対戦相手は格上だ
不発に終わる可能性もある
でもこの2人は、一緒にプレーすればワールドクラスだと思っている
大前提として、「あの方」を使わないことが条件だが

名無しさん
攻撃でも守備でも、本田・宇佐美セットより、香川・乾セットの方がはるかに貢献度高い。
本田・宇佐美は、控えでも出すところない。左は原口回すだけでいいし、よほどのこと無い限り乾はもう外せない。トップ下は柴崎の方が期待できる。追い込まれて2トップにした時の一角くらいしか出番ないよ。ベンチの雰囲気考えたら、カズ・俊輔にしたいくらいだね。

名無しさん
日本人記者の記事は読者受けを狙ったものが多く、的を射ていないものが良く見受けられる中で、エチャリの見方は面白い。
何にしろ、今回のW杯が数日まで言われていた馬鹿馬鹿しいもの、つまり協会やスポンサーに演出されたただの興行企画で終わらない可能性は十分に出てきた。
結果はどうあれ、国民みんなで楽しんでいいものなってきたのは間違いない。

名無しさん
柴崎の守備面での緩さはずっと思っていた
ボール回し展開を見切る力はあるので
クラブチームで揉まれることで
上がってくると思う
スタートを切ったばかりのパラグアイとはいえ
上半身は日本代表が子供に見える程だった
中田英くらいの技量があるボランチの
登場が待望される

名無しさん
なんか久しぶりに個人的にはエチャリの名前が出てきたな笑どこまでどう話したのか、どう翻訳したのかはわからないけど一応前の試合も見ているみたいだし、その中で長谷部とかの名前はでても、本田の名前は出ないところあたりが、どの人から見ても必要ないと思われてんだろうね(^_^;)まぁ使うとしてもパワープレイが必要になった時の後半終了前くらいに使うくらいしかないもんなぁ(^_^;)どこで使うのか悩みもんだけど、あとは万が一香川がケガ、、、しても乾と柴崎をあげた方がスピードは出るな、、、どこかでは使ってあげたいけどね。代表流石に最後だろうしな

名無しさん
吉田を外して鹿島DFコンビのデュエルに期待。吉田はフィジカルが強いが、スピードとディフェンス時の視野、読みといったDFのデュエルに必要な能力が極めて低い。それに比べ鹿島DFコンビはフィジカルは吉田に若干劣るが、デュエルで勝る。吉田のフィジカル一辺倒なディフェンスは、相手によくPKを与えたり、相手に裏を取られ振り切られるシーンに顕著に現れる。本田起用は0トップのディフェンシブな戦術には欠かせないが、吉田と川島はサブで願う。

名無しさん
確かに、1失点目は、柴崎のクリアミスと、自分がクリアミスして球が行った相手の選手に、全く寄せる気配もないのは、気になった。
まあ、練習試合で、あまり厳しく、強く行って怪我したくないというのもあるのかもしれないが。

名無しさん
守備の視点でゲームを評価できる人は中々いない。そういう意味でもとても参考になる記事だ。本田と宇佐美の問題点は攻撃面だけではなく、むしろ守備面にあると思う。

名無しさん
欧州のトップリーグで結果を出してきた、乾、香川、岡崎、柴崎、武藤が絡むと可能性とCHEMISTRYが生まれる。
本田は既に、欧州から戦力外となった選手。
この1年でその差は埋められない程、広がってしまった。
西野はこの現実を冷静に受け入れてコロンビア戦に挑んでほしいですね。

名無しさん
エチャリ氏の解説は分かりやすい。この人の言う通りならパラグアイ戦の失点については連携とポジショニングの修正で改善する可能性があるようにも見える。
欲を言えば柴崎と山口に長谷部をアンカーだと安定しそうな気がするんだけど…
いずれにしても初戦の布陣が読めなくなったのは面白い。
できればコロンビアの裏をかいて欲しい。

名無しさん
この2人に清武が加わったセレッソ時代はとても強かった。いまでも同世代で繋がっているんだね。コロンビア戦でもこの2人の華麗な個人技と周りが良く見えている長谷部や岡崎のプレイを見たい!
 間違っても勘違いしている本田は出さないでほしい。チームプレイができなくて、チームが勝っても自分が満足できなきゃ喜ばないヤツを世界配信しないでほしい。8年前に中村俊輔をリスペクトしなかった時から本田はキライ。

名無しさん
香川のゴールには感動した。
ハリルの構想外になったときも挫けず協会に出場直訴した代表への熱い想い。私物化とか言う輩も居たがあれが真の代表愛。
やはりパラグアイもW杯不出場ということで出場国日本を支援したいという想いで溢れてた。敵味方超えて香川のゴールを望んでた。何度もチャンス有った中で最後の最後に香川が苦手なドリブルで必死に仕掛けてパラグアイもその想いに打たれて見とれてた。そして両者の思いが結実したスーパーゴール。
サッカーの美しさが凝縮されたゴールだった。

名無しさん
とても読みやすい記事で書いてある通りだと思います。
確かに失点シーンは寄せが甘くこれはやられたな思いましたね。
あれは技術より絶対打たせないという気持ちの問題かなとも思えましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

CAPTCHA